オブラルL0.15mg+0.03mg(Ovral-L)

ovral-l
ovral-l
ovral-l
ovral-l

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
3.8
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:ovral-l
オブラルL0.15mg+0.03mg(Ovral-L)
オブラルL0.15mg+0.03mg(Ovral-L) 21錠
在庫あり
18%OFF ¥4,000 ¥3,280
数量21錠
オブラルL0.15mg+0.03mg(Ovral-L) 63錠
在庫あり
48%OFF ¥12,000 ¥6,280
数量63錠
オブラルL0.15mg+0.03mg(Ovral-L) 105錠
在庫あり
52%OFF ¥20,000 ¥9,580
数量105錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

オブラルLの詳細

オブラルLとは

医薬品名
オブラルL(Ovral-L)
メーカー
ワイス(Wyeth Ltd)
有効成分
レボノルゲストレル(Levonorgestrel)/エチニル・エストラジオール(Ethinyl Estradiol)
効果・効能
生理痛 / PMS / 避妊
剤形
タブレット(tablet)
  1. 避妊・PMS・生理痛に 2種類のホルモンが配合されており、排卵が抑制されることで高い避妊効果が期待できるとともにPMSや生理痛など月経に伴う辛い症状の緩和にも役立ちます。
  2. 飲み間違いのない1相性ピル オブラルLは錠剤のホルモン量が全て一定の1相性ピルなので、飲み間違いが起こりにくくなっています。
  3. 低価格なジェネリック医薬品 先発薬と同等の効果が期待できながら、ジェネリック医薬品なので低価格で続けやすいのが特徴です。

オブラルLはレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールという2種類のホルモンを含有する第2世代低用量ピルです。

これらの黄体ホルモンと卵胞ホルモンの作用によって、排卵を抑制するとともに子宮頚管内の粘液および子宮内膜を変化させるため妊娠を防ぐ効果が期待できます。
正しく使用した場合の避妊成功率は99.7%と非常に高く世界的にも人気のピルです。

その他にも、ホルモンバランスが安定することで月経前症候群(PMS)や生理痛の緩和、生理不順の改善、月経困難症の改善などにも効果が期待できます。

ただし、オブラルLは21日間服用を続けその後7日間は休薬するタイプのピルで、服用間隔がずれると避妊効果が低下する場合がありますのでご注意ください。

製造元のワイス社はアメリカのニュージャージーに本社を置く製薬会社で、現在は世界的大手製薬会社・ファイザーの傘下に入っています。 日本でも知名度の高いメーカーで多くの医薬品で厚生労働省の承認を得るなど高い製薬技術を持つため、医薬品も非常に高い安全性・信頼性を誇ります。


オブラルLは高い避妊効果が特徴の第2世代低用量ピルで、マイクロジノンのジェネリック医薬品です。

有効成分には黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンを含有しています。

オブラルLは以下の3つの作用によって、正しく服用した場合99.7%の避妊効果を発揮します。

  1. 排卵を抑制する
  2. 子宮頚管内の粘液を変化させ精子が子宮内に入るのを防ぐ
  3. 子宮内膜が厚くなるのを防ぎ受精卵を着床しにくくする

ただし、オブラルLを始めとするピルにはHIVや性感染症(梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎など)を防ぐ効果はありませんのでご注意ください。

効果・効能

オブラルLは服用することで避妊や生理痛の緩和が期待できる低用量ピルです。

有効成分にはレボノルゲストレル0.15mgとエチニルエストラディオール0.03mgを含有しています。

服用することで、性腺刺激ホルモンの分泌が抑えるため卵胞の発育が抑制され排卵が起こりにくくなります。また、子宮頚管内の粘液を変化させることで精子の侵入を防ぐとともに、子宮内膜が厚くなるのを防ぎ受精卵を着床しにくくする働きがあります。これによって、高い避妊効果が期待できます。

また、ピルによってホルモン量が調整されるため月経前症候群(PMS)や生理痛の緩和、生理不順・月経困難症・ニキビの改善にも役立ちます。

副作用や不正出血が比較的少なく、使いやすい低用量ピルになっています。


下垂体からの黄体形成ホルモンおよび卵胞刺激ホルモンの分泌抑制による排卵抑制作用があります。これにより、子宮内膜変化による着床阻害作用、頸管液変化による精子通過阻害作用が発揮され避妊効果が得られます。

飲み方・使い方

オブラルLは月経が始まった最初の日を1日目とし1日1錠を毎日決まった時間に水かぬるま湯で服用してください。

他の経口避妊薬オブラルLに切り替える場合は以下の通り服用してください。

  • 21日間ピル
    前回のピルを最後に服用した日の翌日からオブラルLの服用を開始してください。
  • 28日間ピル
    前回のピル(真薬)を最後に服用した日の翌日からオブラルLの服用を開始してください。
  • ミニピル
    月経が起こった初日からオブラルLの服用を開始してください。

オブラルLは21日間服用を続け7日間は休薬してください。その後29日目から次のシートの服用を開始してください。

休薬期間中は出血(消退出血)が起こりますが、次のシート開始日までに出血が終わらなかった場合でも予定通り服用を開始してください。休薬期間を7日以上取ると避妊効果が低下する可能性がありますのでご注意ください。

飲み初めの数か月は不正出血が起こる場合がありますが、体が慣れることで徐々に無くなっていきます。

飲み忘れた場合は気が付いた時点で1錠を服用してください。その後通常の時間にも1錠服用してください。 ただし、服用が12時間以上時間がずれると避妊効果が低下するため7日間はコンドームなど他の避妊方法を併用してください。

