アジーがクラミジア、淋病(淋菌)、梅毒に効果がない!そんな時の対処法

アジーがクラミジア、淋病(淋菌)、梅毒に効果がない!そんな時の対処法

アジーはクラミジアから歯周病まで幅広く細菌由来の治療に使える便利な薬ですが、「○○に効かない!治らない!」といった意見もネットではちらほら。

確かにアジーを飲むだけで細菌を撃退できる非常に優秀で便利な薬ですが、実は用法・用量にちょっとしたコツがあって適当に飲むだけでは絶対に治らないのは事実。

ということで、今回は症状が治まらずお悩みの方向けに症状が治らないときの対処法を解説いたします。

“細菌”に対して高い治療効果を誇るアジー

アジーは細菌感染症に対して効果を発揮するいわゆる抗生物質と呼ばれるタイプの薬です。

細菌の生命維持に必要な器官を阻害する作用があり、特にことクラミジアに対しては完治率90%という特効薬とも言うべき存在となっています。

ただし、抗生物質全般は万能薬というわけではなく効果を発揮するのは”細菌”のみ。“真菌”や”ウイルス”に対しては全く効果がないということをまず覚えておく必要があります。

つまり…

種類 適応 代表例
細菌 淋菌、クラミジア
ウイルス × ヘルペス、尖圭コンジローマ
真菌 × カンジダ、インキン

ということになり性病の中でもコンジローマやカンジダに対しては全く効果がないので注意が必要ですね。

一方で淋菌(淋病)、クラミジア、梅毒といったおなじみの性病に対しては(一応)全て有効性があり、日本ではジスロマックやネット通販でも買えるジェネリック薬のアジーが有名です。

クラミジア完治率90% アジー配合・アジー

アジー100mg/250mg/500mg/1000mg(azee)

アジーは、シプラ社が製造・販売している抗生剤でクラミジア、尿路感染症など細菌による治療薬としておなじみです。

先発薬ジスロマックと同じ有効成分アジスロマイシンが同量含まれるため細菌の生命維持や増殖が妨げる作用により症状を改善します。

ただし、使い方にはコツが…

ただし、アジーはそれぞれの感染症治療のための特別な用法・用量が決まっていて適当に飲むだけでは全く効果がありません。

「クラミジアが治らない」というケースでは通販で買って適当に服用しているケースも多いので、まずは基本の使い方を知っておく必要があります。

①クラミジアの場合

基本の使い方は

  • 1,000mgを初日にたった1回飲む

だけでOK。250mg錠なら4錠、600mg錠剤なら1.5錠ほどをただ1回飲み切るだけで全身で有効成分が10日間持続、喉だろうが性器だろうがクラミジア菌もすっかり死滅できます。

完治まではおよそ1週間ほどで、1週間後の再検査における完治率は90%。現状ではクラミジアに対して非常に高い効果を誇る治療法となっています。

ぶつぶつが見られる場合

ただし、もし陰部や肛門、鼠径部にぶつぶつがある場合は性病性リンパ肉芽腫が疑われます。

この場合は1,000mgを1回だけでは不十分なので、1回1,000mgを1日2回、1週間おきに3回服用が推奨の服用量となりますのでご注意ください。

②淋病(淋菌)の場合

淋菌による軽度から中度の尿道炎や子宮頸管炎の治療には2,000mgを1回だけ服用してください。

用途
  • 咽頭・頸部・尿道・直腸の合併症のない淋菌感染症
  • 淋菌性結膜炎の治療
  • 播種性淋菌感染症による関節炎・関節炎皮膚炎症候群の治療
  • 淋菌性髄膜炎・心内膜炎の治療

ただし、最近の淋菌(淋病)はアジーに対して耐性を持っている確率が非常に高く完治率は10~20%程度に留まります。

耐性菌に感染していた場合はどれだけアジーを飲んでも全く完治することはありませんが、幸い病院で注射と点滴による治療を受ければほぼ完治できる性病なので1日も早い治療が望まれます。

淋病(淋菌)治療の第一選択は…
  • ロセフィン(セフトリアキソン)
    点滴。治療は1回のみで30~60分程度。
  • トロビシン(スぺクチノマイシン)
    →筋肉注射。

