フォルカン50mg/150mg/200m(forcan)ダイフルカンジェネリック

forcan
forcan
forcan
forcan
forcan
forcan
forcan
forcan

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

この医薬品の説明は医薬品成分や製薬会社の添付文書より抜粋しています。
商品番号:forcan

フォルカン50mg/150mg/200m(forcan)ダイフルカンジェネリック

フォルカン50mg(forcan)ダイフルカンジェネリック 4錠
在庫状態 : 在庫有り
¥2,600 ¥1,980
数量4錠
フォルカン50mg(forcan)ダイフルカンジェネリック 20錠
在庫状態 : 在庫有り
¥4,300 ¥3,480
数量20錠
フォルカン150mg(forcan)ダイフルカンジェネリック 15錠
在庫状態 : 在庫有り
¥4,500 ¥3,680
数量15錠
フォルカン200mg(forcan)ダイフルカンジェネリック 4錠
在庫状態 : 在庫有り
¥2,900 ¥2,280
数量4錠

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
フォルカン(forcan)
メーカー
シプラ(cipla)
有効成分
フルコナゾール(Fluconazole)
効果・効能
カンジダ(尿道・膣など)、いんきんたむし(水虫)など真菌感染症の治療
剤形
タブレット(tablet)

特徴

トリアゾール系(アゾール系)の抗真菌薬で、従来薬より副作用が低減され比較的安全に長期間治療が可能な点が特徴です。
先発薬・ダイフルカン(ジフルカン)のジェネリック医薬品でインド屈指の製薬企業により製造・販売されています。

効果・効能

フォルカンの有効成分フルコナゾールには、真菌に不可欠なエルゴステロールの生合成を阻害し細胞膜を崩壊させる効果があります。
これにより真菌は死滅するため、カンジダやいんきんなど真菌感染症による症状を改善します。

副作用

主な副作用としては、吐き気、下痢、発疹、頭痛、むくみ、発熱などが挙げられます。

飲み方

1日1回1錠(50~200mg)を水またはぬるま湯で服用してください。
当サイトでは50mg/100mg/200mgの3種類が購入可能です。初めて使用される場合は症状に応じて用法・用量通りに服用してください。

医薬品の詳細

フォルカンとは

フォルカンは膣・尿道など各種カンジダやいんきんたむし(水虫)など真菌感染症による症状を治療する医薬品です。
有効成分のフルコナゾールには真菌に不可欠なエルゴステロールの生合成を阻害し死滅させる作用があるため、これらの真菌による症状を抑える効果があります。

先発薬のダイフルカン(ジフルカン)と同じ有効成分を同量含むジェネリック医薬品で、低価格ながらも高い効果が期待できます。

フルコナゾールの登場は1980年代と医薬品としては古い成分ですが、現在でも日本で処方されることのある安全性・信頼性の高い成分です。

製造元のシプラ社はインドのムンバイに本拠地を置く製薬会社で国内では五指に入る大手企業です。
日本ではあまり知られていませんが、発展途上国で知名度の高いメーカーでHIV患者向けに低価格帯ジェネリック薬を製造・販売し多くの人命を救った功績が讃えられています。

詳細説明

フォルカンの有効成分フルコナゾールは尿道カンジダや膣カンジダなどのカンジダ症、いんきんたむし(水虫)など白癬菌の感染症治療に用いられる成分で、これらの症状の抑制に役立ちます。

フルコナゾールには真菌の細胞膜に不可欠なエルゴステロールの生合成を阻害する作用があり、これにより真菌の細胞膜を崩壊、直接的に死滅させる効果があります。

その他にもがん治療、骨髄移植、エイズなどの病気によって免疫系の機能が低下している人の真菌感染症の予防にも使用されることがあります。

ただし、インフルエンザやかぜなどのウイルス感染症は治療できません。

その他にもフォルカンはその他の抗生物質や抗ウイルス薬と併用できないためご注意ください。
淋病や梅毒、ヘルペスなどにより治療薬を使用している場合は使用を控えるか医師に相談してください。

効果・効能

フォルカンの有効成分フルコナゾールにはカンジダ菌や白癬菌など真菌のエルゴステロール生合成を阻害する作用があります。
エルゴステロールは真菌の細胞膜維持に不可欠な物質で、これを妨げることで真菌を崩壊・殺菌することで抗菌作用を示します。

これにより、膣カンジダや尿道カンジダ、いんきんたむしなど真菌感染症による症状を改善します。

効果詳細

フォルカンの有効成分フルコナゾールはアゾール系抗真菌薬で、真菌のシトクロムP450依存性酵素ラノステロール14‐α‐デメチラーゼを阻害することでエルゴステロールの生合成を阻害します。

ラノステロール14-α-デメチラーゼが阻害されると、ラノステロールのエルゴステロールへの変換が中断されます。
その結果、14-α-メチルステロールが異常蓄積し、真菌細胞膜でエルゴステロールの枯渇が起こります。

これは細胞膜の生理機能を変化させ、細胞死や細胞増殖・複製の阻害へとつながります。

飲み方・使い方

フォルカンは1日1回1錠(50~100mg)を水もしくはぬるま湯で服用してください。

治療する感染症によって用量が異なり腟感染症は1錠で治療されることが良くありますが、その他の感染症の場合は初回は2回分を飲んでも問題ありません。
重症の場合は1日400mgまで増量可能ですが、7日間ほど服用しても症状が改善しない場合は医師に相談し別の治療法を検討してください。

