バルトレックス500mg/1000mg(valtrex)

valtrex
valtrex
valtrex
valtrex
valtrex
valtrex

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

この医薬品の説明は医薬品成分や製薬会社の添付文書より抜粋しています。
商品番号:valtrex

バルトレックス500mg/1000mg(valtrex)

バルトレックス500mg(valtrex) 10錠
在庫状態 : 在庫有り
¥4,800 ¥4,180
数量10錠
バルトレックス500mg(valtrex) 30錠
在庫状態 : 在庫有り
¥14,400 ¥11,480
数量30錠
バルトレックス500mg(valtrex) 50錠
在庫状態 : 在庫有り
¥24,000 ¥18,980
数量50錠
バルトレックス1000mg(valtrex) 21錠
在庫状態 : 売り切れ
¥6,500 ¥5,980
Sold Out

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
バルトレックス(Valtrex)
メーカー
グラクソ・スミスクライン(GSK)
有効成分
バラシクロビル(Valacyclovir)
効果・効能
(性器)ヘルペス、帯状疱疹、水痘などの感染症治療
剤形
タブレット(tablet)

特徴

ゾビラックスに次いで開発されたヘルペス治療薬で、正常な細胞には影響を与えずヘルペスウイルス増殖のみの阻害できる医薬品です。
日本の医院でも処方されるおなじみの第一選択薬で、先発薬のため最も高い安全性・信頼性を誇ります。

効果・効能

バルトレックスの有効成分バラシクロビルは、正常な細胞にはダメージを与えずウイルスDNAの複製のみを阻害します。その結果、ウイルス増殖が抑えられヘルペスウイルスによる症状を改善します。

副作用

主な副作用としては、腹部不快感、頭痛、吐き気、嘔吐、傾眠などが挙げられます。

飲み方

症状の種類や度合いに応じて薬を水またはぬるま湯で服用してください。当サイトでは500mg/1,000mgの2種類が購入可能です。

医薬品の詳細

バルトレックスとは

バルトレックスはヘルペス、帯状疱疹、水痘などの症状を治療する医薬品です。
有効成分のバラシクロビルにはウイルス増殖を阻害する作用があるため、感染症による症状の悪化を防ぎ軽減します。

宿主細胞には影響を与えずヘルペスウイルスのみに効果を発揮する、ゾビラックスに比べて服用回数が少なくて良い点が大きな特徴です。

日本の医院でもヘルペス治療では第一に処方される便利な薬で、安全性・信頼性ともに高い医薬品と言えるでしょう。

製造元のグラクソ・スミスクラインはイギリスのロンドンに本社を置く世界でも10指に入るグローバル製薬企業です。

日本ではあまり名前が知られていませんがコンタックやパキシル、アドエアなど有名な医薬品を多く製造・販売しています。

詳細説明

バルトレックスの有効成分バラシクロビルはヘルペス、帯状疱疹、水痘などの治療に使用される医薬品です。
ウイルスに対してのみ効果を発揮しウイルス増殖を抑えるため、これらの悪化・症状の軽減に効果があります。

ウイルス自体を殺菌するわけではなく、これ以上の増殖を抑えるはたらきとなります。
重症化を防ぐためには初期症状の段階で服用することが肝要となります。

チクチク感や灼熱感、水疱などウイルスによる予兆を感じたら、なるべく早く服用を開始してください。

なお、これらのウイルスは感染力が強く、バルトレックスによる治療中でも他の人に感染することがあります。
患部が他者に接触するのを避け、手に付着したウイルスが目に入ることもあるため手はこまめに洗いましょう。

効果・効能

バルトレックスの有効成分バラシクロビルはαヘルペスウイルスに対して有効な抗ウイルス薬で、ウイルス増殖を抑えて症状を抑制する効果があります。

バラシクロビルは体内に入ると肝臓でアシクロビルへと分解され、このアシクロビルがヘルペスウイルスに作用する仕組みです。

ゾビラックス(アシクロビル)を直接服用する場合よりも1日の服用回数が少なくて済む、人間の正常な細胞にダメージを与えずウイルスのみに作用するという点が大きな特徴です。

