アリピゾル5mg/10mg/15mg/20mg/30mg(Arpizol) エビリファイジェネリック

arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol
arpizol

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
3.8
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:arpizol
アリピゾル5mg/10mg/15mg/20mg/30mg(Arpizol) エビリファイジェネリック
アリピゾル5mg(Arpizol) 50錠
在庫状態 : 在庫あり
12%OFF ¥6,100 ¥5,380
数量50錠
アリピゾル5mg(Arpizol) 150錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
24%OFF ¥18,300 ¥13,980
数量150錠
アリピゾル10mg(Arpizol) 100錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
7%OFF ¥13,900 ¥12,980
数量100錠
アリピゾル10mg(Arpizol) 300錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
28%OFF ¥41,700 ¥29,980
数量300錠
アリピゾル15mg(Arpizol) 100錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
3%OFF ¥16,500 ¥15,980
数量100錠
アリピゾル15mg(Arpizol) 300錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
17%OFF ¥47,940 ¥39,880
数量300錠
アリピゾル20mg(Arpizol) 50錠
在庫状態 : 在庫あり
8%OFF ¥10,800 ¥9,980
数量50錠
アリピゾル20mg(Arpizol) 150錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
14%OFF ¥32,400 ¥27,780
数量150錠
アリピゾル30mg(Arpizol) 30錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
7%OFF ¥13,800 ¥12,880
数量30錠
アリピゾル30mg(Arpizol) 90錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
28%OFF ¥41,400 ¥29,980
数量90錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

医薬品の詳細

アリピゾルとは

医薬品名
アリピゾル(Arpizol)
メーカー
サンファーマ(Sun Pharma)
有効成分
アリピプラゾール(Aripiprazole)
効果・効能
統合失調症/双極性I型障害(躁うつ病)の改善
剤形
タブレット(tablet)
  1. 統合失調症の陽性症状・陰性症状に 脳内の神経伝達物質の働きを調節することで、陽性症状(幻覚、妄想)と陰性症状(無感情、意欲低下)両方の改善に効果が期待できます。
  2. 双極性障害(躁鬱)にも有効 有効成分のアリピプラゾールは統合失調症のみならず双極性障害に対しても有効性があり、躁と鬱どちらの症状に対しても効果を発揮します。
  3. 高品質なジェネリック医薬品 アメリカやヨーロッパなどの先進国にも医薬品を供給するサンファーマ社の製品で、低価格ながら高品質なので安心して使用できます。

アリピゾルは非定型抗精神病薬で統合失調症の治療をはじめ、うつ病や双極性障害(躁・うつ)や自閉症スペクトラムなどに効果が見込める医薬品です。

有効成分のアリピプラゾールはドーパミン受容体部分作動薬に分類され、脳内の情報伝達系の混乱を改善する働きがあります。

これによって、統合失調症の幻覚や妄想を抑えたり、気分の落ち込みを和らげる効果が期待できます。

その他にも、双極性障害やうつ病の症状に対してもアプローチします。

製造元の製造元のサンファーマ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、アメリカをはじめカナダ、ヨーロッパといった各先進国で医薬品を製造・販売しています。 日本ではあまり名前が知られていませんが、日本法人をもち日本の厚生労働省にも医薬品承認を受けるなど高い製薬技術を有するため同社の製品は安心して使用することができます。


アリピゾルは先発薬エビリファイと同じ有効成分アリピプラゾールを含有するジェネリック医薬品です。

統合失調症の他、双極I型障害(躁鬱病)、うつ病、閉症スペクトラムなど幅広い精神症状に対し用いられています。

ドーパミン受容体部分作動薬という分類で、ドーパミンが過剰な場合は抑制し、ドーパミンが低下している場合は刺激するように働きます。そのため、統合失調症の陽性症状・陰性症状や双極性障害の躁・鬱どちらに対しても効果が期待できる仕組みです。

ただし、アリピゾルは服用により稀に糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡など重篤な状態に陥いる場合があります。特に糖尿病の素因や既往歴がある方はリスクが高いため、高血糖の兆候(口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感など)には十分に注意してください。

