エゼンチア10mg(Ezentia) ゼチーアジェネリック

ezentia

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:ezentia
エゼンチア10mg(Ezentia) ゼチーアジェネリック
エゼンチア10mg(Ezentia) 30錠
在庫あり
12%OFF ¥4,500 ¥3,980
数量30錠
エゼンチア10mg(Ezentia) 90錠
在庫あり
33%OFF ¥13,500 ¥8,980
数量90錠
エゼンチア10mg(Ezentia) 150錠【送料無料】
在庫あり
30%OFF ¥22,500 ¥15,680
数量150錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

エゼンチアの詳細

エゼンチアとは

医薬品名
エゼンチア(Ezentia)
メーカー
サンファーマ(Sun Pharma)
有効成分
エゼチミブ(Ezetimibe)
効果・効能
高コレステロール血症(脂質異常症)
剤形
錠剤(Tablet)
  1. 優れたコレステロール低下作用 有効成分のエゼチミブは小腸におけるコレステロールの吸収をおさえる作用があり、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症のコレステロール値低下に優れた効果を発揮します。
  2. 脂肪の吸収を約54%阻害 食事に含まれる脂肪の約54%をカットする働きが確認されており、脂っこい食事が多めの方のダイエットにも役立ちます。
  3. 高品質なジェネリック医薬品 1錠あたり100円台~の低価格ながら、高い製薬技術を有し国際基準をクリアした製薬会社が製造・販売を手掛けるため安心の品質です。

エゼンチアは食事由来のコレステロールを低下させることで高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症、シトステロール血症の方のコレステロール値を改善する医薬品です。

有効成分のエゼチミブは小腸におけるコレステロールの吸収をおさえる作用があり、これによって血液中のコレステロールを低下させる効果が期待できます。

また、エゼチミブによって脂肪の吸収が約54%阻害されるため、ダイエットにも役立ちます。

製造元の製造元のサンファーマ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、アメリカをはじめカナダ、ヨーロッパといった各先進国で医薬品を製造・販売しています。 日本ではあまり名前が知られていませんが、日本法人をもち日本の厚生労働省にも医薬品承認を受けるなど高い製薬技術を有するため同社の製品は安心して使用することができます。


高コレステロール血症(脂質異常症)は悪玉コレステロール(LDL)や血液中の中性脂肪(トリグリセライド)が過剰な場合または、善玉コレステロール(HDL)が減少している状態です。

原因としては遺伝や体質(家族性高コレステロール血症)の他にも、高脂肪の食生活や運動不足、肥満などが関係しているとされています。
また、喫煙はHDLコレステロールを減少させる要因でもあります。

脂質異常症を放置すると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞に繋がってしまいます。

エゼンチアの有効成分エゼチミブはコレステロール吸収を担う小腸コレステロールトランスポーターに結合することで食事に含まれるコレステロールの吸収を阻害する働きがあります。
これによって、肝臓のコレステロール含量が低下するため、血中のコレステロールも低下します。

また、服用によってLDLコレステロールは低下し、HDLコレステロールは増加するため脂質異常症の改善に効果が期待できる仕組みです。

効果・効能

エゼンチアの有効成分のエゼチミブは小腸コレステロールトランスポーター阻害薬とも呼ばれる新しいタイプのコレステロール低下薬です。

コレステロール吸収を担う小腸コレステロールトランスポーター(NPC1L1)の働きを阻害することで、コレステロールの吸収を抑える作用があります。

これによって、悪玉コレステロール(LDL)は減少し善玉コレステロール(HDL)は増加するため高コレステロール血症(脂質異常症)の改善に効果が期待できます。

コレステロール値低下に加え、中性脂肪を低下させる作用も確認されています。


エゼチミブは食事性および胆汁性コレステロールの吸収を阻害します。

小腸でのコレステロールの吸収を選択的に阻害し、その結果、肝臓のコレステロール含量を低下させ血中コレステロールを低下させる作用があります。

エゼチミブは小腸壁細胞に存在する蛋白質(Niemann-Pick C1 Like 1)を介してコレステロール及び植物ステロールの吸収を阻害します。

高コレステロール血症患者を対象とした海外の臨床薬理試験においては、エゼチミブを2週間服用することで小腸でのコレステロール吸収がプラセボ群と比較して54%阻害したことが確認されています。

