バリフ(valif) 20mg

valif
valif
valif
valif

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合がありますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

LINE割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:valif
バリフ(valif)20mg
バリフ20mg(valif) 10錠
在庫あり
34%OFF ¥2,980 ¥1,980
数量10錠
バリフ20mg(valif) 30錠
在庫あり
53%OFF ¥8,940 ¥4,180
数量30錠
バリフ20mg(valif) 50錠
在庫あり
59%OFF ¥14,900 ¥6,180
数量50錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

バリフの詳細

バリフとは

医薬品名
バリフ(valif)
メーカー
アジャンタ・ファーマ(Ajanta Pharma)
有効成分
バルデナフィル塩酸塩水和物(Vardenafil)
効果・効能
勃起不全(ED)/中折れの改善
剤形
タブレット(tablet)
先発医薬品
レビトラ(levitra)
  1. 高い効果と即効性 レビトラと同じ有効成分を含むため、レビトラと同等の高い勃起力と即効性、利便性がそのまま安価でご利用いただけます。
  2. 最安値での提供 当サイトのバリフは最安値での提供を自負しております。もちろん品質も正規品100%保証、ぜひ一度お試しください。
  3. 鉄板のジェネリック レビトラのジェネリックと言えばバリフ、というほど定番で人気の薬です。日本人でも愛用者が非常に多く初心者の方でも安心してご利用いただけます。

バリフは勃起障害(ED)を患う男性に用いられる医薬品で、中折れを改善し正常な勃起を達成・維持する効果があります。
先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを同量含むジェネリック医薬品のため、低価格ながら高い効果が期待できます。

バリフの有効成分バルデナフィルはバイアグラに次いで国内2番目に承認を受けたED治療薬で、即効性と勃起力が高く食事の影響も受けづらいといった点が大きな特徴です。

製造元のアジャンタ・ファーマはインドのムンバイに本社を置くインド国内屈指の大手製薬企業です。日本ではあまり名前が知られていませんが、アメリカやイギリスをはじめ先進国でも多くのジェネリック医薬品承認を獲得し製造・販売を手がけていて医薬品の品質について非常に信頼性が高いことが特徴です。

特に同社が製造・販売するバリフは、最も有名なレビトラのジェネリック医薬品で世界中の人々に愛用されています。


バリフの有効成分バルデナフィルは男性のED治療に用いられる成分で、性的刺激を受けた際の正常な勃起の達成・維持に役立ちます。

この勃起不全(インポテンツ)は、通常であれば性的刺激を受けた際に行われる陰茎への血液流入が何らかの理由により十分行われず起こるものです。
最も一般的な原因は、加齢による動脈の硬化や狭窄で特に45歳以上の男性で特に起こり得るものです。
また、喫煙、飲酒、ストレスなどのライフスタイルも勃起不全に影響を与える可能性があり、これらを要因を排除することでも勃起不全の改善にも役立ちます。
その他、勃起不全はこれらの身体的要因以外にストレスやうつなど心理的な要因が引き金となって起こる場合もあります。

バリフは、服用することで陰茎海綿体への血液流入を増加させる効果があるため、身体的・心理的いずれの要因による勃起不全であっても改善効果が見込めますが、特に心理的な要因の占める割合が大きいケースではバルデナフィルの服用と並行してカウンセリングにより心理的原因を解消することも重要です。
ただし、バルデナフィルによる勃起は性的刺激に反応して始めて正しい効果を及ぼすものです。

もし、服用によりめまいや吐き気、刺痛を感じたりアレルギー反応、突然の視力喪失、4時間以上痛みを伴う勃起が続く場合にはただちに医師の治療を受けてください。

なお、バリフの服用は性感染症(STD)の予防・改善や性欲増進に対しては効果を発揮しません。梅毒や淋病、HIVなどの予防には別途予防策を講じ必要に応じて検査を受けてください。

効果・効能

勃起不全(ED)

バリフの有効成分バルデナフィルには勃起を妨げる酵素PDE-5のはたらきをブロックする作用があり、これにより陰茎への血液流入を改善する効果をもたらします。

血管の筋肉が弛緩されるため陰茎海綿体への血液流入も正常に行われ、性行為に十分な勃起が維持・達成できるようになります。
ただし、陰茎の勃起は性的刺激に反応してはじめて起こるものです。薬の服用により直接的に引き起こされるものではないためご注意ください。


