ミノキシジルタブレットを通販で買うときのおすすめ商品は

ミノキシジルタブレットを通販で買うときのおすすめ

リアップでおなじみの発毛成分ミノキシジルは血流改善と成長因子産生の2つの作用によって髪の毛を増やす数少ない効果のある医薬品としての発毛薬です。

その中でも特に効果が高いのが内服型のミノキシジルタブレットですが、「どの商品を買うのが良いの?」「おすすめが知りたい」と選び方に迷う方も多いようですね。

ミノキシジルタブレットを使う場合実際どんな商品をどう選べば良いのか…?今回は通販におけるおすすめ薬について解説してまいります。

ミノキシジルタブレットの基本

そもそも、ミノキシジルは世界で唯一医学的に発毛効果が認められている成分で

  • 細胞を活性化
    毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用があり、休止期の毛包を成長期へと移行させる
  • 血流の改善
    強力な血管拡張作用があり、これにより血流が改善。頭皮から毛髪へ酸素や栄養がより届けられる

という2つの作用により発毛を促進してくれるものです。

リアップX5の臨床試験結果は大正製薬のサイトでも公表されていますが、

リアップX5の発毛効果

「1年使った結果98%の方が増毛し、そのうち10%の方は薄くなった領域がほぼ完全に被われた」ことが明らかになっていて、少なくとも増えることはあっても減ることはないと言えます。

一番生えるタブレット型

そして、そもそもミノキシジルに限らず一般的に医薬品は塗り薬(外用)よりも飲み薬(内服)の方が効果が強いものです。

なので、ミノキシジルタブレット必然と最強の発毛薬ととも言われていて、これは実際SNSの口コミを見ても評判が良くわかるかと思います。

ちわけん@cwkn_
効くと思います!私も塗りミノ(5%)を2ヶ月弱使っていたことがありましたが、その後のミノタブ服用(2.5mg)での生え方と比べると、明らかに濃くなるスピードが早まったのを感じました。ただ、全身に作用するので、ムダ毛も一緒に成長してしまうのが難点です。
午後2:34 · 2020年8月15日
KK@KK_AN_SV_INC
塗りミノはリアップとかもやったけど、やはり海外製の高濃度のやつの方がコスパ良かったね
ポラリスを愛用してた
でも、ミノタブが1番効果ある
午後0:22 · 2020年5月1日

おすすめのブランド(商品)は…

良くミノキシジルタブレットは人間用の薬ではないと言われることもありますが、AGAクリニックでは普通に男女問わずミノタブが処方されることがあるため一概に危険というわけでもありません。

ただし、発毛効果が高いのは事実ですが副作用が強いのもまた事実。

飲み方によっては体に重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、まずは1回使用してみて自分の体にどんな影響を及ぼすかチェックしてみるのが良いでしょう。

安くて選択肢豊富なロニタブ

そういう意味でおすすめなのは少ない個数から頼めて錠剤の数も少ないロニタブです。

格安&高濃度ミノタブ・ロニタブ

ロニタブ(lonitab) 5mg/10mg

ロニタブは、強力な発毛作用で薄毛を改善するタブレットタイプのミノキシジル薬です。
血流改善や毛母細胞を活性化する作用により男性・女性問わず髪を発毛へと導く効果があります。

単体でも十分な発毛効果が見込めますが、アルダクトンとの併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

また、飲み続けて体が慣れてきたら今度は用量を増やして自分の体に合った用量を探っていくことになりますが、このときオススメなのが超格安で大容量のウゲインです。

ピルカッターなどで錠剤を1/2や1/4にカットして使えば1日あたり20円程度と超格安、フィンペシアと併せても月3,000円と財布にも優しいですね。

10mg×100錠から、安くて大用量のウゲイン

格安&大用量タイプのミノタブ・ウゲイン

ウゲイン10mg(ugaine)ロニテンジェネリック

ウゲイン(ugaine)は、サバメディカ社が製造・販売しているタブレットタイプのミノキシジル薬で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用により男性の毛髪を発毛する効果があります。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

副作用がキツい・体に合わないときは

先に説明した通りミノキシジルタブレットは当サイトでも複数取り扱いがありオススメではありますが、やはり副作用の問題もあるので初心者の方にはまずマイルドに効いてくれるリアップ型(塗り薬)の方からがおすすめです。

コスパ最強のミノキ10%スプレー・ツゲイン

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲインは、シプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬です。

最大10%という高い有効成分で毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用に加え、安価なためコストパフォーマンスにも優れています。

ただし、プロペシアとの併用を

ミノキシジルの発毛効果は確かですが、生えてくるそばから抜けているようでは意味がないので脱毛を防ぐことも大切です。

そもそもAGAがなぜ起こるのかと言うと、これはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンによって引き起こされるとされています。

AGAの方は髪の毛を使い切るのが早い

このジヒドロテストステロンが

  1. 髪の成長期が1年未満と短くなる
  2. すぐに退行期・休止期を迎える
  3. 脱毛する

といった悪影響を及ぼし、本来2~6年ほどかけて成長する髪の毛を1年未満で脱毛へと導くわけですから、薄くなるのも当然と言えます。

なので、AGAの場合まずはこのジヒドロテストステロンの分泌を抑制しないことにはプロペシアで脱毛を止めないと増毛に転ずることもないわけですね。

格安のプロペシアジェネリック・フィンペシア

フィンペシア(finpecia) 1mg

フィンペシア(finpecia)は、シプラ社が製造・販売している男性専用のAGA治療薬です。

先発薬のプロペシアと同じ有効成分フィナステリドによりDHTの発生を抑制し、男性特有の脱毛を防ぐ効果があります。

単体でも発毛が見込めますが、ミノキシジルとの併用でさらに高い効果をもたらします。

最後にもう一言だけ…

いろいろ条件はありましたが、AGA治療はとにかく1日でも早い方が有利なもので、進行度が高いほど改善が難しくなってくる特徴があります。

薄毛になってからでは「時間もお金もかかった上に生えない」ということもザラです。

もし気になる点があるようならAGAクリニックの無料カウンセリングでも個人輸入の薬でも、何でも良いのでぜひ今日から行動に移してみて欲しいですね。

ザガーロからミノタブまで

あわせて読みたい