プロペシアの1mgと0.2mg、それぞれの効果・副作用の違いと選び方について

プロペシアの1mgと0.2mg、それぞれの効果・副作用の違いと選び方について

脱毛を防いで薄毛を改善できる「守りの発毛」でおなじみプロペシアは販売から10年以上経つ現在もAGA治療の鉄板でなくてはならない薬ですね。

でも、いざ試そうと思っても0.2mgと1mgの2種類があるので「何を使えば良いのか」「効果はどう違うのかわからず困る方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はそれぞれの用量について効果・副作用は何がどう違うのかを徹底解説いたします。

〇〇mgの差による効果や副作用の違い

まず、プロペシアに必ずついている〇〇mgの部分が何を意味しているのかと言うと、これは単純に有効成分の含有量の違いを表しています。

プロペシアにはどちらにも必ずフィナステリドという有効成分が含まれていて、この成分を摂取することによって初めて(抜け毛や薄毛(AGA)が改善される仕組みです。

そして、このフィナステリドは量が多ければ多いほどAGAの改善効果も高く一覧で表すと以下の通り。

用量改善維持進行
1mg54%40%2%
0.2mg58%41%5%

見ての通り有効成分が多い1mgの方がAGA改善率が高くAGA進行度が低いのがわかりますね。

1日でも早いAGA治療を・プロペシア

プロペシア(propecia) 1mg

プロペシアは、アメリカのMSD社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

有効成分フィナステリドが脱毛作用をもつDHTの発生を抑制するため、男性特有の脱毛を防ぐことができます。

多ければ良い…とは限らない

こう聞くと、「じゃあ1mg以外飲む必要はないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

なぜならプロペシアは副作用が出ることもあり、用量が多くなればなるほどそのリスクも増していくため。

例えば代表的な副作用は以下の通りですが、低用量であればリスクもさらに下げられるより安全に使用できますね。

副作用の例(1mg)
  • 性欲減退:1.1%
  • 勃起不全:0.7%

一方、では効果も1/5になってしまうのかというと決してそういうことはなく…

プロペシア0.2mg/1.0mg/5.0mgの効果の違い

見て分かる通り0.2mgと1mgで効果にそこまで大きな差がないのがわかります。実はこの0.2mgと1mgというのは非常に計算された用量なんですね。

なので、実際は自分の体にとって効果と副作用のバランスが一番合った用量を使いながら探っていくのが最適な効果を得るために大事なことになります。

こんなケースでは0.2mgがおすすめ

ニンジン@ninninninninnji
プロペシアの性欲減退が顕著
午前0:25 · 2020年5月17日
ぱむ@tani_113
プロペシアはそれなりに効いたけど金かかるし性欲落ちるからやめた
午後0:20 · 2018年7月31日

プロペシアとフィンペシア(ジェネリック)の違いは

プロペシアの0.2mgと1mgの違いはおわかりいただけたかと思いますが、ではプロペシア1mgとジェネリック薬のフィンペシア1mgでの差はどうなのでしょうか。

こちらも有効成分を見てわかる通り、やはり同じフィナステリドが1mg含まれているのでジェネリックでもプロペシアと“基本的には”全く同じ効果が期待できるのでご安心ください。

実際の”効き目”は違いが出る場合も

“基本的に”と表現したのは、実はジェネリック薬それぞれで製法から添加物まで異なるため、含まれる有効成分は同じでも実際の効き目・副作用の程度は薬ごとに違いが生じることがあるためです。

この違いはプロペシアが優れていてジェネリックが劣るといった単純なものでもなく、「私はプロペシアが一番」「私はフィンペシアが一番」と人それぞれの体質により異なる複雑なものです。

なので、プロペシアでもし思った効果が得られない場合は「プロペシアが効かないからフィンペシア」といった移行も可能となります。

最安の定番で初心者も安心・フィンペシア

ネット通販(個人輸入)で「プロペシアのジェネリックといったらこれ!」というくらい定番中の定番ブランドです。大手製薬会社による商品のため品質が高いところも嬉しいですね。

日本でも使っている人が非常に多い人気薬ですから、「あれ、これって副作用かも?」「こういう飲み方は大丈夫なの?」なんて疑問がある場合も必ず同じ経験のある仲間がいてツイッター検索ですぐ答えが見つかるので便利です。

コスパ最強の格安ジェネリック・フィンペシア

フィンペシア(finpecia) 1mg

フィンペシア(finpecia)は、シプラ社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬でヘアサイクルを正常化し抜け毛・脱毛を防ぐ効果があります。

先発薬のプロペシアと同じ有効成分フィナステリドにより男性特有の脱毛を防げるほかコストパフォーマンスに優れる点も大きな特徴です。

単体でも発毛効果が見込めますが、ミノキシジルとの併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

ねこぴー@nekop_25
俺一時期すげー抜けてヤバいと思ったのでフィンペシア輸入して飲んでます。抜けなくなりました。医薬品ってすごい。ただ副作用で勃たなくなる可能性があるのが難点やな。俺はなんともなかったけど。
2012年6月13日
鈴木美奈@mi_bell
プロペシアを使っていると費用がすごいのでフィンペシアにしてます。個人輸入なら100錠買っても3000円しません。
午前4:55 · 2012年4月15日
安さと品質を兼ね備える定番

併用によりさらに効率的にAGAが改善できる薬も

ちなみに、フィンペシアは「脱毛を防ぐ薬」であって「発毛を促進する薬」ではないので髪の毛を増やすためにはフィンペシアに加えて別の施策が必要になります。

それが世界で唯一発毛効果が認められているミノキシジルで

  1. 脱毛を防ぐ薬・フィンペシア
  2. 発毛を促す薬・ミノキシジル

組み合わせが鉄板となります。

ラククルで言うと以下のラインナップが該当しますね。

ミノキシジル系の薬

有効成分はリアップX5の2倍・ヘアフォーユー

ヘアフォーユー(HAIR4U)10%60ml

ヘアフォーユー(HAIR4U)は、グレンマーク・ファーマシューティカルズ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬です。

国内最強「リアップX5」のさらに2倍の有効成分を含むため、さらに強く毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化、男性の毛髪を発毛する効果があります。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用でさらなる発毛効果をもたらします。

コスパ最強のミノキ10%スプレー・ツゲイン

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲイン(tugain)は、シプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬です。

10%という高い有効成分で毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用に加え、安価なためコストパフォーマンスにも優れています。

AGA治療のスタンダードなのでおすすめですよ。

最後にもう一言だけ…

フィンペシアだけでもAGAは十分食い止められるものですが、もし発毛効果も欲しい場合はミノキシジルの使用は正直欠かせません。

幸いラククルではどちらもほぼ最安値での提供となっておりますのでぜひご検討ください。

病院と同じAGA治療を自宅で

最後にもう一言だけ…

プロペシアの登場から10年が経った現在では、AGA治療薬の種類もかなり豊富になり選択肢も大幅に増えました。

しかし、結局薬を飲んでみるまで効果はわからずプロペシアがダメでもフィンペシアなら行けるかもしれないし、意外とザガーロの方が一番合っているかもしれない。

だからこそ、いろいろ試してみて自分の体質に合った薬を見つけるのが一番なので、ぜひいろいろ試してみてください。

プロペシアからミノキ、ザガーロまで

あわせて読みたい