効果・効能

アリピゾルは統合失調症の治療薬ですが、その他にもうつ病双極I型障害(躁鬱病)に対しても効果を発揮します。

有効成分のアリピプラゾールはドーパミン受容体に結合し放出が過剰な場合はその量を抑えて、低下している場合は適量放出することでドーパミン系神経を安定させる作用があります。
そのため、うつ病や双極性障害(躁・うつ)の症状改善にも効果が期待できます。


アリピゾルの有効成分アリピプラゾールは、ドパミンD2受容体、ドパミンD3受容体、セロトニン5-HT1A受容体に対する部分アゴニスト作用を、セロトニン5-HT2A受容体に対するアンタゴニスト作用をもちます。

ドパミン受容体に結合することで弱いドパミン作用を示すため分泌が多い場合は抑制、少量の場合は刺激とその多寡をコントロールすることができます。

統合失調症の陽性・陰性症状はドパミンの異常によって起こるとされるため、これらの症状の改善に役立ちます。

飲み方・使い方

アリピゾルは適応症に応じた用量を(食前食後は問わず)水もしくはぬるま湯で服用してください。
錠剤は丸ごと飲み込むようにし、つぶしたり、噛んだり、壊したりはしないでください。

当サイトでは5mg/10mg/15mg/20mg/30mgの5種類が購入可能で、各症状における成人の通常容量は以下のとおりです。

  • 統合失調症
    1日6~12mgを開始用量、1日6~24mgを維持用量とし、1回または2回に分けて服用してください。
    年齢や症状に合わせて増減できますが、1日量30㎎を超えないようにしてください。
  • 双極性障害における躁症状の改善
    12~24mgを1日1回服用してください。開始用量は24㎎とし、年齢や症状に合わせて増減できますが、1日量30㎎を超えないようにしてください。
  • うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
    3mgを1日1回服用してください。
    年齢や症状に合わせて増減できますが、増量幅は1日量3mgとし、1日量15㎎を超えないようにしてください。
  • 小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性
    1日1mgを開始用量、1日1~15mgを維持用量とし、1日1回服用してください。
    年齢や症状に合わせて増減できますが、増量幅は1日量最大3mgとし、1日量15㎎を超えないようにしてください。

ただし、薬は医師の指示がない限り6週間以上服用しないでください。
中止時には離脱症状を引き起こす可能性もあるため急な服用中止はせず減量は少しずつ行ってください。

保管はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

アリピゾルの一般的な副作用は以下の通りです。これらは服用するうちに体が慣れてくることもあり特に医師の治療も必要としません

主な副作用
  • 不眠
  • 神経過敏
  • 不安
  • 傾眠
  • アカシジア
  • 振戦
  • 流涎
  • CK上昇
  • ALT上昇
  • 体重増加

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

緊急を要する症状
  • 悪性症候群(強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗など)
  • 遅発性ジスキネジア(口の周りが勝手に動く)
  • 麻痺性イレウス(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞)
  • アナフィラキシー
  • 横紋筋融解症
  • 激糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感など)
  • 低血糖(脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害)
  • 痙攣
  • 無顆粒球症、白血球減少
  • 肺塞栓症、深部静脈血栓症(息切れ、胸痛、四肢の疼痛、浮腫)
  • 肝機能障害

また、若者の中にはアリピゾルに限らず大うつ病やその他の精神疾患の薬を服用することで自殺を考えてしまう場合があります。
薬の服用中は定期的に医師が経過を確認し家族や介護者も気分や症状の変化に十分注意してください。もし、新しい症状や症状の悪化が見られる場合は医師に相談してください。

その他にも、この薬を服用している間に性欲の亢進、ギャンブルに対する異常な衝動、(またはその他の強い衝動)が生じることがあります。このような場合も医師に相談してください。


