リソディム15mg(Resodim)サムスカジェネリック

resodim

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:resodim
リソディム15mg(Resodim)サムスカジェネリック
リソディム15mg(Resodim) 4錠
在庫状態 : 在庫あり
9%OFF ¥5,800 ¥5,280
数量4錠
リソディム15mg(Resodim) 12錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
19%OFF ¥17,200 ¥13,980
数量12錠
リソディム15mg(Resodim) 20錠【送料無料】
在庫状態 : 在庫あり
25%OFF ¥28,000 ¥20,980
数量20錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

リソディム(Resodim)の商品詳細

リソディムとは

医薬品名
リソディム(Resodim)
メーカー
ルピン(Lupin Limited)
有効成分
トルバプタン(Tolvaptan)
効果・効能
むくみの改善
剤形
錠剤(Tablet)
  1. 不要な水分のみを排出 有効成分のトルバプタンは体内の水分を排出し浮腫みを改善する医薬品で、体に必要な塩分などは残しながら余分な水分を尿として排出する効果が期待できます。
  2. 副作用リスクが少ない そのため、利尿剤ラシックスなどで起こりやすい低カリウム血症といった副作用が起こりにくくなっています。
  3. 高品質なジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品では世界的大手のインドのルピン社が製造するサムスカのジェネリック医薬品で、高品質でありながら低価格なのが特徴です。

リソディムは心不全や肝硬変、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、常染色体優性多発性のう胞腎によって溜まった水分を尿として排出することで浮腫みを改善する効果が期待できます。

有効成分のトルバプタンは電解質排泄にかかわらないで水分だけを排出する水利尿薬であり、低カリウム血症などの副作用が少なくなっています。

製造元のルピンはインドのムンバイに本拠地を置く製薬会社で、ジェネリック薬の製造・販売では世界最大手とも言われる大手メーカーです。 同社のジェネリック医薬品は適正製造基準(cGMP)を満たすなど品質も高く米国、ヨーロッパ、日本、オーストラリアなどの先進市場でも広く使われています。

効果・効能

リソディムの有効成分トルバプタンはV2受容体拮抗薬に分類され、抗利尿ホルモンであるバソプレシンによる水再吸収を阻害することで体内に過剰に溜まっている水分を尿として排出する作用があります。

トルバプタンは選択的に水を排泄するため、必要な塩分などは体内に残すことが可能になっています。

また、多発性のう胞腎においてはバソプレシンによる細胞内cAMPの上昇を抑制することにより、腎容積及び腎のう胞の増大を抑制する作用があります。

飲み方・使い方

リソディムは症状に合わせた用量を水かぬるま湯で服用してください。

  • 心不全における体液貯留
    15mgを1日1回服用する。
  • SIADHにおける低ナトリウム血症
    7.5mgを1日1回服用する。
    必要に応じて、望ましい血清ナトリウム濃度に達するまで段階的に増量できる。適宜増減できるが、最高用量は1日60mgまでとする。
  • 常染色体優性多発性のう胞腎
    1日60mgを2回(朝45mg、夕方15mg)に分けて服用する。
    1日60mgの用量で1週間以上投与し、忍容性がある場合には、1日90mg(朝60mg、夕方30mg)、1日120mg(朝90mg、夕方30mg)と1週間以上の間隔を空けて段階的に増量する。
    なお、忍容性に応じて適宜増減するが、最高用量は1日120mgまでとする。

心不全における体液貯留とSIADHにおける低ナトリウム血症に対し使用する場合は、夜間の排尿を避けるため、午前中に投与することが望ましいとされています。

また、常染色体優性多発性のう胞腎に対し使用する場合は、夜間頻尿を避けるため、夕方の投与は就寝前4時間以上空けることが望ましいとされています。

保管はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

リソディムは使用により副作用が発生する可能性があります。
以下の副作用は一般的な症状ですが、もし程度が気になるようでしたら医師にご相談ください。

一般的な副作用

  • 頭痛
  • めまい
  • 口渇
  • 便秘
  • 血中尿酸上昇
  • 頻尿
  • 多尿
  • 血中クレアチニン上昇
  • 疲労
  • 多飲症

