【徹底比較】人間用イベルメクチンの通販・個人輸入サイト最安値はどこか

【徹底比較】人間用イベルメクチンの個人輸入最安値サイトはどこか

「新型コロナウイルスの予防・治療に使える」として、今SNSを中心に注目を集めるイベルメクチン。

ネット通販(個人輸入)でもどこも在庫切れが続き価格も急騰中なだけに、「相場が知りたい」「安く買いたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はイベルメクチンを取り扱う個人輸入サイトを対象に価格を比較し最安値を算出してみました。ぜひ購入前の参考にしてみてください。

全個人輸入サイトの価格を徹底比較

早速本題に入りたいところですが、イベルメクチンは製薬会社によって有効成分の量も何錠入りかも異なるものです。

そのため、集計は以下のルールにて行っておりますのでご承知おきください。

  1. そのサイトの最安商品のみ
    ブランドが多数ありすぎて商品別に出すと見づらくなるため。
  2. 人間用のみ
    当たり前ですが、ペット・動物用のイベルメクチン製剤は除きます。
  3. 詐欺サイトでないこと
    SNSで届いた報告が見受けられるなど品物がキチンと届くサイトのみ。
  4. 1錠あたりの価格で計算
    ブランドや商品ごとに量が違うので。また、対象は最安商品注文時の価格。
  5. 送料は除外
    コロナ禍で送料の変動が起きているため、あくまで薬の価格のみ。

条件が変われば最安値サイトも変わってくるかとは思いますが、概ねの傾向はつかめるでしょう。

それでは早速、「いくらなら安くていくらなら高いのか」価格を見ていきましょう。

3mg錠の相場

個人輸入サイトのイベルメクチン3mg錠価格比較

6mg錠の相場

個人輸入サイトのイベルメクチン6mg錠価格比較

12mg錠の相場

個人輸入サイトのイベルメクチン12mg錠価格比較

集計結果は画像の通り、値幅は

最安値最高値差額(割合)
3mg錠¥120¥232¥112(193%)
6mg錠¥116¥400¥284(344%)
12mg錠¥140¥495¥355(353%)

となっていて最安値サイトと最高値サイトではなんと2~4倍ほどの価格差があることがわかります。

ここまで違いが出るのはかなり稀なケースですが、いずれにしても価格比較の重要性が良くわかりますね。

平均値・中央値はそれぞれ

平均値中央値
3mg錠¥176
6mg錠¥190¥126
12mg錠¥242¥194

となり、3mg錠はともかく6mg/12mgが1錠200円以下ならお得、300円以上なら高すぎと言えそうです。

(※3mgは先発薬ストロメクトールのデータが混ざるため除外としました)

では、ラククルでの価格は…

ということで、ラククルではイベルメクチンの値下げを実施し6mg錠が126円、12mg錠が140円とほぼ最安値で価格を提供することとなりました。

値段設定は期間限定になりますが、100%品質保証もあり・在庫もありということでお求めやすい価格となったのではないかと思います。

さらに安く購入するためには

もし、さらに安く買いたいという場合はサイトに会員登録で500円引き、LINE友達登録でさらに300円引きと最大800円引きで購入可能となっております。

もちろん製品は100%正規品保証、ぜひ一度お試しいただければと思います。

【在庫残少】イベルジョン(人間用イベルメクチン)

イベルジョン3mg/6mg/12mg(iverjohn)ストロメクトールジェネリック

イベルジョンは、ジョンリー・ファーマ社が製造・販売する人間用のイベルメクチンで主に寄生虫を死滅させる効果があります。

先発薬のストロメクトールと同じ有効成分イベルメクチンを含むジェネリック薬で、高い効果をもちながらも価格が安い点が特徴です。

現在、コロナの影響により非常に人気の高い商品となっておりますのでご検討中の方はお早めに

イベルメクチンの有効性について

イベルメクチンは新型コロナウイルスにどの程度有効なんでしょうか?

実は、これはまだ試験段階で詳しい機序や仕組みなどが完全に明らかになっているわけではありません。

しかし、海外の臨床試験や実際の処方の結果では死亡率が大幅に改善されたとの報告も多くプラシーボではなく確かな効果があるものと考えられています。

薬は偽物ではないですか?

イベルメクチンに関してはどのサイトよりもよりも安い価格で提供しているため、「安すぎて怪しい」「薬が偽物なのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、ラククルで取り扱っている薬はいずれも正真正銘の本物、100%正規品保証となりますのでご安心ください。

偽物ではないことを証明するのは難しいですが、現在のところ「薬が偽物だった」「薬の品質が悪い」といったクレームも一切ございません。

さらに万が一「到着が遅くて心配」「薬が偽物かも」といった懸念がある場合でも、問い合わせページより日本人による日本語のサポート窓口も用意しております。ぜひご安心いただければと思います。

最後にもう一言だけ…

現在、イベルメクチンは日本でも新型コロナウイルスに対して処方できるよう治験・認可が進んでいますがそれでも2022年頃になる見込みです。

その間、もしかかってしまい入院できなかったら自宅で自分の免疫力のみで闘わざるを得ませんので、万が一に備えてお守り代わりに1箱もっておくのが非常におすすめです。

幸いラククルにはまだ若干の在庫がございますので、ぜひお早めにご検討ください。

在庫残りわずか

あわせて読みたい