発生は稀ですが、アリピゾルは服用により以下の副作用が発生する場合があります。程度が気になるようでしたら医師にご相談ください。

あまり一般的でない副作用
  • めまい
  • 頭痛
  • うつ病
  • 幻覚
  • 寡動
  • 歩行異常
  • ジストニア(筋緊張異常)
  • ジスキネジア
  • 構音障害
  • 筋強剛
  • 頻脈
  • 高血圧
  • 便秘
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 食欲亢進
  • 赤血球減少
  • 白血球減少
  • 白血球増多
  • 好中球減少
  • 好中球増多
  • 好酸球減少
  • 単球増多
  • リンパ球減少
  • リンパ球増多
  • ヘモグロビン低下
  • ヘマトクリット値低下
  • プロラクチン低下
  • 月経異常
  • AST上昇
  • LDH上昇
  • γ-GTP上昇
  • Al-P上昇
  • BUN上昇
  • BUN低下
  • 蛋白尿
  • 尿沈渣異常
  • 尿潜血
  • 口渇
  • コレステロール低下
  • HDL-コレステロール上昇
  • トリグリセライド上昇
  • リン脂質低下
  • 体重減少
  • 倦怠感
  • 脱力感
  • 発熱
  • 多汗
  • 総蛋白減少
  • グロブリン分画異常
  • ナトリウム低下
  • カリウム低下
  • クロール低下
稀に発生する副作用
  • リビドー亢進
  • リビドー減退
  • 昏迷
  • 自殺企図
  • 攻撃的反応
  • 異常思考
  • 拒食
  • 独語
  • 知覚減退
  • 注意力障害
  • もやもや感
  • 末梢神経障害
  • 持続勃起
  • 射精障害
  • 勃起不全
  • 失神
  • 感情不安定
  • 錯乱
  • 神経症
  • 妄想
  • 譫妄
  • 躁病反応
  • 精神症状
  • 双極性障害
  • 認知症
  • 健忘
  • 嗜眠
  • 睡眠障害
  • 鎮静
  • 舌麻痺
  • 気力低下
  • 激越(不安、焦燥、興奮)
  • パニック反応
  • 片頭痛
  • 顔面痙攣
  • 錯感覚
  • 嚥下障害
  • からだのこわばり
  • 筋緊張
  • 口のもつれ
  • 眼瞼下垂
  • パーキンソン症候群
  • 眼球挙上
  • 眼球回転発作
  • 心悸亢進
  • 徐脈
  • 低血圧
  • 起立性低血圧
  • 心電図異常(期外収縮、QT延長、第一度房室ブロック等)
  • 貧血
  • 赤血球増多
  • 好塩基球減少
  • 好塩基球増多
  • 好酸球増多
  • 単球減少
  • 血小板減少
  • 血小板増多
  • ヘモグロビン上昇
  • ヘマトクリット値上昇
  • プロラクチン上昇
  • 脂肪肝
  • Al-P低下
  • LDH低下
  • 総ビリルビン上昇
  • 総ビリルビン低下
  • クレアチニン上昇
  • 尿糖
  • 尿ウロビリノーゲン上昇
  • 尿ビリルビン上昇
  • 尿中NAG上昇
  • 尿比重上昇
  • 尿比重低下
  • 血中尿素減少
  • 血中尿酸減少
  • 尿量減少
  • 排尿障害
  • 血尿
  • 膀胱炎
  • 尿閉
  • 頻尿
  • 多尿
  • 発疹
  • 光線過敏性反応
  • 湿疹
  • 紅斑
  • そう痒症
  • 酒さ
  • ざ瘡
  • 皮膚炎
  • 皮膚乾燥
  • 皮膚剥脱
  • 乾皮症
  • 色素沈着障害
  • 脂漏
  • 男性型多毛症
  • 多飲症
  • 高血糖
  • 水中毒
  • 高尿酸血症
  • 高脂血症
  • 脂質代謝障害
  • コレステロール上昇
  • HDL-コレステロール低下
  • トリグリセライド低下
  • CK低下
  • 鼻炎
  • 咽頭炎
  • 気管支炎
  • 気管支痙攣
  • 咽喉頭症状
  • しゃっくり
  • 鼻乾燥
  • 霧視
  • 眼乾燥
  • 視力障害
  • 調節障害
  • 羞明
  • 眼の異常感
  • 眼痛
  • 疲労
  • ほてり
  • 熱感
  • 灼熱感
  • 背部痛
  • 四肢痛
  • 関節痛
  • 筋痛
  • 頚部痛
  • 肩こり
  • 筋痙縮
  • 悪寒
  • 末梢冷感
  • 性器出血
  • 流産
  • 胸痛
  • 膿瘍
  • 歯ぎしり
  • 睡眠時驚愕
  • 鼻出血
  • 末梢性浮腫
  • 挫傷
  • 気分不良
  • 味覚異常
  • 耳鳴
  • 寝汗
  • 四肢不快感
  • 薬剤離脱症候群
  • 顔面浮腫
  • 握力低下
  • 転倒
  • 総蛋白上昇
  • A/G上昇
  • A/G低下
  • アルブミン上昇
  • アルブミン低下
  • ナトリウム上昇
  • カリウム上昇
  • クロール上昇
発生率は不明
  • 記憶障害
  • びくびく感
  • 夢遊症
  • 悪夢
  • 衝動制御障害(病的賭博、病的性欲亢進、強迫性購買、暴食等)
  • 性機能不全
  • 吃音
  • 運動過多
  • 精神的機能障害
  • 感覚障害
  • 眉間反射異常
  • 広場恐怖症
  • 無感情
  • 気分動揺
  • 異常行動
  • 下肢静止不能症候群
  • 錐体外路障害
  • 反射亢進
  • 起立血圧異常
  • 狭心症
  • 膵炎
  • 歯肉痛
  • 舌障害
  • 歯の知覚過敏
  • 血中甲状腺刺激ホルモン増加
  • 卵巣障害
  • 肝炎
  • 黄疸
  • ケトン尿
  • 尿失禁
  • 血管浮腫
  • 蕁麻疹
  • 薬物過敏症
  • 真菌感染
  • 脱毛
  • 血中ブドウ糖変動
  • 血中インスリン増加
  • 嚥下性肺炎
  • 上気道感染
  • 呼吸困難
  • 眼のチカチカ
  • 糖尿病性白内障
  • 瞬目過多
  • 低体温
  • 疼痛
  • 顎痛
  • 乳頭痛
  • 乳腺炎
  • 外陰膣乾燥
  • 無オルガズム症
  • 死亡
  • 関節脱臼
  • 歯牙破折
  • 筋攣縮
  • 尿路感染
  • 花粉症
  • 関節炎
  • 関節硬直
  • 筋萎縮
  • 脂肪腫
  • 坐骨神経痛
  • 大脳動脈狭窄
過剰摂取の症状
  • 瞳孔の拡大(目の黒い部分)
  • 下痢
  • 心拍や脈拍の不規則(速い、ドキドキする)
  • 眼の光に対する感受性の増大
  • 力の欠如や損失
  • 吐き気
  • 眠気、あるいは異常な眠気
  • 嘔吐

