厳しい?期待の新ダイエット薬「ウゴービ」を保険適用で処方してもらうための条件とは

厳しい?期待の新ダイエット薬「ウゴービ」を保険適用で処方してもらえる条件とは

最近、肥満症治療に効果のある「ウゴービ」が保険適用になったことがニュースになっていましたね。

ダイエットしたい・している方は気になっている方も多いと思いますが、実は保険適用で処方してもらうには厳しい条件も。

今回は、新しいダイエット薬「ウゴービ」について保険適用の対象条件や実際の効果について詳しく解説していきます!

30年ぶり!肥満症治療の新薬「ウゴービ」が保険適用に

30年ぶり!肥満症治療の新薬「ウゴービ」が保険適用に

ウゴービはデンマークの製薬会社ノボノルディスクファーマが開発した皮下注射型の肥満症治療薬です。

今まで日本で保険適用になる肥満症治療薬は「サノレックス(有効成分:マジンドール)」のみでしたが、厚生労働省から承認を受け国内では約30年ぶりにウゴービが加わることとなります。

ウゴービは有効成分にセマグルチドを含有するGLP-1受容体作動薬に分類される薬で、もともとは2型糖尿病の治療薬です。

同じ有効成分を含有する薬としては「リベルサス」や「オゼンピック」が有名どころですね。

有効成分のセマグルチドはすい臓のインスリン分泌を促進して糖尿病の血糖コントロールを行うことに加え、以下の作用によってダイエット効果が期待できます。

  • 胃のはたらきを抑える
    胃の運動を抑えることで、満腹感は感じやすく空腹感は感じにくくなります。
  • 視床下部のはたらきを抑える
    脳の食欲を司る部分に作用して食欲そのものを直接抑えます。

これらの作用によって、自然と食事量が減って体重も減るというイメージです。

ウゴービは2023年11月22日に薬価収載され、2024年2月22日から発売・保険診療での使用が開始されます。

保険適用になった場合の価格について

ウゴービが保険適用になった場合の価格について

ウゴービは用量が5段階あり、0.25mgから開始して4週間ごとに0.5mg、1.0mg、1.7mg、2.4mgと増量しながら週に1回皮下注射を行います。

そのため用量に合わせて価格が変わります

用量 0.25㎎ 0.5mg 1.0㎎ 1.7mg 2.4mg
公定価格の薬価/1回あたり 1,876円 3,201円 5,912円 7,903円 10,740円
3割負担の場合(※) 563円 961円 1,774円 2,371円 3,222円

(スマホは右にスクロールできます。)

※診察料や検査費用、調剤料等は別途かかります。

保険適用で処方してもらうには厳しい条件が

晴れて保険適用となったウゴービですが、肥満に悩んでいたら誰でも処方してもらえるというわけではなく、保険適用で処方してもらうには厳しめな条件が付いています。

高血圧、脂質異常症又は2型糖尿病のいずれかを有し、食事療法・運動療法を行っても十分な効果が得られず、以下に該当する場合に限る。

  • BMIが27kg/m2以上であり、2つ以上の肥満に関連する健康障害を有する
  • BMIが35kg/m2以上

引用元:https://pro.novonordisk.co.jp/content/dam/hcpexperience/jp/ja/documents/products/wegovy/Approved_Wegovy-Regulatory-Approval-Letter_202303.pdf.coredownload.inline.pdf

…となっています。

保険適用になるBMIの条件

BMIの計算方法

BMIは肥満度を測る指標で、「体重kg÷身長m÷身長m」で計算することができます。ぜひこの機会に1度ご自身のBMIを計算してみてください。

ウゴービの保険適用条件となっているのは肥満に当てはまるBMI27以上または高度肥満に当てはまるBMI35以上の方となります。

肥満に関連する健康障害

BMI27以上35以下の場合は、下記の肥満に関連する健康障害に2つ以上当てはまることが保険適用の条件となっています。

  1. 耐糖能障害(2型糖尿病・耐糖能異常など)
  2. 脂質異常症
  3. 高血圧
  4. 高尿酸血症・痛風
  5. 冠動脈疾患
  6. 脳梗塞・一過性脳虚血発作
  7. 非アルコール性脂肪性肝疾患
  8. 月経異常・女性不妊
  9. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群
  10. 運動器疾患 (変形性関節症:膝・股関節・手指関、変形性脊椎症)
  11. 肥満関連腎臓病

保険適用なだけあって、ちょっとお腹周りが気になるから~と気軽に処方してもらえる薬ではありませんね

ウゴービは実際どれほど瘦せるものなのか

ウゴービは実際どれほど瘦せるものなのか

気になるウゴービのダイエット(体重減少)効果ですが、日本人を含む東アジア人を対象とした臨床試験では投与後68週間後に以下の体重変化が報告されています。

  1. ウゴービ1.7mg群:-9.6%
  2. ウゴービ2.4mg群:-13.2%
  3. プラセボ群:-2.1%

体重100kgの方がウゴービ2.4mgを週に1回68週間継続すると-13.2kgのダイエット効果が見込めるということで、かなり減量効果は高いと言えそうです。

ただし副作用には注意が必要で…

ウゴービの主な副作用としては嘔気、下痢、便秘などが報告されています。用量が多ければその分体重減少効果も高いのですが、徐々に増量しないと副作用が強く出てしまうため注意が必要です。

ダイエット薬はウゴービ以外の選択肢も

ダイエット薬はウゴービ以外の選択肢も

ここまででウゴービは確かにダイエット(体重減少)効果は高いものの、保険適用で処方してもらうとなるとどうしても対象が限られてきてしまうことが分かりましたね。

ただ、ダイエット薬は何もウゴービだけではありません。令和の今、他の選択肢も豊富にあります。

保険適用にはなりませんが、比較的低価格なダイエット薬もありますので以下の薬もぜひチェックしてみてください!

