ハイプナイト1mg/2mg/3mg(Hypnite)ルネスタジェネリック

hypnite
hypnite
hypnite
hypnite
hypnite
hypnite
hypnite
hypnite

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

LINE割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:hypnite
ハイプナイト1mg/2mg/3mg(Hypnite)ルネスタジェネリック
ハイプナイト1mg(Hypnite) 50錠
在庫あり
12%OFF ¥3,400 ¥2,980
数量50錠
ハイプナイト1mg(Hypnite) 100錠
在庫あり
30%OFF ¥6,800 ¥4,780
数量100錠
ハイプナイト1mg(Hypnite) 150錠
在庫あり
35%OFF ¥10,200 ¥6,580
数量150錠
ハイプナイト2mg(Hypnite) 50錠
在庫あり
13%OFF ¥3,700 ¥3,230
数量50錠
ハイプナイト2mg(Hypnite) 100錠
在庫あり
29%OFF ¥7,400 ¥5,280
数量100錠
ハイプナイト2mg(Hypnite) 150錠
在庫あり
34%OFF ¥11,100 ¥7,380
数量150錠
ハイプナイト3mg(Hypnite) 50錠
在庫あり
11%OFF ¥3,900 ¥3,480
数量50錠
ハイプナイト3mg(Hypnite) 100錠
在庫あり
25%OFF ¥7,800 ¥5,830
数量100錠
ハイプナイト3mg(Hypnite) 150錠
在庫あり
29%OFF ¥11,700 ¥8,280
数量150錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

ハイプナイトの詳細

ハイプナイトとは

医薬品名
ハイプナイト(hypnite)
メーカー
コンサーン・ファーマ(Consern Pharma)
有効成分
エスゾピクロン(Eszopiclone)
効果・効能
不眠症(睡眠障害)の改善
剤形
錠剤(tablet)
  1. 安価なルネスタジェネリック ハイプナイトはルネスタと同じ有効成分を含むジェネリック薬です。サッと効いてスッと抜け次の日に残らない安くて便利な睡眠薬です。
  2. 非ベンゾ系の便利な睡眠薬 ハイプナイトは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬なのでしっかり効きつつデパスやハルシオンのように依存性や離脱症状の心配が少ないのが特徴です。
  3. 他の薬との併用も可能 ロゼレムと違いメラトニンと競合しない、セロクエルとも相性良しで併用により入眠障害や熟眠感不足といった症状に高い効果が期待できます。

ハイプナイトは睡眠障害の治療に用いられる医薬品で、睡眠障害の中でも入眠障害や熟睡感不足といった症状を改善する効果があります。
先発薬のルネスタと同じ有効成分エスゾピクロンを含むジェネリック医薬品で低価格ながらルネスタ同様の効果が期待できるほか

  • デパスのような依存性がない
  • 1時間以内の短時間で効く
  • 持続時間が短く次の日に残らない

といった特徴をもちます。

また、ハイプナイト(ルネスタ)はアモバンの改良版とも言える医薬品で、少量で効果を発揮して副作用のリスクが(苦味も含めて)少ない点も便利です。

製造元のコンサーン・ファーマ社はインドのパンジャーブに本拠地を置く製薬会社で、国内外向けに多くのジェネリック医薬品を手がけることで知られています。

日本ではあまり名前は知られていませんが、同社の工場施設はWHOが定めるGMP認定を受けるなど医薬品の品質には定評があります。


ハイプナイトの有効成分エスゾピクロンは睡眠障害(不眠症)の治療に使用される医薬品で、特に入眠障害や熟眠感欠如に対して有効です。
アモバン、マイスリーに次いで承認された最も新しい非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で、依存性のリスクが低く副作用や利便性といった点が特徴。

作用は睡眠のみに絞られ筋弛緩作用は弱いので、転倒リスクも少なく高齢者でも比較的安全に使用しやすくなっていますが、注意が必要な点としては服用後に記憶を忘れてしまう健忘やめまい・ふらつきが挙げられます。
薬が効いた状態での運動や機械の操作など危険を伴う行動は重傷を負ったり死亡を招く可能性があります。薬の効果が体に及ぼす影響がわかるまではこれらの行動を避けてください。

