ベンザックジェル5%20gm(benzac-gel)

benzac-gel

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

商品番号:benzac-gel

ベンザックジェル5%20gm(benzac-gel)

ベンザックジェル5%20gm(benzac-gel) 1本
在庫状態 : 在庫有り
¥3,200 ¥2,180
数量1本
ベンザックジェル5%20gm(benzac-gel) 5本
在庫状態 : 在庫有り
¥16,000 ¥6,980
数量5本

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
ベンザックジェル(Benzac Gel)
メーカー
ガルデルマ(Galderma)
有効成分
過酸化ベンゾイル(Benzoyl peroxide)
効果・効能
ニキビ治療
剤形
ジェル(gel)

特徴

ベンザックジェル(過酸化ベンゾイル)は2015年に日本で承認されたばかりの比較的新しいニキビ治療に効果のある医薬品です。

欧米では古くから使用される医薬品でアメリカでは現在でもニキビ治療の第一選択薬として採用されるなど高い効果と安全性・信頼性が特徴です。

効果・効能

有効成分の過酸化ベンゾイルがニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えることで、ニキビの新生を減少させます。

副作用

主な副作用としては、鱗屑、刺激感、紅斑、乾燥、接触皮膚炎、腫脹などが挙げられます。

使い方

1日1回、患部に薄く塗り拡げてください。

医薬品の詳細

ベンザックジェルとは

ベンザックジェルの有効成分・過酸化ベンゾイルの抗菌作用によりニキビの原因菌が除去されるため、ニキビの改善に効果があります。
初期の白ニキビや黒ニキビから中等度以上の赤ニキビ・黄ニキビまで広く効果を発揮する点や耐性菌の心配がない点などが特徴です。

日本でも皮膚科で一般的に処方されているベピオと同じ成分の医薬品で、クリンダマイシンと併用することでより高い効果を発揮します。

製造元のガルデルマはスイスのローザンヌに本社を置く製薬会社で、日本法人もあり皮膚に特化した医薬品の製造・販売を行っているのが大きな特徴です。
新薬メーカーなので高い製薬技術と豊富な臨床データにより同社が開発する医薬品は高価ながらも最も安全性の高い安心できる医薬品となっています。

詳細説明

ベンザックジェルの有効成分・過酸化ベンゾイルはニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌に対して抗菌効果を発揮します。

従来のクリンダマイシンなど抗生物質を用いた治療法では長期的な使用での耐性菌出現が問題視されていて、現在は日本でも過酸化ベンゾイルの使用が推奨されています。

なお、クリンダマイシンとは併用が可能で同時に使用することでさらに高いニキビ治療効果が期待できます。

ただし、過酸化ベンゾイルは不安定な成分で高温により有効成分が変化するため、冷蔵庫での保管をおすすめします(冷凍は厳禁)。

効果・効能

ベンザックジェルの有効成分・過酸化ベンゾイルは、ニキビの原因となるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌・除去する効果があります。

また、過酸化ベンゾイルには角質を剥がれやすくする効果もあり、これにより毛穴の詰まりが改善されるためニキビの新生を予防します。

過酸化ベンゾイルは抗菌作用のあるその他のニキビ治療薬と異なり抗生物質ではないため、耐性菌を生じにくく長期的な使用にも適しています。

効果詳細

ベンザックジェルの有効成分・過酸化ベンゾイルは非炎症性皮疹(白ニキビ・黒ニキビ)と炎症性皮疹(赤ニキビ・黄ニキビ)のいずれにも効果を発揮する成分です。

過酸化ベンゾイル(BPO)には強い酸化作用があり、塗布直後から生体内で分解される過程で不対電子をもつフリーラジカルが生じます。
このフリーラジカルがニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌から電子を奪い、酸素を与えます。
これらの原因菌は嫌気性のため、この酸化作用により細菌の膜構造やDNA、代謝などを直接阻害し抗菌作用を発揮します。

