ナルトレキソンがコロナ後遺症に効くって本当?試験研究や口コミから判明した効果とは

ナルトレキソンがコロナ後遺症に効くって本当?試験研究で判明した効果とは

ナルトレキソンといえばアルコール依存症や薬物中毒の治療薬として世界で使用されている医薬品ですね。

これが最近、新型コロナウイルス(COVID-19)の後遺症に効果があると話題になっています。

コロナ後遺症で仕事や日常生活もままならないほどの倦怠感や集中力の低下に悩まされている方も少なくないので、有効な治療薬があったら安心ですよね。

今回は、なぜ依存症の薬ナルトレキソンがコロナ後遺症に有効なのか、実際の効果について試験研究の結果や口コミを交えながら詳しく解説していきます。

新型コロナに効くと注目のナルトレキソンとは

ナルトレキソンとは

ナルトレキソンはアルコール依存症や薬物依存症の治療として1984年にアメリカで承認された医薬品です。

オピオイド受容体拮抗薬に分類され、アルコールや薬物の摂取によって分泌されるオピオイドが受容体に結合するのを阻害することで、飲酒や薬物による快感が得られにくくなり依存症を改善していくという仕組みです。

  • アルコールや麻薬中毒の依存症治療薬
  • アルコールや麻薬で得られる快感の元となるオピオイドの働きを抑える

新型コロナウイルス後遺症の症状と起きる理由

新型コロナウイルス後遺症の症状

倦怠感や頭痛、咳、記憶力の低下などのコロナ後遺症自体がなぜ起こるのかというのはまだ謎な部分が多く、あくまで仮説になってしまいますが…

感染から数か月後も体の中に残されたウイルスが炎症を起こし続けているという説が有力になっています。

体内に残ったウイルスがブレインフォグ(記憶力の低下や頭がぼんやりする)や頭痛、咳、味覚障害、倦怠感、記憶障害などの症状を引き起こしていると考えられています。

依存症の薬ナルトレキソンがコロナ後遺症に効くメカニズム

依存症の薬ナルトレキソンがコロナ後遺症に効くメカニズム

ナルトレキソンが依存症治療薬として働くのは50mg~200mgで服用した場合です。

低用量(1.75mg~4.5mg)で使用すると慢性的な痛みや炎症を抑える働き方をすると考えられていて、この炎症を抑える働きがコロナ後遺症における炎症にも有効と考えられているようです。

試験的研究の結果は

世界では低用量ナルトレキソンのコロナ後遺症への効果についての研究も進んでいます。

アイルランドダブリン大学の教授が行った研究では、2か月で体力の回復・痛み・集中力不足・不眠・COVID-19の症状の改善が確認されています。

追跡調査では、対称リッカート尺度を使用した 7 つのパラメーター測定値のうち 6 つで改善が見られました。新型コロナウイルス感染症からの回復、日常生活活動の制限、エネルギーレベル、痛みのレベル、集中力のレベル、睡眠障害。
最大の効果は痛みのレベルで見られました。5 点リッカートスケールでは、8 週間で気分は有意に低下しませんでした。
全体として、すべての症状について個別の症状の報告が減少し、気分の落ち込み、性格の変化、関節痛、胸の圧迫感、咳に有意な減少が見られ、以下の点で有意な傾向が見られました。疲労、息切れ、脳霧、睡眠障害、知覚異常。

引用元:Safety and efficacy of low dose naltrexone in a long covid cohort; an interventional pre-post study

その他にもブレインフォグ改善効果の報告も

また、低用量ナルトレキソンの服用でコロナ後遺症の1つであるブレインフォグ(記憶力の低下や頭がぼんやりする)が改善した例もあったようです。

ウェーリーさんの場合、頭の中に霧がかかったようになる「ブレインフォグ」がLDNで改善された
※LDN=Low Dose Naltrexone(低用量ナルトレキソン)

引用元:コロナ後遺症に依存症薬ナルトレキソン、有望な改善法として注目 低用量の投与で慢性的な痛みや炎症や「頭の中の霧」を抑える、安全性も高い

実際に低用量ナルトレキソンを使った方の口コミ

実際にコロナ後遺症に悩む方で低用量ナルトレキソンを使ってみたら効果があったというケースもあり…

みや子のアイコン

みや子★★★★★

半年前にコロナにかかってから、のどの痛みや倦怠感、記憶力の低下が続いていました。
病院にも行きましたが良くならず、仕事にも集中できないので何とかならないものかと思っていたところ低用量ナルトレキソン療法が後遺症に効くとの情報を知って試してました。
1か月ほど飲んでいますが、今までの症状が少しづつ改善しているように感じます。
特に頭がぼーっとする感じが無くなって集中が続くようになりました。
半信半疑ではありましたが、私は使ってみてよかったと思います。

悟のアイコン

★★★★

もともとはアルコール依存症の治療薬ですが、低用量だと脳や体の炎症を抑える効果がある。
これがコロナ後遺症にも一定の効果があるとのこと。
知り合いがコロナ後遺症で低用量ナルトレキソンを飲んでいますが怠さやブレインフォグがだいぶ楽になったと言っていました。
自分も備えに、と購入しました。

あくまで研究段階で服用にはリスクも

あくまで研究段階でリスクも

コロナ後遺症に対するナルトレキソンの効果はあくまで研究段階で、これから大規模な試験が行われる予定です。

また、ナルトレキソンは医薬品なのでむやみに服用するのはリスクがありますのでその点は注意が必要です。

  • 睡眠困難 / 吐き気 / 悪夢 / 持続勃起症 / 体重減少

上記の副作用も報告されていますので、もしコロナ後遺症に使用するのであれば医師と相談の上で服用するかどうかを決めた方がよいでしょう。

低用量ナルトレキソンはどこで買える?

実はナルトレキソンは世界では依存症治療薬として広く使われていますが日本では未承認になっています。

そのため日本の病院で処方してもらうことはできません。

唯一手に入れられる方法としては、個人輸入(通販)で海外から薬を取り寄せる方法になります。

個人輸入(通販)で購入できる低用量ナルトレキソン

国内では入手できない低用量ナルトレキソンも個人輸入であれば、自宅から注文することが可能です。

ラククルは100%正規品保証の個人輸入代行のため品質はご安心いただければと思います。

低用量ナルトレキソン1.5mg/3mg(Low Dose Naltrexone)

低用量ナルトレキソン1.5mg/3mg(Low Dose Naltrexone)

コロナ後遺症に有望

鎮痛作用をもつオピオイドの産出を増加させることで慢性痛やがんの進行抑制、クローン病などに用いられています。

最近では低用量ナルトレキソンがコロナ感染後も体内に残されたウイルスが引き起こす炎症を抑える働きがあるとされコロナ後遺症を改善する効果も期待されています。

ラククルは100%正規品を保証!

ナルトレキソンのコロナ後遺症への効果のまとめ

世界では最大6,500万人もの人がコロナ後遺症に悩んでいると言われています。

治療法は確立されていないものの、低用量ナルトレキソンは現在コロナ後遺症の有力な治療薬の一つで研究の結果も良好なので期待出来そうですね。

もし後遺症になっても国内では処方してもらうことはできませんので、万が一に備えて持っておくのも良いかもしれません。

ラククルでは、今回ご紹介した低用量ナルトレキソンの他にもコロナ予防や治療への効果が期待されているイベルメクチンも取り扱っております。

気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね!

人気につき残り僅か