市販から通販(個人輸入)まで、アモバンを入手する方法を検討してみる

市販から通販(個人輸入)まで、アモバンを入手する方法を検討してみる

数少ない非ベンゾ系の睡眠薬として知られる便利なアモバン。

飲むだけで眠れて副作用も少ないと重宝できる薬ではありますが、処方だけで足りない方が多いのか市販~通販まであらゆる購入方法で探される方もちらほら。

言われてみればアモバンはどんな方法で入手が可能なのか、その方法別に詳しく解説してまいります。

飲むだけでスッと眠れるアモバン

知っている方も多いかもしれませんが、アモバンは日本でもおなじみ超短時間型の睡眠薬ですね。

細かい説明は割愛しますが、有効成分のゾピクロンは非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプの睡眠薬で

  • 効き始めるまでが早い
  • 一方で効果時間は短い
  • 独特の苦味を感じることがある

というのが薬の大まかな特徴ですね。

睡眠障害の中でも特になかなか眠れない入眠障害や中途覚醒といった症状に対して大きな効果を発揮してくれる便利な薬と言えますね。

アモバンの購入方法はたった1種類

しかし、結論から言うとアモバンを購入するための選択肢は残念ながら医師から処方してもらう1種類のみとなります。

これはどういうことなのか詳しく解説してまいります。

①クリニックなどで医師から処方

届くまで即日
プライバシー診療
1ヶ月あたり価格約2,000円

最も一般的な方法でいわゆるお医者さんからの処方です。確実ですがかなり安心感がありますね。

ただし、デメリットとしては通わなければならない、薬の価格が高い。後はプライバシーが気になる方もいるかもしれません。

②オンライン診療

届くまで2~4日
プライバシー自宅から遠隔診療
1ヶ月あたり価格約5,000円~

オンライン診療とは、要は処方してもらうんだけれどもテレビ電話で問診、薬は郵送というタイプのお医者さんです。

これなら恥ずかしかったりめんどくさかったりする方でも簡単ですね。特に現在は新型コロナの影響で初診のオンライン診断が認められているのでオンライン処方に対応しているメンタルクリニックもあるでしょう。

ただし、デメリットとしては医師に処方してもらうのは変わらないため価格はどうしても高くなりますし、郵送で多少時間を要するので対面診療と違い「今日、今すぐ!」とはいきません。

③ネット通販(個人輸入)

届くまで2~4週間
プライバシー自宅から通販感覚
1ヶ月あたり価格約3,000円~

個人輸入とは医薬品を専門とするネット通販サイトからの購入で、一言で言えば楽天やamazonと同じように購入できるものです。

…が、残念ながらアモバンは向精神薬の指定を受けているためネット通販(個人輸入)での購入ができません。これは近年制定されたもので法律的には麻薬と同じ分類になってしまったと言えばご納得もいただけるでしょう。

なので、もしネット通販でアモバンが購入できそうな場合は「100%密輸」か「100%偽物」ということになるため取り扱いのあるサイトにはご注意ください。

しかし、後述のルネスタやハイプロンといった睡眠薬はまだネット通販(個人輸入)で入手可能なのでご安心を。

④SNS

届くまで相手次第
プライバシー相手次第
1ヶ月あたり価格相手次第

ちなみに、実はアモバンはツイッターやインスタでも譲渡・売買されているのをちらほら見ることがありますがこれは絶対NGです。

というのも、そもそも国内→国内での医薬品の譲渡・販売はどちらも完全に違法であるため。

この手の「お譲りします」系アカウントは警察も意外とちゃんと監視していますし、実際にメルカリなどでは逮捕者もたびたび出ています。

「ある日突然警察が…」なんて事態を避けたいのであれば、なるべく利用するのは避けた方が良いでしょう。

それぞれメリットとデメリットが…

ということで、結局アモバンを購入するのであれば

  1. 外来で処方してもらう
  2. オンライン診療で郵送してもらう

のいずれかから必ず選ぶ形にしかないので、人によっては「アモバンの代わり」に使える薬も検討する必要も出てくるでしょう。

アモバンと同じタイプの睡眠薬も

アモバンと同じ非ベンゾジアゼピン系・超短時間型でネット通販(個人輸入)で入手できる薬としてはルネスタやハイプロンが挙げられます。薬のスペックは以下の通り。

医薬品名ピーク時半減期
マイスリー50分2時間
ハイプロン60分1時間
ルネスタ60分5時間
アモバン70分4時間

見ての通り、いずれも薬の立ち上がりや抜け具合が近い数値になっているのがわかりますね。

日本でもおなじみの睡眠薬・ルネスタ

ルネスタも依存性の少ない非ベンゾジアゼピン系の薬で、こちらも入眠障害の方向けの薬になります。

非ベンゾジアゼピン系・超短時間型の中では一番効果時間が長いので中途覚醒に対してもやや効果が見込めます。

ルネスタジェネリック・ハイプナイト

ハイプナイト1mg/2mg/3mg(Hypnite)ルネスタジェネリック

ハイプナイトは、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短期型の睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系の中でもZ薬と呼ばれるタイプです。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

