ニキビにカサつき…マスクの長時間着用による口周りの肌荒れ対策とは

ニキビにカサつき…マスクの長時間着用による口周りの肌荒れ対策とは

顔は体の中でも血流が多く、発熱もしやすい部位です。

実際「手が冷える」「足が冷える」と感じることはあっても「頭が冷たい…」なんて話は聞いたことないですよね。

だからこそマスクを長時間着用による熱もこもりやすく、湿疹やニキビなどの肌トラブルも起こりがちです。

時期柄、感染症防止のために「肌荒れが酷くてもマスクを外したくても外せない…」という方も多いと思うので、そんな方に向けてマスク荒れによる原因と対策を解説いたします。

肌荒れが起きる原因とは

マスクによって起きる肌荒れ、その原因はおおまかに大別すると2つになります。

  • マスクと肌が触れ合うことによって起こる摩擦
  • マスクによりマスク内の湿度が上がることによって起こる蒸れ

それでは、早速詳しく見ていきましょう。

摩擦による影響

マスクくらいの触っているか触っていないか、というだけでも単純に肌刺激になるのはもちろん、加わり続けることで角質が剥がれたり、皮脂が失われたりといったことにつながってきます。

そうなると肌のバリア機能も失われてしまいますので、

  • かぶれ
  • 湿疹
  • かゆみ

などの肌トラブルを引き起こすこととなります。

蒸れによる影響

蒸れて温度が上がると汗や皮脂などの分泌が増えたり、老廃物により皮脂腺が詰まりやすい状態となり吹き出物、ニキビが増加することとなります。

特にマスクの中で吐いた息がたまりやすいフェイスライン近辺はこの影響を受けやすいですね。

蒸れで乾燥が起きる?

また、意外かもしれませんがマスクで加湿されると肌の乾燥も引き起こしてしまいます。

蒸れると肌表面の角質がふやけますが、このときまさに肌はバリア機能が失われている(水分が内外に行ったり来たりしやすい)状態になっています。

マスクをつけているうちは良いですが、外して汗がひくとともに肌内部から水分をもろとも発散させてしまうために乾燥が起きるんですね。

これは入浴後の保湿リミットに近いかも知れません。

では、それぞれどんな対策が取りうるのか確認していきましょう。

摩擦・蒸れによる肌荒れ対策

肌刺激編

①不織布マスクをしない

基本的に不織布マスクは表面がザラザラしているので、手触りの良い布マスクなどに変えましょう

その上でマスクと肌の間にガーゼやコットンを挟むようにするとさらに効果大。もし不織布マスクしか用意できない方はこれはマストですね。
サイズは大きい方が調整しやすいのでオススメです。

②化粧をする

「マスクをするから化粧はしない」という女性も多いようですが、化粧はした方が刺激が抑えられます

肌とマスクとの間に下地やファンデなどで物理的にワンクッションかませてあげることで効果があるものですが、もし化粧自体が肌荒れの原因となりそうな場合は控えましょう。

③他の防護手段に変える

難しい場合が多いかとは思いますが、フェイスガードやフェイスシールドなどマスク以外の選択肢を取ることで刺激自体が加わらないようにすることもできます。

蒸れ編

蒸れを防ぐ通気性の良いマスクとして、こちらでも不織布より布タイプの方がオススメです。

また、マスク内の湿度が高いと蒸れてしまうので、汗などはコットンなどで刺激にならない程度にこまめに拭き取りした方が良いです。

後は乾燥を引き起こさないための日々のスキンケア(後述)も重要です。

女性の場合はスキンケア(保湿)した上から化粧下地やファンデーションを塗ってあげる通常の順番で問題ありません。

日々のスキンケア

しっかり洗顔してしっかり保湿してあげる、が基本になります。

モイスチャ(化粧水)とエモリエント(乳液)両方の観点からしっかり保湿してバリア機能を立て直してほしいですが例外もあります。

例えば荒れてる肌に化粧水やシートマスクなど水気のあるものを使うのはしみやすく逆効果なので、そういう時は乳液だけにとどめるなど刺激にならないようコンディションに併せた保湿が必要です。

究極の保湿・ヒルドイド

また、保湿について特にオススメなのはヒルドイドです。

近年は保険適応でこれを皮膚科でもらう人が増えてしまい社会問題になっていますが、それほどまでに効果が高い成分で保湿力は「3万円の高級美容液よりも効果がある」とさえ言われています。

社会問題になったので最近は処方も減っているようですが、通販では同じ成分でも通常通り入手可能なので高コスパで保湿することができます。

保湿以外にしみ、シワ、くすみなど加齢による肌トラブルにも効果があるので30代以上の方なら男性・女性問わず高い効果が期待できますよ。

ヒルドイドクリーム40g(hirudoid cream)

ヒルドイドクリーム40g(hirudoid cream)

ヒルドイドクリーム(hirudoid cream)は、オーリック社が製造・販売しているアンチエイジング・保湿クリームです。

美容皮膚科でも多く処方される薬ですが、医師による処方も不要のため安価で高い効果を発揮するコストパフォーマンスに優れた医薬品です。

その他の注意点

また、起こりがちな注意点としては以下の2つが挙げられます。

繰り返す使う場合

マスクやガーゼなどを繰り返して使う場合は肌荒れの原因となる雑菌が繁殖しないよう使用ごとの洗浄は欠かせません。

それはみなさんやっているかと思いますが、意外と盲点になっているのは洗浄成分の残留です。
洗浄成分が肌に触れる部分に残っているとそれ自体が肌トラブルの原因となってしまうため、繰り返し使用する場合は”すすぎ”をしっかり行うようにしましょう。

生活習慣の改善を

また、当たり前の話ですが生活習慣を整えてそもそも肌トラブルが起こりにくい肌にしておくというのは予防の観点からも有効です。

結局、肌の体力が弱ってしまっているから肌荒れが起こっている状態なのでベースを上げることは健康な肌に戻るためにも重要です。

肌は食べたもので作られているわけですから、特に食べ物については栄養を重視してみて欲しいですね。