レクサヒール10mg/20mg(Lexaheal) レクサプロジェネリック

lexaheal
lexaheal
lexaheal
lexaheal
lexaheal
lexaheal

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:lexaheal
レクサヒール10mg/20mg(Lexaheal) レクサプロジェネリック
レクサヒール10mg(Lexaheal) 200錠
在庫あり
10%OFF ¥7,400 ¥6,680
数量200錠
レクサヒール20mg(Lexaheal) 200錠
在庫あり
6%OFF ¥8,300 ¥7,780
数量200錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

レクサヒールの詳細

レクサヒールとは

医薬品名
レクサヒール(Lexaheal)
メーカー
ヒーリングファーマ(Healing Pharma)
有効成分
エスシタロプラム(Escitalopram)
効果・効能
うつ病・うつ状態/社会不安障害
剤形
錠剤(Tablet)
先発薬
レクサプロ(Lexapro)
  1. 利便性の高い第3世代SSRI 第3世代抗うつ薬で、特に落ち込みや不安感、焦燥感の緩和に高い効果が期待できる上に副作用が少なく利便性の高い薬になっています。
  2. 月経前気分不快障害(PMDD)にも 日本では正式な適応ではないものの、海外では月経前にイライラや不安定な気持ちが現れるPMDDに対しても有効性が認められています。
  3. 高いコストパフォーマンス 先発薬レクサプロと同等の効果が期待できながら価格は約1/9と非常に低価格になっています。

レクサヒールはうつ病・うつ状態、社会不安障害の治療薬です。

有効成分のエスシタロプラムは第3世代SSRIに分類され、感情や気分のコントロールを行うセロトニンという脳内の神経伝達物質を増やすことでうつや不安症の症状を改善します。

うつ病や社会不安障害の他にもパニック障害や強迫性障害や外傷後ストレス障害(PTSD)、月経前気分不快障害(PMDD)に用いられることもあるなど、多彩な効果があります。

また、エスシタロプラムはセロトニン以外の他の脳内の物質への作用が少ないため、従来の抗うつ薬に比べ副作用が軽減されています。

製造元のヒーリングファーマ社はインドのムンバイに本拠地を置く製薬会社です。2017年創業の比較的新しい製薬会社ですが、最新設備を有し750以上の製品を手掛けるなど急成長を遂げる企業としても注目されています。 WHOのGMP(適正製造基準)の認定を受け製造を行っているため確かな品質を誇ります。


うつ病の詳しいメカニズムは明らかになっていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの伝達がスムーズにいかないことが原因とされています。

レクサヒールの有効成分エスシタロプラムはセロトニンが取り込まれてしまうのを防ぎ脳内のセロトニン濃度を高めることで、うつ病や不安障害の症状を改善します。

ただし、レクサヒールを含め抗うつ薬は研究結果により特に若年者の自殺念慮と行動(自殺傾向)のリスクを高めることがわかっています。
もし使用を検討している場合、本人や家族は行動や気分の変化に注意し症状に変化が見られる場合は医師に報告してください。

効果・効能

レクサヒールは第3世代SSRIの抗うつ薬です。

服用により、気分の落ち込みや不安、焦燥感を和らげ気持ちを落ち着かせる効果が期待できます。

気分の落ち込みや不安といった症状は脳内のセロトニン不足が原因と考えられています。レクサヒールの有効成分エスシタロプラムはセロトニン濃度を高めることでこれらの症状を緩和します。

特にうつ病や社会不安障害に高い効果を発揮しますが、その他にもパニック障害や強迫性障害や外傷後ストレス障害(PTSD)、月経前気分不快障害(PMDD)に用いられる場合もあります。

三環系や四環系抗うつ薬と同程度の治療効果がありながら、副作用や依存性、離脱症状のリスクは抑えられています。


レクサヒールの有効成分エスシタロプラムは選択的なセロトニン再取り込み阻害作用をしまします。
脳内での細胞外セロトニン濃度を持続的に上昇させることによりセロトニン神経系を賦活化し抗うつ作用を示すと考えられています。

