正月太りには今から備える!年末年始・冬を乗り越えてダイエットを成功させる方法。

正月太り対策ダイエット

クリスマス、忘年会、お正月などイベントが目白押しの年末年始。

クリスマスディナーに行ったり、お正月はおせちを食べたりと美味しい物を食べる機会が多いですよね。
特に、お正月くらいは…と気を抜いてついゴロゴロして気が付いたら体重が増えていたなんてことも。

しかし、年末年始で太った分を取り戻すのには1か月以上かかった人が多いというデータも。

年末年始やお正月は太りやすい時期であると同時に、冬を上手く味方につけてダイエットする方法が和分かれば痩せすい季節でもあります。今回は、年末年始に太りやすい理由と、その対策についてご紹介します!

年末年始はなぜ太りやすい?

2021年の花王の調査によると、「正月太りの経験がある」と答えた女性は78%男性は63%でした。

また、同年QOOLが行った「正月太り」に関するアンケート調査では、正月太りで経験した体重増加は
平均2.7kg
解消までに1か月以上かかった・解消出来なかったと答えたのは51.8%でした。

このことから、かなりの方が正月太りを経験していることが分かります。 また、一度増えてしまった体重を基に戻すのにはかなり時間がかかるとのこと。

参照:正月太りの経験は?みんなはどう解消している?(花王『くらしの研究』調べ)

参照:正月太りの実態を調査。平均2.7kg増、解消までに1ヶ月以上かかった方が50%超。(株式会社ORGO調べ)

年末年始に太りやすい理由

年末年始に太りやすい理由はズバリ食事と寒さ

食事

クリスマスに始まり、忘年会、お正月、新年会と食事やお酒を飲む機会が急増するのが年末年始。

カロリーが高いものも多いですし必然的に太りやすくなってしまいます。

寒さ

冬になり気温が下がると、体は体温が下がらないように脂肪を蓄えようとします。
また、寒いからといって家にこもりがちになり間食が増えることで太ってしまうのです。

ただし、脂肪が蓄えられやすいとはいえ、動いた分より多くカロリーを摂らなければ脂肪が蓄積されることはありません。

つまり、寒さによって運動量が減る+年末年始の高カロリーな食事によって太ってしまうということです。

対策&解消方法

正月太り対策と解消方法

実は冬はダイエットに向いている季節でもあるんです。

先ほどの「冬は体が脂肪を蓄えようとする」ことと一見矛盾しているようですが、体温を上げようとする過程でエネルギーを消費するので実は基礎代謝が上がりやすいのです。

基礎代謝とは、呼吸や内臓の働きなど座っているだけでも消費するカロリーのこと。1日の消費カロリー全体の約7割が基礎代謝だと言われています。

この基礎代謝を上手く活用すれば冬に体重を増やすことなく春にはすっかり痩せて理想の体型に…なんてことも叶うかもしれません。

食事

単純に食事を制限できれば簡単ですが、そうもいきませんよね。
我慢しすぎたらせっかくの年末年始も楽しめません。

そういった時は、少しでも体温を上げる効果のある食材を摂るのがポイント。体が冷えていては代謝が上がりませんのでしっかり体の中から温めてあげましょう。

ショウガやニンニクが色々な料理にも使えておすすめです。
ショウガに含まれるショウガオールやジンゲロールによって熱が発生し体脂肪を燃焼してくれる効果があると言われています。 毎日摂ることで内臓脂肪の減少も期待できますので、積極的に料理に取り入れてみると良いでしょう。

また、ニンニクに含まれるアリシンは、血行を良くするとともに、糖分をエネルギーに代謝してくれるビタミンB1の働きをUPする効果があります。 ニンニクを食べることで、糖分が脂肪に変わって蓄積されていくのを抑えられるのでダイエットの効率が上がるのです。

その他にも取り入れやすいものといえば、緑茶
緑茶に含まれるカフェインとカテキンは脂肪燃焼に効果があることが分かっています。運動前や普段の飲み物を緑茶に変えてみてください。温かい緑茶だとより効果があるでしょう。

運動・筋トレ

残念なことに、筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまいます。なので、ダイエットには運動が必要不可欠!

特に、冬ならではの寒さを利用して外で運動をするのが効率的でおすすめ。
外気の寒さによって体が体温を上げようとするエネルギー消費+運動によるカロリー消費が期待出来るので、むしろ夏よりも効果的。 ウォーキングやランニングが良いですね。

筋トレももちろん効果的。最近ではYouTubeを見ながら自宅でも筋トレが出来るので簡単に始められます。 筋トレは正直キツイので自分で続けるのが難しそうな方はジムに行くのも良いと思います。
特にパーソナルトレーニングだと、モチベーションも続きやすい上に正しいトレーニング方法も指導してくれるので◎

よりダイエット効率を上げるなら、運動と同時にタンパク質を摂るのもお忘れなく。
代謝に直結する筋肉量を増やすために必要なのがタンパク質です。赤み肉や魚、大豆製品などに含まれていますが、プロテインだと簡単に必要なタンパク質が摂れるので楽ちんです。