③梅毒の場合

実はアジーは梅毒に対しての有効性もほぼありません。

…が、梅毒はノバモックス(アモキシシリン)などの別のペニシリン系抗生物質で完治率90%となっていますので、こちらをご利用ください。

梅毒の完治率90%・ノバモックス

ノバモックス250mg/500mg(novamox)アモキシル(サワシリン)ジェネリック

ノバモックスは、シプラ社が製造・販売している梅毒の治療薬です。

ペニシリン系抗生物質・サワシリンと同じ有効成分アモキシシリンが含まれていて90%という高い確率で梅毒を死滅させます。

副作用の下痢・嘔吐にご注意を

ちなみに、アジーは性病以外で飲むときは普通多くても250~500mgくらいなので一気に1000mgも飲んだ場合はそれなりに副作用も強烈なものになります。

一番多く見られる副作用の症状は下痢と吐き気で、飲むだけで完治するわけですからここはグッと我慢のしどころになります。

副作用の度合いは人により異なりますが、ひどいと当日は仕事にならない可能性もあるので特に初めて飲む場合は休みを取るか休日・休前日の服用がおすすめです。

にゃっき@roll_roll_04
ジスロとアジーはどちらも細菌殺してくれるんだが乳酸菌とか良い菌も殺すから下痢になりやすいんだよな…ビオフェルミン必須…! まぁ普通医者にかかったらジスロかな、わいは個人輸入だから安いアジー頼んでるけど ゆるゆるな仕事から挑戦するしか……呼吸が苦しい…
午前3:46 · 2021年1月21日
りさきちちゃん@kinakoreo_
アジー1000mg飲んだら30分後ぐらいに激しい腹痛と下痢に襲われるかと👍笑
午前10:47 · 2018年9月16日
γ@y__ru3
喉が全く良くならないので、胃腸が不安だがアジスロマイシンを1000mgぶっこんでみた。アジーは必ず下痢するんだよなー
午前11:53 · 2017年10月18日

服用後に吐いてしまった場合は

アジーは服用後およそ2時間ほどで薬が全身に回るため、2時間以上経っているのであれば吐いてしまったとしても再度アジーを飲み直す必要はありません。

ただし、もし2時間以内に嘔吐してしまった場合は薬が体内に吸収されていない可能性が出てくるので注意が必要です。

2時間以内に嘔吐するのはなるべく我慢していただきたいですが、もしどうしても我慢できなかった場合は医師に相談して再服用するかどうか判断した方が良いでしょう。

〇〇中はNG!アジー服用の注意点

その他にも、アジーは服用時に意外な落とし穴がありますのでまとめて覚えておきましょう。

①食事・お酒・タバコ

アジーは飲食の影響を受けないので食前食後どちらに飲んでも問題ありません。

お酒もタバコも問題はありませんが、体が感染症と闘っている時にお酒やタバコを摂取すると治癒力や薬の効果を下げて副作用リスクを増大させることが多いです。

ここは少し我慢して摂取するにしてもごく少量に留めておきましょう

また、副作用の悪心による嘔吐を避けるために服用前後での脂っこい食事も控えた方が良いでしょう。

②生理中・妊娠中

基本的に影響はありませんが、妊娠中の場合に限っては念のため医師に相談した方が無難です。

③予防目的で飲んでも良い?

クラミジアと尿道炎の両方に対して予防効果がありますが、淋菌(淋病)の耐性菌を作ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、感染予防には一応なりますが100%予防できるわけではないので頼り切りになるのはやや危険性があります。

100%淋菌(淋病)に感染していないとわかっている状態なら有効かと思いますが、判断が難しいところですね。

④日光にはご注意を

あまり知られていませんがアジーの有効成分には紫外線の感受性を高めて一時的に肌が日光に弱くなる効果もあります。

日焼けしやすくする体質になっているので、日光や日焼けマシンへの露出は避けて屋外ではしっかり肌を保護&日焼け止めを使ってください。

それでも効かなかったときの対処法とは

このように非常に便利なアジーではあるのですが、完治率90%ということは10%の方は完治していないのもまた事実

そのような場合は一体どのような対処法が考えられるのでしょうか。

ケース①:そもそもクラミジアではない

先ほど説明した通り、淋菌(淋病)や梅毒など「実は他の性病だった」というパターンですね。

もちろんこの場合はいくらアジーを飲んでも治らないため、まずは検査キットを使ったり医師の診察を受けるなどして原因を特定しましょう。

幸い、今のところ日本に治療不可能な未知の性病は存在しないので、そこはご安心ください。

ケース②:完治前に再感染している

このようなケースを卓球のラリーに例えてピンポン感染と言いますが、治ったと思って自己判断ですぐキスやセックスした場合は相手に移したり移されたりしてしまいます。

必ず医師や検査キットにより完治が確認できるまで最低でも1~2週間はパートナーとの接触を控えてください。

また、パートナーが感染している可能性も高いため可能な限り性的接触があった人物全員が治療を受けるようにしましょう。

ケース②:耐性菌に感染している

アジーの完治率は90%と言いましたが、100人が飲むとすると10人はどうしても治らない方が発生します。

この場合、耐性菌の疑いをはじめ様々な完治しない要因が考えられるためこの場合も速やかに医師の治療を受けてください。

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

アジーは飲むだけでクラミジアをほぼ完治に導いてくれる便利な薬ではありますが、闇雲に予防目的で飲むとかえって逆効果になることもあります。

また、自分で薬を服用する場合はクラミジアなのか淋菌(淋病)なのか梅毒なのか…はたまたただの風邪なのか、しっかり見極めた上で適切な薬を服用したいですね。

クラミジアから梅毒まで

あわせて読みたい