相互作用

危険な副作用が発生する可能性があるため、飲酒は避けてください。

その他にもアリピゾルは以下の薬剤とは併用できません。

併用禁止の薬剤
  • アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
    ボスミン

また、以下の薬剤と併用する場合は事前に医師に安全性を確認の上使用してください。

医師に確認が必要な薬
  • 中枢神経抑制剤
    バルビツール酸誘導体、麻酔剤など
  • 降圧剤
  • 抗コリン作用を有する薬剤
  • ドパミン作動薬
    レボドパ製剤
  • CYP2D6阻害作用を有する薬剤
    キニジン、パロキセチン
  • CYP3A4阻害作用を有する薬剤
    イトラコナゾール、クラリスロマイシンなど
  • 肝代謝酵素(特にCYP3A4)誘導作用を有する薬剤
    カルバマゼピン、リファンピシン

その他にもアリピプラゾールとの相互作用を引き起こす可能性は、処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

アリピゾルは有効成分のアリピプラゾールにアレルギーがある、妊娠中の場合は服用しないでください。

また、以下に該当する場合も同様です。

薬を使用できない既往歴・症状
  • 昏睡状態
  • バルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある
  • アドレナリンを投与中(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

その他、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 心・血管疾患、低血圧またはそれらの疑い
  • てんかん等の痙攣性疾患またはこれらの既往歴
  • 糖尿病またはその既往歴、もしくは糖尿病の家族歴、高血糖、肥満などの糖尿病の危険因子を有する
  • 不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態
  • 自殺企図の既往および自殺念慮を有する
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往
  • 脳の器質的障害
  • 衝動性が高い併存障害
  • 肝機能障害
  • 妊娠中・授乳中
  • 小児(小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性に対しては低出生体重児、新生児、乳児又は6歳未満の幼児への安全性は確認されていません)
  • 高齢者

