タバコを吸うとEDのリスクが〇倍に。禁煙すればEDから回復するのか?

タバコを吸うとリスクが〇倍に

若いころのように勃起しない、勃起力が落ちて性行為の満足度が下がったと感じたことがある男性は多いのではないでしょうか。

実はそれ、タバコが影響しているかもしれません。

タバコを吸う人は吸わない人に比べてED(勃起不全)になるリスクが上がると言われておりタバコとEDには深い関わりがあります。

今回はその原因や、喫煙者の方でも禁煙することで勃起力を回復させることは可能なのかを解説していきます!

タバコを吸う人はED(勃起不全)になりやすい

タバコを吸う人の方がED(勃起不全)になりやすいとよく言われますがこれは本当で、喫煙者は非喫煙者に比べて約2倍もEDのリスクが上がることが分かっています。

これはタバコに含まれる成分が勃起に必要な機能を弱めてしまうためです。

  1. ニコチンが血管を収縮させ血行を悪くする・血液が固まりやすくなる→陰茎への血流が滞る
  2. 交感神経が強く刺激される→勃起を起こすための指令が伝わりにくくなる
  3. 海綿体の構造が変化する→血液を受け止められなくなり勃起や硬さが維持できなくなる

勃起は陰茎に血液が流れ込むことで起こりますが、タバコに含まれるニコチンは血流を悪くするとともに血液を受け止める海綿体の機能にも悪影響を与えてしまいます。

また、勃起を起こして!という交感神経からの指令を伝わりにくくしてしまいます。

タバコの本数が多いほどEDリスクも高い

また、1日に吸うタバコの本数が多いほどEDの発症率が高くなり、1日20本以上吸う喫煙者の場合は非喫煙者よりも40%リスクが高まります。

吸えば吸うほど血管や海綿体などへのダメージが蓄積されてしまうんですね。

電子タバコやアイコスもリスクあり

電子タバコと加熱式タバコ

ニコチンがEDに影響しているのならニコチンが入っていない電子タバコであれば問題ないのでは?と思われるかもしれません。

しかし、電子タバコであってもリスクはゼロではありません。

ニューヨーク大学の研究では、電子タバコを吸う習慣のある人はない人に比べ2.4倍EDを発症しやすくなるとされています。
電子タバコのリキッドに含まれるどの成分がEDを引き起こすのかまでは明らかになっていませんが、電子タバコであってもEDへの影響は少なからずあると言えるでしょう。

アイコスなどの加熱式タバコは有害物質が90%以上低減されていると言われていますが、ニコチンは含まれていますのでEDのリスク低減にはあまり関係ありません。

禁煙すればEDからの回復も期待できる

禁煙すればEDから回復が可能

タバコに含まれる物質(主にニコチン)が血流を悪化させることがタバコとEDの関係です。

裏を返せば、タバコをやめれば血流などが改善しEDから回復する可能性があります。

実際に、禁煙した男性と喫煙を続けている男性の性機能の違いを調べた実験では、禁煙している男性のほうが「太さ」「勃起までのスピード」が優位だったという結果があります。

ヘビースモーカーの方でも1か月禁煙することで「硬さ」や「太さ」がすぐに改善されたとの報告もあるため、禁煙がEDからの回復や改善への近道と言えるでしょう。

確実に禁煙するには

とはいえタバコは簡単に止めることができないのが難しいところ。

禁煙といえばニコチンパッチやニコチンガムが始めやすいですが、挫折してしまう方も少なくありません。

そこで禁煙外来でも処方されるようになったのがチャンピックスという禁煙補助薬です。

「タバコが不味い」「喫煙による満足感を減らす」「離脱症状和らげる」ことで禁煙をサポートする治療薬です。

チャンピックスの禁煙成功率はなんと最大80%で、ほとんどの人が禁煙に繋がっているという今ある治療法としては最も有力な薬です。

※ただしチャンピックスは現在出荷停止が続いており禁煙外来では取り扱いを中止している場合が多いです。
個人輸入代行サイトであればチャンピックスのジェネリック薬の取り扱いがあるため入手可能です。

チャンピックス・ジェネリック薬

バレニスマート0.5mg/1mg(Varenismart)チャンピックスジェネリック

チャンピックスと同じ成分バレニクリンを含む禁煙補助薬です。ニコチンを含まない治療薬で従来のニコチン置換療法に比べ高い効果が期待できます。
また、離脱症状を和らげる効果も高いため挫折しにくいです。