ウゴービの錠剤版・リベルサス

リベルサスはウゴービと同じ有効成分セマグルチドを含有するGLP-1受容体作動薬です。

ウゴービが注射タイプなのに比べ、リベルサスは錠剤タイプのため注射に抵抗がある方でも使いやすいのが特徴です。

リベルサス 3mg/7mg/14mg(rybelsus)

リベルサス(Rybelsus)はウゴービと同じノボノルディスク社が製造を手がけるGLP-1受容体作動薬です。

有効成分のセマグルチドが胃の運動が抑えることで満腹感が得られやすくなるとともに、視床下部に作用して食欲そのものの発生を抑えるといった効果が期待できます。

世界初のGLP-1錠剤タイプ

飲むだけ糖質制限・フォシーガ

フォシーガは選択的SGLT2阻害薬と呼ばれる1型・2型糖尿病の治療薬です。

有効成分のダパグリフロジンは腎臓の近位尿細管での糖の再吸収を抑えることで血糖コントロールを行うのですが、その過程で過剰な糖分を尿に排出する作用があることからダイエット薬としても人気になっています。

特に、パンやごはん、麺などをよく食べる方に適したダイエット薬です。

ダパベル5mg/10mg(Dapavel) フォシーガジェネリック

ダパベル(Dapavel)は選択的SGLT2阻害薬フォシーガの低価格なジェネリック医薬品です。

服用することで1日60~100g(200~400kcal)もの糖分を排出する働きがあることから、糖質制限ダイエットと同等の効果が期待できます。

また、有効成分のダパグリフロジンは利尿作用にも優れており、むくみ改善にも役立ちます。

糖分を自動排出

メタボ予防やアンチエイジングにも・メトホルミン

メトホルミンは2型糖尿病の方の血糖値コントロールに用いられる医薬品です。

インスリン分泌増加を伴わず低血糖や体重増加を起こしにくく副作用リスクが少ないことから、日本でも糖尿病治療の第一選択として処方されています。

メトホルミンは血糖値を下げるほか、食欲を抑制したり中性脂肪の燃焼を促進する働きがあることから肥満改善に対しても効果が期待できます。

また、他のダイエット薬に比べて価格が安いのも大きな特徴です。

グルコファージ1000mg(Glucophage)メトホルミン

グルコファージ(Glucophage)は有効成分にメトホルミンを含有するメルクセローノ社の先発医薬品です。

肥満に対しての有効性があり、体重増加や食欲を抑えるとともに中性脂肪を燃焼させる作用によってダイエット効果が期待できます。

近年ではメトホルミンのアンチエイジング効果についての研究が進み、抗がん作用や痴呆症予防効果にも注目が集まっています。

副作用が少なくて安心

油っこい食事が多い方に・ゼニカル

ゼニカルはウゴービやリベルサス、フォシーガ、メトホルミンなどの「糖」に関わるダイエット薬とは異なり、「脂質」にアプローチするのが特徴の肥満症治療薬です。

食事に含まれる脂肪の吸収を最大30%まで阻害して体外に排出する働きがあります。

そのため、油っこい食事が多い方が使用すると効果が出やすくなっています。

ゼニカル120mg(xenical)-パッケージ

ゼニカル(xenical)はスイスの大手製薬会社ロシェ社が製造を手がける先発医薬品です。

有効成分のオルリスタットが脂肪分解酵素リパーゼのはたらきを妨げることで1日100kcal以上の脂肪分を排出する作用があります。

1日1回飲むだけで良く、油っこい食事の時だけ服用して「なかったコトに」という使い方も可能です。

食事中の脂を自動で排出

5つの作用でダイエットをサポート・カーボリッシュ

カーボリッシュは、代謝促進・脂肪燃焼・炭水化物の吸収抑制・消化促進・食欲抑制の5つの作用でダイエットをサポートする画期的なサプリメントです。

有効成分には代謝促進のブラックペッパーコンプレックス(黒コショウエキス・ショウガエキス)や食欲抑制作用のあるほうれん草から抽出したチラコイドなど体に優しい成分が配合されています。

そのため、医薬品には抵抗がある方や痩せやすい体づくりをしたい方におすすめです。

カーボリッシュ(Carbolish)バイタルミープレミアム

カーボリッシュ(Carbolish)はアメリカの大手サプリメントメーカーであるサファイアヘルスケア社が製造するダイエットサプリメントです。

同社のサプリは厳選素材を使用し科学的根拠に基づいた配合がされているのが特徴です。

1錠に代謝促進・脂肪燃焼・炭水化物の吸収抑制・消化促進・食欲抑制の5つの機能がまとまっているので、手軽でありながら高いダイエット効果が期待できます。

食事中の脂を自動で排出

今回ご紹介したダイエット薬は個人輸入通販で購入することが可能です。

通院の必要がなく医師を介さない分低価格になっていますので、気になる方はぜひ以下から自分に合う薬を探してみてください!

定番~最新のダイエット薬を取り揃え

新ダイエット薬ウゴービについてのまとめ

新しいダイエットの選択肢として期待されるウゴービ。保険適用にはなりましたが、実際処方してもらうとなると少々ハードルは高めですね。

保険適用の対象にはならなそう…という方は当サイトのような個人輸入通販でウゴービと同じ成分のリベルサスやその他ダイエット薬を購入できます。

新規会員登録で500P、LINEお友達追加で300Pのプレゼントキャンペーンを利用すればお得に購入することも可能なのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

期間限定のためお早めに!

あわせて読みたい