「プロペシアのジェネリックが効かない!?」そんな時どうすれば良いの

「プロペシアのジェネリックが効かない!?」そんな時どうすれば良いの

プロペシアのジェネリックはAGAを改善してくれてコスパも高い優れた薬ですが、SNSの評判を見ると意外と「効果がない」という意見も多いようですね。

画期的な薬であることに違いはありませんが、にも関わらずなぜ効果がないのか、そんなときはどうすればいいのか?

気になる方も多いと思うので、ジェネリック効かなかった場合の対処と治療の選択肢について解説してまいります。

効果がないときにまず確認すべきこと

プロペシアの有効成分フィナステリドは男性のAGAを95%以上の確率で食い止める男性の薄毛治療を変えた画期的な薬です。これは製造元MSDによる臨床試験データでも

MSDによる3年継続試験の結果

前頭部頭頂部
改善72%78%
不変25%20%
悪化3%2%

と非常に高い効果が明らかになっています。

なので、当然ジェネリック薬も全て同じ効果がある…はずなのですが、フィナステリドを使って「効果がない」と感じる方は意外と多くSNSでも賛否両論あるようですね。95%以上の方が効果を実感できるはずなのに効果がないとは一体どういうことなのでしょうか。

①使い始めてまだ半年以内というパターン

プロペシアの効果が現れるまで

結論から先に言ってしまうと、まだ使い始めて半年も経っていないのに「効果がない」と言う方はいくらなんでもせっかちすぎます。

そもそもフィナステリドは飲み始めに髪の毛が生え変わる初期脱毛期間が1~4ヶ月ほど続くもので、その後に生えてくる髪の毛こそが薬の恩恵を受けた寿命の長い髪の毛になります。

髪の毛は1ヶ月で1ミリほどしか伸びないので半年使い続けた時点でも生まれ変わった髪の毛は1~5ミリほどしか伸びていない計算になりますね。

果たしてその時点で本当に効果のあるなしがわかるものでしょうか…?髪の毛は3~5年かけて育てる作物と同じなので、プロペシアやジェネリックの効果を本当に確認するなら最低でも1年ほどは服用を継続する必要があるかと思います。

初期脱毛が起こる人ほど生える

初期脱毛が多い人ほど生える髪の毛が多い

こういう方はたいてい初期脱毛の量が多すぎて心配な方だと思いますが、これは必ず抜けた以上の分が生えてくるのでご安心ください。

プロペシアでもジェネリックでも飲み始めると休止期だった髪の毛が一気に成長期へと変わり、体内からどんどん新しい毛が生み出されていきます。

すると、古い髪の毛は新しい髪の毛に押し出されて抜けていってしまうのですが、実はこれこそが初期脱毛の正体です。

「初期脱毛が起こる=新しい髪の毛が後ろから生えてきている」ことを意味するので、初期脱毛がある方ほどプロペシアの効果が顕著に現れる方とも言えるわけです。

②効果がないと勘違いしているパターン

ただし、フィナステリドは髪の毛が減るのを防ぐ薬で増やす薬ではないので、実は現状維持の方でも「効果が出ている」側に含まれます。

そもそも服用して髪の毛が増えるのはヘアサイクルが乱れている方のみ。なので、「飲んでも髪の毛が増えない!」はお門違いということですね。そういう方が自己判断で薬を辞めてしまうと…

いっかす@婚活先輩@hajiconmens
プロペシアとミノキシジルを飲むのやめてからマジでハゲてきた…
今まで頑張って生やしてくれててんやね
午後8:21 · 2020年9月6日
エバQ(はやしだ)@hayashida_tw
プロペシアの服用をやめたらおもしろいぐらいに毛が薄くなったのでやっぱあれは効くよマジで。
午後8:54 · 2011年1月14日

「今よりもさらに減る」なんてことになりがち。

もし、髪の毛を増やしたいのであればミノキでおなじみミノキシジルとの併用がほぼ必須となるのでご検討ください。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは「リアップ」やスカルプDの「ミノキ」に含まれる世界で唯一髪の毛の発毛効果が認められている成分です。

塗り薬は特に発毛効果をもちながら副作用がほぼないことから、プロペシア(フィナステリド)との組み合わせはAGA治療の定番となっています。

リアップX5の2倍の含有量・ツゲイン

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲイン(tugain)は、シプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用により発毛効果をもたらします。

国内で最も効果の高い「リアップX5」よりもさらに高濃度のミノキシジルを配合している点やジェネリックで安価な点が大きな特徴です。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

③本当に効果がないパターン

その一方でフィナステリドを使っても脱毛が止まらない方が3%はどうしてもいらっしゃいます。これは人それぞれ体質というものがあるので仕方のない部分とも言えるんですね。

こういう方の場合はザガーロやミノキシジルなどAGAの治療レベルを上げる必要がありますが…その前に一度試してほしいのは別のジェネリックへの移行です。

というのも、実は同じ有効成分でも賦剤形(添加物や製造方法)が違えば効果も違うことがあるためです。

AGAは一度治療のレベルを上げてしまうと戻すことが難しいものですから、副作用の少ないフィナステリドで髪の毛が生えるならそれに越したことはありません。試してみる価値はありです。

