ミノタブ(AGA治療)をやめたら髪の毛はどう変化するのか?

ミノタブを辞めたら髪の毛はどうなるのか?

現在AGA治療中の方や検討中の方が一度は考えるであろうこと、それは「薬を辞めたらどうなるんだろう?」「薬の辞め時ってあるの?」ということではないでしょうか。

1980年代にミノキシジル外用薬が登場して以降、40年間の間にAGA治療薬の種類も

  • ミノキシジル
  • プロペシア(フィナステリド)
  • ザガーロ(デュタステリド)
  • フロジン(カルプロニウム塩化物)

とラインナップがだいぶ増えましたが、すべてのAGA治療薬に共通している点は「薬の効果によって対処療法的に脱毛を防ぎ発毛を促している」ということです。

根本的にAGAを治療しているわけではないので、辞めれば必ず脱毛が起こりますし残念ながらこれを避けて通ることもできません。

脱毛は辞めてからすぐに始まるわけではなく1ヶ月ほどであれば問題ありませんが、3ヶ月、半年…と時が経つごとにやはりヘアサイクルや頭皮が治療前の状態へと戻っていきます。

そのため、AGA治療の辞め時についても「もう薬を辞めてもいいかな」の諦め時ということになります。

辞める理由を深堀りしてみる

しかし、長年続けてきたAGA治療を辞めてしまうのはやはり心惜しさがあるというものです。

そこで、どうせなら辞めてしまう前になぜ辞めるのかを深堀りしてみましょう。
理由は人それぞれですが、多くの場合は

  1. 作用が辛い(多毛症)
  2. 副作用が辛い
  3. 出費が気になる
  4. 面倒・モチベ低下

といったところが多いのではないでしょうか?

もし、①や②が理由ならミノタブを使うのは辞めた方が良いと思いますし、③でも続けるのが厳しいという方もいるでしょう。

しかし、何もAGA治療薬はミノタブだけではありません。
ジェネリックにしたり、薬を変更したり…薬の特徴を理解して最適な使い方をすることでAGA治療を続けられる可能性があるかもしれませんよ。

もっと楽にAGA治療が続けられるかも?

作用が辛い場合

ミノタブは2020年現在で最も効果の高いAGA治療薬ですが、内服薬という特徴から髪の毛だけでなく全身の体毛が生えてきてしまう弱点があります。

このようなケースでは、ミノキシジルの内服薬(タブレット)から外用薬(スポイト/スプレー)への切り替えですね。

外用薬であれば頭皮に対してピンポイントに作用しますし、当サイトでは最大でミノキシジル10%含有の薬まで取り揃えているため「リアップX5」の倍の効果が期待できます。

ヘアフォーユー(HAIR4U)10%60ml

ヘアフォーユー(HAIR4U)10%60ml

ヘアフォーユー(HAIR4U)は、グレンマーク・ファーマシューティカルズ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用により男性の毛髪を発毛する効果があります。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

副作用が辛い

副作用が辛い場合も同様で、オススメはミノキシジルの内服薬(タブレット)から外用薬(スポイト/スプレー)への切り替えですね。

一般に薬は有効成分が全く同じミノキシジルであっても内服より外用の方が副作用リスクが圧倒的に少ないという特徴があります。

これは実際に当サイトのミノタブとミノキシジルスプレーの副作用欄を見比べてみれば一目瞭然ですし「リアップX5」が処方薬ではなく第1類医薬品なことからもおわかりいただけるかと思います。

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲイン2%/5%/10% 60ml(tugain)ロゲインジェネリック

ツゲイン(tugain)は、シプラ社が製造・販売しているスプレータイプのミノキシジル薬で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用により男性の毛髪を発毛する効果があります。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

ウゲイン10mg(ugaine)ロニテンジェネリック

ウゲイン10mg(ugaine)ロニテンジェネリック

ウゲイン(ugaine)は、サバメディカ社が製造・販売しているタブレットタイプのミノキシジル薬で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する作用により男性の毛髪を発毛する効果があります。

単体でも発毛効果が見込めますが、プロペシア(シルデナフィル)との併用によってさらに高い発毛効果をもたらします。

出費が気になる

ミノタブはたいてい輸入のジェネリック医薬品なので、月々の出費はすでに1,000~2,000円ほどに抑えられている方が多いでしょう。
ただ、多くの方はプロペシアと併用されているかと思いますし、そうなるといくらジェネリックとはいえ金額もばかになりませんよね。

そのようなケースでオススメなのはアロビックスという医薬品です。

アロビレックスという薬は聞いたことない方も多いかも知れませんが、実はAGA治療薬としては唯一の保険適応の薬・フロジンのジェネリック医薬品なんです。

その薬の安さたるや、保険適応の3割負担ならフロジン30mlで600円、アロビレックス30mlで100円と格安。

ただし、デメリットももちろんあって

  • 発毛効果は控えめ
  • 他のAGA治療薬と併用できない
    (※併用する場合、混合診療となり法律的に両方自費になってしまう)

といった点も挙げられますが、それでも保険適応でAGA治療ができるというのは安心・安全かつ他に追随を許さない圧倒的コストパフォーマンスと言えますね。

面倒・モチベ低下

AGA治療薬は毎日薬の服用を長年続けなければならず、途中で面倒になってしまったりモチベが下がってしまうこともあるかと思います。

しかも、AGA治療はただ薬を飲めば良いというわけではなく体質や生活習慣の改善など意外とやることも多いもの。
そうなると、そのモチベーションで漫然と薬だけ続けていても結局は思った成果が出ないということになってしまいます。

なので、もしそうなってしまったときこそ「ここが辞め時」と捉えてスッパリ治療を辞める選択肢があっても良いのでは、と個人的には思います。

なんとなくAGA治療薬を使い続けるよりも、そのお金を新しい趣味を費やすも良し、日々の生活を豊かにするも良し、人生を豊かにする方法は様々ですからね。