レストファイン10mg(Restfine) メラトニン

restfine

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:restfine
レストファイン10mg(Restfine) メラトニン
レストファイン10mg(Restfine) 10錠
在庫あり
17%OFF ¥3,600 ¥2,980
数量10錠
レストファイン10mg(Restfine) 30錠
在庫あり
48%OFF ¥10,800 ¥5,580
数量30錠
レストファイン10mg(Restfine) 50錠
在庫あり
56%OFF ¥18,000 ¥7,980
数量50錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

レストファインの詳細

レストファインとは

医薬品名
レストファイン(Restfine)
メーカー
ヒーリングファーマ(Healing Pharma)
有効成分
メラトニン(Melatonin)
効果・効能
不眠症(睡眠障害) / 時差ボケの改善
剤形
錠剤(Tablet)
  1. 年齢とともに減少するメラトニンを補充 睡眠の質には欠かせないメラトニンをサプリメントから摂取することで、寝つきを良くするとともに睡眠の質を向上させます。
  2. 交代勤務などの体内時計の乱れにも 時間が不規則な勤務形態や昼夜逆転、海外旅行などによって崩れた体内時計をリセットするためにも役立ちます。
  3. 免疫力アップやアンチエイジング効果にも注目 メラトニンは免疫力を高め感染症にかかるリスクを低減させたり、老化予防(アンチエイジング)効果もあるとされる注目の成分です。

レストファインの有効成分メラトニンは脳の松果体から分泌される天然ホルモンで、睡眠と覚醒の周期をコントロールしています。

メラトニンは10代をピークに低下し、50代以降では10代の1/10ほどにまで減少してしまいます。そのため、寝つきが悪くなったり、朝早くに目覚めてしまったりということが起こります。

メラトニンはサプリメントとして就寝前に服用することで自然な眠気を強め睡眠の質を向上させる効果が期待できます。

その他にもメラトニンは免疫システムの強化や抗酸化作用があり、感染症への抵抗力を高めるとともに細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。

メラトニンはその他の睡眠薬に含まれる成分に比べ安全性が非常に高いのが特徴で、短期間(一部の人では最大2年)の服用であれば副作用はほとんどないと言われています。

製造元のヒーリングファーマ社はインドのムンバイに本拠地を置く製薬会社です。2017年創業の比較的新しい製薬会社ですが、最新設備を有し750以上の製品を手掛けるなど急成長を遂げる企業としても注目されています。 WHOのGMP(適正製造基準)の認定を受け製造を行っているため確かな品質を誇ります。


メラトニンは体内で分泌される睡眠ホルモンです。

朝光を浴びるとメラトニンの分泌は止まり、目覚めてから14~16時間が経過し夜になるとメラトニンの分泌が高まり眠気を誘発します。

メラトニンは光の量によって調節されているため、スマートフォンや家の照明など夜に強い光を浴びるとメラトニンのバランスが崩れやすくなります。また、メラトニンは10代以降に分泌が急激に低下していくと言われています。

メラトニンのサプリメントはアメリカを中心に睡眠サプリとして一般的で、副作用の少ない睡眠導入剤として多くの人が使用しています。

また、メラトニンは体内時計をリセットする作用もあることから交代勤務などの不規則な仕事の方や、海外旅行の時差ボケなどにも有効です。

効果・効能

レストファインは睡眠にお悩みの方に向けた睡眠サプリです。

有効成分のメラトニンは脳内神経伝達物質の一種で入眠や睡眠リズムなどをコントロールしています。

そのため、直接的に補充することで同じように作用し自然な眠気を強める効果が期待できます。

服用すると通常30分以内に眠気が起こりますが、半減期が20~50分と短めです。そのため、比較的軽度の不眠症(入眠障害)に対しては有効ですが、中~重度(中途覚醒や熟眠感欠如)にはあまり効果が期待できませんのでご注意ください。


レストファインの有効成分メラトニンは脳の松果体で産生される脂溶性の高いホルモンです。

アミノ酸のトリプトファンから合成され、血液と脳脊髄液に放出されて血液脳関門を通過。脳や体の他の部位にある受容体アゴニストにメッセージを送り、睡眠と覚醒のサイクル制御を助ける効果があります。

