効かない、副作用がキツいetc…ハイプナイトが合わない時の対処法

効かない、副作用がキツいetc…ハイプナイトが合わない時の対処法

今でもネット通販(個人輸入)で購入できる数少ない睡眠薬の1つ、ハイプナイト。

この薬に助けられている方も多いのではと思いますが、中には飲んでも「効かない」「副作用がキツい」と体質に合わず悩まれる方も少なくはないようです。

睡眠薬は効き具合が人それぞれ違うため致し方ないところもあるものですが、もし思ったような効果が得られなかったとき対処法にはどんな手段があるものなのでしょうか?

使い方に問題があるケース

ハイプナイトは良くも悪くもネット通販でしか購入できない薬なのでSNSなどを見る限りでは自己判断で使われることが多く見受けられます。

薬の使い方が明らかに間違っているケースも珍しくはないため、まずはこの部分から確認していきましょう。

そもそも症状が違う

まず、一言で不眠症(睡眠障害)と言ってもその症状は大きく4種類に分けられます。

  1. 入眠障害
    寝付きが悪い、なかなか寝付けない場合
  2. 中途覚醒
    途中で目が覚めてしまう、寝付けなくなる場合
  3. 早朝覚醒
    予定よりも早く起きすぎてしまう場合
  4. 熟眠感欠如
    睡眠時間の割に熟睡した感がしない、眠った気がしない場合

そして、ハイプナイトは睡眠薬の中ではサッと効いてスッと抜ける超短時間型と呼ばれるタイプなので、実は②~④に対してはそもそもが期待薄です。

この場合はもう少し効果の長い短時間型~長時間型を症状に応じて使い分ける必要があるんですね。

タイプ別睡眠薬の効果時間例
24時間
タイプ効果時間
超短時間型ハイプナイト2~4時間
短時間型リスミー6~10時間
中時間型ロヒプノール
長時間型ドラール24時間以上

ルネスタ(ハイプナイト)など非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は全て超短時間型になるので、用途はもっぱら入眠障害に限られるというわけですね。

耐性にはご注意を

特にハイプナイトのような超短時間型の睡眠薬は薬が切れると目が覚めてしまう人は覚めてしまう。

そこで「効かないから」といって安易に薬を追加・増量してしまうと、どんどん薬の量が増えて耐性がついてしまいがちなので注意が必要です。

用法・用量が違う

ハイプナイトはルネスタのジェネリックなので、基本の用法・用量はルネスタと同じになります。

簡単に確認しておくと

  • 1日1回1錠を寝る前に服用
  • 成人なら1回2mg(高齢者は1回1mg)で最大1日3mgまで
  • 初めて薬を使う場合は1mgから調整すること
  • 離脱症状の発生を防ぐため急に辞めない

とった具合ですね。もし入眠障害が改善されない場合は安易に増量せず薬の種類を増やすか変えるといった選択肢も忘れずに。

ルネスタジェネリック・ハイプナイト

ハイプナイト1mg/2mg/3mg(Hypnite)ルネスタジェネリック

ハイプナイトは、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短期型の睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系の中でもZ薬と呼ばれるタイプです。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

体質に合わないケース

しかし、上記の内容をしっかり押さえていても「効果がない」「副作用がキツい」といったことが起こり得ます。これは残念ながら体質に合わないケースですね。

抗うつ剤や抗不安薬、睡眠薬といった脳に作用する薬は人によって効き具合が全然違っていてどの薬が良いということがありません。

例えば臨床成績では

名前有効度
アモバン57%
マイスリー59%
ルネスタ60%

となり、効果の高さは登場順にルネスタ>マイスリー>アモバンとなりますが実際服用してみると「マイスリーは効かないけどアモバンなら効く」といったことが往々にして起こります。

SNSでは良く用量を増やしたりお酒と併用したりといったケースも見受けられますが危険な服用はせず、やはり後述のような別の薬への変更が良いかと思います。

眠れるようになる薬は他にもある

まず第一候補として思い浮かぶのは同じ非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・ハイプロンですね。