勃起不全(ED)

バルデナフィル塩酸塩水和物は直接的に陰茎勃起を引き起こすものではありませんが、性的刺激に反応して正常勃起を引き起こす効果があります。

陰茎勃起の生理学的メカニズムには、性的刺激を受けた際に陰茎海綿体に放出される一酸化窒素(NO)が関わりす。
一酸化窒素は酵素グアニル酸シクラーゼ(sGC)を活性化し、これにより陰茎中の環状グアノシン一リン酸(cGMP)濃が増加します。cGMPには海綿体の平滑筋を弛緩させ陰茎中に血液流入をもたらす効果があるため勃起が促されま。

海綿体中のcGMPはホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)と呼ばれる酵素により分解されるため、バルデナフィル塩塩水和物の服用によりPDE-5のはたらきを阻害することで正常な勃起が促されるようになります。

飲み方・使い方

バリフは性行為の30分~1時間前に1錠(初めて使用される場合はピルカッターで20mg錠を1/4に割って)をぬるま湯もしくは水で服用してください。
1時間経過後に血中濃度のピークを迎え、薬の効果は4~8時間ほど持続し勃起しやすい状態が続きます。

ただし、十分な効果が得られなくとも服用は1日1回までとし必ず24時間以上の間隔を開けてください。

バイアグラ(シルデナフィル)と異なり、食事による影響を受けにくく必ずしも空腹時に服用する必要がありません。
しかし、過度に高脂肪・高カロリーな食事を摂取すると効果の減弱や効果発現の遅延が起こることもあるためご注意ください。

また、アルコールとグレープフルーツの影響を受ける点はバイアグラと同様です。
アルコールによる酔いが強まったり、グレープフルーツによる薬の代謝が遅れる作用が知られていて、不必要に副作用を強めたり引き起こす可能性があるため同時摂取を避けてください。

常温での保管が可能ではありますが、なるべく湿気や熱、日光を避けてください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

バリフの有効成分バルデナフィルは以下の一時的な副作用を引き起こすことがあります。

主な副作用
  • 紅潮(暖かみ、赤らみ、ピリピリする感覚)
  • 鼻づまりや副鼻腔の痛み
  • 頭痛、めまい
  • 胃のむかつき
  • 背中の痛み

これらの副作用は何度か服用することにより体が慣れ低減されていきますが、もし症状の程度が気になる場合には医師に相談し予防・改善についてのアドバイスを受けると良いでしょう。

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、あごや肩に広がる痛み、吐き気、発汗)
  • 視力変化や突然の視力障害
  • 勃起に痛みがある、または4時間以上続く(勃起が長引くと陰茎が損傷することがあります)
  • 耳鳴りや突発性難聴
  • 不整脈
  • 手、足首、または足の腫れ
  • 息切れ
  • 気絶しそうなふらつき
  • 発作(けいれん)

また、以下の症状はバルデナフィルのアレルギー反応の兆候です。
これらが現れる場合も同様にバルデナフィルにただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応
  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

また、バルデナフィルは服用により目の視神経への血流を減少させ突然の視力低下を引き起こす可能性があります。
これは喫煙習慣があったり50歳以上、心臓病、糖尿病、高血圧、高脂血症、または目に疾患があるケースでまれに起こるものです。
ただし、バルデナフィルが実際に視力障害の原因であるかどうかは明らかになっていません。


バルデナフィル塩酸塩水和物は服用によりいくつかの副作用が発生する可能性があります。
通常は効果とともに副作用が薄れていくため医師の診察を必要としませんが、次の副作用のいずれかが続くか厄介な場合には医師に相談してください。

