アモバンとルネスタとマイスリー、睡眠薬の効果や副作用は何がどう違うの?

アモバンとルネスタとマイスリー、睡眠薬の効果や副作用は何がどう違うの?

入眠障害に使われる睡眠薬と言えば、非ベンゾジアゼピン系のアモバン、マイスリー、ルネスタのいずれかが主流ですね。

しかし、これらの薬はどれも効果は似たり寄ったりなところもあるので「何がどう違うのか?」気になっている方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回はそれぞれの睡眠薬について効果や副作用の違いから使い分けまで細かく解説してまいります。

それぞれの薬は何が違う?

まずは、それぞれの薬の効果や副作用など何がどう違うのかを登場順に歴史とともに振り返っていきましょう。

アモバン

アモバンは1989年に販売されたやや古い睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系の超短時間型睡眠薬の中では最も古い薬となります。

メリット

飲めば1時間以内に効果のピークが訪れて作用時間が2~4時間続く「サッと効いてスッと抜ける」特徴があり入眠障害に特に有効です。

また、筋弛緩作用が弱いので転倒やふらつきも起こしにくく翌日に持ち越されるリスクも少ないです。

ベンゾジアゼピン系で問題になりがちな依存性の問題もかなり低く誰でも使いやすい薬となっています。

デメリット

口渇やふらつきの他、代名詞とも言うべき独特の苦味が口の中に広がることがあります。

人により程度は異なるもので、全然気にならないという方から苦味が原因で寝れないという方まで様々。

この苦味が起こる詳しい原因はわかっていませんが、何らかの理由により薬の有効成分が唾液から再分泌されるためと言われています。

マイスリー

マイスリーは2000年に販売された睡眠薬で、アモバンに次いで約10年ぶりに登場した非ベンゾジアゼピン系の超短時間型睡眠薬の薬になります。

メリット

アモバンがもつ睡眠薬の特徴をもちながらも苦味のような特徴的な副作用がありません。

もちろん副作用が全くないわけではなく頭痛やふらつきなど一般的な睡眠薬の副作用はありますが、飲み続けることで軽減されてくる特徴があります。

依存性も少なく副作用リスクも少ないので処方しやすい便利な薬と言えるでしょう。

ルネスタ

ルネスタは2012年に販売された割と新しめな睡眠薬で、マイスリーからさらに10年ぶりに登場した非ベンゾジアゼピン系の超短時間型睡眠薬の薬です。

メリット

ルネスタはアモバンの構造式をより睡眠に特化させ変化させた薬なので、基本的にアモバンの上位互換的な存在となります。

特筆すべきは効果はそのままに独特の苦味が抑えられている点で、より睡眠薬として使いやすくなっています。

デメリット

…なのですが、それでも人によってはまだ強い苦味が口の中に残ってしまうことがあります。

こればかりは体質によるところが大きいので、どうしても我慢できない場合は他の薬を検討せざるを得ないでしょう。

それぞれの薬の使い分け方

不眠症に対するそれぞれの薬の臨床成績は

名前有効度
アモバン57%
マイスリー59%
ルネスタ60%

となっています。なので、どちらの方が効果や有効性が高いかと言われると順序は登場順にルネスタ>マイスリー>アモバンとなります。

…が、一見すると後発の薬であればあるほど効果が高く良い薬であるように思えるかもしれませんが、そもそも睡眠薬自体は人それぞれで効き具合がかなり異なるものなので実際あまり大きな差はありません。

まずは特徴を見て一度ご自身の症状に近いものを使ってみて「ダメなら他の薬を~」とするのが良いでしょう。

ルネスタジェネリック・ハイプナイト

ハイプナイト1mg/2mg/3mg(Hypnite)ルネスタジェネリック

ハイプナイトは、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短期型の睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系の中でもZ薬と呼ばれるタイプです。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