ただし、こちらは摂取後5~15分ほどで起こり半減期も1~1.5時間とマイスリー以上に作用時間が短いのでご注意ください。

ルネスタに代わるZ薬・ハイプロン

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロン(hyplon)は、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短時間型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

当サイトでは100錠3,280円~と格安価格にてご用意しております。

また、意外なところでは統合失調症治療薬のセロクエルも睡眠薬として使うことができます。

こちらはうつ病や躁鬱、抗妄想・幻覚作用に加えて睡眠作用ももつマルチな役割をもつ薬です。

睡眠薬として使用した場合は超短時間型として機能しピーク時80分で半減期3.5時間とルネスタに近い作用時間をもちます。

入眠・熟睡感不足に効く・セロクエル

セロクエル25mg/100mg/200mg/300mg(seroquel)

セロクエル(seroquel)は、イギリス/スウェーデンのアストラゼネカ社が製造・販売する統合失調症の治療薬です。

有効成分のクエチアピンは幅広い効果をもち双極性障害(躁・うつ)、うつ病、不眠、不安など多くの症状を緩和できる点が特徴です。

中途覚醒や熟眠感に効く薬もある

超短時間型ではカバーしきれない部分になるので、基本的にはより効果の強い短時間型の睡眠薬を使うことになります。

医師に処方してもらっても良いですし通販で購入するなら抗うつ剤のデジレルやレメロン、抗精神病薬のセロクエルなどが選択肢として上がってくるでしょう。

なぜ「うつ病気や統合失調症の薬が?」と思われるかもしれませんが、実は副作用に強い眠気があり睡眠薬代わりに使えることがあるんですね。

使用方法としては適応外になりますが、実際日本の医療現場でもかなり一般的に処方されるもので実績という点では確かなのでご安心を。

「超短時間型の睡眠薬だと全然効かない」「中途覚醒や熟眠感に悩んでいる」といった症状のある方は使用を検討してみても良いかも知れませんね。

レスリンの格安ジェネリック・トラゾニル

トラゾニル(trazonil) 50mg/100mg

トラゾニルは、インタス・ファーマ社が製造・販売している第二世代の抗うつ薬です。

デジレルと同じ有効成分トラゾドンを含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

熟睡感がない場合に効く・セロクエル

セロクエル25mg/100mg/200mg/300mg(seroquel)

セロクエル(seroquel)は、イギリス/スウェーデンのアストラゼネカ社が製造・販売する統合失調症の治療薬です。

有効成分のクエチアピンは幅広い効果をもち双極性障害(躁・うつ)、うつ病、不眠、不安など多くの症状を緩和できる点が特徴です。

その他にも代わりに使える他ジャンルの薬の選択肢は以下の通り。ぜひ症状に合わせて使い分けてみてください。

睡眠薬代わりに使える非ベンゾ系の薬一覧
  • 入眠障害
    セロクエル(超短時間型)
  • 中途覚醒
    トリプタノール
  • 早朝覚醒
    (該当なし)
  • 熟眠感欠如
    テトラミド、レスリン(短時間型)

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

睡眠薬の効果は人それぞれ異なるもので、一般に効果がやや弱めとされるロゼレムやベルソムラでも人によっては「一番効果があった」といったこともあります。

自分にはどんな薬をどう使うのが合っているのか知るのが大切なので、アモバン以外にもいろいろな入手方法でいろいろな薬を使って見ると実は他に自分に合う薬が見つかるかも?

ただし、ハイプナイトも用量によってはいきなり使用を中止すると離脱などの副作用が出る場合もあるので、現在使用中の場合はその点だけ十分にご注意ください。

確かな薬を豊富な種類取り揃え

なお、これらの薬はあくまで対処療法に過ぎないので原因を根本改善することもお忘れなく。

あわせて読みたい