KZクリーム2%30gm(KZ Cream) ニゾラルクリームジェネリック

kz-cream

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:kz-cream
KZクリーム2%30gm(KZ Cream) ニゾラルクリームジェネリック
KZクリーム2%30gm(KZ Cream) 1本
在庫あり
16%OFF ¥2,700 ¥2,280
数量1本
KZクリーム2%30gm(KZ Cream) 3本
在庫あり
52%OFF ¥8,100 ¥3,880
数量3本
KZクリーム2%30gm(KZ Cream) 5本
在庫あり
61%OFF ¥13,500 ¥5,280
数量5本

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

KZクリームの詳細

KZクリームとは

医薬品名
KZクリーム(KZ Cream)
メーカー
ヘッジアンドヘッジファーマ(Hegde& Hegde Pharmaceuticals LLP)
有効成分
ケトコナゾール 2%(Ketoconazole)
効果・効能
水虫、カンジダ症など真菌感染症の治療
剤形
クリーム(Cream)
先発薬
ニゾラルクリーム
  1. 真菌が原因の皮膚の不快な症状に 水虫やカンジダ症などの原因となる真菌を殺菌します。
  2. 浸透性が高いので効き目が早い 浸透性に優れているため素早く作用し、1日1回塗るだけで1日中効果が続きます。
  3. 高いコストパフォーマンス 先発薬と同様の効果を発揮しますがジェネリック医薬品なので低価格になっています。

KZクリームは真菌への殺菌作用を有する医薬品です。

先発薬のニゾラルクリームと同じ有効成分ケトコナゾールを含有しており、白癬、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎に効果を発揮します。

その他にも、背中や胸、肩に生じるニキビ(マラセチア毛包炎)の治療に用いられる場合もあります。

KZクリームは真菌に対し強い殺菌作用があり、皮膚の角質層への浸透性と親和性に優れているため1日1回(脂漏性皮膚炎には1日2回)の塗布で効果が1日中持続します。

特に水虫やカンジダなどはタオルやマットなどを通じて他人に移ることがありますので早めの治療が必要です。

製造元のヘッジアンドヘッジファーマ社は1989年創業のインドのムンバイに本拠地を置く製薬会社です。皮膚科に特化しており、抗真菌薬の他にもニキビ治療薬や日焼け止めなど幅広い製品を専門的に取り扱う企業です。


白癬(水虫など)や皮膚カンジダ症は真菌というカビの一種が原因で起こる皮膚症状です。

真菌は高温多湿で汚れた環境を好むため、靴下や下着、オムツなどの蒸れやすい場所で繁殖する場合が多いです。

真菌は空気中や土の中に存在しており、皮膚に付着したり体内に入り込んだりします。通常であれば何も症状は出ませんが、免疫力が低下していると感染し不快な症状を引き起こします。

皮膚にあらわれる症状としては水ぶくれやかゆみ、赤みなどがあげられます。

KZクリームの有効成分ケトコナゾールはミダゾール系の抗真菌薬で、真菌の発育を抑制することで症状を緩和します。

ケトコナゾールは幅広い症状に対し抗真菌作用を発揮するため、癜風や脂漏性皮膚炎にも有効です。

効果・効能

KZクリームは真菌への殺菌作用を持つ外用薬です。

適応症は以下の通りです。

  • 白癬:足白癬(水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)
  • 皮膚カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌紅斑を含む)
  • 癜風
  • 脂漏性皮膚炎

真菌はエルゴステロールという植物性細胞膜を有しています。

ケトコナゾールは真菌細胞の持つエルゴステロールの生合成を阻害する作用があります。
これによって真菌の発育を抑制・阻止することで抗真菌効果を発揮します。

皮膚糸状菌、酵母糸状菌、癜風菌への殺菌効果が認められています。

飲み方・使い方

KZクリームは、白癬・皮膚カンジダ症・癜風には1日1回、脂漏性皮膚炎には1日2回適量を患部に塗布してください。

治療開始から2~3週間経過しても改善がみられない場合は医師にご相談ください。

ただし、足の裏など皮膚の厚い部分では完治までに半年~1年ほどかかる場合があります。

角膜や結膜には使用しないでください。また、皮膚がただれている部分など重度の傷がある部分は避けて塗るようにしてください。

薬を保管する際には、湿気や高温を避けて室温で保管してください。

副作用

KZクリームは使用により副作用があらわれる場合があります。以下の症状があらわれた場合には使用を中止してください

主な副作用
  • 接触性皮膚炎
  • そう痒
  • 発赤
  • 刺激感
  • 紅斑
  • 皮膚のただれ
  • 皮膚が剥がれる
  • 水疱
  • 亀裂
  • 疼痛
  • 皮膚灼熱感
  • 発疹
  • 皮膚のべたつき
  • 蕁麻疹
  • 乾燥
  • 浮腫
  • 出血
  • 不快感
  • 錯覚感
  • 過敏症
  • 尿蛋白要請

相互作用

KZクリームと他の薬剤が相互作用を引き起こす可能性は低いです。

ただし、相互作用は処方薬や市販薬、ビタミン、ハーブ製品などあらゆる成分によって引き起こされる可能性がありますのでご注意ください。

禁忌・注意点

KZクリームに含まれる成分に対しアレルギーがある場合は使用できません。

以下に該当する場合も同様です。

薬を使用できないケース
  • 低出生体重児
  • 新生児

また、妊娠中・授乳中の方は薬の使用に注意が必要です。必ず事前に医師に安全性をご確認ください。

よくある質問

Q.陰部にも塗って大丈夫ですか?
A.はい。男性、女性ともに陰部に使用できます。ただし、尿道部や膣内などの粘膜には塗らないよう気を付けてください。
Q.ケトコナゾールに発毛効果はありますか
A.いいえ。ケトコナゾールに発毛効果は認められていません。発毛にはミノキシジルを含む医薬品を使用してください。
Q.どれくらいで治りますか?
A.1~2週間ほどで症状が改善します。ただし、足など皮膚の厚い部分に用いる場合には改善までに数か月かかる場合があります。