どの薬も効果がない場合

稀なケースかとは思いますが、時にはどの薬を使っても「効かない」という方も中にはいるかもしれません。

このときたくさん飲んだりお酒と一緒に飲んだりする方も多いのですが当然これはNG。

どうしても体質的に効かない可能性や副作用が出やすい可能性があるので、別の薬に切り替えてしまうほうが懸命と言えます。

ここからはそれらの薬について紹介してまいります。

寝付けない場合

まず第一候補として思い浮かぶのは同じ非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・ハイプロンですね。

ただし、こちらは摂取後5~15分ほどで起こり半減期も1~1.5時間とマイスリー以上に作用時間が短いのでご注意ください。

ルネスタに代わるZ薬・ハイプロン

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロン(hyplon)は、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短時間型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

当サイトでは100錠3,280円~と格安価格にてご用意しております。

また、意外なところでは統合失調症治療薬のセロクエルも睡眠薬として使うことができます。

こちらはうつ病や躁鬱、抗妄想・幻覚作用に加えて睡眠作用ももつマルチな役割をもつ薬です。

睡眠薬として使用した場合は超短時間型として機能しピーク時80分で半減期3.5時間とルネスタに近い作用時間をもちます。

入眠・熟睡感不足に効く・セロクエル

セロクエル25mg/100mg/200mg/300mg(seroquel)

セロクエル(seroquel)は、イギリス/スウェーデンのアストラゼネカ社が製造・販売する統合失調症の治療薬です。

有効成分のクエチアピンは幅広い効果をもち双極性障害(躁・うつ)、うつ病、不眠、不安など多くの症状を緩和できる点が特徴です。

起きてしまう・熟睡感がない場合

超短時間型ではカバーしきれない部分になるので、基本的にはより効果の強い短時間型の睡眠薬を使うことになります。

医師に処方してもらっても良いですし通販で購入するなら抗うつ剤のデジレルやレメロン、抗精神病薬のセロクエルなどが選択肢として上がってくるでしょう。

なぜ「うつ病気や統合失調症の薬が?」と思われるかもしれませんが、実は副作用に強い眠気があり睡眠薬代わりに使えることがあるんですね。

使用方法としては適応外になりますが、実際日本の医療現場でもかなり一般的に処方されるもので実績という点では確かなのでご安心を。

「超短時間型の睡眠薬だと全然効かない」「中途覚醒や熟眠感に悩んでいる」といった症状のある方は使用を検討してみても良いかも知れませんね。

レスリンの格安ジェネリック・トラゾニル

トラゾニル(trazonil) 50mg/100mg

トラゾニルは、インタス・ファーマ社が製造・販売している第二世代の抗うつ薬です。

デジレルと同じ有効成分トラゾドンを含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

熟睡感がない場合に効く・セロクエル

セロクエル25mg/100mg/200mg/300mg(seroquel)

セロクエル(seroquel)は、イギリス/スウェーデンのアストラゼネカ社が製造・販売する統合失調症の治療薬です。

有効成分のクエチアピンは幅広い効果をもち双極性障害(躁・うつ)、うつ病、不眠、不安など多くの症状を緩和できる点が特徴です。

その他にも代わりに使える他ジャンルの薬の選択肢は以下の通り。ぜひ症状に合わせて使い分けてみてください。

睡眠薬代わりに使える非ベンゾ系の薬一覧
  • 入眠障害
    セロクエル(超短時間型)
  • 中途覚醒
    トリプタノール
  • 早朝覚醒
    (該当なし)
  • 熟眠感欠如
    テトラミド、レスリン(短時間型)

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

睡眠薬の効果は人それぞれ異なるもので、一般に効果がやや弱めとされるロゼレムやベルソムラでも人によっては「一番効果があった」といったこともあります。

自分にはどんな薬をどう使うのが合っているのか知るのが大切なので、アモバン以外にもいろいろな入手方法でいろいろな薬を使って見ると実は他に自分に合う薬が見つかるかも?

ただし、アモバンも用量によってはいきなり使用を中止すると離脱などの副作用が出る場合もあるので、現在使用中の場合はその点だけ十分にご注意ください。

確かな薬を豊富な種類取り揃え

あわせて読みたい