症状がすぐに改善する場合も服用を中止せず決められた期間服用してください。これは真菌が薬剤耐性を得るリスクが高まるためです。

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

フォルカンの有効成分フルコナゾールは服用により副作用を引き起こす場合があります。 以下は一般的な副作用で特に医師の治療も必要としませんが、程度が気になる場合は医師に相談してください。

主な副作用

  • 吐き気、腹痛、下痢、胃のむかつき
  • 頭痛
  • 目まい
  • 味覚の変化

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 心拍の変化(速く、激しく、ドキドキ、息切れがする、突然のめまい、意識を失う)
  • 発熱、悪寒、体の痛み、インフルエンザのような症状
  • あざができやすい、出血しやすい、異常な筋力低下
  • 痙攣、発作
  • 皮疹や皮膚病変
  • 肝臓の問題(食欲不振、胃痛、暗色尿、粘土色の便、皮膚や眼の黄変)
  • アレルギー反応(じんま疹、呼吸困難、顔面やのどの腫れ)
  • 重度の皮膚反応(発熱、のどの痛み、眼の灼熱感、皮膚の痛み、水疱や剥離を伴う赤や紫の発疹)

副作用詳細

フルコナゾールは服用によっていくつかの副作用が発生する可能性があります。
通常は体が順応し副作用も薄れていくもので医師の治療も不要ですが、次の副作用のいずれかが続くか厄介な場合には医師に相談することで改善できる可能性もあります。

あまり一般的でない副作用

  • げっぷ
  • 味覚の変化
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 胃の不快感や不調

発生率は不明

  • 脱毛、薄毛

ただし、服用中に次のいずれかの症状が発生する場合はただちに医師の治療を受けてください。

珍しい副作用

  • 悪寒
  • 粘土色の便
  • 暗色尿
  • 下痢
  • 嚥下困難
  • 目まい
  • 頻脈
  • 発熱
  • 全身のだるさや脱力感
  • 頭痛
  • じんま疹、かゆみ、発疹
  • 大きな蜂の巣のような腫れ(顔、まぶた、唇、舌、のど、手、脚、足、性器)
  • 明るい色の便
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • まぶたや目、顔、唇、舌の周りの腫れ
  • 持続する腹痛
  • 胸部圧迫感
  • 不快な口臭
  • 異常な疲労や衰弱
  • 右上腹部や胃の痛み
  • 嘔吐
  • 吐血
  • 目と皮膚の黄変

発生率は不明

  • 黒色タール便
  • 皮膚の水疱形成、剥がれ、たるみ
  • 胸の痛みや不快感
  • 尿量減少
  • 口渇
  • 失神
  • 嗄声
  • 渇きの増大
  • 心拍が不規則または遅くなる
  • 関節や筋肉の痛み
  • 膀胱制御の喪失
  • 腰やわき腹の痛み
  • 気分の変化
  • 筋肉の痛みやけいれん
  • 腕と脚の筋肉の痙攣
  • 手、足、または唇のしびれやチクチク感
  • 排尿時の痛みや排尿困難
  • 肌の蒼白
  • 赤色の皮膚病変(しばしば中心部が紫色)
  • 赤く充血した目
  • 発作
  • 咽頭痛
  • 口内炎、潰瘍、口の中や唇の白い斑点
  • 突然の意識消失
  • リンパ腺の腫れ
  • 異常な出血やあざ

以下に該当する場合は特に緊急の治療が必要です。

過剰摂取の症状

  • 恐怖、疑念その他の精神的変化
  • 幻覚・幻聴

相互作用

フルコナゾールに対してアレルギーがある場合はフォルカンを使用しないでください。

また、一部の薬との併用により危険な影響を引き起こす可能性があります。

以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上でフォルカンを服用してください。

医師に相談する必要がある薬

  • 抗生物質、抗真菌薬、抗ウイルス薬
  • 血液希釈剤、抗凝血剤
  • ガンの薬
  • コレステロールの薬
  • 経口の糖尿病薬
  • 心臓や血圧の薬
  • マラリアや結核の薬
  • 臓器移植の拒絶反応を予防する薬
  • うつ病など精神疾患を治療する薬
  • NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)
  • 発作薬
  • ステロイド薬

医師に相談する必要がある既往歴

  • 肝疾患
  • HIV、AIDS
  • ガン
  • 心臓の疾病
  • QT延長症候群(あなたや家族の中で)
  • 腎臓病
  • 他の抗真菌薬にアレルギーがある(ケトコナゾール、イトラコナゾール、ミコナゾール、ポサコナゾール、ボリコナゾールなど)

その他にも、フルコナゾールと相互作用を引き起こす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではありません。ご注意ください。

禁忌

フォルカンは服用により反応が悪くなる可能性があります。
フルコナゾールが自分にどのような影響を及ぼすかわかるまで車の運転や危険な行動は避けてください。

よくある質問

Q.他の性病の薬と併用できますか?
A.いいえ、併用により危険な副作用を起こすことがあるため併用は控えてください。
Q.カンジダやインキン以外の病気や性病にも効果がありますか?
A.いいえ、真菌感染症の治療薬のため風邪やインフルエンザ、淋病、梅毒、ヘルペスなどに対して効果はありません。