12週間続けた場合の禁煙成功率は65%~80%です。

禁煙を成功させたい方に

〇合わせて読みたい
『なぜチャンピックスは出荷停止に?通販で買えるジェネリック薬とは』

勃起力を高める方法

タバコを吸っている方はタバコを止めるだけでもEDからの回復に大きな効果が期待できますが、その他の生活習慣や加齢といった要因が重なってEDになっている場合も。

禁煙してもなかなかEDが改善しないと感じる方は他の原因もあたってみましょう。

タバコの他に考えられるEDの原因

EDの原因としては、身体的な理由と精神的な理由とに分けられます。

身体的理由

  • 動脈硬化
  • 高血圧、脂質異常症、糖尿病

身体的な理由としては動脈硬化や高血圧、糖尿病などで40代以降の男性によくみられる傾向です。

タバコは動脈硬化の原因となります。また、油っこい食事やアルコールの飲みすぎは高血圧、脂質異常症、糖尿病の原因となりますので食生活の見直しや飲酒を控える、適度な運動をと入り入れることでEDの予防・改善が見込めます。

精神的理由

  • 疲れによるストレス
  • 睡眠不足
  • 性行為に慣れていないことによる緊張や不安

精神的な理由としては、疲れによるストレスや睡眠不足、緊張や不安などが挙げられます。

精神的な疲労や睡眠不足によるEDは20代~50代の働く世代に多くみられます。睡眠不足が続いている場合は勃起力が落ちる場合がありますのでなるべく睡眠を取ることも対処法の1つです。

また、性行為に慣れていないことによる緊張や不安には、行為の前にマッサージを取り入れるなどリラックスできる状況を作るのも1つの手でしょう。

〇合わせて読みたい
『心と体原因別EDの改善方法を解説します!』

手っとり早く勃起力を高めたい場合はED治療薬もおすすめ

ED治療薬は陰茎への血流を促進することでEDを改善する治療薬です。そのため、喫煙によって滞ってしまった血流を改善させ勃起をサポートしてくれます。

また、EDが改善することで自信UPにも繋がるため身体的・精神的理由どちらの原因に対してもアプローチが可能です。

性行為の前に服用するだけでOKなので一番簡単に勃起力を高めることができる方法でしょう。

種類はさまざまありますが「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」の3種類が最も良く使われるED治療薬です。

勃起力ではNo.1・バイアグラ

ED治療薬・バイアグラ100mg/50mg(パッケージ)

言わずと知れたED治療薬バイアグラ。

食事の影響を受けやすいので注意が必要ですが、とにかく硬くなるのが特徴。

40代・50代になっても10代の頃の勃起力を取り戻せる!と愛用者多数です。

勃起力重視なら

効果の持続時間が長い・シアリス

ED治療薬・シアリス20mg(パッケージ+シート)

シアリス系は最大36時間効果が持続するので、何回も性行為を楽しみたい方や効果が切れるのを心配したくない方におすすめ。

食事の影響を受けにくく副作用も少ないので使いやすい薬です。

持続力重視なら

即効性に優れる・レビトラ

ED治療薬・バリフ20mg(パッケージ+シート)

バイアグラ・シアリスは効き始めるまでに30分以上かかるのに比べ、レビトラ系は最短15分で効果が出るのが特徴です。

持続時間もそこそこ長く副作用も少ないので使い勝手が良いと人気です。

即効性重視なら

勃起力を高めるメカニズムはほとんど同じですが、それぞれ持続時間や副作用などに違いがありますので自分に合った薬を見つけましょう。

ジェネリック薬も多数あり1回あたり100円ほどの価格で始められるものもありますのでまずは試してみてください。

まとめ

EDはタバコだけが原因ではありませんが、大きな要因であることは間違いありません。

いつまでも性行為を楽しみたいと思っても勃起が思うように起こらないと満足できませんよね。

今は大丈夫という男性でも年を重ねるごとにEDの症状は悪化していきますのでこれを機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。

ラククルでは禁煙やED改善に効果的な治療薬を多数ご用意しておりますので気になる方はチェックしてみてください!

あわせて読みたい