しかし、以下の症状が現れる場合はただちに薬の使用を中止し医師の治療を受けてください。

アレルギー反応

  • 発疹
  • そう痒
  • 蕁麻疹

重大な副作用

  • 腎不全
  • 血栓塞栓症
  • 高ナトリウム血症
  • 急激な血清ナトリウム濃度上昇
  • 急性肝不全
  • 肝機能障害
  • ショック
  • アナフィラキシー
  • 過度の血圧低下
  • 心室細動
  • 心室頻拍
  • 肝性脳症
  • 汎血球減少
  • 血小板減少

リソディムはは服用によりいくつかの副作用が発生する可能性があります。
次の副作用のいずれかが続くか、厄介な場合には医師に相談してください。

あまり一般的ではない副作用

  • 不眠症
  • 食欲不振
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 味覚異常
  • 消化不良
  • 腹痛
  • 腹部膨満
  • 血圧上昇
  • 血圧低下
  • 動悸
  • 脱水
  • 高カリウム血症
  • 糖尿病
  • 高血糖
  • 脂質異常症
  • 痛風
  • 腎臓痛
  • BUN上昇
  • 腎機能障害
  • 血尿
  • 皮膚乾燥
  • 咳嗽
  • 呼吸困難
  • 体重変動(増加、減少)
  • 無力症
  • 倦怠感
  • 浮腫
  • 筋骨格痛
  • 筋痙縮
  • 胸痛

まれな副作用

  • 失神
  • 意識消失
  • 睡眠障害
  • 嗜眠
  • 傾眠
  • ナルコレプシー
  • 注意力障害
  • 感覚鈍麻
  • 不随意性筋収縮
  • 錯感覚
  • 不安
  • うつ病
  • リビドー減退
  • 神経過敏
  • パニック発作
  • 胃食道逆流性疾患
  • 食道炎
  • 裂孔ヘルニア
  • 腹部不快感
  • 心窩部不快感
  • 口唇乾燥
  • 鼓腸
  • 胃腸炎
  • 胃炎
  • 胃腸障害
  • 憩室炎
  • 結腸ポリープ
  • 嚥下障害
  • 消化管運動障害
  • 舌痛
  • 舌苔
  • 舌変色
  • 口唇炎
  • 口内炎
  • 口の感覚鈍麻
  • 臍ヘルニア
  • 食欲亢進
  • 呼気臭
  • 痔核
  • 頻脈
  • 期外収縮
  • 不整脈
  • 起立性低血圧
  • 不安定血圧
  • 貧血
  • ヘモグロビン低下
  • 平均赤血球容積増加
  • 血小板減少
  • 白血球増多
  • 好酸球増多
  • 血液浸透圧上昇
  • 血液量減少症
  • 低カリウム血症
  • 高カルシウム血症
  • 低ナトリウム血症
  • 低血糖
  • 低リン酸血症
  • CK上昇
  • 尿浸透圧低下
  • 尿失禁
  • 尿意切迫
  • 排尿困難
  • 尿閉
  • 乏尿
  • 尿路感染
  • 膀胱痛
  • 腎結石
  • シスタチンC上昇
  • 脱毛
  • ざ瘡
  • 皮膚炎
  • 色素沈着障害
  • 爪の障害
  • 多汗
  • 乏汗
  • 寝汗
  • 鼻咽頭炎
  • 上気道感染
  • 扁桃炎
  • 副鼻腔炎
  • 喘息
  • 気管支炎
  • 口腔咽頭痛
  • 咽喉乾燥
  • 鼻乾燥
  • 鼻出血
  • 発声障害
  • 眼乾燥
  • 緑内障
  • 霧視
  • 結膜出血
  • 背部痛
  • 関節痛
  • 四肢痛
  • 疼痛
  • 側腹部痛
  • 冷感
  • 発熱
  • ほてり
  • 熱感
  • 粘膜乾燥
  • ウイルス感染
  • カンジダ症
  • 真菌感染
  • 筋硬直
  • 関節腫脹
  • 勃起不全
  • 月経過多
  • 不規則月経
  • 乳房嚢胞
  • 易刺激性
  • LDH上昇
  • 耳鳴