飲み方・使い方

レクサヒールは、10㎎を1日1回夕食後に水かぬるま湯で服用してください。
年齢や症状に応じて増減できますが、増量は1週間以上の間隔をあけて行ってください。また、1日の最高用量は20㎎までです。

薬が効き始めるまでには4週間ほどかかり症状の改善が見られるまでやや時間がかかりますが、もし薬を使い続けても症状が改善しない場合は医師に相談し他の治療法を検討してください。

なお、リスクは少ないながらも離脱症状があるため薬の服用は急にやめず必要に応じて段階的に減薬してください。

薬を保管する際には、湿気や高温を避けて室温で保管してください。誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

レクサヒールは一般的に以下の副作用が起こる場合がありますが、通常は医師の診察も必要としません
ただし、程度が気になる場合には医師にご相談ください。

主な副作用
  • 倦怠感
  • 傾眠
  • 浮動性めまい
  • 頭痛
  • 悪心
  • 口の渇き
稀な副作用
  • 異常感
  • あくび
  • 不眠症
  • 体位性めまい
  • 感覚鈍麻
  • イライラ感
  • 焦燥感
  • 腹部不快感
  • 下痢
  • 食欲減退
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 動悸
  • AST ・ALT ・AL-P・γ -GPT・ビリルビン上昇の肝機能検査異常
  • 排尿困難
  • 尿蛋白陽性
  • 射精障害
  • 回転性めまい
  • 耳鳴り
  • 多汗症

ただし、以下の副作用があらわれた場合はただちに医師の診察を受けてください。

重大な副作用
  • 痙攣
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
  • セロトニン症候群
  • QT延長
  • 心室頻拍
アレルギー症状
  • 発疹
  • 湿疹
  • 蕁麻疹
  • そう痒
発生頻度不明の副作用
  • アナフィラキシー反応
  • 血管浮腫
  • パニック発作
  • 精神運動不穏
  • 失神
  • 幻覚
  • 神経過敏
  • 離人症
  • ジスキネジー
  • 運動障害
  • 無オルガズム症
  • 頻脈
  • 徐脈
  • 肝炎
  • 出血傾向(斑状出血、消化管出血など)
  • 持続勃起症
  • 月経過多
  • 視覚異常
  • 散瞳

レクサヒールは服用により以下の副作用があらわれる場合があります。稀な副作用ではありますが、症状が長引いたり程度が気になるようであれば医師にご相談ください。

稀な副作用
  • 無力症
  • 浮腫
  • 熱感
  • 発熱
  • 悪寒
  • 疲労
  • 体重増加
  • 体重減少
  • アカシジア
  • 睡眠障害
  • 悪夢
  • 激越
  • 不安
  • 錯乱状態
  • 躁病
  • 落ち着きのなさ
  • 錯覚感
  • 振戦
  • 性欲減退
  • 歯ぎしり
  • 腹部膨満
  • 胃炎
  • 食欲亢進
  • 消化不良
  • 起立性低血圧
  • QT延長
  • 赤血球減少
  • ヘマトクリット減少
  • ヘモグロビン減少
  • 白血球増化
  • 血小板増加
  • 血小板減少
  • 鼻出血
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 肩こり
  • こわばり
  • 頻尿
  • 尿閉
  • 不正出血
  • 勃起不全
  • 射精遅延
  • 副鼻腔炎
  • 味覚異常
  • 脱毛
  • コレステロール上昇
  • 血中ナトリウム低下
  • 乳汁漏出
  • 胸部不快感
  • 寝汗
  • まぶしさを感じる
  • 霧眼
  • 過換気
  • 尿糖陽性

相互作用

レクサヒールは一部の薬剤と相互作用を引き起こし効果を減弱させたり副作用を増強させる場合があります。

また、アルコールとは併用しないでください。以下の場合も同様です。

併用禁止の薬剤
  • モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤
    セレギリン塩酸塩(エフピー)
    ラサギリンメシル酸塩(アジレクト)
    サフィナミドメシル酸塩(エクフィナ)
  • ピモジド(オーラップ)

