売切続出のイベルメクチン、人間用の在庫がまだある通販(個人輸入)サイトは

売切続出のイベルメクチン、人間用の在庫がまだある通販(個人輸入)サイトは

「コロナ治療の切り札」「致死率80%減少」など過激な見出しでメディアでも注目を集めるイベルメクチン。

新型コロナ治療薬としてはまだ研究段階ながらもメディアで名前が出るたびに各ネット通販(個人輸入)サイトでもみるみるうちに在庫が減っているようで、今ではほとんどのサイトで「売り切れ」「入荷まち」状態となっているようですね。

果たしてイベルエクチンの在庫が現在でもまだあるサイトはまだあるのでしょうか…?

なぜ寄生虫薬が新型コロナに?

イベルメクチンが新型コロナウイルスに効く仕組み

イベルメクチンはもともと疥癬など虫を死滅させる抗寄生虫薬なのですが、「なぜ新型コロナウイルスに使われるのか」と不思議に思う方も多いようなので簡単に説明してまいります。

まず、新型コロナウイルスは体内に入るとインポーチンと呼ばれる物質に乗ってさらに細胞の内部へと入り込んでくるとされています。
そして、細胞内に入ると自身のコピー作成をひたすら繰り返して発病へと至る…と。

しかし、イベルメクチンにはウイルスがインポーチンに結合するのをブロックする作用があるとされていて細胞の中に入ってこない。
細胞の中に入れないとウイルスも活発に活動することができないので予防・症状改善の可能性が期待されているんですね。

臨床試験の結果を見る限りではその効果も徐々に明らかになりつつあるようで

医学誌CHEST「25.2%だった軽症、重症者の致死率が15%まで減少」

引用元:https://journal.chestnet.org/article/S0012-3692(20)34898-4/pdf

ユタ大学「8.5%あった致死率がイベルメクチン使用で1.4%まで低下」

引用元:https://kitasato-infection-control.info/swfu/d/COVID-19_Illness_jp.pdf

など有益と思しき報告も多く見受けられます。

まだ薬の在庫がある通販サイト

先ほどお伝えしたとおり通販(個人輸入)サイトでも先発薬のストロメクトールからジェネリックのイベルメクチンまで、ありとあらゆるサイトで「売り切れ」「入荷まち」となっていて目処が立っていない状況のようです。

…が、幸いラククルでは2021年8月26日現在、わずかながら在庫が(正確には入手可能な経路)ございます。とはいえ、いつなくなってもおかしくない状況ではありますのでご検討中の方はお早めに。

【在庫残少】イベルジョン(人間用イベルメクチン薬)

イベルジョン3mg/6mg/12mg(iverjohn)ストロメクトールジェネリック

イベルジョンは、ジョンリー・ファーマ社が製造・販売する人間用のイベルメクチン薬で主に寄生虫を死滅させる効果があります。

先発薬のストロメクトールと同じ有効成分イベルメクチンを含むジェネリック薬で、高い効果をもちながらも価格が安い点が特徴です。

現在、非常に人気の高い商品となっておりますのでご検討中の方はお早めに

最安値での提供イベルメクトール

イベルジョン3mg/6mg/12mg(iverjohn)ストロメクトールジェネリック

イベルメクトールもまた、サン・ファーマ社が製造・販売する人間用のイベルメクチンです。

先発薬のストロメクトールと同じ有効成分イベルメクチンを含むジェネリック薬で、高い効果をもちながらも価格が安い点が特徴です。

大手製薬会社サン・ファーマによる医薬品のため人気が高く、もし売り切れの際はイベルジョンの方をご利用ください。

日本ではなぜか処方(承認)されない?

実はイベルメクチンはすでに厚生労働省に認可されている成分で、実際MSDのストロメクトール3mgが保険適応で処方されることがあります。

しかし、残念ながらその適応は寄生虫に対してのみとなっているためコロナによる症状でイベルメクチンが処方されることはありません。

イベルメクチンについては、日本では北里大学が治験を進めてはいるものの治験が3月末に終了予定で、そこからすぐに申請しても半年~1年ほどかかる可能性があると言われています。

承認されて製薬、流通となると一般まで広く行き渡るまでにはまだまだ時間がかかりそうで、少なくとも直近での入手方法はネット通販(個人輸入)からのみとなりそうです。

在庫残、注文はお早めに

ただし、偽物や動物用にはご注意を

ただし、ネット通販は医師の処方と違ってある程度自己責任になるため偽物だったり不純物が入っていたりと購入場所によっては品質に問題がある場合も少なくありません。

なので、もし他サイトで購入されるときのためにサイトの見分け方をいくつか知っておきましょう。

動物用のイベルメクチン製剤にご注意

特にイベルメクチンに関しては動物用の薬も製造・販売されているので、知ってか知らずかこちらを購入・使用される方も少なくないようです。

確かに有効成分は同じなのですが、高度な技術で製薬されている人間用の医療用医薬品に比べて動物用製剤は不純物が多く含まれていたり不要な成分が含まれていたりします。

もし、人間が動物用イベルメクチン製剤を摂取した場合は通常のイベルメクチンにはないような副作用を引き起こすことが知られているので絶対に使用するのはやめましょう。

Tiger Gyroscope “Hope Is Good Medicine”@TigerGyroscope
ペルーのロレトにある町ナウタで、市長および福音派グループが、動物用イベルメクチンを「奇跡のCOVID-19ワクチン」と謳い、少なくとも5000人がその注射を受けていた。
その結果、治療を受けた多くが心拍数の上昇に苦しんだといい、副作用とみられる下痢もあったという。
午後6:25 · 2020年6月24日
半分話【マスクと換気扇が命綱‼️】@hambun_banashi
FDA「動物用の #イベルメクチン を飲むなよ、絶対飲むなよ!」
※ヒト用は米国で未承認
午後2:18 · 2020年4月16日
ねこの天使@qrPovpz8L33YIcW
ハンガリー当局
「動物用」含イベルメクチン医薬品の服用に警告。
午後3:33 · 2020年11月28日

もし、個人輸入で購入される際は「ストロメクトールのジェネリック」「人間用」などの表記があるもののみを選んだ方が良いでしょう。

偽物・購入したのに届かない

医薬品のネット通販(個人輸入)サイトの中には、残念ながら偽物を扱う詐欺サイトも中にはあるため購入の際は注意が必要です。

一番大事な見極めのポイントは「日本語が怪しくないか≒中国系・韓国系サイトではないか」で、次いで余裕があれば

  • サイトのデザイン
    海外っぽさがないか、大きく崩れてないか
  • サイトのアドレス
    サイト名と関係あるか(乗っ取りの可能性)
  • 相場より不自然に安い
    安さに釣られて騙される人が多いです

も併せてチェックしておくと、なお確実でしょう。

特に価格が安かったりするとつい安さに釣られて見逃してしまいがちですが、細部のチェックが大事なポイントなので見逃さないようにしましょう。

最後にもう一言だけ…

イベルメクチンは需要に対して供給が追いついていない状態で、在庫のある通販サイトは日に日に数少なくなってきています。

ラククルでも現在の在庫を販売し切ったら次回入荷は未定となっておりますので、ご購入を検討されている方はぜひ早めのご注文をよろしくお願いいたします。

また、どんなに入手が困難になっても動物用イベルメクチン製剤を摂取するのだけは控えてください。

あわせて読みたい