ウゲイン10mg(ugaine)ロニテンジェネリック

ugaine10mg
ugaine10mg
ugaine10mg
ugaine10mg

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

商品番号:ugaine10mg

ウゲイン10mg(ugaine)ロニテンジェネリック

ウゲイン10mg(ugaine)100錠
在庫状態 : 在庫有り
¥6,300 ¥5,480
数量100錠
ウゲイン10mg(ugaine)300錠
在庫状態 : 在庫有り
¥18,900 ¥15,480
数量300錠

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
ウゲイン(ugaine)
メーカー
サバメディカ(Sava Medica)
有効成分
ミノキシジル(Minoxidil)
効果・効能
男性と薄毛改善
剤形
タブレット(tablet)

特徴

ミノキシジルは世界で初めて開発されたAGA治療薬(薄毛)で、大手製薬会社のため高い安全性・信頼性が特徴です。

効果・効能

毛成長のメカニズムは未だに不明ですが、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用があり、男性および女性の薄毛を改善する効果があります。

副作用

主な副作用としては、かゆみや脱毛、発熱、吐き気、動悸、頭痛などが挙げられます。

飲み方

1日1回、水またはぬるま湯で服用してください。
当サイトでは5mg/10mgの2種類が購入可能です。初めて使用される場合はピルカッターで5mg錠を1/2に割って様子見しながら少しずつ容量を増やして飲んでください。

医薬品の詳細

ウゲインとは

ウゲインは薄毛・抜け毛などの脱毛症に用いられる医薬品で、頭皮の毛細血管を拡張すると同時に毛乳頭細胞を刺激することで発毛を促す効果があります。
先発薬のロニテンと同じ有効成分ミノキシジルを同量含むジェネリック医薬品なので、低価格ながらも高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルは世界で初めて認可された脱毛症への治療薬で、50年以上に渡り臨床データがある安全性の高い成分で男女ともに使用でき効果が見込める点が大きな特徴です。

サビトラ製造元のサバメディカはインドのプネーに本社を置くインドの大手製薬会社です。親会社のサバグローバルはジェネリック医薬品を主力として取り扱う大グループで、アメリカやロシアをはじめアジア・アフリカ・中東などその名の通り世界的に事業展開する大企業です。

同社が製造・販売するウゲインにはミノキシジル含有量5mgと10mgの2種類があります。ミノキシジルタブレットは効果が高い反面、副作用リスクも高いので初めて飲む場合は5mgの半錠かスプレータイプ(外用薬)のウゲインがおすすめです。

詳細説明

ウゲインの有効成分ミノキシジルは薄毛治療に用いられる成分で、フィナステリドと違い男性(AGA)・女性(FAGA)どちらの脱毛症にも効果が見込める点が特徴です。

ミノキシジルはもともと高血圧治療のための経口降圧剤として開発された成分でしたが、副作用として多毛症など発毛が認められたことから後に発毛剤として転用されるようになった経緯があります。

ミノキシジルには血管拡張作用により、毛乳頭細胞や毛母細胞が毛細血管から栄養を受け取りやすくなるほか、ヘアサイクルを正常化させ細く軟毛化した毛髪や毛髪の寿命を改善させることができます。

しかしながら、50年以上薄毛治療に使用されている成分であるにも関わらず、発毛作用の詳しい機序は未だに全て解明されてはいない部分があります。

もし、服用により胸痛、息切れ(横になっていても)、呼吸時の痛み、動悸が新たに生じたり悪化する場合にはただちに医師の治療を受けてください。

なお、ミノキシジルの使用し始めには初期脱毛と呼ばれる一時的な抜け毛が発生する場合があります。これは、通常であれば服用後1~2ヶ月ほどで改善されるものです。

効果・効能

ウゲインの有効成分ミノキシジルには頭皮の血流改善と成長因子の促進作用があり、ヘアサイクルの延長や毛包の矮小化改善による発毛効果があります。

毛髪の長さと太さは、主に毛包サイクルの成長期毛包の期間の長さで決まりますが、遺伝や男性ホルモンの影響で早期に成長期が終了すると毛包の矮小化(男性型脱毛症:AGA)が起こります。
成長期はVEGF、IGF-1などの細胞成長因子によって維持されているため、ミノキシジルによるこれら細胞成長因子の産生促進や毛組織血流改善、ヘアサイクル延長といった作用によって薄毛が改善されるものです。

効果詳細

ミノキシジルは体内に入るとミノキシジルサルフェートへと変換されます。ミノキシジルサルフェートには血管平滑筋のATP感受性K+チャネル(KATP)を開放する作用によりK+の細胞外流出が促進、血管拡張と毛母細胞への血流が増加します。

また、KATPの開放はその他にも

  • 細胞のアポトーシス(自然死)が抑制され毛髪の成長期が延長される
  • 毛乳頭細胞のSUR2B受容体が刺激されVEGFなど細胞成長因子の産生促進に関わるアデノシンが生成される
  • プロスタグランジンの産生が促進されることで細胞内c-AMPが上昇、細胞成長因子IGF-1の産生が促される