ただし、前述の通り薬が効果を発揮するためには肝機能が正常であることが前提となりますのでご注意ください。

効果詳細

バラシクロビルは、バリンのカルボキシ基にアシクロビルがエステル結合した形状となっていてDNAポリメラーゼ阻害薬に分類されます。

バラシクロビルは体内に入ると肝初回通過により加水分解され、L-バリンとアシクロビルへと変換されます。

アシクロビルは感染細胞内の酵素チミジンキナーゼ(TK)によりアシクロビル一リン酸誘導体に変換され、さらにグアニル酸キナーゼによって二リン酸に、最終的に三リン酸(ACV-TP)へと変換されます。

これはウイルスDNA複製の非常に強力な阻害剤で、ウイルスのDNAポリメラーゼを競合的に阻害し不活性化するとともにウイルスのDNAに取り込まれてウイルスのDNA鎖形成を阻害し鎖終結をもたらします。

飲み方・使い方

症状の種類や度合いに応じて薬を水もしくはぬるま湯で服用してください。

用法用量は症状の度合いによっても異なりますが、通常は

  • 単純ヘルペス
    1回500mgを1日2回5日間
  • 水痘
    1回1,000mgを1日3回5~7日間
  • 帯状疱疹
    1回1,000mgを1日3回7~10日間

服用します。

もし、上記の日数の間使用しても症状が改善しなかったり悪化する場合は医師に相談してください。

服用は早ければ早いほど効果が高まるので、前兆となる症状(チクチクする・焼ける感覚、水ぶくれなど)を感じた時点で服用を開始してください。

服用中は腎臓を適切に機能させる必要があるため水を多く飲むようにすると良いでしょう。

また、ウイルスが抗ウイルス薬に耐性を持つリスクを避けるため、症状が改善しても薬は上記日数分必ず飲み切ってください。

その他にも、ヘルペスウイルスによる病変はできる限り清潔で乾燥した状態に保つようにしてください。ゆったりとした衣服を着ることで病変の刺激を防げる場合もあります。

常温での保管が可能ではありますが、なるべく湿気や熱、日光を避けてください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

バルトレックスの有効成分バラシクロビルには一般的に以下の副作用を引き起こす場合があります。
これは特に医師の治療も必要としません。

主な副作用

  • 吐き気、胃痛
  • 頭痛

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

特に65歳以上の成人で副作用が起こる可能性が高まります。

アレルギー反応の徴候

  • じんましん
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、喉の腫れ

腎臓に問題が起こっている場合

  • 排尿がほとんどない、まったくない
  • 排尿時に痛みや困難がある
  • 足や足首がむくんでいる、疲れている、息切れがあるなど

赤血球に害を及ぼす可能性のある重篤な副作用の徴候

  • 発熱、蒼白
  • 異常出血(鼻血、歯茎の出血)
  • 赤色またはピンク色の尿、少量、無尿
  • (ヘルペスや水痘に関係のない)皮膚の赤い斑点
  • 衰弱または疲労を感じる
  • 腹痛、血性下痢、嘔吐
  • 顔、手、足の腫れ

その他の重篤な副作用

  • 精神的な変化(頭の錯乱、攻撃的になる、不安定であると感じる)
  • 幻覚(現実でないものを見たり聞いたりする)
  • 言語障害(発話障害)
  • 発作(けいれん)

副作用詳細

バラシクロビルは服用により副作用が発生することがあります。
通常は体が順応し軽減されていきますが、持続するか厄介な場合には医師に相談して改善できる場合があります。

一般的な副作用

  • 体の痛みや痛み
  • ひきつり、こむら返り
  • 動作の困難
  • 耳詰まり
  • 出血
  • 失声
  • 筋肉痛
  • 筋肉の痛みやこわばり
  • 痛み
  • 関節痛
  • くしゃみ
  • 咽頭痛
  • 鼻詰まりや鼻水

あまり一般的でない副作用

  • 便秘、下痢

発生率は不明

  • 皮膚の水疱、剥がれ、たるみ
  • 抜け毛や薄毛
  • じんましんや腫れ
  • 日光に対する皮膚の感受性の増大
  • 目が赤く充血する
  • 皮膚の赤みやその他の変色
  • ひどい日焼け

ただし、服用中に次の副作用のいずれかが発生した場合はすぐに医師の治療を受けてください。

一般的な副作用

  • やる気の喪失、落胆、がっかりした状態
  • 悲しい、むなしいと感じる
  • 易刺激性
  • 食欲不振
  • 興味や喜びの喪失
  • 疲労
  • 集中するのが困難である
  • 睡眠障害