アリピゾルは服用により稀に糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡に陥いる場合があります。特に糖尿病の素因や既往歴がある方はリスクが高いため、高血糖の兆候(口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感など)には十分に注意してください。

アリピゾルは眠気、注意力・集中力・反射運動能力低下などを引き起こす場合があるため服用中の運転や運動など怪我・事故のリスクのある活動は避けてください。
ごく簡単に熱射病や脱水を引き起こすため特に暑い時期や運動中は直射日光や過熱を避け水分をたっぷりと飲むようにしてください。

この薬は高血糖(高血糖)を引き起こす可能性があるため糖尿病の方は服用中の定期的な血糖値チェックを、剤形によっては3mg以上のフェニルアラニンが含まれるためフェニルケトン尿症がある場合は医師への相談を、それぞれ怠らないようにしてください。

よくある質問

Q.効果が出るまでどれくらいかかりますか?
A.一般的に2週間ほどで効果が出始めるとされています。
Q.飲み忘れた場合はどうすれば良いですか?
A.飲み忘れに気が付いた時点で服用し、次回は正しい時間に服用してください。ただし、2回分を一度に服用することは避けてください。
Q.アリピゾルは太りやすいですか?
A.体重増加の副作用が報告されていますが、アリピゾルは比較的太りにくい薬に分類されています。

通販で購入前に必ずお読みください

商品説明について

チェック

商品説明・概要・成分・服用方法・禁忌・注意点・副作用などは説明書を 和訳したり一般的な情報をまとめています。 使用方法が不明な方、併用禁忌薬がわからない方は専門の医師やかかりつけの医師に相談してから購入・服用して下さい。

メール指定受信設定

メール受信設定

ラククルから大切なお知らせ(注文情報・お問い合わせの返信など)が届きません。
まずは指定受信設定を必ず行ってください。

メール指定受信設定

ラククル公式LINE

LINE割引キャンペーン

ラククル公式LINEでは、LINE限定のお得なキャンペーンや入荷情報などお得な情報をお届けいたします。 その他、お問い合わせもできますのでぜひご登録お願いいたします。

ラククル公式LINE

送料無料

送料無料

\10,000円以上購入で送料無料!!/

一回の注文額が1万円以上で送料が無料になりますぜひご利用ください。

処方箋不要・正規品保証

処方箋不要

処方箋や診断書なしでも注文可能です。
ラククルで取り扱いの商品は厳正なチェックを行って販売しております。安心してお求めください。

梱包・外箱

梱包・外箱

プライバシーも安心の『段ボールに商品名記載なし』で配送させていただきます。『局留め』の配送も可能です。

アリピゾル5mg/10mg/15mg/20mg/30mg(Arpizol) エビリファイジェネリックのレビュー(口コミ・評価)を投稿する

※いたずら防止の為、レビューは承認制を取らせて頂いておりますのでサイトに反映されるまでお時間がかかる場合がございます。

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

アリピゾル5mg/10mg/15mg/20mg/30mg(Arpizol) エビリファイジェネリック についてのレビュー(4件)
口コミ評価
3.8
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

口コミや体験談・レビューは使用者の私見になりますので必ず専門機関で相談してください。

  1. たろ より:
    4

    ARIP MT5mgが売り切れだったのでアリピゾルの5mgを購入しました。
    これを飲んでいるとイライラすることが少なく、人に当たることもほとんどないので自分に合っているんだと思います。

  2. ハナ より:
    3

    アリピゾル飲むとめまいが(´;ω;`)
    でもメンタルは安定するので、なんとか落ち着いてくれたらいいんだけど。

  3. miii より:
    4

    レクサプロと一緒に飲んでます。
    レクサプロ単体だと効かない時にはドパミンに作用してくれるエビリファイも組み合わせるといい感じかも。

  4. pi3hd より:
    4

    オランザピンからエビリファイにしたら体重が減ってきました
    オランザピンのたちくらみとか頭痛も無くなって、変えて良かったです