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

オブラルLは服用により以下の副作用が起きることがあります。
これは一般的な副作用で体が順応するにつれ低減するが多い症状で、医師の治療も不要です。

主な副作用
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 体重増加
  • 頭痛
  • 抑うつ気分
  • 乳房痛

ただし、以下の副作用があらわれた場合はただちに医師の診察を受けてください。

重大な副作用
  • 血栓症
アレルギー反応
  • 手・顔・唇・舌・喉などの腫れ
  • 蕁麻疹
  • かゆみ

稀ではありますが、以下の副作用が起こる場合があります。この場合もただちに医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 深部静脈血栓症
  • 肺塞栓症
  • 心臓発作
  • 脳卒中
  • けいれん、意識障害、半盲・視野狭窄、運動麻痺などの脳卒中様症状
  • 手足や顔の運動障害や感覚障害
  • 肝臓、胃、腸、腎臓、眼の血栓症
  • 胃の不快感
  • 片頭痛
  • 体重減少
  • むくみ
  • 性的関心の低下
  • 乳房の腫れ
  • 発疹
  • 乳汁分泌
  • おりものの増加
  • コンタクトレンズ耐性の低下
発生頻度不明の副作用
  • 色素沈着
  • 不随意運動
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎

オブラルLは使用により以下の副作用が起きる場合があります。以下の副作用は特に治療を必要としませんが、もし程度が気になるようであれば医師にご相談ください。

あまり一般的でない副作用
  • 不正性器出血(破綻出血、点状出血)
  • 白帯下
  • 下腹部痛
  • 乳房緊満感
  • 乳房萎縮
  • 乳房腫大
  • 血圧上昇
  • 動悸
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 眠気
  • 神経過敏
  • めまい
  • ニキビ
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 倦怠感
発生頻度不明の副作用
  • 網膜血流障害による視力障害
  • 黄疸
  • 経血量変化
  • カンジダ膣炎
  • 口の渇き
  • 口内炎
  • 食欲亢進
  • 冷感
  • しびれ
  • 代謝性鼻出血
  • 熱感
  • 総コレステロール上昇
  • トリグリセリド上昇

相互作用

オブラルLは一部の薬剤と相互作用を引き起こし効果を減弱したり副作用を増強する場合があります。 以下の薬剤は併用に注意が必要です。

医師に確認が必要なケース
  • C型肝炎治療薬
    オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル、ダサブビル、グレカプレビル、ピブレンタスビル、ソフォスブビル、ベルパタスビル、ボクシラプレビルなど
  • 抗てんかん薬
  • HIVプロテアーゼ阻害剤および非核苷酸逆転写阻害剤
  • グリセオフルビン
  • バルビツール酸塩
  • 抗生物質
  • セントジョーンズワート

オブラルLとの相互作用を引き起こす可能性は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

オブラルLに含まれる成分にアレルギーがある場合は使用しないでください。

また、以下に該当する場合も同様です。

薬を使用できない病歴・症状
  • 深部静脈血栓症、肺塞栓症など血栓症を発症したことがある
  • 抗リン脂質抗体など血液が固まりやすい
  • 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内および長期間安静状態
  • 心筋梗塞または脳卒中の既往歴
  • 重度の胸痛を引き起こす狭心症の既往歴
  • 一過性脳虚血発作の既往歴
  • 片頭痛
  • 乳がんの既往歴
  • 重度の肝疾患の既往歴があり肝機能検査で異常がある
  • 肝腫瘍の既往歴
  • C型肝炎
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳がん、子宮内膜がんなど)、子宮頸がんおよびその疑いがある
  • 診断の確定していない異常性器出血
  • 35歳以上で1日15本以上の喫煙者
  • 前兆(閃輝暗点、星型閃光など)を伴う片頭痛
  • 肺高血圧症や心房細動を合併する心臓弁膜症、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴がある心臓弁膜症
  • 血管病変を伴う糖尿病
  • 血栓性素因のある女性
  • 重篤な肝障害
  • 脂質代謝異常
  • 高血圧
  • 耳硬化症
  • 妊娠中の黄疸、持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある
  • 授乳中
  • 骨成長が終了していない可能性のある女性
医師に確認が必要な病歴・症状
  • 子宮筋腫
  • 血管性浮腫
  • クローン病や潰瘍性大腸炎(慢性の炎症性腸疾患)
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)
  • 血球破砕性尿毒症候群(HUS)
  • 鎌状赤血球貧血
  • 膵炎
  • 乳がんまたはその既往歴
  • 乳がんの家族歴または乳房に結節がある
  • 高トリグリセリド血症またはその家族歴
  • 手術予定または長時間歩けなくなる可能性がある場合
  • 出産直後
  • 表在性血栓性静脈炎
  • 静脈瘤
  • 糖尿病
  • 悪性貧血またはその家族歴
  • 血栓症の家族歴
  • ポルフィリン症
  • 心疾患またはその既往歴
  • てんかん
  • テタニー
  • 腎疾患またはその既往歴
  • 肝機能障害
  • 妊娠中または過去にピルを服用した際に病気が悪化したことがある
  • 前兆を伴わない片頭痛
  • 喫煙者
  • 肥満

オブラルLを含めピルにはHIVや性感染症(梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎など)を防ぐ効果はありません。必要な場合は別途対策を講じてください。

よくある質問

Q.トリキュラーとの違いは何ですか?
A.有効成分は同じですが、トリキュラーは錠剤のホルモン量が3段階に分かれている3相性のピルであるのに対し、オブラルLはホルモン量が全て同じの1相性のピルになっています。
Q.海外の薬って安全性は大丈夫ですか?
A.はい。ラククルは100%正規品保証の個人輸入サイトであり、薬が偽物や粗悪品であることはございません。
また、メーカーも国際基準をクリアしておりますので品質・安全性ともに高く安心して使用していただけます。