アフターピルの連続服用はダメ?避妊効果や不妊への影響は。

アフターピルの連続服用

アフターピルは、避妊に失敗してしまった時などに緊急で服用する避妊薬です。

100%ではないものの、その避妊効果は非常に高いことから世界中で活用されています。
日本国内ではアフターピルの市販化はされていませんが、最近ではオンラインで診察から処方まで行ってくれるサイトも出てきていて手に入れやすくなっています。

しかし、アフターピルはあくまでも緊急用の避妊薬。手に入れやすくてしっかり避妊効果を得られるからといって、性行為のたびに服用したり、連続で服用するのは危険です。

今回は、アフターピルの連続服用がダメな理由や、何度も服用することによる避妊効果や妊娠への影響などを解説します。

アフターピルとは

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれる、望まない妊娠を回避するための薬です。

ピルには多量の女性ホルモンが含まれており、排卵を遅らせる作用・子宮内膜への着床を妨げる作用が働くことで妊娠を防ぎます。

緊急避妊の方法としてはアフターピルの他にヤッペ法も存在しますが、避妊率が低いことや吐き気などの副作用がキツイことから、現在ではアフターピルが主流となっています。
稀にヤッペ法が使われることもあるようですが、有効性や安全性の面でアフターピルが緊急避妊の第一選択です。

アフターピルの種類

現在主に使われているアフターピルは、「ノルレボ」と「エラワン」の2種類です。
ノルレボはアイピル(ジェネリック薬)という名前でも販売されていてアフターピルの中でも有名な薬です。

どちらも作用の仕方は同じですが、有効成分とカバーできる範囲に違いがあります。

ノルレボ/アイピル

アフターピル(アイピル)

ノルレボは、有効成分にレボノルゲストレルを含有しています。
性行為後72時間(3日)以内に服用する必要があります。また、BMIが30以上の女性の使用は推奨されていません。アイピルなどのジェネリック薬含め厚生労働省から承認を受けている緊急避妊薬です。

エラワン

アフターピル(エラワン)

エラワンは有効成分としてウリプリスタール酢酸エステルを含有しています。
性行為後120時間(5日)までの服用で効果を発揮します。また、エラワンはBMIが30以上の方が服用しても効果があるとされています。
日本国内では未承認ですが、アメリカをはじめとする海外では広く使われている緊急避妊薬です。

どんな時に飲むべき?

  • コンドームが外れていた・破けていた
  • コンドームを装着してくれていなかった
  • 低用量ピルの服用を忘れていた
  • 望まない性行為で避妊が行われなかった

上記のようなケースで避妊に失敗してしまった場合は、アフターピルを服用しても良いでしょう。

避妊効果はどれほど?

一番気になるのが避妊効果ですが、アフターピルの避妊率はかなり高いです。
ただし、ノルレボでもエラワンでも、アフターピルは性行為から時間経過するのと比例して避妊の成功率は下がっていきますので、1分でも早く飲むことが重要です。

避妊に成功した場合は、服用から3日~7日ほどで消退出血と呼ばれる子宮内膜が剥がれ落ちることによる出血が起こります。排卵後に服用した場合は生理と一緒に消退出血が起こる場合が多くなっています。

「ノルレボ」時間ごとの避妊率の変化

時間 避妊率
12時間以内 99%
12時間~24時間 98%
24時間~48時間 97%
48時間~72時間 96%
72時間以上 63%

性行為から12時間以内に服用した場合は99%と非常に避妊率が高いことが分かります。
しかし、72時間を経過するとガクンと避妊率が下がってしまうので遅くとも72時間(3日)以内には必ず服用しないと効果が薄れてしまいます。

実際の口コミはこちら⇒『「アイピルを飲んでも効果なし」はあり得るか、リアルな避妊成功率とは』

「エラワン」時間ごとの避妊率の変化

時間 避妊率
24時間以内 99%
24時間~48時間 99%
48時間~72時間 99%
72時間~96時間 98.9%
96時間~120時間 98.9%
120時間以上 75%

120時間以内(5日)であれば避妊率が下がりにくいのがエラワンの特徴です。
最大120時間以上経過までカバーしてくれるので、性行為から時間が経っている時や、薬を手に入れるまでに時間がかかりそうな場合はエラワンが適しているでしょう。

連続服用しても良いか

アフターピルの連続服用はおすすめできません

日本産婦人科学会の指針においても、「緊急避妊法は頻用するものではない」と示されています。

アフターピルは緊急的に体内に多量の女性ホルモンを入れることで、妊娠時に似た状態を作る薬です。
急にホルモンのバランスが変わるので、1度の服用であっても様々な不調が起こりやすくなってしまいます。
そのため、不安だからと何錠も服用したり、アフターピル頼りの避妊をしない性行為は避けましょう。

ただし、アフターピル服用の副作用である吐き気によって3時間以内に嘔吐してしまった場合には、薬が体内に吸収されていない状態なので追加で服用する必要があります。

連続服用がダメな理由

ホルモンバランスの乱れ

アフターピル服用後は一時的にホルモンバランスが乱れやすくなります。
アフターピルを服用した後は生理周期が乱れやすいとよく聞きますよね。これもホルモンバランスの乱れが原因です。

副作用

アフターピルは薬ですので、副作用があります。
連続で服用すると副作用である吐き気や頭痛などの症状を強めてしまったり、体への負担が多くなってしまうので連続服用はしないようにしましょう。
主には以下のような副作用が起こりやすくなっています。