また、フリーラジカルには毛包漏斗部においてタンパク質を変性させて角質細胞同士の結合を弛める角層剥離作用があります。
その結果、毛包漏斗部では角層肥厚が改善されます。

飲み方・使い方

ベンザックジェルを使用する前後は手と顔をしっかりと洗い、乾燥させた上で1日1回、患部に薄く塗り拡げてください。

塗布は顔の皮膚から塗り拡げるようにし、目や唇、唇の中、鼻の中、首など粘膜や敏感な部分には使用しないようにし、薬が付着した場合はただちに水で洗い流してください。

最初の3週間の間に皮膚が炎症を起こす可能性がありニキビが悪化したように見える場合があります。ただし、皮膚の問題が4~6週間以内に改善されない場合は医師に相談してください。

有効成分の過酸化ベンゾイルはやや不安定な成分で高温により変化します。そのため、冷温での保存が望ましく冷蔵庫での保管がおすすめです。ただし、冷凍しないようご注意ください。

また、経口摂取は禁止されています。誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

以下に挙げる症状は医師の治療を必要としない一般的な副作用です。
ただし、症状はその他にも確認されているためご注意ください。

主な副作用

  • 皮膚の乾燥や剥離(数日後に発生する場合があります)
  • 皮膚の温かみ、穏やかな刺痛、発赤

ただし服用後に以下の副作用が現れる場合は服用を中止し、ただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 火傷、水ぶくれ、かさぶた、かゆみ、激しい発赤、腫れなど、皮膚の痛みを伴う刺激
  • 皮膚の発疹
  • 呼吸困難
  • 失神
  • じんましん
  • かゆみ
  • 目、顔、唇、舌の腫れ
  • 喉の圧迫感
  • 過剰摂取の症状(皮膚の灼熱感、かゆみ、鱗屑、発赤、腫れ(重度))

相互作用

ベンザックジェルの有効成分・過酸化ベンゾイルは稀に重篤なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。
使用中にじんましん、かゆみ、呼吸困難、目、顔、唇、または舌の腫れ、喉の圧迫感、気分が悪くなる症状が見られる場合はただちに医師の治療を受けてください。

また、過酸化ベンゾイルの効果を低下させる恐れがあるため使用前後1時間以内に同じ部位に他の薬を使用するのもやめてください。

その他にも皮膚刺激や炎症を引き起こす可能性があるため過酸化ベンゾイルと同じ部位に以下の医薬品を使用するのは控えてください。

  • その他の局所用のにきび薬やピーリング剤を含有する皮膚薬(レゾルシノール、サリチル酸、トレチノインなど)
  • パーマ剤や脱毛剤など刺激のあるヘア製品
  • ライムやスパイスを含む日光に過敏になる皮膚製品
  • 収れん剤、シェービングクリーム、アフターシェーブローションなどアルコールを多く含む皮膚製品
  • 化粧品、石鹸、皮膚洗浄剤など乾燥や研磨をもたらす皮膚製品

また、過酸化ベンゾイルに影響を及ぼす可能性は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられるため全てについて列挙しているわけではありません。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみとなります。

禁忌

ベンザックジェルは、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で服用してください。

  • この薬や他の薬に対して異常な反応やアレルギー反応を起こしたことがある
  • 食品、染料、防腐剤、動物など他のタイプのアレルギーがある
  • (脂漏性)皮膚炎
  • 湿疹
  • 皮膚が発赤(日焼け)している
  • 妊娠中または授乳中である
  • 12歳未満の子供である

よくある質問

Q.他のニキビ治療薬との併用は可能ですか?
A.はい、クリンダマイシンやトレチノインとの併用が可能です。ただし、トレチノインと過酸化ベンゾイルの同時使用は避けてください。
Q.どんなニキビに対しても効果がありますか?
A.はい、特にニキビができやすい部位に広く塗り拡げることで新しいニキビをできにくくする効果があります。