ハルシオンにマイスリー、ルネスタも規制、通販で買える代わりの睡眠薬ってあるの?

ハルシオンにマイスリー、ルネスタも規制、通販で買える代わりの睡眠薬ってあるの?

2016年にデパスとアモバンが同時に向精神薬に指定されるなど、年々と規制が厳しくなっていき睡眠薬は個人輸入でも購入が難しくなってきていますね。

特に便利な短時間型はなかなか壊滅的でハルシオンにマイスリー、アモバンとほぼほぼ全ての医薬品が規制される状態となっています。

そんな現状ですが、果たして今でもネット通販(個人輸入)で購入できる睡眠薬はあるのでしょうか?

実は今でも入手可能な睡眠薬がある

結論から言うと、実はハルシオン、マイスリー、アモバンと類似のルネスタ(エスゾピクロン)という薬が今でも通販(個人輸入)で購入可能です。

具体的に通販の医薬品名で言うとルネスタに加え、そのジェネリックにあたるハイプナイト、エスゾピック、フルナイトなどですね。

実は当初、ルネスタもデパスやアモバンとともに規制されるものと考えられていましたが、なぜかルネスタだけは規制の難を逃れ現在へと至っています。

そのため、ルネスタを製造・販売しているエーザイの忖度があったのでは…なんて良からぬ噂が流れることにも。

噂の真偽はさておき、ハルシオンやマイスリー、アモバン、デパスといった薬を睡眠薬として使っていた方の”代わり”の第一候補はルネスタと言って良いでしょう。

規制の流れは着実に…

しかし、睡眠薬の一覧を見てみるとルネスタとリスミー以外は軒並み向精神薬指定を受ける状態となり、規制の流れは着実に進んでいるのがよくわかります。

区分 医薬品名
超短時間型 ハルシオンマイスリーアモバン、ルネスタ
短時間型 デパスレンドルミンエバミールロラメット、リスミー
中時間型 ロヒプノールサイレースベンザリンネルボンユーロジン
長時間型 ドラールベノジールダルメートソメリン

※太字が規制済みの医薬品

そのため、残念ながら残っているルネスタとリスミーもいつ規制されてもおかしくない…というのが現在の状況です。

では、ルネスタの代わりは…?

では、もしルネスタが規制されてしまったときに通販(個人輸入)で購入できる睡眠薬はあるのでしょうか?

実は、その他にも知られざる超短時間型の睡眠薬としてソナタ(ザレプロン)という薬があります。

聞いたことない人がほとんどかと思いますが、それもそのはず。
この薬は日本では未承認のため処方されていないためです。逆に言えば通販でしか買えない薬とも言えますね。

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロン(hyplon)は、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している短期型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ソナタと同じ有効成分・ザレプロンが同量含まれているため、安価ながらも高い効果が期待できます。

ソナタ(ザレプロン)の特徴

ソナタ(ザレプロン)は、マイスリーやアモバン、ルネスタと同じ非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるタイプの薬です。

区分 医薬品名
ベンゾジアゼピン系 ハルシオン
非ベンゾジアゼピン系 アモバン、ルネスタ、マイスリー、ソナタ

※短時間型~長時間型は省略

そのため、特徴として抗不安作用や筋弛緩作用が弱く催眠作用のみに特化した薬となっています。
その他にもベンゾジアゼピン系と比べて

  • 依存性や副作用が少ない
  • 効果が現れるまでが速い
  • 効果が穏やかで効果時間も短い

といった特徴をもつので、睡眠障害の中でも特に入眠障害に対して有効な薬と言えますね。

どうしても規制された睡眠薬が必要な場合

それでも、中にはデパスやマイスリーなど向精神薬指定を受けた睡眠薬がどうしても必要…という方もいるでしょう。

やはりそのようなケースでは素直に医師に相談してみるのが一番安全で安心です。

中にはメルカリやツイッターで睡眠薬や抗不安薬、抗うつ薬などを闇取引している方も多く見受けられますが、逮捕されるかも知れないリスクを考えるとオススメとは言い難いですね。

ただし、向精神薬指定を受けて規制されているということは依存性や離脱症状がそれなりに強いということは忘れてはいけません。

本当にその薬しか選択肢がないのか、医師に相談した上でどの薬を飲むべきなのかしっかり熟考した上で選びたいですね。