珍しい副作用

  • 黒色タール便
  • 胸痛
  • 寒気
  • 頻尿または尿量の減少
  • 発熱
  • インフルエンザのような症状
  • 頭痛
  • 腰やわき腹の痛み
  • 精神的覚醒の低下
  • 息切れ
  • 目や皮膚の黄変

発生率は不明

  • 行動が制御不能
  • 動揺
  • 不安感
  • 背部痛、下肢痛、胃痛
  • 出血性歯肉
  • 尿や便に血液が混じる
  • かすみ目
  • 意識の変化
  • 精神状態の変化
  • 特に他の人々との相互作用における行動の変化
  • 発話のパターンやリズムの変化
  • 暗色または血性尿
  • 呼吸困難
  • 発話困難
  • 嚥下困難
  • 目まい
  • 眠気
  • 口渇
  • 心拍が速く、激しくなる、または不規則になる
  • 他の人に見ている、行動がコントロールされていると感じる
  • 他の人に自分の考えを聞かれているという感覚
  • 存在しないものを感じたり、見たり、聞いたりする
  • 全身の疲労と脱力感
  • 過呼吸
  • 渇きの増大
  • かゆみ
  • 横になったり座ったりした姿勢から立ち上がるときに立ちくらみが起きる
  • 明るい色の便
  • 意識消失
  • 気分や精神の変化
  • 悪心嘔吐
  • 神経質になる
  • 皮膚の蒼白
  • 皮膚にピンポイントの赤い斑点ができる
  • 耳鳴り
  • まぶたや目、顔、唇、舌の周りの腫れや膨張
  • 皮膚の発赤
  • 落ち着きのなさ
  • 発作
  • 激しい気分や精神の変化
  • 震え、歩行が不安定
  • 脚、腕、手、足の震え
  • 皮膚発疹
  • 言語不明瞭
  • 口唇または口腔内のただれ、潰瘍、白い斑点
  • 項部硬直
  • 顔、指、または下肢の腫脹
  • リンパ腺に腫れや痛みを伴う
  • 興奮して話したり、感じたり、行動したりする
  • 胸部圧迫感
  • 話すのに苦労する
  • ふらつき、ふるえ、筋肉のコントロールや協調運動に関わる問題
  • 異常行動
  • 異常な出血やあざ
  • 異常な疲労や衰弱
  • 右上腹部痛
  • 嘔吐
  • 体重増加
  • 喘鳴

相互作用

バルトレックスを服用する前に、HIV/エイズ、免疫力の低下、腎臓病(透析を受けている)があるかどうか、腎臓または骨髄移植を受けたことがあるかどうかを医師に伝えてください。

バルトレックスは腎臓に有害な可能性があり、腎臓に害を及ぼす可能性のある他の薬と併用するとこれらの影響が増大します。

  • 抗ウイルス薬
  • 化学療法薬
  • 特定の抗生物質
  • 腸疾患の薬
  • 臓器移植の拒絶反応を予防する薬
  • 骨粗鬆症の注射薬
  • 一部の痛み止めや関節炎の薬(アスピリン、アドビル、アレブなど)

その他にも使用している薬についてはすべて医師に伝えてください。
バルトレックスと一緒に特定の薬を服用する場合は、用量調整や特別な検査が必要になることがあります。

また、バラシクロビルやアシクロビル(ゾビラックス)に対してアレルギーがある場合は服用しないでください。

バラシクロビルと相互作用を引き起こす成分は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられるため全てについて列挙しているわけではありません。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみとなるためご注意ください。

禁忌

バルトレックスはヘルペスの治療なら12歳以上、水痘なら2歳以上であれば服用可能です。

妊婦のバルトレックス使用は限られていますが、バラシクロビルによるヒト胎児への主要なリスクの証拠はありません。

しかし、ヘルペスウイルスは感染した母親から出産時に胎児に感染することがあります。
性器ヘルペスにかかっている場合は出産時に性器の病変ができないよう妊娠中のヘルペスの予防がとても大切です。

また、バラシクロビルは母乳中に移行し授乳中の乳児に害を及ぼすことがあります。
妊娠中・授乳中の場合は服用前に医師に相談してください。

よくある質問

Q.食事の影響を受けますか?
A.いいえ、食事に関係なく初期症状が現れたらすぐに飲みはじめてください。
Q.バルトレックスとゾビラックス、どちらが効きますか?
A.ヘルペスに対する治療効果はどちらも同程度となります。