AGA治療薬は当サイトにお任せください!おすすめ商品のご紹介

AGA治療薬売れ筋ランキング

薄毛の医薬品がある現代

最近の医薬品の進歩は著しいもので、今や男性の薄毛治療薬が当然のように存在していて、もうハゲに悩むことがないなんて…なんだかすごい時代ですよね。

ただ、CMでは良く目にするものの詳しい効果や良し悪しは知らない人が多いのではないでしょうか?

ということで、今回はAGA治療薬の基本的な部分についてオススメ商品を交えながら解説していきます!

プロペシア

プロペシアは、2005年に厚生労働省に認可された日本で初めての男性の薄毛(AGA)を治療するための医薬品です。

もともとは前立腺の病気の治療目的でアメリカで開発された薬だったのですが、副作用でたまたま毛髪が成長することも明らかになったので、そのままAGA治療薬として認可された形ですね。

広告などでは「守りの発毛」として良く紹介されている薬で、脱毛に関わる男性ホルモンの分泌をブロックすることで抜け毛を防いで本来の毛量に戻してくれる効果があります。

現在は特許も切れ多くのジェネリック薬が販売されていて、ラククルでも先発薬から後発薬まで数多く取り扱っています。

プロペシア(先発薬)

AGA治療薬・プロペシア1mg(パッケージ)

少し高いですが、大手製薬会社の優れた技術のもとで製造・販売されているため安全性・信頼性はピカイチ。臨床データも豊富なので初めて使う方にはまずオススメの医薬品ですね。

フィンペシア(後発薬)

AGA治療薬・フィンペシア1mg(パッケージ+シート)

ジェネリックなので何と言ってもその最大の魅力はコストパフォーマンスですよね。1錠あたりの価格はなんとプロペシアの1/5、毎月飲み続けることを考えると、ここまでお財布に優しいのはありがたい方も多いことでしょう。

ちなみに、フィンペシアはジェネリックの中では人気の定番商品なので安心してご利用いただけますよ。

ミノキシジル

ミノキシジルもプロペシアと同様に1980年代と古くから発毛効果が認められている医薬品です。

こちらも、もともと高血圧のための薬だったのですが副作用で髪を育成する効果が判明したため現在ではAGA治療薬として広く使われているものです。

広告などでは「攻めの発毛」として良く紹介されている薬で、頭皮の血流を改善したり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化する効果があります。

日本では医療用医薬品として認可されているミノキシジルの薬はないのですが、ラククルではミノキシジルを含む医薬品を数多く取り扱っています。

ミノキシジル(外用薬)

AGA治療薬・ウゲイン10mg(パッケージ)

直接頭皮に塗布する外用薬タイプのミノキシジルですね。日本では同じタイプの薬で「リアップ」が有名ですよね。

しかし、リアップが1本1万円近くするのに対してラククルでは効果がより高いタイプを格安でご用意しております。

ミノキシジル(内服薬)

AGA治療薬・ロニタブ5mg/10mg(パッケージ)

こちらはタブレットを服用する内服薬タイプのミノキシジルです。実はミノキシジルは一般に内服した方が効果があるとされているので、より高い効果を求める方向けの医薬品です。

ただし、効果が高い分だけ副作用のリスクも増すので利用の際は用法・用量などにご注意ください。

プロペシアとミノキシジルは併用が可能!

そして、実はこのプロペシアとミノキシジルは併用が可能なんです。

実際クリニックのAGA治療でもこの2つを併せて処方するところが多いので、お財布に余裕があるならなるべくセットで使いたいところですね。

副作用にはご注意を

ただし、2つの薬を使えば副作用も増えますし、特に先ほど申し上げたとおりミノキシジルの方は副作用が若干強めなので注意が必要です。

なので、個人的には副作用が少なく効果も高い「プロペシアジェネリックとミノキシジル5%の外用薬タイプ」という組み合わせを非常にオススメしています。

これはクリニックだと月10万円以上かかる場合もあるのですがラククルなら1万円以下での提供が可能ですので、ぜひご検討ください!