レボフロックス250mg/500mg/750mg(levoflox)クラビット・ジェネリック

levoflox
levoflox
levoflox
levoflox
levoflox
levoflox
levoflox
levoflox
levoflox
levoflox

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.6
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

LINE割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:levoflox
レボフロックス250mg/500mg/700mg(levoflox)クラビット・ジェネリック
レボフロックス250mg(levoflox)100錠
在庫あり
18%OFF ¥4,500 ¥3,680
数量100錠
レボフロックス500mg(levoflox)10錠
売り切れ
¥2,980
Sold Out
レボフロックス750mg(levoflox)5錠
売り切れ
¥3,380
Sold Out

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

レボフロックスの詳細

レボフロックスとは

医薬品名
レボフロックス(Levoflox)
メーカー
シプラ(Cipla)
有効成分
レボフロキサシン(Levofloxacin)
効果・効能
肺炎/膀胱炎などの尿路感染症/淋菌、クラミジアなど細菌による感染症治療
剤形
タブレット(tablet)
  1. 幅広い効果を持つ抗生物質 幅広い細菌感染症に効果があり、肺炎、尿路感染症、膀胱炎、気管支炎、副鼻腔炎、尿道炎、クラミジアなどの症状を改善できます。常備薬にも最適です。
  2. 安価なジェネリック薬 先発薬クラビットのジェネリック薬で、幅広く高い効果を持ちながらも安価なため高いコストパフォーマンスを誇ります。
  3. 最新の適正製造基準をクリア 製造元のシプラ社は最新の適正製造基準(cGMP)をクリア。先進国をはじめ世界中でジェネリック薬を製造・販売する大手製薬会社で日本でも問題なく使用できます。

レボフロックスはニューキノロン系抗生物質の一種で、肺炎、膀胱炎、気管支炎、副鼻腔炎、尿道炎、クラミジアなど幅広い細菌由来の症状を改善します。
有効成分のレボフロキサシンは従来薬に比べて素早く効いて高い効果をもつ使い勝手の良さから日本でも上記症状に対して良く処方される薬です。

ただし、淋菌とクラミジアについては近年耐性菌の問題から完治率が低下しているため、第一選択薬のアジスロマイシンをご検討ください。

製造元のシプラはインドのムンバイに本拠地を置く企業で、特にジェネリック薬製造を得意とする大手製薬会社です。
同社の薬はアメリカが定める最新の適正製造基準(cGMP)をクリアするなど品質が高く、途上国で高シェアを誇るのはもちろんアメリカ、ヨーロッパ、日本をはじめ先進国でも幅広く用いられています。


レボフロックスはニューキノロン系抗生物質の一種で、細菌感染症によって引き起こされる上気道、皮膚、尿路、前立腺などの症状や炭疽菌、ペストの治療に役立ちます。

なお、この薬は細菌による症状を改善する薬で以下の症状には効果がないためご注意ください。

  • ウイルス由来の感染症(風邪、インフルエンザ、ヘルペスなど)
  • 真菌由来の感染症(カンジダ、水虫・インキンタムシなど)
  • 寄生虫・原虫由来の感染症(トリコモナスなど)

また、有効成分のレボフロキサシンは以下の重篤な副作用を引き起こすことがあります。以下の症状が現れる場合には緊急の治療を受けてください。

  • 腱の障害や神経の損傷、深刻な気分や行動の変化、低血糖など
  • 頭痛、空腹感、易刺激性、しびれ、チクチク感、灼熱痛、錯乱、興奮、妄想性障害(パラノイア)、記憶力や集中力の欠如、希死念慮、関節の突然の痛みや動作の不具合
  • 大動脈の損傷(胸、胃、背中に激しい持続的な痛みがある)

効果・効能

レボフロックスはニューキノロン系抗生物質の一種で、服用により細菌由来の肺炎、膀胱炎、気管支炎、副鼻腔炎、尿道炎、クラミジアなどの症状を改善します。
有効成分レボフロキサシンは人間の細胞には影響せずに細菌のDNAだけを切断し細胞死を引き起こす作用をもつため、上記の細菌感染症に効果を発揮する仕組みです。

ただし、レボフロックスなどの抗生物質は細菌のみに効く薬のため以下の症状を改善する効果はありません。

薬の効果がない症状
  • ウイルス由来の感染症(風邪、インフルエンザ、ヘルペスなど)
  • 真菌由来の感染症(カンジダ、水虫・インキンタムシなど)
  • 寄生虫・原虫由来の感染症(トリコモナスなど)

有効成分のレボフロキサシンは、他のニューキノロン系抗生物質と同様にDNAジャイレース(トポイソメラーゼII)とトポイソメラーゼIVの2つの主要な細菌酵素の阻害により抗菌活性を発揮します。

DNAジャイレース(トポイソメラーゼII)はDNAの超らせん構造を維持するために不可欠な細菌酵素で染色体凝縮と転写開始の促進に必須となるものです。
レボフロキサシンはこれらの酵素の阻害により連結解除し細胞分裂の完了を可能にする働きをするため、レボフロキサシンが作用した地点から細菌のDNAが切断され殺菌的に抗菌作用を示す仕組みです。