発生頻度不明の副作用

  • 過敏性腸症候群
  • 血中抗利尿ホルモン増加
  • 不正子宮出血

相互作用

リソディムの有効成分トルバプタンは一部の薬剤と相互作用を引き起こし作用を増強したり減弱する恐れがあります

また、グレープフルーツジュースは代謝酵素の阻害によりリソディムの作用を増強する可能性があるため併用しないでください。

以下の薬剤を使用する場合は必ず医師に安全性をご確認の上使用してください。

医師に確認が必要な薬

  • CYP3A4阻害薬
    ケトコナゾール、イトラコナゾール、フルコナゾール、クラリスロマイシンなど
  • CYP3A4誘導作用を有する薬剤
    リファンピシンなど、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)含有食品
  • ジゴキシン
  • P糖蛋白阻害作用を有する薬剤
    シクロスポリンなど
  • カリウム製剤
  • カリウム保持性利尿剤
    スピロノラクトン、トリアムテレンなど
  • 抗アルドステロン薬
    エプレレノンなど
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬
    エナラプリルマレイン酸塩など
  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬
    ロサンタンカリウムなど
  • レニン阻害薬
    アリスキレンフマル酸塩など
  • バソプレシン誘導体
    デスモプレシン酢酸塩水和物など

その他にも、トルバプタンとの相互作用を引き起こす可能性は、処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

有効成分のトルバプタンに対してアレルギーがある場合はリソディムを使用できません。

また、以下に該当する場合も同様です。

薬を使用できないケース

  • リソディムの成分または類似化合物(トルバプタンリン酸エステルナトリウムなど)に対しアレルギーがある
  • 口渇を感じないまたは水分摂取が困難
  • 妊娠または妊娠の可能性がある

心不全及び肝硬変における体液貯留、SIADHにおける低ナトリウム血症

  • 無尿
  • 適切な水分補給が困難な肝性脳症

心不全及び肝硬変における体液貯留、常染色体優性多発性のう胞腎

  • 高ナトリウム血症

常染色体優性多発性のう胞腎

  • 重篤な腎機能障害
  • 慢性肝炎
  • 薬剤性肝機能障害などの肝機能障害(常染色体優性多発性のう胞腎に合併する肝のう胞を除く)またはその既往歴

また、以下に該当する場合は必ず医師に相談し安全性を確認した上で服用してください。

医師に確認が必要なケース

  • 重篤な冠動脈疾患または脳血管疾患
  • 高カリウム血症
  • 妊娠中・授乳中
  • 妊娠の可能性がある女性
  • 小児
  • 高齢者

心不全及び肝硬変における体液貯留、SIADHにおける低ナトリウム血症

  • 血清ナトリウム濃度125mEq/L未満
  • 重篤な腎障害

常染色体優性多発性のう胞腎

  • 重度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス30mL/min未満)
  • 腎機能が低下している

心不全及び肝硬変における体液貯留、SIADHにおける低ナトリウム血症

  • 肝性脳症を現有するかその既往

リソディムの水利尿作用により循環血漿量の減少を来し、血清カリウム濃度を上昇させ、心室細動、心室頻拍を誘発するおそれがあるため、服用中は血清カリウム濃度を測定するようにしてください。