原油戦士 金作太郎(第六天魔王)@G12Xb7hJQAvK75v
本当におすすめなのは入眠だけ効くような短時間型の軽めの睡眠薬ですね。ルネスタあたりが副作用もないし効果も軽いので貰ってみてください。
本気で変えようと思っているなら年単位で考えないとですけど、とりあえず1週間ほどでもやり続けたら、マジで激烈に世界変わります。
午前8:23 · 2021年1月11日
ありあまるブロンちゃん@fMhDcAAmywb2yFE
ルネスタが一番効く。マイスリー効かないどうしてや
午後9:41 · 2020年12月22日
格安ルネスタジェネリック

第三の選択肢・ハイプロン

ハイプロンも同じ非ベンゾジアゼピン系の薬で、服用後5~15分ほどで効果が現れ始めて半減期も1~1.5時間とサッと効いてサッと効果がなくなるのが特徴です。

アモバンやルネスタと違って苦味がなく飲みやすいですが、カプセル型なので半分に割錠できないのが難点。

超短時間型の中でも特に効果時間が短いので、完全に入眠障害の方向けの薬という感じですね。

マイスリーに代わるZ薬・ハイプロン

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロンは、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短時間型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

当サイトでは100錠3,280円~と格安価格にてご用意しております。

YUKiA@yukia187
ハイプロンが輸入薬では一番入眠効果があるな
午前10:33 · 2020年6月19日
しーてゃん②@wjf_me
ハイプロン食うとな、ブロン並にやる気が出る、作業が捗る、寝なくてよくなる等々色んな効果があるから辞められないんだけどあと4箱まじでどこいった???
午後6:44 · 2021年2月5日
格安ジェネリック

入眠障害以外の症状に有効な薬

ちなみに、もし入眠障害以外の症状を抱えている場合は抗うつ薬のレスリンや統合失調症薬のセロクエルといった薬が代わりの方法として使える場合があります。

これらの薬もまた個人輸入などで入手可能なので、「超短時間型の睡眠薬だと全然効かない」「中途覚醒や熟眠感に悩んでいる」といった症状のある方は使用を検討してみても良いかも知れませんね。

レスリンの格安ジェネリック・トラゾニル

トラゾニル(trazonil) 50mg/100mg

トラゾニルは、インタス・ファーマ社が製造・販売している第二世代の抗うつ薬です。

デジレルと同じ有効成分トラゾドンを含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

熟睡感がない場合に効く・セロクエル

セロクエル25mg/100mg/200mg/300mg(seroquel)

セロクエル(seroquel)は、イギリス/スウェーデンのアストラゼネカ社が製造・販売する統合失調症の治療薬です。

有効成分のクエチアピンは幅広い効果をもち双極性障害(躁・うつ)、うつ病、不眠、不安など多くの症状を緩和できる点が特徴です。

代わりに使える薬の選択肢は他にも色々あるので、症状に合わせて使い分けてみてください。

睡眠薬代わりに使える非ベンゾ系の薬一覧
  • 入眠障害
    セロクエル(超短時間型)
  • 中途覚醒
    トリプタノール
  • 早朝覚醒
    (該当なし)
  • 熟眠感欠如
    テトラミド、レスリン(短時間型)

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

睡眠薬の効果は人それぞれ異なるもので、一般に効果がやや弱めとされるロゼレムやベルソムラでも人によっては「一番効果があった」といったこともあります。

自分にはどんな薬をどう使うのが合っているのか知るのが大切なので、アモバン以外にもいろいろな入手方法でいろいろな薬を使って見ると実は他に自分に合う薬が見つかるかも?

ただし、アモバンも用量によってはいきなり使用を中止すると離脱などの副作用が出る場合もあるので、現在使用中の場合はその点だけ十分にご注意ください。

確かな薬を豊富な種類取り揃え

あわせて読みたい