  • 胃痛
  • 乳房の痛みや圧痛
  • 吐き気、嘔吐、下痢
  • 頭痛、めまい
  • 疲労感
  • 生理周期の変化

血栓症のリスク

ピルは血栓症になりやすいと耳にしたことはないでしょうか?
低用量ピルなどの毎日飲み続けるピルは血栓症になりやすい35歳以上や喫煙者、肥満の方は服用できないと決まっています。
アフターピルには血栓症のリスクはほぼありませんが、35歳以上や喫煙者、肥満の方が連続して服用すれば血栓症のリスクが上がってしまう可能性も考えられます。

コンドームによる避妊以外で避妊効果を得たいのであれば、低用量ピル超低用量ピルミニピルを服用した方が良いでしょう。

避妊効果への影響

アフターピルを連続で服用しても、避妊効果は得られます。ただし、アフターピルがあるからといって、一度服用した後に性行為を行い再度服用するというパターンでは避妊率が下がってしまう場合もあります。

ノルレボやアイピルなどのレボノルゲストレルを含むアフターピルを服用した後の性行為の有無と緊急避妊薬の有効性についての調査では、以下のことが分かっています。

緊急避妊薬を服用した後の性行為 対象女性数 妊娠数(失敗数) 実際の有効率(%) 回避された妊娠率(%)
なし 952 13 98.6 83
あり 388 12 96.9 64

出典:緊急避妊法の適正使用に関する指針(平成28年度改訂版)

このように、アフターピル服用後に性行為があったかどうかで、妊娠回避率が変わってきてしまいます
これは、アフターピル服用によるホルモンバランスの崩れで排卵日がずれてしまうことによるものです。
アフターピルを1度服用した後は、消退出血や生理によって避妊が確認できるまでは性行為を控えてアフターピルを再度飲まなければいけない状況を作らないようにするのがベストです。

不妊への影響

基本的には、アフターピルによって妊娠しづらくなることはありません。また、仮に妊娠したとしても胎児に悪影響を与えることもありません。
しかし、連続服用による不妊への影響は明確になっていないため、全く影響がないとは言えません。

アフターピルはどこで買える?

緊急で避妊が必要になった場合、手元にあると心強いのがアフターピル。
どこで購入することができるのでしょうか?

病院・クリニック

一番先思い浮かぶのが、婦人科がある病院やクリニック。

メリット

医師の診察を受けた上でアフターピルを処方してもらえるのがメリットでしょう。
不安なことがあればその場で確認できるのは安心です。

デメリット

自由診療かつ医師の診察が入るので、どうしても価格は高くなりがち。
ノルレボで8000~15000円、ノルレボのジェネリック薬で7500~9000円。エラワンは12000~23000円ほどです。
また、人に見られるのが恥ずかしいという方には、病院やクリニックへ行かないといけなのはデメリットかもしれません。

オンライン

最近増えてきているオンラインピル処方。
テキストや電話、ビデオ通話で診察を行い、その後ピルを処方してもらえます。届くのは翌日以降の場合が多いようです。

メリット

仕事を休めない、忙しくて病院に行く時間がないという場合にオンラインから注文できるのがメリット。
また、病院に行かなくても医師の診察を受けられることや、アフターフォローもしてもらえるサイトもあるのが良いところでしょう。

デメリット

なるべく早く服用する必要があるアフターピルを処方してもらうという点では、手元に届くのが翌日以降になってしまうというのは少し不安なところです。
また、病院やクリニックりも価格が抑えられているものの、若干お高め。オンラインでアフターピルを処方してもらう場合は10000円前後かかってしまいます。
低用量ピルなど毎日服用するピルの場合は、価格も抑えられていてある程度いつでも医師の診察を受けられるので便利かもしれません。

個人輸入代行通販サイト

当サイトのような個人輸入代行の通販サイトでもアフターピルをはじめとするピルを購入することができます。

メリット

メリットは価格が安く抑えられているところ。ジェネリック薬の取り扱いも多いので病院やクリニック処方してもらうよりも格安です。
当サイトで取り扱いのあるノルレボのジェネリック薬は、アイピルだと1錠1980円エラだと1錠7180円と非常にコストが抑えられています。
価格が安いからといって、偽物であったり効果がない薬というわけではありませんのでご安心ください。

アイピル1.5mg(i-pill)緊急避妊薬

アフターピル・アイピル1.5mg(パッケージ+シート)

24時間以内の服用で98%の避妊率

卵子の成長と排卵・受精卵の子宮への着床・子宮内の精子の侵入を妨げることで妊娠を阻害します。

緊急避妊薬ノルレボのジェネリック薬として一番有名で、世界中の女性が使用しています。

エラ30mg(ella®)エラワンジェネリック

エラ30mg(ella®)エラワンジェネリック

性行為から120時間(5日)まで服用可能

最大5日間、有効成分のウリプリスタール排卵の停止や遅延といった働きをすることで妊娠を阻害します。

比較的新しい緊急避妊薬エラワンのジェネリック薬です。

デメリット

海外の製品を輸入しているため、手元に届くまでに1~2週間ほど時間がかかってしまうことがデメリット。
ただし、いざという時のために使えるよう常備として事前に注文しておく分には、コストが抑えられるのでおすすめです。

アフターピルの連続服用についてのまとめ

どうしても必要な場合を除き、アフターピルの連続服用は基本的にはおすすめしません

1度服用したら、消退出血や生理によって避妊が確認できるまでは性行為を控えた方が良いでしょう。
アフターピルはあくまで緊急用なので、頻繁に使うものではありません。もし、常に避妊効果を得たいのであれば、低用量ピルなどを検討してみても良いかもしれませんね。

また、アフターピルは服用する時間が遅くなるにつれて避妊効果が薄れてしまうものなので、いざという時のために常備しておくと安心です。
ラククルでは、コストパフォーマンスに優れたアフターピルや、低用量ピルも多数ご用意しております。
ぜひチェックしてみてください!

高コスパ

あわせて読みたい