ザレプロン(ソナタ)の睡眠薬・抗不安薬としての効果と副作用

ザレプロン(ソナタ)の睡眠薬・抗不安薬としての効果と副作用

ザレプロンの効果

ハイプロン(ソナタジェネリック)

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロン(hyplon)は、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短期型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

当サイトでは100錠3,280円~と格安価格にてご用意しております。

ザレプロン(ソナタ)は従来のベンゾジアゼピン系の睡眠薬より副作用が低減された便利な薬で、翌日の鎮静や依存・離脱などの症状が改善されている特徴があります。

マイスリーやアモバン、ルネスタなどおなじみの睡眠薬も同じ非ベンゾジアゼピン系(Z薬)の薬で、他にも以下の薬が挙げられます。

非ベンゾジアゼピン系(Z薬)
  • ソナタ(ザレプロン)
  • マイスリー(ゾルピデム)
  • アモバン(ゾピクロン)
  • ルネスタ(ゾピクロン)

ベンゾジアゼピン系
  • ハルシオン(トリアゾラム)

ただし、その一方でデメリットもあって

  • 効果がマイルドなので軽度の不眠症の治療にのみ使われる
  • 薬の種類が4種類だけと少なく超短時間型の薬しかない

といった不便さもあります。

不眠症に対しての効果

ザレプロン(ソナタ)は鎮静・催眠効果をもたらす睡眠薬で、半減期が1時間と非ベンゾ系睡眠薬の中でも非常に短いのが良くも悪くも大きな特徴です。

効果が出るのも体から抜けるのも非常に早いので、不眠症の症状の中でも

  1. 寝付きが悪い
  2. 夜間に目が覚めて二度寝できない
  3. 早朝に目が覚めてしまう
  4. 日中に強い眠気や疲労感、イライラ感
  5. 集中力が散漫する

特に①の寝付きが悪い(入眠障害)や初期の不眠症に対して効果的な薬になります。

薬が早く切れるので②夜間に目が覚めるには向きませんが、逆に言えば眠気やふらつきなど効果や副作用の影響が翌日に持ち越さないというメリットもあります。

これは良くも悪くも…ということですね。

その他の効果

ザレプロンは鎮静・催眠効果の他に、筋弛緩作用や抗不安作用、抗痙攣作用といった効果ももたらします。

ただし、ザレプロンに限らず非ベンゾジアゼピン系はそもそも筋弛緩作用や抗不安作用が弱めで抗けいれん作用に至っては無視できる程度。

そのため、抗不安、筋弛緩、抗けいれんといった効果を求める方は別の薬を検討した方が良いでしょう。

ザレプロンの副作用

副作用の少ない非ベンゾ系(Z薬)ですが、それでもデメリットがまったくないわけではありません。

依存も離脱が少ないとはいえ、長期使用になるとリスクが増すので連続服用は7~10日程度に留めた方が良いでしょう。

特に注意すべき点は以下のとおりです。

  1. 体のバランスが不安定になり揺れや転倒を引き起こす
  2. 睡眠運転や夢遊病などの複雑な睡眠行動が発生する
  3. うつ病を発症するリスクが2倍以上に
  4. 長期使用者は自殺リスク・死亡リスクともにかなり増加する

特に高齢者の場合は気をつけていただきたいですが、そうでなくても機械の操作や運転は服用後しっかり7~8時間の睡眠を取るまで厳禁です。

また、特にアルコールと併用すると睡眠運転や夢遊病などの症状が起こりやすくなりますので、こちらも同様に注意ですね。

目安としては健忘などが一度でも出るようであれば服薬を中止し幻覚・錯乱が起きる場合はただちに医師の治療を受けてください。

その他にも注意点は色々あるので、詳細が気になる方はこちらのページよりご覧ください。

他の睡眠薬との違い・比較

ソナタとマイスリー、アモバン、ルネスタの非ベンゾ系それぞれのメリット・デメリットは以下のとおりです。

マイスリールネスタソナタ
効果入眠と中途覚醒に効果あり。習慣性があり他の睡眠薬よりも副作用を引き起こす可能性がある。入眠と中途覚醒に効果あり。一部の睡眠薬ほど習慣性はないが急に中止すると離脱症状を起こしやすくなる。入眠に効果あり。寝付きを良くしますが、中途覚醒にはあまり効果がありません。
メリット・眠りを早く、長くする効果がある。
・徐放タイプは特に眠り続けるのに適している。
・眠りを早く、長くする効果がある。
・習慣性がないので他の睡眠薬よりも長期間使用できる。
・眠りを早める効果がある。
・持続時間が短いので翌朝に副作用を持ち越さない。
デメリット・習慣性があり長期治療には使用できない。
・時間の経過とともに効果が低下する場合がある。
・睡眠時遊行症、睡眠時運転、睡眠時摂食といった副作用を引き起こす可能性が高い。
・急に中止すると離脱症状を起こしやすい。
・頼りやすくなるので、長期的には自然に眠れるような睡眠習慣や行動を身につけた方が良い。
・習慣性があり長期治療には使用できない。
・他の睡眠薬と比べて持続時間が短く、中途覚醒には効果が薄い。
・一晩に7~8時間眠ることができない場合は推奨されない。

ザレプロンの用法・用量

飲み方は就寝前にザレプロン(ソナタ)5~20mg(老人や弱っている場合は5~10mg)を服用します。最初は10mgから始めて調整していくのが良いでしょう。

アルコールとの相互作用があるので、服用中は飲酒・他の鎮静剤を避けてください。

致死量について

確認されている限り最小では90mgの過剰摂取による死亡例が報告されていますが、一方で200mg以上服用したケースで回復したケースもあります。

ソナタは他の非ベンゾ系(Z薬)ほど強力ではないですが、それでも乱用の危険性は残っているので用法・用量はしっかり守るようにしましょう。

特に単独での過剰摂取よりアルコールや他の薬(中枢神経抑制薬)との併用で呼吸機能不全に陥ったり死亡したりと致命的な症状を引き起こす可能性があるため十分にご注意ください。

ザレプロンの購入について

ザレプロンは日本での取り扱いがないので、購入は医薬品専門のネット通販(個人輸入)サイトに限られます。

ザレプロンは当サイト・ラククルでも取り扱いがあり、100錠3,280円~と大手に負けない格安価格で品質の高い医薬品を提供しております。ぜひ一度ご覧ください。

ハイプロン(ソナタジェネリック)

ハイプロン10mg(hyplon)ソナタジェネリック

ハイプロン(hyplon)は、コンサーン・ファーマ社が製造・販売している超短期型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ソナタと同じ有効成分ザレプロンを同量含むため、安価ながらも高い効果が期待できます。

当サイトでは100錠3,280円~と格安価格にてご用意しております。