また、以下の薬剤は併用にあたり注意が必要です。必ず事前に医師に安全性をご確認の上使用してください。

併用に注意が必要な薬剤
  • セロトニン作用薬
    トリプタン系薬剤(スマトリプタンコハク酸塩など)
    選択的セロトニン再取り込み阻害剤
    セロトニン前駆物質(L-トリプトファン)含有製剤または食品など
    トラマドール塩酸塩
    リネゾリド
    炭酸リチウム
    セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)含有食品など
  • メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー)
  • 三環系抗うつ剤
    イミプラミン塩酸塩
    クロミプラミン塩酸塩
    ノルトリプチリン塩酸塩など
  • フェノチアジン系抗精神病薬
    ハロペリドール
  • 抗不整脈剤
    フレカイニド酢酸塩
    プロバフェノン塩酸塩
  • β遮断剤
    メトプロロール酒石酸塩
  • シメチジン
  • オメプラゾール
  • ランソプラゾール
  • チクロピジン塩酸塩
  • ワルファリンカリウム
  • 出血傾向が増強する薬剤
    非定型抗精神病剤
    フェノチアジン系抗精神病剤
    三環系抗うつ剤
    アスピリンなどの非ステロイド系抗炎症剤
    ワルファリンカリウムなど
  • QT延長を起こすことが知られている薬剤

ただし、相互作用は処方薬や市販薬、ビタミン、ハーブ製品などあらゆる成分に可能性が考えられます。ここではすべてを列挙しているわけではありませんのでご注意ください。

禁忌・注意点

レクサヒールに含まれる成分にアレルギーがある方は使用できません。

以下に該当する場合も同様です。

薬を使用できない既往歴・症状
  • 過敏症の既往歴
  • モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤(セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル塩酸、サフィナミドメシル酸塩)を投与中あるいは投与中止後14日以内
  • ピモジドを投与中
  • QT延長がある(先天性QT延長症候群など)
  • 12歳未満
医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 合併症・既往歴がある
  • QT延長のリスクがある
  • 著明な徐脈などの不整脈またはその既往歴
  • うっ血性心不全
  • 低カリウム血症
  • CYP2C19の活性が遺伝的に欠損している
  • 自殺念慮または自殺企図の既往、自殺念慮がある
  • 躁うつ病
  • 脳の器質的障害又は統合失調症の素因
  • 衝動性が高い併存障害を有する
  • てんかんなどの痙攣性疾患またはこれらの既往歴
  • 出血の危険性を高める薬剤を併用している、出血傾向または出血性素因
  • 閉塞隅角緑内障
  • 肝機能障害
  • 高度の腎機能障害
  • 肝機能障害
  • 妊娠中・授乳中
  • 高齢者

24歳以下の方が抗うつ剤を使用した場合、自殺念慮や自殺企図のリスクが増加するおそれがありますのでご注意ください。

肝機能障害患者、高齢者、遺伝的ににCYP2C19の活性が欠如していることが判明している方では、QT延長の副作用が発現しやすいおそれがあるため10㎎を上限とすることが望ましいとされています。

眠気やめまいの副作用があらわれる場合があるため、自動車の運転など危険を伴う機械の操作には十分にご注意ください。

突然服用を中止すると、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯覚感、頭痛、悪心などの症状があらわれる場合があります。

よくある質問

Q.抗うつ薬の中でレクサプロが一番効果がありますか?
A.レクサプロは効果が高く副作用は少ない薬ですが、体質や症状によって効果は異なりますので一概にどの薬が良いとは言えません。
医師とご相談の上ご自身に合った薬を見つけてください。
Q.レクサプロは飲んだら太りますか?
A.レクサプロは抗うつ薬の中でも比較的太りにくい薬とされています。