ドキシサイクリン100mg(Doxycycline) ビブラマイシンジェネリック

doxycycline

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
3.7
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:doxycycline
ドキシサイクリン100mg(Doxycycline) ビブラマイシンジェネリック
ドキシサイクリン100mg(Doxycycline) 10錠
在庫あり
12%OFF ¥3,400 ¥2,980
数量10錠
ドキシサイクリン100mg(Doxycycline) 30錠
在庫あり
47%OFF ¥10,200 ¥5,380
数量30錠
ドキシサイクリン100mg(Doxycycline) 50錠
在庫あり
53%OFF ¥17,000 ¥7,980
数量50錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

ドキシサイクリンの詳細

ドキシサイクリンとは

医薬品名
ドキシサイクリン(Doxycycline)
メーカー
オメガファーマ(Omega Pharma)
有効成分
ドキシサイクリン(Doxycycline)
効果・効能
クラミジア/淋病/性感染症/ニキビ
剤形
カプセル(Capsule)
  1. 性感染症の予防に有効 性行為の72時間以内にドキシサイクリンを服用することで、梅毒は87%、クラミジアは88%、淋菌は55%の予防効果があると報告されており、世界的に注目されています。
  2. 幅広い抗菌作用 グラム陽性菌・陰性菌をはじめ、マイコプラズマやクラミジア、リケッチアなど様々な細菌に対し優れた抗菌作用を持ち、耐性菌も少ないのが特徴です。
  3. ニキビ治療にも ドキシサイクリンはアクネ菌内でのタンパク質の合成を妨げる作用があるため、赤くなったニキビや化膿しているニキビに対しても高い効果が期待できます。

ドキシサイクリンは細菌による感染症の治療薬です。

ドキシサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、肺炎桿菌、ペスト菌、コレラ菌、ブルセラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、クラミジア属に対して効果を発揮します。

ドキシサイクリンは性感染症予防としても注目されていて、国際エイズ学会で報告された研究では性行為後72時間以内にドキシサイクリンを服用することで梅毒は87%、クラミジアは88%、淋菌は55%の予防効果があったことが分かっています。

また、アクネ菌内でのタンパク質の合成を妨げる作用があることからニキビ治療として日本でも処方されることがあり、特に赤くなったニキビや化膿しているニキビなど炎症を伴うニキビに対して高い効果が期待できます。


ドキシサイクリンはアメリカのファイザー社によって開発された細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。

テトラサイクリン系の抗菌薬に分類され、細菌の持つリボソームの30Sサブユニットに結合することでタンパク質合成を阻害し、細菌の増殖を抑制する働きがあります。

この働きによって、ドキシサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、肺炎桿菌、ペスト菌、コレラ菌、ブルセラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、クラミジア属による感染症を治療する効果が期待できます。

さらに、ドキシサイクリンはニキビの原因となるアクネ菌に対しても抗菌効果を発揮することが分かっており、赤くなったニキビや化膿しているニキビへの効果も期待できます。
日本皮膚科学会の尋常性ざ瘡治療ガイドライン2017ではドキシサイクリンは最も推奨度が高いAランクに指定されています。ただし、炎症を起こしていないニキビにはあまり効果がありません。

なお、経口避妊薬(ピル)を服用している場合、ドキシサイクリンによって効果が減弱するおそれがありますのでご注意ください。

効果・効能

ドキシサイクリンはテトラサイクリン系の抗生物質で、細菌による感染症治療のために用いられる医薬品です。

ドキシサイクリンは細菌のタンパク質の合成を阻害することで細菌の増殖を抑える作用があり、これによって淋菌やクラミジア属などの性感染症をはじめ炭疽菌やブルセラ属、Q熱リケッチアなど特殊な細菌にも効果が期待できます。

特にクラミジア・シッタシによるオウム病に対する有効率は100%、クラミジア・トラコマチスによる尿道炎に対する有効率は97.8%、クラミジア・トラコマチスによる子宮頸管炎に対する有効率は90%と非常に高い効果が期待できます。

近年では、性感染症予防(DoxyPEP)としても期待されていて、性行為後72時間以内にドキシサイクリンを服用することで梅毒は87%、クラミジアは88%、淋菌は55%リスクを低下させる効果があったとの研究結果があります。