飲み方・使い方

エゼンチアは、1回10mgを1日1回食後に水またはぬるま湯で服用してください。
年齢や症状に合わせて適宜増減してください。

薬を保管する際には、湿気や高温を避けて室温で保管してください。

副作用

エゼンチアは一般的に以下の副作用が起こる場合があります。通常は医師の診察も必要としませんが、程度が気になるようであれば医療機関を受診してください。

主な副作用
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛
  • 腹部膨満
  • 悪心・嘔吐
  • ALT上昇
  • γ-GTP上昇
  • 尿たんぱく
  • CK上昇
  • コルチゾール上昇

ただし、以下の症状がある場合はシルデナフィルの服用を中止し緊急の治療を受けてください。

主なアレルギー反応
  • 発疹
  • そう痒
  • じん麻疹
  • 多形紅斑

有効成分のエゼチミブよって、いくつかの副作用が発生することがあります。
以下に挙げる副作用は体が薬に順応するものでもあり通常は医師の診察を必要としません。

ただし、副作用が継続するか程度が重い場合は医師に相談してもよいでしょう。

あまり一般的ではない副作用
  • 頭痛
  • しびれ
  • めまい
  • 坐骨神経痛
  • アミラーゼ上昇
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 逆流性食道炎
  • 鼓腸放屁
  • 口内炎
  • 胃炎
  • AST上昇
  • ビリルビン上昇
  • BUN上昇
  • 期外収縮
  • 動悸
  • 血圧上昇
  • 胸痛
  • 関節痛
  • 背部痛
  • 四肢痛
  • 白血球減少
  • テストステロン低下
  • TSH上昇
  • 尿酸上昇
  • リン値上昇
  • 疲労
  • 浮腫(顔面・四肢)
  • 帯状疱疹
  • 単純疱疹
  • 結膜炎
  • 咳嗽
発生率は不明
  • 抑うつ
  • 錯感覚
  • 膵炎
  • 胆石症
  • 胆のう炎
  • 口内乾燥
  • 肝炎
  • ほてり
  • 筋肉痛
  • 筋力低下
  • 筋痙縮
  • 血小板減少
  • 無力症
  • 疼痛

相互作用

エゼンチアは一部の薬剤と相互作用を引き起こす可能性があります

特に以下の薬を服用している場合は事前に医師に相談してください。

医師に確認が必要な薬
  • 陰イオン交換樹脂(コレスチミド、コレスチラミンなど)
  • シクロスポリン
  • クマリン系抗凝固剤(ワルファリンなど)

相互作用は処方薬や市販薬、ビタミン、ハーブ製品など他の成分により引き起こされることもあります。
すべての薬物相互作用がここにリストアップされているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

エゼンチアに含まれる成分に対しアレルギーがある、重篤な肝機能障害がある(エゼンチアとHMG-CoA還元酵素阻害剤を併用する)場合は使用できません。

また、以下に該当する場合は医師に安全性を確認の上使用してください。

医師に確認が必要なケース
  • 糖尿病
  • 中程度または重度の肝機能障害
  • 妊娠中・授乳中
  • 高齢者
  • 小児

よくある質問

Q.ダイエットにも効果があるんですか?
A.正式な適応ではありませんが、エゼンチアの有効成分エゼチミブは食事に含まれる脂肪の吸収を54%阻害する作用があり、ダイエットにも効果が期待できるとされています。
Q.ゼニカルとは何が違うんですか?
A.ゼニカルは有効成分オルリスタットが脂肪分解酵素リパーゼのはたらきを妨げることで食事による脂肪吸収を最大30%カットする作用があります。
一方、エゼンチアは小腸におけるコレステロールの吸収をおさえることで食事による脂肪吸収を約54%阻害します。
Q.薬は本物ですか?
A.はい。ラククルは100%正規品保証の個人輸入代行サイトです。偽物や粗悪品が混ざることはございませんのでご安心ください。