キシロカインジェリー2%30gm(Xylocaine Jelly)

intas-xylocaine-jelly

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

LINE割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:intas-xylocaine-jelly
キシロカインジェリー2%(INTAS)30gm(Xylocaine Jelly)
キシロカインジェリー2%(INTAS)30gm(Xylocaine Jelly) 1本
在庫あり
15%OFF ¥3,150 ¥2,680
数量1本
キシロカインジェリー2%(INTAS)30gm(Xylocaine Jelly) 3本
在庫あり
99%OFF ¥509,450 ¥5,680
数量3本
キシロカインジェリー2%(INTAS)30gm(Xylocaine Jelly) 5本
在庫あり
45%OFF ¥15,750 ¥8,680
数量5本

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

キシロカインジェリーの詳細

キシロカインジェリーとは

医薬品名
キシロカインジェリー(xylocaine jelly)
メーカー
インタス・ファーマシューティカルズ(Intas Pharmaceuticals)
有効成分
リドカイン(Lidocaine)
効果・効能
局所麻酔(鎮痛/医療検査/施術中の痛みや不快感を防ぐ)
剤形
ジェル(jelly)

キシロカインジェリーは、医療現場でも良く用いられる塗り薬(外用薬)としての局所麻酔薬です。

有効成分のリドカインには塗布により神経伝達をブロックする効果があるため、皮膚に塗布することで麻酔として機能します。
副作用リスクが非常に低いながらも即時に効果を発揮する、麻酔効果も高いなど誰にでも扱いやすい点が大きな特徴です。

用途としては内視鏡やカテーテル挿入時の鎮痛、歯科での麻酔、火傷や痔の鎮痛など日本でも幅広く用いられていますが、長時間の効果が必要な麻酔ではプリロカイン入り麻酔薬の方がオススメです。

ただし、使用前後では日焼けベッド、暖房器具、入浴、日光など体温の上がる行動は避けてください。
薬の成分が必要以上に体内に吸収されてしまう恐れがあるためです。

使用時は鎮痛が必要な部位に対して適量を塗布してください。当サイトでは2%(30g)の1種類が購入可能です。


キシロカインジェリーは歯科治療、内視鏡・カテーテル検査、外傷の治療時などに用いられる局所麻酔薬です。
有効成分リドカインは麻酔薬の中でも即効性・効果が高く副作用リスクが低い特徴があり、利便性が高く幅広い用途における鎮痛に役立ちます。

ただし、安全性が高いとはいえ使用量に比例して副作用リスクも高まるため一度の大量使用にご注意ください。

また、この薬剤は基本的に無傷の皮膚に使用するものなので、口、鼻、目に付着した場合はただちに洗い流してください(火傷する可能性があります)。
もし、切り傷・擦り傷など損傷した皮膚に対して使用する場合は必ず事前に医師に相談した上で使用してください。

製造元のインタス・ファーマシューティカルズ社は国内十指に名を連ねる大手製薬会社で、特にジェネリック分野に長けていることで有名です。
日本国内では無名ですが、同社の医薬品はアメリカやヨーロッパなど先進国でも多数承認を受けるなど高い製薬技術と品質の高さが特徴です。

効果・効能

キシロカインジェリーは、皮膚に塗布するだけで素早く鎮痛効果を発揮する局所麻酔薬です。
有効成分リドカインには塗布部位の神経伝達をブロックする作用があり、麻酔効果と即効性が高い一方で副作用リスクが低い点が特徴です。

安全性が高いことから日本でも歯科での麻酔、内視鏡・カテーテル検査時の麻酔、外傷への麻酔など幅広い施術の鎮痛に使用されています。


キシロカインジェリーの有効成分リドカインは、体内で非イオン型となり電位依存性ナトリウムチャネルの細胞内へ移行します。

細胞内では再度イオン型となり、陽イオン型の局所麻酔薬が細胞内側から電位依存性ナトリウムチャネルに結合、ナトリウムイオンの透過を阻害し活動電位が不活性化することで神経伝達を遮断します。

