プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルetc…AGA治療薬はM字ハゲにも有効か

プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルetc…AGA治療薬はM字ハゲにも有効か

日本人男性の実に3人に1人が抱えているとも言われるAGA。

その中でも特に生え際の薄毛は目立ちやすくごまかしもききづらいため悩まれる方が多いのではないかと思います。

いわゆるM字ハゲと呼ばれるタイプが該当しますが…、果たしてこのM字を治療・改善することは可能なのでしょうか?

M字ハゲに有効な薬とは

AGAが起こる理由

そもそもAGAがなぜ起こるのかと言うと、これはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンによって引き起こされるとされています。

テストステロンが5αリアクターゼと呼ばれる酵素によって変換されてしまうと発生するもので、

  1. 髪の成長期が1年未満と短くなる
  2. すぐに退行期・休止期を迎える
  3. 脱毛する

といった悪影響を及ぼします。

本来2~6年ほどかけて成長する髪の毛が生えたそばから抜けていくわけですから、薄くなるのも当然と言えますね。

特にいわゆるM字ハゲの方は、このジヒドロテストステロンの分泌を促進する5αリアクターゼが前頭部に多いため起こると言われています。

M字ハゲの原因物質を抑制するには

まずはこのジヒドロテストステロンの分泌を抑制しないことには脱毛が止まりませんので、5αリアクターゼのはたらきをブロックするAGA治療薬・プロペシアを服用する必要があります。

脱毛を防ぐ定番の発毛薬・プロペシア

プロペシア(propecia) 1mg

プロペシア(propecia)は、アメリカのMSD社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

有効成分フィナステリドが脱毛作用をもつDHTの発生を抑制するため、男性特有の脱毛を防ぐことができます。

単体でも発毛効果が見込めますが、ミノキシジルとの併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

しかし、プロペシアはあくまで発毛する薬ではなく脱毛を防ぐ薬。

今生え残っている部分に対してのアプローチになるため、残念ながらプロペシアだけ服用しても後退したM字が回復する可能性は低いんですね。

そこで、併せて使いたいのが発毛・血行促進効果のあるミノキシジルというわけです。

ミノキシジルがM字ハゲに与える影響

リアップやミノキでおなじみのミノキシジルは、「毛母細胞の活性化」と「血流改善」により頭皮の発毛を促進する唯一の医薬品成分です。

コスパ最強のミノキ10%スプレー・ツゲイン

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲインは、シプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬です。

最大10%という高い有効成分で毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用に加え、安価なためコストパフォーマンスにも優れています。

ですが、生え際は5αリアクターゼの分泌が盛んな上に頭頂部やサイドに比べて頭皮も硬めで塗布したミノキシジルが浸透しにくい部位。

どうしても頭頂部に比べるとM字ハゲは薬の効果も薄めで治療期間も長くなってしまいがちです。

だからAGA治療薬は「進行する前に使う」「これ以上進行しないために使う」が肝要なんですね。

使ってみたら意外と有効だったケースも

しかし、M字ハゲが頭頂部より治療しにくいのは事実ですが、全く薬の効果がないかと言うとそういうわけではなく実際には薬を使用して改善した方も数多く見受けられます。

ツイッターなどのSNSを見ると

ゴトくん@初月10万円稼ぐライティング講座@goto510gt
自分はM字からきてたのですが、だいぶ改善されました!
以前は、髪を伸ばしてもM字部分が薄くて肌が露出してたのが、今ではほぼ見えないです😊
友達にも髪増えたねと言われます。
服用している薬はミノキシジルとフィンペシアです。
午前9:06 · 2021年1月19日
犬山@kinokokinoko22
私は20代後半から少しM字にハゲてきたので、すぐにプロペシアっていう薬を飲み始めました。薬が効いたのか2年ぐらいで元に戻って、今もキープしています。
午後10:48 · 2020年9月22日

といった方々が少なからずいらっしゃるのがわかります。

放置して改善することはない

AGA患者を対象とした調査によると男性の薄毛は25歳を過ぎた頃から進行が進み始め5年で1段階ごとステージが上がっていき、およそ30年かけて全体が脱毛していくと言われています。

減ることはあっても増えることはまずありませんので、薬を使わなければいずれにしてもAGAは進行するのみです。

なので、いずれにしてもプロペシア+ミノキシジルによるケアは「自分の体にどの程度効果があるのか知るためにも」一度は使用してみるのが良いでしょう。

ザガーロは使うべきかどうか

ちなみに、中には「プロペシアよりも1.6倍強いと言われるザガーロはどうなの?」と検討されている方もいるかもしれません。

確かにザガーロは一言で言うならプロペシアの上位互換的な存在ではありますが、残念ながらこちらも脱毛を防ぐ薬という点は変わりません

そして、そもそもザガーロは「プロペシアでも脱毛が防げない人が脱毛を防ぐために使う薬」なので、M字の発毛に向いてない上に初めての方が使ってもオーバースペック過ぎてあまり意味がありません。

むしろ副作用が強く低用量のプロペシアで効くならそれにこしたことはないため、全部がダメだったときの最終手段と考えた方が良いでしょう。

ザガーロ ジェネリックの定番・デュプロスト

デュプロスト0.5 mg(duprost)アボダートジェネリック

デュプロスト(duprost)もシプラ社が製造・販売する男性専用のAGA治療薬です。

先発薬のザガーロと同じ有効成分デュタステリドによりプロペシアよりもより強い脱毛阻害効果が期待できます。

こちらもミノキシジルとの併用によりさらに高い発毛効果をもたらします。

効果は組み合わせや濃度でも変わってくる

ちなみに、M字ハゲについて調べている方の中にはすでにこれらの薬を試して効果がなかった方も多いと思いますがイレギュラーな組み合わせで髪の毛が生えることもあるので希望を捨ててはいけません。

頭頂部の事例にはなりますが、例えばプロペシア+ザガーロという通常ありえない組み合わせで生える方もいたり

プロペシアとザガーロの併用結果

人間の体質は人それぞれで異なるもので薬を飲むまでは何が起こるかはわかりません。

なので、もしどうしても効果がない場合は組み合わせや製品、濃度を変えたり漢方やサプリを試してみたり試行錯誤してみると思わぬ形で効果が現れるかもしれませんよ。

豊富な種類を取り揃え