また、もし健忘の症状が発生するようであれば薬の服用を中止し、ただちに医師の治療を受けてください。

効果・効能

ハイプナイトは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の一種で睡眠障害の中でも特に入眠障害や熟眠感不足に対して効果があります。
有効成分エスゾピクロンは中枢神経系抑制剤(CNS)と呼ばれる種類の成分で、脳の神経系のはたらきを抑える作用により入眠時間が短縮され一晩中眠れるようになるものです。

デパスやハイプロンといったベンゾジアゼピン系の睡眠薬と違い抗不安・筋弛緩・抗けいれん作用が弱くシンプルに睡眠に対してのみ機能し依存性・離脱症状のリスクが低いのが特徴です。


ハイプナイトの睡眠薬としての作用機序は詳しくは明らかになっていません。
しかし、有効成分のエスゾピクロンがGABA-A受容体複合体のベンゾジアゼピン結合部位と結合することで睡眠・鎮静作用を及ぼすと考えられています。

エスゾピクロンはGABA-A受容体サブユニットα1、α3、α5に特に親和性があり、GABA-A受容体サブタイプ発現細胞におけるGABA誘発電流を有意に増加させます。
GABA-A受容体は活性化されるとCl−を選択的にイオンチャネルを透過させることにより神経細胞に過分極が生じ、これにより活動電位が生じにくくなり中枢神経の抑制作用を及ぼすものです。

飲み方・使い方

ハイプナイトは寝る前に1回1錠を水もしくはぬるま湯で服用してください。
服用後はすぐに効果が現れ始め、およそ2~4時間ほど持続します。

通常、成人の用量は1回2mg(高齢者は1回1mg)で最大で1日3mgまで増やせますが、初めて薬を使う場合は1mgから調整しはじめてください。
薬は睡眠時間が7~8時間確保できないような場合では服用しないでください(健忘の発生を避けるため)。

不眠症の通常の成人用量
初期用量:就寝直前に1日1回1mg
維持用量:就寝直前に1日1回1~3mg
最大用量:3mg/日

不眠症の通常の老年用量
初期用量:就寝直前に1日1回1mg
維持用量:就寝直前に1日1回1~2mg
最大用量:2mg/日

なお、有効成分のエスゾピクロンは不快な離脱症状を引き起こす可能性もあるため突然使用をやめたりはしないでください。
ただし、もし服用から7~10日経っても症状が改善しない場合は医師に相談してください。

その他にも誤用により中毒、過剰摂取など重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。
錠剤はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保管しつつ、誤飲を避けるため子供やペット、薬物乱用や依存症の病歴のある人がいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

ハイプナイトは服用により以下の副作用を引き起こす場合があります。

以下に挙げる症状はほとんどの場合一時的なもので、体の順応により低減する可能性もあるため医師の治療も必要としません。
ただし、もし症状の程度が気になったり持続する場合は医師に相談してみても良いでしょう。

主な副作用
  • 日中の眠気、めまい、二日酔いのような感覚
  • 頭痛、不安感
  • ドライマウス(口渇)
  • 口の中の異常(不快)な味
  • 発疹
  • 風邪やインフルエンザのような症状(発熱、全身の痛み、のどの痛み、せき、鼻水、鼻づまりなど)

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

その他治療が必要な症状
  • 不安障害、うつ症状、攻撃的、激越
  • 記憶障害、異常な考えや行動
  • 自傷・自殺について考えてしまう
  • 錯乱・幻覚(存在しない物を見たり聞いたりする)

特に以下の場合は緊急の治療を受けてください。

アレルギー反応による症状
  • かゆみ、じんま疹
  • 嗄声、呼吸困難、嚥下障害
  • 吐き気、嘔吐
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