飲み方・使い方

痛みを緩和したい部位に対して適量を塗布します(あるいは挿入するチューブ外面に適量を塗布)。
麻酔は塗布後はすぐに効き始め、20~30分ほど効果が持続します。

(包帯や化粧など素肌以外の上から使用する場合は必ず事前に医師に相談してください)

なお、使用時には

  1. 使用前後にはしっかりと手を洗う
  2. 患部は使用前に清掃し、よく乾かしておく
  3. 清潔で乾燥した健康状態の良い肌に使用

してください。

副作用リスクが非常に少なく安全性の高い成分ではありますが、大量に使用すると副作用リスクが増します。
一度に使用できる最大用量は12時間あたり30mL(600mg)となるため十分にご注意ください。

薬はなるべく湿気や熱、日光を避け常温で保管してください。
また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

内服すると体に害を及ぼすことがあるため、もし誤飲してしまった場合はただちに医師に連絡してください。

副作用

キシロカインジェリーは使用により以下の副作用を引き起こす場合があります。
これらは薬に体が慣れ低減する場合も多いため、特に医師の治療も必要としません

(ただし、65歳以上の方は通常より副作用が多く生じる可能性があります。慎重に使用してください。)

主な副作用
  • 腫れ
  • 赤み
  • 皮膚の変色

ただし、薬を服用するとまれに非常に重篤な副作用が起こることもあります。
以下の徴候・症状がみられる場合には、ただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • 発疹などアレルギー反応の徴候(じんましん、かゆみ、(発熱の有無にかかわらず)皮膚が赤くなったり、腫れたり、水疱ができたり、はがれたりする、喘鳴、胸やのどの圧迫感、呼吸、嚥下、発話に問題を生じる、異常な嗄声、口、顔、唇、舌、のどの腫れ)
  • 感染症の徴候(発熱、悪寒、のどの非常にひどい痛み、耳や副鼻腔の痛み、せき、たんの量の増加やたんの色の変化、排尿時の痛み、口内炎、治らない傷など)
  • 錯乱など血液中の酸の過剰(アシドーシス)の徴候(呼吸や鼓動が速くなる、その他鼓動が正常でない、ひどい腹痛、胃のむかつき、嘔吐、非常に眠気を催す、息切れ、異常な疲労感、衰弱)

特に以下の影響は稀ですが、起こると命にかかわることがあります。

  • 唇、爪、皮膚が青・灰色になるなどメトヘモグロビン血症の徴候(鼓動が正常ではない、発作、非常にひどいめまい、失神、ひどい頭痛、非常に眠気を催す、疲労や衰弱を感じる、息切れ)
  • 呼吸困難、呼吸がゆっくり、呼吸が浅い
  • ひどいチクチク感やしびれ
  • 立ちくらみ、眠気、錯乱、目のかすみ
  • 発作
  • 視力・視覚の変化
  • 神経質で興奮しやすい
  • めまいや失神
  • 耳鳴り
  • 胃がむかついたり、吐いたりする
  • 熱さや冷たさを感じる
  • 震え
  • 単収縮、単攣縮
  • 心拍が遅い
  • 胸痛

キシロカインジェリーの有効成分リドカインは体に副作用を及ぼす可能性があります。
通常は体が薬に順応していくため気にする必要はありませんが、もし症状が続いたり程度が重い場合は必要に応じて医師に相談しても良いでしょう。

発生率は不明
  • 悪い、異常、不快な後味
  • 味覚変化
  • 寒さ、しびれ
  • アイデンティティ、場所、時間に関する錯乱
  • 耳鳴り、ブザー音、その他の原因不明の雑音が続く
  • 複視
  • 難聴
  • 熱感
  • 力の欠如や損失
  • 金属っぽい味がする
  • 異常な眠気