などの効果をもたらし、成長期期間の延長や毛包の矮小化が改善されます。

飲み方・使い方

ウゲインは1日1回1錠をぬるま湯もしくは水で服用してください。

服用後は、3~4ヶ月程度で効果が現れ始め6ヶ月間ほどで効果が実感できるようになります。改善の程度には個人差がありますが、1年~3年継続することでさらに発毛が実感できるようになります。

ただし、効果を継続的に得るためには連日投与が必要で、飲み忘れが発生すると効果が薄まるため注意が必要です。

常温での保管が可能ではありますが、なるべく湿気や熱、日光を避けてください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

20歳未満の未成年者や妊婦・授乳中の女性は使用を避けてください。

副作用

ウゲインの有効成分ミノキシジルには副作用を引き起こす場合があります。以下に挙げる症状はほとんどの場合一時的なもので、服用中止や薬に慣れるとともに症状が回復します。
ただし、以下に挙げる症状は代表的な副作用で、その他にもごく稀に発生する副作用も多数確認されているためご注意ください。

主な副作用

  • 血圧の低下
  • 体毛の色、長さ、太さの変化
  • 吐き気、嘔吐
  • 発疹
  • 乳房の痛み、圧痛

これらは一般的な副作用ですが、もし症状の程度が気になる場合には医師に相談し予防・改善についてのアドバイスを受けると良いでしょう。

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 胸痛の発生、悪化
  • 顎や肩に広がる胸痛
  • 頻脈、不整脈、息切れ
  • 脚、足首、または足の腫れ
  • 特に顔や胴体の急速な体重増加
  • 意識が朦朧とする
  • 肺に水がたまる(呼吸時の痛み、横になっているときの息切れ、喘鳴、呼吸時のあえぎ、泡状の粘液による咳など)
  • 重度の皮膚反応(熱、のどの痛み、顔や舌の腫れ、目の灼熱感、皮膚の痛み、特に顔または上半身で続いて広がる赤や紫の発疹、水疱や剥離)

また、以下の症状はミノキシジルのアレルギー反応の兆候です。これらが現れる場合も同様にミノキシジルにただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応

  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

副作用詳細

ミノキシジルは服用によりいくつかの副作用が発生する可能性があります。通常は服用中止とともに副作用も薄れていくほか体が薬に順応するため医師の診察を必要としません。
ただし、次の副作用のいずれかが続くか、厄介な場合には医師に相談してください。

一般的な副作用

  • 血圧の低下(血管拡張)
  • 顔、腕、背中の発毛の増加

まれに起こる副作用

  • 乳房の圧痛(男性・女性ともに)
  • 頭痛

バルデナフィルの服用中に次の副作用のいずれかが発生した場合は、すぐに医師の治療を受けてください。

  • 頻脈、不整脈
  • 2kg以上の急速な体重増加
  • 胸痛
  • 息切れ
  • むくみ
  • 皮膚の紅潮や発赤
  • 足や下腿の腫れ
  • 手、足、顔のしびれやチクチク感
  • 皮膚の発疹やかゆみ

相互作用

グアネチジンをすでに投与されている患者へのその投与は重大な影響をもたらす可能性があるため、ミノキシジルが開始されるかなり前に中止されているべきです。

また、ミノキシジル錠剤は通常利尿剤や心拍数の上昇を抑えるためのβブロッカーという交感神経系抑制剤受容体遮断薬を併用することがあります。
むくみや頻脈などの副作用が見られる場合は、服用を中止するか医師に相談してください。

ミノキシジルに影響を及ぼす可能性は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられるため全てについて列挙しているわけではありません。これらの相互作用はあくまで代表的なもののみとなります。

禁忌

ミノキシジルに対してアレルギーがある場合や褐色細胞腫(副腎腫瘍)の症状がある場合はウゲインを使用しないでください。

その他にも、以下に該当する場合はミノキシジルを服用しないでください。

  • 人工透析を受けている
  • ミノキシジルにアレルギーがある
  • 不整脈、心疾患がある
  • 肝機能障害がある

また、以下に該当する場合でも服用前に必ず医師に相談し安全性を確認してから服用してください。

  • 鬱血性心不全
  • 狭心症(胸痛)、心臓発作を起こしたことがある
  • 腎臓病(透析を受けている)
  • ぜんそく
  • 片頭痛
  • てんかんなどの発作性疾患

また、妊娠中の女性が服用した場合、新生児が過度の発毛をする可能性があるため使用を控えてください。ミノキシジルは母乳にも移行する可能性があるため、授乳中の女性も同様です。

よくある質問

Q.ミノキシジルは女性でも使用できますか?
A.はい、使用できます。ただし、禁忌事項を確認の上、特に特に妊娠中・授乳中の女性は使用を控えてください。
Q.ミノキシジルタブレットは発毛効果が高いのですか?
A.はい、一般的には高いとされています。ただし、その分リスクも高まる傾向があるため初めて使う場合であれば5mg錠をピルカッターで割り半錠飲みから始めることをおすすめします。