1日でも早いAGA治療を・プロペシア

プロペシア(propecia) 1mg

プロペシアは、アメリカのMSD社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

有効成分フィナステリドが脱毛作用をもつDHTの発生を抑制するため、男性特有の脱毛を防ぐことができます。

コスパ最強の格安ジェネリック・フィンペシア

フィンペシア(finpecia) 1mg

フィンペシア(finpecia)は、シプラ社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬でヘアサイクルを正常化し抜け毛・脱毛を防ぐ効果があります。

先発薬のプロペシアと同じ有効成分フィナステリドにより男性特有の脱毛を防げるほかコストパフォーマンスに優れる点も大きな特徴です。

単体でも発毛効果が見込めますが、ミノキシジルとの併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

本当に効果がなかった場合

しかし、上記諸々の手を尽くしても進行が止まらない方は、やはり最終的にAGA治療のレベルを上げる必要が出てきます。

AGA治療には進行度や体質に応じて段階があり、おおまかに分けると以下の通り。

  1. 生活習慣の改善
  2. プロペシアかミノキシジルスプレー
  3. プロペシア+ミノキシジルスプレー
  4. プロペシア+ミノキシジルタブレット
  5. ザガーロ+ミノキシジルタブレット

もし、プロペシアしか使っていないのであれば③を、すでにミノキシジルも併用している方は④か⑤を選ぶ形となります。

ミノキシジル(タブレット)

先ほどミノキシジルは発毛できる唯一の薬と言いましたが、実はスプレーよりもタブレットの方が高い発毛効果をもちます。

ただし、その分副作用も強く出がちなため用量には注意が必要です。最大タイプの1錠10mgを丸ごと飲むと強烈な副作用に襲われる可能性が高いため

  • 使い始め
    5mg錠を1/4に割錠して1.25mgとして服用
  • 慣れてきたor効果がない場合
    10mg錠を1/4に割錠して2.5mgとして服用

で飲むようにし、医師の指示がない限り2.5mg以上用量を増やさないようにしましょう。

最大の発毛効果をもつミノキシジル・ロニタブ

ロニタブ(lonitab) 5mg/10mg

ロニタブは、インタス・ファーマ社が製造・販売する内服タイプのミノキシジル薬です。

いわゆるミノキシジルタブレットと呼ばれるタイプのミノキシジルで最も発毛効果が高いとされる医薬品です。

ジェネリックのため大変お買い得でお求めやすくなっています。

ザガーロ

AGA治療薬としてはプロペシアの上位互換にあたる薬で、その発毛効果は1.6倍とも言われます。

特に中高度と進行したAGAに対して高い有効性をもつため、プロペシアでも脱毛が止まらない方の最後の砦的な存在です。

ただし、効果が高い分副作用も強まるので「1.6倍だから」と最初から安易にこの薬を使うのはやめましょう。

ザガーロ ジェネリックの定番・デュプロスト

デュプロスト0.5 mg(duprost)アボダートジェネリック

デュプロストもシプラ社が製造・販売する男性専用のAGA治療薬です。

先発薬のザガーロと同じ有効成分デュタステリドによりプロペシアよりもより強い脱毛阻害効果が期待できます。

こちらもミノキシジルと競合しないため併用によりさらに高い発毛効果をもたらします。

ザガーロ+ミノタブでもダメな場合は

世の中にはそういう方もいるかと思いますが、この場合はもはや個人で解決できる範囲を超えているため一度専門家に見てもらった方が良いでしょう。

ただし、適当に近場のAGAクリニックに通っても結局プロペシアとミノキシジル出されて終わりなのでチェーンのクリニックではなく本当の意味での専門家を選ぶ必要があります。

これはAGAを専門にしているだけでなく生活習慣に原因があるのか、遺伝的要因があるのか、体内の状態に問題があるのか…などなど、そういったことまで一緒に突き詰めて口出し・提案してくれるようなプロですね。

例えば一例ですが、プロペシア+ザガーロという本来ありえない組み合わせで生えることがある

男性型脱毛症をプロペシアで治療した47歳男性の症例について報告します。

4年間の継続治療にも関わらず患者の毛髪密度は2年目以降芳しくなかったため、プロペシアに加え週0.5mgの低用量ザガーロを使用するようにしました。

この結果、患者の毛髪密度は劇的に増加しプロペシアとザガーロの併用療法が既にプロペシアを服用している患者の毛髪密度を改善できることを示しました。

プロペシア+ザガーロ併用療法の治療前後

引用元:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22686691/

といったようなマイナーな事例も知っていたり知見が豊富な信頼できる専門家のもとでの治療ということです。

このように条件1つ違うだけで生える生えないがあり得るので、専門家のもとでの治療であればまだまだ色々と試せることはあるはずですよ。

プロペシアからザガーロまで

あわせて読みたい