便利な利尿薬ラシックスとルプラック、それぞれの効果や副作用の違いとは

便利な利尿薬ラシックスとルプラック、それぞれの効果や副作用の違いとは

日本では通販でも買える利尿薬と言えばラシックスやルプラックが定番ですね。

しかし、この2つの薬は一体どちらにどんな効果があるのかについてはそこまで詳しく言及されることがなかったりするので何となく使う方も多いのでは?

ということで、今回はそれぞれの薬の特徴や使い分けについて解説してまいります。

ラシックスとルプラックは何が違う?

ラシックスは1981年にリリースされた世界初のループ利尿薬で、短時間で効いて体内の余分な水分をバッと排出してくれるとても便利な薬です。

しかし、ラシックスには副作用で脱水やカリウム不足を引き起こしやすい弱点があって、サプリメントなどから十分な塩分とカリウムを摂取するようにしたり栄養管理をしなければいけない不便さがありました。

そこで薬の成分の改良が重ねられ1995年に満を持して登場したのがルプラックです。

ルプラックはラシックスに改良が重ねられた薬でカリウム不足による体調不良を引き起こしにくいため、効果はそのままに副作用を抑えた便利な薬となっています。

有効成分重篤な副作用
ラシックスフロセミドなし
ルプラックトラセミドカリウム不足

と、ルプラックの方が利便性が大幅に改善しているのがわかります。製薬会社ってすごいですね…。

ラシックスとルプラックの使い分け

ということで、基本的にはルプラックの方が比較的使いやすい薬になるため、実はラシックスをあえて使う意味はあまりありません

実際、日本でも少しずつルプラックの方が処方されるようになってきていて、何かしら特別な理由があるときラシックスが処方されることがあるくらい。

強いて言うならルプラックは

  • ラシックスに比べて利尿作用のキレがやや悪い

というのは唯一の弱点ではあるのですが、それでも差としては数時間程度なので積極的にラシックスを使用する理由は今のところあまりなさそうです…。

ラシックス代わりの第一候補に・トール

トール10mg/20mg(tor)ルプラックジェネリック

トールは、インタス・ファーマシューティカルズ社が製造・販売しているラシックスに代わる利尿薬です。

ラシックスと同じループ利尿薬・ルプラックのジェネリック薬のため、同じ効果が期待できる上コスパ面でも優秀です。

高コスパのジェネリック・ダイトール

ダイトール5mg/10mg/40mg/100mg(Dytor) ルプラックジェネリック

ダイトールも同じルプラック(トラセミド)のジェネリック薬で、こちらはシプラ社が製造・販売している薬です。

ルプラックと同じ有効成分・トラセミドを同じ量含むので、効果とコスパに優れた医薬品です。

ただし、現在ラシックスは通販禁止に

ラシックスはネットで購入してはいけない

ちなみに、ここまで説明しておいて何ですがラシックスは現在法律による都合上、ネット通販(個人輸入)での購入が一切不可となっています。

なぜラシックスが禁止対象となったのかは明らかになってはいませんが、考えられる理由はいくつか挙げられます。

スマートドラッグ絡みの理由

ラシックスは2019年に施行された「スマートドラッグの全面的な規制」に併せてなぜか個人輸入が禁止されることとなりました。

スマートドラッグは覚醒剤に似た作用によるドーピング効果が良くも悪くも人気の薬だったのですが、一部ではドーピングの痕跡消しに利尿作用のあるラシックス(フロセミド)が使われていたようなんです。

確かにスマートドラッグとラシックスの関係はそれくらいしか考えられないので、ドーピング隠しが原因というのもあり得なくはないですね。

副作用絡みの理由

あるいは、スマートドラッグとは関係なく「たまたま一緒に規制されただけ」というのも考えられます。

そもそも、ラシックスは副作用が強く個人輸入によるトラブルも多い薬でしたから、実はこちらも可能性としては高めです。

いずれにしても真相は厚生労働省のみぞ知るといったところですが…。

ネットで売っているラシックス購入は絶対NG

ちなみに、ツイッターやインスタを検索すると普通に「ラシックス譲ります」「ラシックス在庫あります」というアカウントが目に付きますが、このような場所からは絶対に購入してはいけません。

というのも、処方薬を日本国内で譲渡・販売するのは個人輸入と違って100%違法になるためです。

警察もこの手のアカウントはしっかり監視していて実際に逮捕者もそれなりに出ています。警察の厄介になりたくないのであれば避けた方が無難でしょう。

もちろん通販サイトも同様で、もしまだ買えるようならそれは

  • 100%違法
  • 100%詐欺
  • 100%偽物

のどれかになりますので、十分にご注意ください。

アルダクトンという第三の選択肢も

他にも、ラシックスと似た効果をもつ薬としては個人輸入でも購入できるアルダクトンが有名ですね。

人によってはどうしても体質によりラシックスやルプラックが合わないという方もいらっしゃいますから、そんな方におすすめなのが1日あたり100円以下で試せる女性向きの利尿薬・アルダクトンです。

有効成分のスピロノラクトンは特に女性向きの医薬品で、体の余分な水分を排出してしつこいむくみを改善してくれます。

こちらも即効性があり簡単に1~2kg体重が減ってむくみも取れるという点で優れています。

むくみとお肌を同時に改善・アルダクトン

アルダクトン25mg/50mg/100mg(aldactone)

アルダクトンは、シプラ社が製造・販売している利尿・降圧剤でむくみの改善などに使われる薬です。

有効成分のスピロノラクトンには利尿作用のほか男性ホルモン分泌を抑える作用があり、ダイエットや大人ニキビ改善の目的で使用されることもあります。

メリット

高い即効性で体の水分を排出してくれるほか、男性ホルモンのはたらきを抑えてくれる作用によりニキビが減って肌質が改善したり髪の毛が増えたり副次的な効果も。

デメリット

体の水分が抜けるだけなのでダイエット効果があるかと言われると微妙です。しつこいむくみに悩む方にはおすすめの薬ですね。

耳毛がめちゃくちゃ抜ける@mumemume_gorira
(アルダクトンは)元々ピルのんでいたので問題なしでした。利尿剤なので副作用で勝手に体重が4キロくらい減りました。アキュテインは飲んで10日ほどで効いてきましたが肝臓の数値がかなり悪くなるのと乾燥とフケがでます。それに比べるとアルダクトンは効果が出るのが遅いですがリスクが低いのでケースバイケースです。
午前10:32 · 2020年11月28日
💚@Popt_ppck
アルダクトン飲み始めてからめっちゃ体重落ちるし浮腫み取れてきた気がする
しかし頻尿になる代償
午前8:13 · 2018年10月5日
しつこいむくみも一気に改善

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

ちなみに、ルプラックとラシックスに共通しているのは利尿作用が強いので水分補給はこまめに必要ということです。

むくみを取りたいのに水分補給というのは矛盾しているよう聞こえるかもしれませんが、これが実は大切なんですね。

しかし、短時間で一気に効いてくれる薬には変わりないので常備薬として揃えておくといざというときも安心ですよ。

あわせて読みたい