【禁煙】チャンピックスのジェネリックが通販で購入できるって本当?

チャンピックスのジェネリック薬

禁煙補助薬として重宝されていたチャンピックスの出荷停止から早くも1年半。
とにかく禁煙成功率が高い薬なので製造再開を待っている方も多いようですが、未だ製造再開のアナウンスはありませんね…。

しかし最近、待望のチャンピックスのジェネリックが入手可能になったことをご存じでしょうか。

今回は、通販で購入できるチャンピックスのジェネリック薬をご紹介します。

チャンピックスが出荷停止中の理由

チャンピックスは2021年6月から出荷停止、自主回収になっています。
その理由については、ファイザー社から発表されています。

2021年6月、チャンピックス錠(以下、本製品)で弊社社内基準値を超えるN-ニトロソバレニクリンが検出されたことを受け、2022年8月時点においても予防的措置として全世界で本製品全ての出荷停止を継続しております。

また、新たな基準値を設けたことで製造再開までに時間がかかっているようです。

この基準値を満たす本製品を出荷するためには製造方法の変更が必要となり、今後、承認内容を一部変更するための薬事申請手続き、及び当局からの承認等が必要となります。
そのため、今後の薬事手続き等に要する期間等を踏まえますと、本製品の本邦における安定供給再開には、当初想定していた出荷再開よりさらに時間を要すると判断いたしました。

2022年後半には製造再開されるのでは?と言われていましたが、2023年現在も製造はストップしています。

ニトロソバレニクリンの危険性は?

チャンピックスの自主回収の原因となったニトロソバレニクリンとは、長期的に摂取すると発がんリスクが高まるとされる化合物です。

しかし、ニトロソバレニクリンは水や肉、乳製品などの食品にも含まれるもので、日常的に摂取しているものでもあります。

また、今回の回収は「チャンピックスを24週間×5回服用」した場合のニトロソバレニクリン量が基準値を上回ったことによるものです。
日本国内での用量は12週間なので、この通り使用した場合のリスクはほとんどないと明言されています。

通販で購入できるチャンピックスのジェネリック

日本国内で用量通りに使用するのは問題ないとは言え、製造自体が止まってしまっては購入できません。

1年半も経つと在庫も無くなってきているようで、処方をストップしている禁煙外来もあるようです。

この状況の中、チャンピックスのジェネリック薬が登場し始めています。

現在通販サイトで購入できるのは2種類です。ただし、医薬品であるため楽天やAmazonなどの通販サイトでは販売されていませんのでご注意ください。

バレニスマート

バレニスマート0.5mg/1mg(Varenismart)

バレニスマート0.5mg/1mg(Varenismart)チャンピックスジェネリック

インドで急成長を遂げる製薬会社ヒーリングファーマ社によるジェネリック薬です。

先発薬チャンピックスと同様の有効成分を含有しています。

12週間服用を続けることで徐々に徐々に喫煙の回数を減らし、最終的に禁煙へと導きます。
無理なくタバコを止められる喫煙補助薬です。

格安価格

ヴァルニトリップ

ヴァルニトリップ0.5mg/1mg(varnitrip)

ヴァルニトリップ0.5mg/1mg(varnitrip)チャンピックスジェネリック

インドで250以上の医薬品の研究開発を行うトリパダヘルスケア社によるジェネリック薬です。

先発薬チャンピックスと同様の、ニコチンを含まない禁煙補助薬です。

世界で最も厳しいとされるWHOのcGMPに準拠し製造されているため品質はご安心ください。

お得なジェネリック薬

ただし…

チャンピックスは用量通り服用すれば問題はないとファイザー社からの公式見解も出ています。
ジェネリック薬に関しては、ヒーリングファーマ社とトリパダヘルスケア社が製造・販売する医薬品でありニトロソバレニクリンの検出は確認されていませんが、使用する際は自己責任でお願いしております。

なぜ飲むだけで禁煙できるのか

従来の治療法よりも禁煙成功率が高いと言われているチャンピックスですが、どのような効果によって禁煙へと導くかというと…

  • タバコの禁断症状を和らげる
  • タバコを吸った時の満足感を喪失させる

上記の2つの効果によって禁煙をサポートします。

喫煙の快感はニコチンによるドーパミンの放出が原因と考えられていますが、有効成分のバレニクリンが代わりにドーパミンを放出してくれることで禁断症状が抑えられます。
また、バレニクリンはニコチンの働きをブロックする作用があるため、徐々に「タバコが不味い」と感じるようになる仕組みです。

禁煙の成功率は65~80%

チャンピックスの効果

(『チャンピックス錠0.5mg/1mg添付文書』を元に作成)

ファイザー社が行った国内臨床試験では、12週間経過後の禁煙率は0.5㎎で55.5%1㎎で65.4%でした。
また、12週間の禁煙治療を5回すべて受けた人では、約80%が4週間以上の禁煙に成功しています。

ニコチンパッチやニコチンガムを用いた治療法の禁煙成功率は20~30%ほどなので、チャンピックスの禁煙成功率が非常に高いことが分かります。

ただし注意点も

チャンピックスの服用前後にアルコールを大量に飲むと副作用が増大するおそれがあるので、アルコール(飲酒)は極力控える必要があります。

『チャンピックスでの禁煙中に飲酒は可能?飲み合わせ可能なお酒や薬とは』

副作用が出る場合もある

原因は不明ですが、バレニクリンは脳に作用することから服用後の異常な行動やイライラ感が抑えられないなどの症状が起こる場合があります。

その他注意すべき副作用は以下の通りです。

  • 発作(けいれん)
  • 自殺・自傷について考えてしまう
  • 普段は見ない珍しい夢や異常な夢を見る、夢遊病、眠れない
  • 精神的な問題が起きる(気分や行動の変化、抑うつ、激越、焦燥感、敵対的・攻撃的になる)
  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、顎や肩に広がる胸痛、吐き気、発汗)
  • 脳卒中の症状(突然のしびれや筋力低下(特に体の片側で)、発話の鈍化、顔の片側の垂れ下がり、視覚やバランス感覚に問題が生じる)

このような症状が出た場合にはただちに薬の使用を中止して医師の治療を受けてください。

稀にある偽物には要注意

最近ではほとんどありませんが、偽物を販売する通販サイトが紛れている可能性もゼロではありません。

偽物の場合は正しい効果が得られないとともに、身体にどのような影響が及ぼされるか分かりません。

ラククルは100%正規品保証の個人輸入代行サイトです。定期的に抜き打ちの品質検査を行うなど厳しい基準で仕入れ先を選定していますのでご安心ください。

チャンピックスのジェネリックについてのまとめ

チャンピックス製造再開の見通しが経たないこともあり、ジェネリック薬に注文が集中し入手困難になる可能性もあります。

ラククルでは格安でチャンピックスのジェネリック薬を取り扱っておりますので、ぜひ購入可能なうちに試してみてください!

今すぐ購入する

あわせて読みたい