AGA治療と両立可能?プロペシア(フィンペシア)の子作り・妊活への影響は

AGA治療と両立可能?プロペシア(フィナステリド)は子作り・妊活への影響は

プロペシアと言えば発売から20年が経つ現在も鉄板のAGA治療薬で脱毛・薄毛を防ぐためにはマストとも言うべき存在です。

しかし、ネットやSNSを見ていると服用(を検討)している方の中には妊活や生まれてくる子供への影響が気になって渋々薬を中止される方も多いようですね。

果たしてプロペシアはどの程度子作りに影響を与える可能性があるのか、実際のリスクを詳しく解説してまいります。

AGA治療薬の服用が女性の体に与える影響

プロペシアが女性の体に与える影響

プロペシアはAGA治療には欠かせない非常に有益な薬ですが、一方で添付文書には女性や子供は「触るのも禁止」「触れたら直ちに洗い流して」など少々不穏なことが書かれていることでも有名ですね。

その割には「なぜなのか」が書いていないので「薬の服用が子作りや生まれてくる子供に悪影響を与えるのでは…?」と気になってしまう方も多いことでしょう。

女性の体そのものに悪影響はなし

しかし、実はプロペシアは仮に女性が服用したとしても体調が悪くなったり等それ自体が特に何か悪影響を及ぼすわけではありません。

…が、有効成分のフィナステリドには(特に男児を)妊娠していた場合に胎児の正常な男性器の発育を妨げるリスクが明らかになっています。

フィナステリドは経皮吸収される成分でもあるので、万が一の可能性を考慮して女性は触るのもNGとなっているものです。

成人男性にとってはAGAの原因となる忌むべきジヒドロテストステロンですが、胎児にとっては男性器の形成に欠かせない成分なんですね。

女性に対してはどこまで配慮すべきか

プロペシアの服用中、男性側はどこまでOK?

結論から言うと、妊活中にプロペシアを服用していても以下の行為が可能で服用が子作りに直接悪影響を及ぼすことはありません

  • ハグ → 可能
  • キス → 可能
  • 性行為 → 可能

一応プロペシアの有効成分は唾液や精液など体液中に移行することはあるものの、その量はごくごく微量で女性や胎児の体に影響を与えるようなレベルとは考えられていません。安心して服用していただいて大丈夫でしょう。

ただ、100人に数名程度の稀な割合で服用中に以下の副作用が現れる方もいらっしゃって

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 精子減少

これは間接的に不妊の原因になり得るため、もし症状が現れたり精子の(運動)量が少ないような場合には相談の上で薬を辞める選択肢も検討しても良いかもしれません。

脱毛を防ぐ定番の発毛薬・プロペシア

プロペシア(propecia) 1mg

プロペシアはアメリカのMSD社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

有効成分フィナステリドが脱毛作用をもつDHTの発生を抑制するため、男性特有の脱毛を防ぐことができます。

単体でも発毛効果が見込めますが、ミノキシジルとの併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

格安プロペシアジェネリック・フィンペシア

フィンペシア(finpecia) 1mg

フィンペシア(finpecia)は、シプラ社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

先発薬のプロペシアと同じ有効成分フィナステリドによりDHTの発生を抑制し、男性特有の脱毛を防ぐ効果があります。

単体でも発毛が見込めますが、ミノキシジルとの併用でさらに高い効果をもたらします。

万が一の可能性へのケアも

ただ、用法・用量通りに服用していれば問題ないとは言え使用にあたっては男性側も女性側も細心の注意が必要なことに変わりはありません。

プロペシアはPTPシートに包まれ錠剤表面もコーティングされているので有効成分に直接触れる恐れは基本的にはないのですが、それでも何らかの事故により付着してしまう可能性も十分考えられます。

また、胎児に影響を与える可能性も非常に低いというだけで絶対にゼロだと言い切れるわけでもありません。

そのため、もし服用を続ける場合は男性独断で判断せず予めパートナーの理解は得た上で続ける方が後々トラブルにもなりにくいでしょう。

一切影響を与えないAGA治療薬もある

ちなみにAGA治療薬のもう片方の定番ミノキシジルの方はというと、こちらは男性はもちろん女性でも安心して利用できる成分としておなじみです。

プロペシアが「脱毛を防ぐ」のに対して、こちらは「発毛を促進」と効果はやや異なるものの最終的に髪の毛の本数を増やすという点は同じです。

もしプロペシアを辞めなければならないような場合ではミノキシジルでケアしてあげることで毛量の減少もカバーできるでしょう。

プロペシアとミノキシジルは併用も可能なので、子作りに云々に関係なくただただ髪の毛を増やしたい方にも有効です。

リアップX5の2倍の含有量・ツゲイン

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲイン(tugain)は、シプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用により発毛効果をもたらします。

国内で最も効果の高い「リアップX5」よりもさらに高濃度のミノキシジルを配合している点が大きな特徴です。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

実際プロペシアが子作りや精子に与えるリスクはかなり低いと考えられてはいますが、それでも医師の間でも賛否が別れるセンシティブな内容となっています。

そのため、もし服用を続ける場合は絶対にパートナーの女性が曝露しないよう男性側は保管や取り扱いには細心の注意を払うよう注意しましょう。

ミノタブからプロペシアまで幅広い取り揃え