ドキシサイクリンの詳しい適応菌種と適応症は以下の通りです。

  • 適応菌種
    ドキシサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、肺炎桿菌、ペスト菌、コレラ菌、ブルセラ属、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、クラミジア属
  • 適応症
    表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、尿道炎、淋菌感染症、感染性腸炎、コレラ、子宮内感染、子宮付属器炎、 眼瞼膿瘍、涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯冠周囲炎、化膿性唾液腺炎、猩紅熱、炭疽、ブルセラ症、ペスト、Q熱、オウム病

ドキシサイクリンの有効成分ドキシサイクリン塩酸塩水和物は細菌の蛋白合成を阻害することでその増殖を抑える作用があります。

飲み方・使い方

ドキシサイクリンは1日200mgを1回または2回に分けて水かぬるま湯で服用してください。

また、2日目からは1日100㎎を1回服用してください。

クラミジア感染症に対しては服用期間は原則として14日間としてください。

薬は湿気や熱、日光をなるべく避けて常温保存してください。もし、子供やペットがいる場合には保管場所にも細心の注意を払ってください。

副作用

ドキシサイクリンは使用により以下の一般的な副作用を引き起こすことがありますが、これは体の順応により薄れていく一時的なもので医師の治療も不要です

ただし、症状の程度が気になる場合は医師に相談してください。

主な副作用
  • 食欲不振
  • 悪心・嘔吐

ただし、以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

アレルギー反応
  • 発疹(斑状丘疹性皮疹、紅斑性発疹を含む
  • 発熱
  • 蕁麻疹
  • 光線過敏症(爪甲剥離症を含む)
  • 多形紅斑
重大な副作用
  • ショック
  • アナフィラキシー(呼吸困難、血管神経性浮腫など)
  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
  • 剥脱性皮膚炎
  • 薬剤性過敏症症候群
  • 偽膜性大腸炎
  • 肝炎
  • 肝機能障害
  • 黄疸
あまり一般的ではない副作用
  • 腹痛
  • 下痢
  • 口内炎
  • 舌炎

ドキシサイクリンは服用により以下の副作用があらわれる場合があります。もし程度が気になる場合は医師の診察を受けてください。

あまり一般的ではない副作用
  • 腹痛
  • 下痢
  • 口内炎
  • 舌炎
あまり一般的ではない副作用
  • AST、ALTの上昇
  • 膵炎
  • 食道潰瘍
  • 食道炎
  • 嚥下障害
  • 消化不良
  • 腸炎
  • 肛門周囲炎
  • 顆粒球減少
  • 血小板減少
  • 溶血性貧血
  • 好酸球増多
  • 潮紅
  • 低血圧
  • 心膜炎
  • 末梢性浮腫
  • 頻脈
  • BUN上昇
  • 色素沈着
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 頭蓋内圧上昇(嘔吐、頭痛、複視、うっ血乳頭、大泉門膨隆など)に伴う症状
  • ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向など)
  • ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎など)
  • 全身性エリテマトーデスの悪化
  • 血清病
  • 耳鳴

相互作用

ドキシサイクリンは以下の薬剤・物質と併用することで薬の吸収、分布、代謝、排泄に影響を与え、薬効や副作用を変化させる可能性があります。

該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師への確認が必要な薬
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • アルミニウム
  • 鉄剤
  • ビスマス塩
  • 抗凝血剤(ワルファリンなど)
  • カルバマゼピン
  • フェニトイン
  • リファンピシン
  • バルビツール酸誘導体
  • スルホニル尿素系血糖降下薬(グリクロピラミド、グリベンクラミド、グリメピリドなど)
  • 経口避妊薬(デソゲストレル・エチニルエストラジオール、ノルエチステロン・エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル・エチニルエストラジオールなど)

ドキシサイクリンとの相互作用を引き起こす可能性は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全て列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

ドキシサイクリンに含まれる成分に対しアレルギーがある場合は使用できません。

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴
  • 食道通過障害がある
  • 経口摂取の不良な方または非経口栄養の方
  • 全身状態の悪い方
  • 妊娠中・授乳中
  • 小児
  • 高齢者

よくある質問

Q.ピル(経口避妊薬)を飲んでますがドキシサイクリンを使用できますか?
A.ドキシサイクリンはピルの効果を弱める可能性がありますので、医師と相談の上服用を決めてください。
Q.食前・食後どちらに服用したほうがいいですか?
A.ビブラマイシンは食事の影響を受けにくいとされていますので、食前・食後どちらでも服用できます。