また、口渇感が持続する場合には減量を考慮してください。

その他にも、以下にご注意ください。

心不全における体液貯留、SIADHにおける低ナトリウム血症

  • 服用初期は過剰な利尿に伴う脱水、高ナトリウム血症などの副作用があらわれるおそれがあるので、口渇感などがないか観察し、適切な水分補給を行い、体重、血圧、脈拍数、尿量などを頻回に測定してください。
  • 利尿作用に伴い、口渇、脱水などの症状があらわれた場合には、水分補給を行うようにしてください。
  • 服用初期から重篤な肝機能障害があらわれることがあるため、服用開始前に肝機能検査を実施し、少なくとも投与開始2週間は頻回に肝機能検査を行うようにしてください。やむを得ず、その後も服用を継続する場合には、適宜検査を行うようにしてください。
  • めまいなどがあらわれることがあるため、転倒にご注意ください。また、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には十分注意してください。

心不全における体液貯留

  • 服用開始後24時間以内に水利尿効果が強く発現するため、少なくとも投与開始4〜6時間後並びに8〜12時間後に血清ナトリウム濃度を測定してください。開始翌日から1週間程度は毎日測定し、その後も服用を継続する場合には、適宜測定するようにしてください。
  • リソディムは水排泄を増加させますが、ナトリウム排泄を増加させないことから、他の利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬、抗アルドステロン薬など)と併用して使用すること。
  • 体液貯留所見が消失した際には服用を中止してください。症状消失後の維持に関する有効性は確認されていません。
  • 血清ナトリウム濃度が125mEq/L未満の方、急激な循環血漿量の減少が好ましくないと判断される方、高齢者、血清ナトリウム濃度が正常域内で高値の方が使用する場合は、半量(7.5mg)から開始することが望ましいとされています。
  • 目標体重(体液貯留状態が良好にコントロールされているときの体重)に戻った場合は、漫然と服用を継続しないでください。国内臨床試験において2週間を超える使用経験はありません。

SIADHにおける低ナトリウム血症

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone:SIADH)について十分な知識をもつ医師のもとで、SIADHと診断された方が使用してください。
  • 水分制限を実施しても低ナトリウム血症が改善していない場合にのみ使用してください。
  • 急激な血清ナトリウム濃度の上昇により、浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがあるので、以下の点に注意してください。
    ①服用開始または増量後24時間以内に水利尿効果が強く発現するため、少なくとも服用開始または増量4〜6時間後並びに8〜12時間後に血清ナトリウム濃度を測定してください。服用開始または増量翌日から血清ナトリウム濃度が安定するまでの1週間程度は毎日測定し、その後も服用を継続する場合には、適宜測定してください。
    ②服用開始にあたり、急激に血清ナトリウム濃度を上昇させる可能性のある治療(高張食塩水など)がなされている場合は、その治療を中止することが望ましいとされています。
    ③必要に応じ、飲水量の増量あるいは輸液(5%ブドウ糖液)により、血清ナトリウム濃度の上昇が24時間以内に10mEq/Lを超えないようにしてください。
  • リソディムの服用によって重篤な肝機能障害があらわれることがあり、また、低ナトリウム血症の程度は原疾患の進行や治癒の状況により変化することから、定期的に服用継続の要否について医師と検討し、漫然と使用しないようにしてください。
  • 服用中止後、急激に血清ナトリウム濃度が低下するおそれがあるため、適切な水分制限の実施を考慮してください。
  • 血清ナトリウム濃度が125mEq/L未満の方、より緩やかに血清ナトリウム濃度を補正する必要のある方(低カリウム血症、低栄養、アルコール中毒、肝障害など)、急激な循環血漿量の減少が好ましくないと判断される方には半量(3.75mg)から服用することが望ましいとされています。
  • 前日の服用前から当日の服用前までに血清ナトリウム濃度が5mEq/L以上上昇した場合、当日は増量しないことが望ましいとされています。