飲み方・使い方

レボフロックスは毎日同じ時間に症状に応じた用量を水と一緒に服用してください。

食事の有無は問いませんが、この薬を服用している間は腎臓を正常に働かせるため水分は多めに摂取するようにしてください。

服用後は迅速に抗菌効果を発揮する薬で早ければ1日目から症状の改善が見られる場合もあります。
ただし、もし服用しても症状の改善が見られない場合は医師に相談の上で別の治療法を検討してください。使用する薬が間違っているか耐性菌の可能性などが考えられます。

  • 院内肺炎
    750mgを24時間ごとに7~14日間服用
  • 肺炎
    500mgを24時間ごとに7~14日間服用もしくは750mgを24時間ごとに5日間服用
  • 尿路感染症
    250mgを24時間ごとに10日間服用もしくは750mgを24時間ごとに5日間服用
  • 膀胱炎
    250mgを24時間ごとに3日間服用
  • 気管支炎
    500mgを24時間ごとに7日間服用
  • 副鼻腔炎
    500mgを24時間ごとに10~14日間服用もしくは750mgを24時間ごとに5日間服用
  • 尿道炎
    500mgを1日1回7日間服用
  • クラミジア
    500mgを1日1回7日間服用

また、自己判断で服用を省くと耐性菌の発生リスクが高まるため、服用後すぐ症状が改善した場合も定められた期間は必ず薬を服用してください。

薬は常温での保管が可能ではありますが、なるべく湿気や熱、日光を避けてください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

レボフロックスは服用により以下の副作用が起きることがあります。
これは一般的な症状で特に医師の治療も必要としません

主な副作用
  • 吐き気、便秘、下痢
  • 頭痛、めまい
  • 睡眠障害

ただし、服用後に以下の症状が見られる場合は薬の使用を中止しただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • 低血糖(頭痛、空腹、発汗、易刺激性、めまい、吐き気、心拍数の増加、不安や震えを感じる)
  • 手、腕、脚、足の神経症状(しびれ、衰弱、刺痛、灼熱痛)
  • 深刻な気分や行動の変化(神経過敏、錯乱、焦燥感、妄想症、幻覚、記憶障害、集中力低下、希死念慮)
  • 腱断裂の徴候(突然の痛み、腫れ、あざ、圧痛、こわばり、動作のトラブル、関節のパチンという音や飛び出る音(治療を受けるまでは関節を休ませること))
  • 激しい腹痛、水様性または血性の下痢
  • 心拍が速く激しくなる、胸のはためき、息切れ、気絶するような突然のめまい
  • (どんなに軽度であっても)皮膚発疹の最初の徴候
  • 筋力低下、呼吸障害
  • 発作、痙攣
  • 頭蓋内圧の上昇(ひどい頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、視力障害、目の奥の痛み)
  • 肝疾患(上腹部痛、食欲不振、暗色尿、粘土色の便、黄疸(皮膚や眼の黄変))

特に以下の症状が見られる場合は緊急の治療を受けてください。

緊急の治療が必要な症状
  • アレルギー反応(じんま疹、呼吸困難、顔面やのどの腫れ)
  • 重度の皮膚反応(発熱、のどの痛み、眼の灼熱感、皮膚の痛み、赤や紫色の発疹が広がって水疱や剥離を引き起こす)
  • 大動脈の損傷(胸、胃、背中に激しい痛みが続いている)

レボフロックスは有効成分レボフロキサシンの影響によりいくつかの副作用が起きることがあります。
以下に挙げる症状は一般的なもので通常は体が順応し薄れていく可能性もあるものですが、持続したり程度が重い場合は医師に相談しても良いでしょう。

あまり一般的でない副作用
  • 味覚の変化
  • 便秘
  • 目まい
  • 眠気
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 吐き気
  • 神経過敏
  • 胃の痛みや不快感
  • 睡眠障害
  • 膣のかゆみとおりもの
  • 嘔吐
発生率は不明
  • 皮膚の暖かみや熱感
  • (特に顔と首の)皮膚の紅潮や発赤
  • 発汗