サプリメントなどから経口摂取した場合でも天然ホルモンの効果を模倣するように機能するため睡眠障害への改善効果が期待できます。

飲み方・使い方

レストファインは就寝前の30分前に以下の症状に応じた用量を水またはぬるま湯で服用してください。
服用後はすぐに効果が現れ始め、20~50分ほどで効果が半減していきます。そのため、活動時間帯には服用しないでください。

当サイトでは10mgの1種類のみの取り扱いですが、初めての場合は低用量からの開始が推奨されています。

症状によって増量が可能ですが、5mg以上の服用は体に過剰な影響を及ぼす可能性が高いためご注意ください。

  • 睡眠障害/不眠症
    就寝時間の30分前に1~5mgを服用してください。睡眠のためのレストファインは睡眠の促進(入眠障害)には効果的ですが、睡眠の維持(中途覚醒や早朝覚醒)には効果がない可能性があるためご注意ください。
  • 時差ボケ
    1~5mgの範囲で開始してください。
  • 交代勤務睡眠障害
    入眠の30分前に1~3mgを服用してください。ただし、夜間勤務時間中の覚醒改善(注意力向上)にはつながらない可能性があります。
  • 非24時間睡眠覚醒症候群
    就寝前の決まった時間、または就寝時間の1時間前に1~3mg/日を服用してください。

錠剤はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保管してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

レストファインは一般に5mgなどの高用量を摂取しても比較的無毒で副作用が起きる可能性はまれです。
もし起きたとしても、以下に挙げる症状はほとんどの場合一時的なもので、服用により体が順応してくるため医師の診察も必要としません。

主な副作用
  • 日中の眠気、めまい、脱力感、錯乱
  • 鮮明な夢や悪夢
  • 気持ちが落ち込む、不安、イライラする
  • 頭痛
  • 食欲不振、下痢、吐き気、胃痛
  • 血圧の変化
  • 関節痛や背部痛
  • 発作リスクの上昇

(子供の場合)

  • 朝の眠気
  • おねしょ
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 下痢
  • (重度の神経障害のある子供における)発作リスク増加の可能性

また、高用量の外用では以下の副作用が現れることもあります。

高用量の外用による主な副作用
  • 日中の眠気
  • 身体的または精神的能力の障害
  • 低体温(体温低下)
  • プロラクチン濃度の上昇

また、以下の症状は一般的なアレルギー反応の兆候です。これらが現れる場合はレストファインをただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応
  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 吐き気、嘔吐
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

相互作用

レストファインはアルコールと併用しないでださい。
また、カフェインを含む製品はレストファインの効果を打ち消す可能性があるため以下の製品についても同様です。

  • コーヒー、お茶
  • コーラ、エナジードリンク
  • その他カフェインを含む製品

なお、影響を及ぼす可能性はその他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみでその全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

レストファインに含まれる成分に対してアレルギーがある場合は服用しないでください。

また、以下に該当する場合は注意が必要です。医師に相談し安全性を確認した上で服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 糖尿病
  • うつ病
  • 血友病のような出血、血液凝固障害
  • ワルファリンなどの抗凝血剤の服用
  • 高血圧や低血圧
  • てんかんやその他の発作性疾患
  • 臓器移植の拒絶反応を防ぐ薬を使っている
  • 自己免疫疾患
  • 他の鎮静剤や精神安定剤の使用
  • 妊娠中・授乳中の場合
  • 妊娠を希望している場合(排卵に影響を与え妊娠が困難になることがあります)
  • 子どもへの使用

服用後少なくとも4時間(または眠気の影響がなくなるまで)は自動車などの機械の運転や操作を避けてください。

よくある質問

Q.割って服用してもいいですか?
A.はい。レストファインはメラトニン10㎎の高用量タイプなので特に初めての方は割って服用してください。
その際はピルカッターの使用がおすすめです。
Q.メラトニンはドラックストアなどで市販されていないんですか?
A.日本国内ではメラトニンのサプリメントは市販されていません。
Q.依存性はありますか?
A.メラトニンは安全性の高い成分で、依存の心配もないとされています。