睡眠

意外ですが、睡眠もダイエットには欠かせないもの。

睡眠中には食欲を抑える効果があるレプチンというホルモンが分泌されています。反対に睡眠不足になると食欲を増進させるグレリンというホルモンが分泌されやすくなります。 これによって、睡眠不足の人はファストフードやポテトチップスなど高カロリーな食品に手を出しやすくなる傾向に…。

また、代謝や肌の健康に欠かせない成長ホルモンも睡眠中に分泌されていますので、十分な睡眠はダイエットだけでなく美容面でも欠かせません。

年末年始など連休が続く時はつい睡眠時間が短くなってしまいますが、7時間は睡眠を確保できるよう意識してみましょう。

ダイエット薬(肥満治療薬)・サプリメント

とはいえダイエットを続けるのは難しいもの。食事や運動など自分でコントロールしきれない…という方は思い切ってダイエット薬(肥満治療薬)やサプリメントを頼るのもありでしょう。

飲むだけで良いですし、結果も出やすいのでモチベーションの維持にも効果的です。

世界ではダイエット薬が数多く流通していて、日本でも最近使う人が増えてきています。 食事改善や運動にプラスして補助的に薬を取り入れている方も多いようです。

ただし、薬は効果が高い分、副作用が出る場合もありますのでその点だけ注意しましょう。

ラククルおすすめの肥満治療薬3選

数多くのダイエット薬(肥満治療薬)を取り扱うラククルで特に人気が高く使いやすい薬をご紹介します!

フォシーガ

ダイエット薬(肥満治療薬)としてラククルで1番人気の医薬品です。

適応症はⅠ型・Ⅱ型糖尿病、慢性心不全、慢性腎臓病で、ダイエット効果は副次的なものなのですが、
1週間で1~2キロ落ちた!という声もありかなり効果が期待できるのがフォシーガ。

フォシーガ5mg/10mg(forxiga)

フォシーガ5mg/10mg(forxiga)

飲むだけ糖質制限ダイエット

1日240~400kcalの糖質を尿として排出。

糖分が排出されることで、代わりに内臓脂肪がエネルギーとして使われるようになるので体脂肪減少・ダイエット効果が期待できます。

利尿作用もあるため、体内の余分な水分を排出しむくみを改善する効果も。

大手製薬会社アストラゼネカ製で安心の品質です。

ラククルでも大人気

グリコメット

グリコメットも適応症はⅡ型糖尿病で、ダイエット効果は副次的なものです。

食欲抑制作用があるので、ついつい食べ過ぎてしまう方におすすめ
その他にも、抗がん作用、腸内環境の改善効果が期待できるので、飲むだけでアンチエイジングできる薬として注目されています。

ただし、有効成分のメトホルミンによってビタミンB12不足になり貧血を起こしやすくなるのでサプリメントなどと一緒に飲む必要があります。

グリコメット500mg/850mg(glycomet)メトグルコジェネリック

グリコメット500mg/850mg(glycomet)メトグルコジェネリック

食欲抑制+体重増加抑制

満腹感をもたらす作用によって、食べ過ぎを防ぎます。

また、有効成分のメトホルミンには消化管での糖の吸収を抑える作用があり、体重増加を抑制する効果も期待できます。

加えてアンチエイジング効果もあるので健康維持にも役立ちます。

リバウンド防止にも効果あり

アーユスリム

いきなり薬を使うのは抵抗がある方はサプリメントから始めるのがおすすめ

アーユスリムは、アーユルヴェーダを基にしたハーブのサプリメントです。 アーユルヴェーダとは、5千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療で、根本的な病気の原因だけでなく体質改善にもアプローチすることで不調を改善してくれるものです。

日本でも非常に人気が高く、サプリメントなので副作用がほとんどないのも使いやすいポイントです。

サプリメントって効果あるの?という方はこちらを参考にしてください。
『アーユルヴェーダでダイエット、脂肪燃焼サプリの効果はどれほど?』

アーユスリム(AyurSlim) ヒマラヤ(himalaya)100%天然ハーブ

アーユスリム(AyurSlim) ヒマラヤ(himalaya)100%天然ハーブ

アーユルヴェーダのサプリメント

ブリックシャムラ・グッグル・ハリタキなどのインドで古くから使われているハーブをたっぷりと配合しています。

血中コレステロール値改善、便通促進作用があり、体の健康を整えながらダイエット効果も期待できます。

他の薬との飲み合わせも可能です。

100%天然成分で安心

まとめ

冬の寒さを活用することでダイエットの効果が出やすい季節。 年末年始の食べ過ぎや正月太りを防ぐためにも今からダイエットを始めたり、対策を考えておきましょう。

今は便利なダイエット薬やサプリメントもたくさん出てきていますので、食事改善や運動もしつつ薬やサプリメントに頼ってみるのもダイエット成功の一歩かもしれません。

あわせて読みたい