ただし、服用中に次の副作用のいずれかが発生した場合は、ただちに医師の治療を受けてください。

珍しい副作用
  • 皮膚の水疱、かさぶた、刺激、かゆみ、発赤
  • 皮膚のひび割れ、乾燥、うろこ状になる
  • 鼓動が早くなる
  • 発熱
  • じんましん、はれもの、かゆみ、かぶれ
  • 嗄声
  • 皮膚刺激がある
  • 関節の痛み、こわばり、腫れ
  • 顔、まぶた、唇、舌、のど、手、脚、足、性器などに生じるじんま疹のような大きな腫れ
  • 呼吸音がうるさい
  • まぶた、顔、唇、手、足の腫れ
  • 胸部圧迫感
  • 呼吸や嚥下のトラブル
発生率は不明
  • 塗布部位の水疱、あざ、灼熱感、変色、かゆみ、発赤、腫脹
  • 唇、爪、手のひらが青みがかった色になる
  • 視力障害
  • 胸痛や胸部不快感
  • 肌が冷たい、じとじと(ベトべト)する、青白い
  • 錯乱
  • 暗色尿
  • 横臥位または座位から突然立ち上がったときのめまい、失神、または立ちくらみ
  • 眠気やめまい
  • 異常な幸福感
  • 恐怖感、緊張感、不安感
  • 頭痛
  • 呼吸が不規則、速い、遅い、浅い
  • 意識消失
  • 血圧や脈拍がない
  • 唇、爪、皮膚が青白くなる
  • まぶた、目の周り、顔、唇、舌の腫れやむくみ
  • 心拍数の増加
  • 発作
  • 脚、腕、手、足の震え
  • 心拍が遅くなったり不規則になったりする
  • 咽頭痛
  • 心臓停止
  • 手や足の震え、揺れ
  • 単収縮、単攣縮
  • 異常な出血やあざ
  • 異常な眠気、けん怠感、疲労感、脱力感、だるさ

相互作用

キシロカインジェリーがその他の製品や医薬品との相互作用を引き起こす可能性は低いです。

ただし、影響を及ぼす可能性自体は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多く考えられます。
気になる場合は必要に応じて医師に相談の上、安全性を確認した上で使用してください。

禁忌・注意点

キシロカインジェリーに限らず麻痺薬に対してのアレルギーがある場合は使用しないでください。

その他にも以下に該当する場合では、医師に相談し安全性を確認した上で薬を使用してください。

医師に相談が必要なケース
  • メトヘモグロビン血症を経験したことがある※
  • 子供への使用
  • 妊娠中・授乳中

(※メトヘモグロビン血症と呼ばれる深刻な血液の問題が発生することがあります。これはグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ(G6PD)欠損症、心臓や肺の疾病を抱えている方、他の特定の薬を服用しているとき、生後6か月未満の乳児でリスクが高まる可能性があります。メトヘモグロビン血症を経験したことがある場合は医師に伝えてください。)

その他にも、重要な注意点として「体温が上昇すると体に薬が過剰に浸透する」ことが挙げられます。
特に以下の製品については塗布前後の使用を避けてください。

前後で使用を避けるべきもの
  • 日焼けベッド、温湿布、電気毛布、ヒートランプ、サウナ、温水浴槽、温水ウォーターベッドなどの熱源
  • 長くて熱いお風呂
  • 日光浴

加えて以下の点にも十分にご注意ください。

  • (医師の指示なく)切り傷、擦り傷など損傷した皮膚に使う
  • しびれている間に皮膚を引っかいたりこすったりする
  • 非常に熱い(もしくは冷たい)ものに触れる

よくある質問

Q.キシロカインジェリーが何種類かありますが、どれを選べば良いですか?
A.有効成分はほぼ同じで製薬会社が異なるだけなので、どちらをお選びいただいても問題ありません。
Q.ペニスに塗って早漏目的で使用できますか?
A.いいえ、使用できません。早漏目的でリドカインを使用される場合はジェルタイプではなくスプレータイプのご利用をご検討ください。