プロペシアの1mgと0.2mg、それぞれの効果・副作用の違いと選び方について

プロペシアの1mgと0.2mg、それぞれの効果・副作用の違いと選び方について

脱毛を防いで薄毛を改善できる「守りの発毛」でおなじみプロペシアは、販売から10年以上経つ現在もAGA治療の鉄板でなくてはならない薬ですね。

でも、いざ試そうと思っても0.2mgと1mgの2種類があって「何を使えば良いのか」「効果はどう違うのか」わからず困る方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はそれぞれの用量について効果・副作用は何がどう違うのかを徹底解説いたします。

○○mgの差による効果や副作用の違い

プロペシアの○○mg部分が何を意味しているのかと言うと、これは単純に有効成分フィナステリドの含有量の違いを表しています。

プロペシアはこのフィナステリドを摂取することで初めて抜け毛や薄毛が改善される仕組みなので、量が多ければ多いほどAGAの改善効果も高くなります。

臨床試験の結果を一覧で表すと以下の通り。

用量改善維持進行
0.2mg54%41%5%
1mg58%40%2%

見ての通り有効成分が多い1mgの方がAGA改善率が高く進行度も低いのがわかりますね。

1日でも早いAGA治療を・プロペシア

プロペシア(propecia) 1mg

プロペシアは、アメリカのMSD社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

有効成分フィナステリドが脱毛作用をもつDHTの発生を抑制するため、男性特有の脱毛を防ぐことができます。

多ければ良い…とは限らない

こう聞くと「1mg以外飲む必要はないのでは?」と思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

というのも、フィナステリドは1mgだと100人に1人程度の割合で性欲減退や勃起不全などの副作用が出ることもあり、用量が多くなればなるほどそのリスクも増していくため。

なので、その場合では0.2mgに切り替えることでリスクを大幅に下げ安全に使用することができます。

こんなケースでは0.2mgを

ニンジン@ninninninninnji
プロペシアの性欲減退が顕著
午前0:25 · 2020年5月17日
ぱむ@tani_113
プロペシアはそれなりに効いたけど金かかるし性欲落ちるからやめた
午後0:20 · 2018年7月31日

「0.2mgだと効果も1/5になるのでは…?」と心配な方もいるかもしれませんが、臨床試験の結果を見ての通り

用量改善維持進行
0.2mg54%41%5%
1mg58%40%2%

0.2mgと1mgで意外と効果に大差ないのがわかります。このように、実は0.2mg錠にもきちんとした存在意義があるんですね。

なので、実際には自分の体にとって効果と副作用のバランスが一番合った用量を使いながら探っていくのが最適な効果を得るために大事なこととなります。

フィンペシア(ジェネリック)の違いは

ちなみにプロペシアとフィンペシアの違いが気になる方もいるかもしれませんが、こちらは有効成分を見ての通り全く同じ効果が期待できるのでご安心ください。

一応、厳密に言うと薬はそれぞれ製法から添加物までが異なるため、含まれる有効成分は同じでも実際の効き目・副作用の程度は薬ごとに違いが生じることもあります。

…が珍しいケースではあるので基本的には安価なフィンペシアから試してダメならプロペシア、それでもダメならザガーロ…と切り替えていくのが良いでしょう。

フィンペシアとは…?

フィンペシアは日本では「プロペシアのジェネリックと言えばこれ」という定番ブランドで、海外製ながらも非常に安価で品質が高いので日本人ユーザーが多いのが特徴です。

「あれ、これって副作用かも?」「こういう飲み方は大丈夫なの?」なんて疑問がある場合も必ず同じ経験のある方がいて検索すればすぐ答えが見つかるので便利ですね。

ねこぴー@nekop_25
俺一時期すげー抜けてヤバいと思ったのでフィンペシア輸入して飲んでます。抜けなくなりました。医薬品ってすごい。ただ副作用で勃たなくなる可能性があるのが難点やな。俺はなんともなかったけど。
2012年6月13日
鈴木美奈@mi_bell
プロペシアを使っていると費用がすごいのでフィンペシアにしてます。個人輸入なら100錠買っても3000円しません。
午前4:55 · 2012年4月15日
うるりひ老師@Ulrich_46
フィンペシアとかいう安い薬のおかげでM字ハゲが治っていく。。。今年入って一番嬉しい出来事ですわ
午前1:07 · 2019年12月28日

コスパ最強の格安ジェネリック・フィンペシア

フィンペシア(finpecia) 1mg

フィンペシアはシプラ社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬で、ヘアサイクルを正常化し抜け毛・脱毛を防ぐ効果があります。

先発薬のプロペシアと同じ有効成分フィナステリドにより男性特有の脱毛を防げるほかコストパフォーマンスに優れる点も大きな特徴です。

当サイトでは1mg150錠が6,000円台~と安価で取り扱いがあります。

AGAはミノキとの併用で効率的に改善

ちなみに、フィンペシアは「脱毛を防ぐ薬」であって「発毛を促進する薬」ではないので、実際に髪の毛を増やすためにはプロペシアに加えて別の施策も必要になります。

通常は唯一発毛効果が認められる成分・ミノキシジルとの併用で、この2つの組み合わせはAGAクリニックでも鉄板の組み合わせです。

ミノキシジルの効果はリアップX5でおなじみ大正製薬の臨床試験結果より、以下の通り報告されていてその高い発毛作用が伺い知れます。

リアップX5の発毛効果

ラククルでは以下のラインナップが該当しますね。

ミノキシジル系の薬と言えば…

有効成分はリアップX5の2倍・ツゲイン

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲインはシプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬です。

10%という高い有効成分で毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用に加え、安価なためコストパフォーマンスにも優れています。

最大の発毛効果をもつ錠剤型・ロニタブ

ロニタブ(lonitab) 5mg/10mg

ロニタブはインタス・ファーマ社が製造・販売する内服タイプのミノキシジル薬です。

いわゆるミノキシジルタブレットと呼ばれるタイプのミノキシジルで、最も発毛効果が高いとされる医薬品です。

非常に安価でフィンペシアと併せて月数千円程度とお求めやすくなっています。

一言で言うとスプレーは効果はマイルドながら高い安全性を誇り、タブレット型は効果重視な反面副作用も出やすいのが特徴です。

それぞれ一短一長ありますが、プロペシアとミノキシジルの併用はAGAのスタンダードとも言える治療法なので、効率を求めるのであれば検討したいところですね。

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

プロペシアは日本では一番有名ですが、実はその登場から10年が経った現在ではジェネリックも含め治療薬の選択肢も豊富になりました。

とにかくAGA治療で一番の難関は「続けること」なので、自分の体に合っていて、かつ長期間でも続けられる方法を選ぶのが良いでしょう。

プロペシアからミノキ、ザガーロまで