ハイプナイトは有効成分エスゾピクロンによりいくつかの副作用が引き起こされる可能性があります。
通常は効果とともに副作用が薄れたり体が順応するため医師の治療も特に必要としませんが、次の副作用のいずれかが続くか程度の重い場合には医師に相談してください。

一般的な副作用
  • 味覚の異常
  • げっぷ
  • 味覚の変化
  • めまい
  • 口渇
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 痛み
  • 胃の不快感、むかつき、痛み
珍しい副作用
  • 異常な夢
  • 不慮の事故による負傷
  • 性交への関心の低下
  • 勃起できない、勃起を維持できない
  • 痛み、けいれん、大量出血(女性の場合)
  • 発疹
  • 乳房の腫脹、胸の痛み(男女ともに)
発生率は不明
  • 嗅覚の変化
  • 記憶喪失
  • 記憶障害

ただし、服用中に次の副作用のいずれかが発生する場合は、ただちに医師の治療を受けてください。

一般的な副作用
  • 悪寒
  • 発熱
  • 嗄声
  • 腰やわき腹の痛み
  • 排尿痛、排尿困難
  • (異常な)眠気
あまり一般的でない副作用
  • 膀胱痛
  • 血尿、混濁尿
  • 錯乱
  • 下痢
  • 意気消沈
  • 恐怖感、緊張感
  • 悲壮感、虚無感
  • 頻尿
  • 全身の不快感や不調
  • 頭痛
  • 易刺激性
  • 関節痛
  • 食欲不振
  • 興味や喜びの喪失
  • 筋肉のうずきや痛み
  • 吐き気
  • 神経痛
  • 鼻水
  • 存在しないものを見たり、聞いたり、感じたりする
  • 震え
  • 喉の痛み
  • 発汗
  • 集中力の低下
  • 睡眠障害
  • 異常な疲労感、脱力感
  • 嘔吐

また、特に以下に挙げる過剰摂取の症状が発生した場合は緊急の治療を受けてください。

過剰摂取による症状
  • 意識の変化や消失
  • 呼吸困難
  • 呼吸が不規則、速い、遅い、浅い
  • 唇、爪、皮膚の蒼白
  • (異常な)眠気

相互作用

重篤な副作用の発生を避けるためアルコールや眠気を引き起こす他の薬とハイプナイトを併用しないでください。

また、高カロリー・高脂肪な食事の接種後1時間以内の服用も薬の吸収を妨げられる恐れがあるため控えてください。

その他にも、以下の薬を使用している場合は医師に確認し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な薬
  • オピオイド薬
  • 他の睡眠薬
  • 筋弛緩薬
  • 不安障害やけいれん、発作の薬

その他にも飛行機や電車の中で眠るなど外出中のエスゾピクロン服用は避けてください。
薬の効果がなくなる前に目が覚めることがあり、このような場合で記憶喪失を引き起こすことがあります。

影響を及ぼす可能性はその他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみでその全てについて列挙しているわけではありません。ご注意ください。

禁忌・注意点

ハイプナイトの有効成分・エスゾピクロンにアレルギーがある場合や睡眠薬で健忘(起きていた時の記憶がない)を起こしたことがある場合、18歳未満の場合は薬を服用しないでください。

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な症状・既往歴
  • 肝・腎疾患
  • 呼吸障害
  • うつ病、精神疾患、自殺念慮
  • 薬物・アルコール中毒
  • 妊娠中・授乳中

その他、ハイプナイトの鎮静効果は(特に高齢になると強まる可能性があり)転倒を引き起こすケースが確認されています。
効果時間中はめまいやふらつきによる転倒・怪我などに十分ご注意ください。

また、薬が体に与える影響がわかるまでは運動や機械の操作など危険を伴う行動を可能な限り避けてください。

よくある質問

Q.薬の色が変で味も苦いですが、本当に本物の薬ですか?
A.はい。ハイプナイトはもともとそのような性質の薬となっています。ラククルで取り扱う薬は全て100%正規品となっておりますのでご安心ください。
Q.効果は何時間くらい持続しますか?
A.ハイプナイトは超短時間型の睡眠薬で効果は3~5時間ほど持続します。