ただし、服用中に以下の症状が現れる場合はただちに医師の治療を受けてください。

一般的な副作用
  • 下痢
珍しい副作用
  • 焦燥感
  • 水疱
  • 錯乱
  • 血性の下痢(あるいは水様性で重度の)
  • 他人があなたの考えを聞いたり、あなたの行動をコントロールできるという感覚
  • 発熱
  • 脚、肩、手のふくらはぎの痛み、炎症、腫れ(腱の断裂や腫れを含む)
  • 皮膚の発赤と腫れ
  • 幻覚(存在しないものを見たり、聞いたり、感じたりする)
  • 皮膚の灼熱感
  • 激しい気分や精神の変化
  • 胃けいれんまたは腹痛(重度)
  • 皮膚の発疹・かゆみ・発赤
  • 震え
  • 異常行動
発生率は不明
  • 黒色タール便
  • かすみ目
  • 末梢神経障害を含む灼熱感、しびれ感、刺痛、痛みを伴う感覚
  • 暗色尿
  • 呼吸困難
  • 咀嚼、会話、嚥下の困難
  • まぶたの垂れ下がり
  • 失神
  • 速かったり不規則な心拍
  • 全身腫脹
  • じんましん
  • 嗄声
  • 腱断裂や腱の腫れ(腱炎)を含む関節や筋肉の痛み
  • 筋肉のけいれん、ひきつり、痛み、こわばり
  • 皮膚の剥離やたるみ
  • まぶたや目、顔、唇、舌の周りの腫れやむくみ
  • 発作
  • 激しいめまい
  • 重度の倦怠感
  • 胸部圧迫感
  • 動作の不安定感や不器用さ
  • 異常な出血やあざ
  • 異常な倦怠感や脱力感
  • 視覚変化
  • 声の変化
  • 重症筋無力症の悪化を含む腕、手、脚、足の脱力感

相互作用

レボフロックスは以下の薬と併用すると効果が大幅に低下する可能性があります。
もし該当する場合はレボフロックス服用の2時間前後を避けてください。

併用を避けるべき薬
  • マグネシウムやアルミニウムを含む制酸薬(マーロックス、マイランタ、ロレイズなど)
  • 潰瘍薬(スクラルファート)
  • ジダノシン粉末もしくはチュアブル錠
  • アルミニウム、鉄、マグネシウム、亜鉛を含むビタミンやミネラルのサプリメント

また、以下の薬を服用している場合は医師に相談し安全性を確認した上でレボフロックスを服用してください。

医師に確認が必要な薬
  • テオフィリン
  • 利尿薬
  • 不整脈治療薬
  • インスリンや経口糖尿病薬(血糖値は定期的にチェックすること)
  • 鬱病など精神疾患の治療する薬
  • ステロイド薬(プレドニゾンなど)
  • 抗凝血剤(ワルファリン)
  • NSAID:非ステロイド性抗炎症薬(アスピリン、イブプロフェン、ナプロキセン 、セレコキシブ、ジクロフェナク、インドメタシン、メロキシカムなど)

有効成分のレボフロキサシンと相互作用を引き起こす成分は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が考えられます。
上記の成分はあくまで代表的なもののみで、その全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

レボフロックスの有効成分レボフロキサシンをはじめ他のニューキノロン系抗生物質(シプロフロキサシン、ゲミフロキサシン、モキシフロキサシン、ノルフロキサシン、オフロキサシンなど)にアレルギーがある場合は薬を服用しないでください。

また、以下の病気にがかかったことがある(かかっている)場合は、医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 関節炎、腱や骨や関節の疾患(特に子供の場合)
  • 血行障害、動脈瘤、動脈の狭窄や硬化
  • 心臓障害、高血圧
  • マルファン症候群やエーラー・ダンロス症候群などの遺伝病
  • 糖尿病
  • 重症筋無力症など筋肉や神経の病気
  • 腎臓病
  • てんかん、発作
  • 頭部外傷、脳腫瘍
  • QT延長症候群(本人や家族の中で)
  • 血液中のカリウム濃度の低下(低カリウム血症)
  • 妊娠中・授乳中
  • 子供の場合

その他にも、レボフロックス服用の際には以下の点にご注意ください。

  • この薬は(特にかかとの)腱の腫れや断裂を引き起こすことがあります。
    これは薬の服用中に起こることもあれば服用中止後から数ヶ月後に起こることもあり、小児や高齢者、ステロイド薬を使用している、臓器移植を受けたことがある場合にリスクが高まります。
  • この薬は薬物スクリーニングの尿検査に影響を与えることがあります。
    誤った結果が出る可能性があるため検査スタッフにレボフロキサシンを使用していることは予め伝えてください。
  • この薬は反応速度や体の動作に影響を及ぼす可能性があるため、薬が体に与える影響がわかるまでは機械の操作や運動など危険を伴う行動を避けてください。
  • 抗生物質の服用は下痢を引き起こすことがありますが、これは新たな感染症の徴候である可能性があります。
    水様性や血性の下痢が見られる場合は下痢止め薬を使用する前に医師に相談してください。
  • この薬の服用中は日焼けしやすく(紫外線に弱く)なります。屋外では衣服と日焼け止め(SPF30以上)を使用し肌を保護し、日光や日焼け用ベッドなどの使用も避けてください。
    もし日光によるひどい火傷、発赤、かゆみ、発疹、腫れが見られる場合は医師に相談してください。

よくある質問

Q.淋病やクラミジアに効果がありませんでした。
A.別の病気によるものか菌が耐性を獲得している可能性があります。医師に相談し別の抗生物質か治療法を検討してください。
Q.淋病やクラミジアなどにかかっているかどうかチェックする方法はありますか?
A.はい、当サイトには淋病やクラミジア、梅毒、HIV/AIDSなど性病検査キットの取り扱いもありますので併せてご利用ください。
感染症のリスクが高まります。インフルエンザやかぜなどのウイルス感染症は治療しません。