常染色体優性多発性のう胞腎

  • 飲水能力の低下や飲水機会の制限により、十分に水分補給ができない場合は、リソディムを減量あるいは休薬するようにしてください。
  • 用量を増量または減量する時は急激な体重変化に注意してください。
  • 増量直後には特に口渇、脱水などの症状に注意してください。
  • 増量により副作用の発現頻度が高くなる傾向が認められていること、1日120mg投与時に重篤な肝機能障害の発現が認められていることから、高用量服用時には、特に肝機能障害をはじめとする副作用の発現に十分注意してください。
  • 服用開始前に脱水症状が認められた場合は脱水症状が増悪するおそれがあるので、症状が改善してから服用を開始してください。
  • 高ナトリウム血症があらわれることがあるので、服用開始後の用量漸増期においては通院毎に血清ナトリウム濃度を測定し、その後も服用中は少なくとも月1回は測定してください。
  • 服用開始前に血清ナトリウム濃度を測定し低ナトリウム血症が認められた場合は、急激な血清ナトリウム濃度の上昇により浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがあるため、低ナトリウム血症の原因を明らかにするとともに血清ナトリウム濃度を補正し、医師と慎重に服用の適否を判断した上で、適切と判断された場合に限り服用を開始してください。
  • 腎臓における尿酸クリアランスが減少するため、血中尿酸が上昇することがあるので服用中は血中尿酸値に注意してください。
  • 失神、意識消失、めまい等があらわれることがあるので、転倒にご注意ください。また、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないでください。
  • 服用により緑内障があらわれることがあるので、定期的に検査を行うことが望ましいとされています。
  • 両側総腎容積が750mL以上であることと、腎容積増大速度が概ね5%/年以上であることに該当する場合に使用してください。
  • 服用開始時のクレアチニンクリアランスが60mL/min未満の患者における有効性及び安全性は確立していません。

よくある質問

Q.飲み忘れた場合はどうしたらいいですか?
A.飲み忘れた場合は、気がついた時点で1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は忘れた分を飲まず、次の飲む時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲まないでください。
Q.グレープフルーツジュースと一緒に飲んでもいいですか?
A.いいえ。薬の作用を増強する可能性があるためグレープフルーツジュースとの併用はしないでください。
Q.薬は本物ですか?
A.はい。ラククルは100%正規品保証の個人輸入通販サイトです。偽物や粗悪品が届くことはありませんのでご安心ください。

通販で購入前に必ずお読みください

商品説明について

チェック

商品説明・概要・成分・服用方法・禁忌・注意点・副作用などは説明書を 和訳したり一般的な情報をまとめています。 使用方法が不明な方、併用禁忌薬がわからない方は専門の医師やかかりつけの医師に相談してから購入・服用して下さい。

メール指定受信設定

メール受信設定

ラククルから大切なお知らせ(注文情報・お問い合わせの返信など)が届きません。
まずは指定受信設定を必ず行ってください。

メール指定受信設定

ラククル公式LINE

LINE割引キャンペーン

ラククル公式LINEでは、LINE限定のお得なキャンペーンや入荷情報などお得な情報をお届けいたします。 その他、お問い合わせもできますのでぜひご登録お願いいたします。

ラククル公式LINE

送料無料

送料無料

\10,000円以上購入で送料無料!!/

一回の注文額が1万円以上で送料が無料になりますぜひご利用ください。

処方箋不要・正規品保証

処方箋不要

処方箋や診断書なしでも注文可能です。
ラククルで取り扱いの商品は厳正なチェックを行って販売しております。安心してお求めください。

梱包・外箱

梱包・外箱

プライバシーも安心の『段ボールに商品名記載なし』で配送させていただきます。『局留め』の配送も可能です。

リソディム15mg(Resodim)サムスカジェネリックのレビュー(口コミ・評価)を投稿する

※いたずら防止の為、レビューは承認制を取らせて頂いておりますのでサイトに反映されるまでお時間がかかる場合がございます。

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

リソディム15mg(Resodim)サムスカジェネリック についてのレビュー(1件)
口コミ評価
4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

口コミや体験談・レビューは使用者の私見になりますので必ず専門機関で相談してください。

  1. シーシー より:
    4

    利尿作用がかなり強めなので、トイレが近くなりますが、むくみ解消には効果アリです。