一般的な副作用
  • 顔面、頸部、腕、胸部上部の熱感および発赤
  • くしゃみ
  • 鼻づまりの症状
まれに起こる副作用
  • 射精障害
  • 腹痛
  • 視界異常
  • 胸焼け、胃酸過多
  • 背部痛
  • げっぷ
  • 鼻血
  • 体の痛み
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチク感
  • 色覚の変化
  • 視力変化
  • 目の充血
  • 下痢
  • 夜間の視力障害
  • 動きにくくなる
  • 嚥下困難
  • かすみ目
  • ドライマウス
  • 喉の乾燥や痛み
  • 過度の筋緊張
  • 眼痛
  • 顔面腫脹
  • 動悸
  • 不快感または病気の一般的な感覚
  • 声の枯れ
  • 日光に対する眼の感受性の増大
  • 消化不良
  • 関節痛
  • 力が入らない、脱力感
  • 食欲不振
  • 筋肉痛
  • 筋けいれん
  • 筋硬直
  • 筋肉の緊張
  • 頸部痛
  • 喉の痛みや灼熱感
  • 鼻水
  • くらくら感
  • 震え
  • 眠気
  • のどの痛み
  • 口唇、舌、または口腔内のただれ、潰瘍、または白い斑点
  • 胃の不快感、不快感、または痛み
  • 関節の腫れ
  • 頸部リンパ腺の圧痛と腫脹
  • 胃部の圧痛
  • 睡眠障害
  • 声の変化
  • 涙目

ただし、服用中に次の副作用のいずれかが発生した場合はすぐに医師の治療を受けてください。

一般的な副作用
  • 腕、背中、顎の痛み
  • 視力喪失
  • 極度なかすみ目
  • 胸痛または胸部不快感
  • 胸部圧迫感または重苦しさ
  • 悪寒
  • 冷や汗
  • 極度の目まい
  • 激しい視力低下
  • 呼吸困難
  • 極度の嚥下困難
  • 横臥位または座位から突然立ち上がるときのめまい、失神、または立ちくらみ
  • 極度の眼痛
  • 失神
  • 激しい動悸
  • 激しい頭痛
  • じんま疹、かゆみ、発疹
  • 吐き気
  • 不安感
  • 腕、あご、背中、首の痛みや不快感
  • 耳鳴り
  • まぶたや目、顔、唇、舌の周りの腫れや腫れ
  • 心拍が遅いか速い
  • 発汗
  • 過度の流涙
  • 異常な疲労や脱力
  • 嘔吐
発生率は不明
  • 難聴

相互作用

以下いずれかの医薬品を服用している場合はバリフなどバルデナフィルを服用しないでください。

  • 胸痛や心臓病に硝酸薬を使用している場合
    ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、硝酸アミルなど
医師に確認が必要な薬
  • 抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシン)
  • 抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾール)
  • 高血圧や前立腺障害の治療薬(アルフゾシン、ドキサゾシン、プラゾシン、シロドシン、テラゾシン、タムスロシン)
  • 不整脈の治療薬(アミオダロン、ドロネダロン、プロカインアミド、キニジン、ソタロール)
  • HIV/AIDS治療薬(アタザナビル、インジナビル、リトナビル、サキナビルなど)

その他にも、バルデナフィルに影響を及ぼす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多く挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌

バルデナフィルに対してアレルギーがある場合やリオシグアト(アデムパス)など肺動脈性肺高血圧症(PAH)の治療薬を服用している場合はバリフを使用しないでください。

その他にも、過去に以下の疾病を患った経験がある場合は服用前に必ず医師に相談し安全性を確認してから服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 心臓病、不整脈
  • 心臓発作、脳卒中、うっ血性心不全
  • QT延長症候群(あなたや家族の中で)
  • 高血圧や低血圧
  • 発作
  • 肝疾患、腎疾患(または透析を受けている場合)
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 血友病などの出血性疾患
  • 胃潰瘍
  • 聴覚または視覚の問題、視力障害
  • 網膜色素変性症(目の遺伝性疾患)
  • 陰茎の物理的変形(ペイロニー病など)
  • その他、健康上の理由で性交をするべきではないと言われた場合

また、バルデナフィルは女性用の医薬品ではありません。妊娠中または授乳中の女性における影響も不明であるため使用しないでください。

18歳未満の男性も同様に使用しないでください。

よくある質問

Q.バリフを服用する前にどのくらいの量であれば食事を取っても問題ありませんか?
A.食事内容によるため一概には言えませんが、一般的には700kcal程度までであれば薬の効果に問題ないとされています。
Q.バリフはバイアグラのように半錠で飲むことは可能ですか?
A.はい、可能です。特に体の小さい日本人男性で初めて使う場合であれば10mg錠をピルカッターで割り半錠飲みから始めることをおすすめします。
Q.バリフはバイアグラに比べて即効性があるものですか?
A.はい、バリフの有効成分バルデナフィルの特徴としては薬の効果が出るまでの時間がバイアグラに比べて15分~1時間と短いこと、効果時間が長いことが挙げられます。