ダパリル5mg/10mg(Daparyl) フォシーガジェネリック

daparyl
daparyl
daparyl
daparyl
daparyl
daparyl

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:daparyl
ダパリル5mg/10mg(Daparyl) フォシーガジェネリック
ダパリル5mg(Daparyl) 10錠
在庫あり
16%OFF ¥3,300 ¥2,780
数量10錠
ダパリル5mg(Daparyl) 30錠
在庫あり
44%OFF ¥9,900 ¥5,580
数量30錠
ダパリル5mg(Daparyl) 50錠
在庫あり
50%OFF ¥16,500 ¥8,180
数量50錠
ダパリル10mg(Daparyl) 10錠
在庫あり
16%OFF ¥3,800 ¥3,180
数量10錠
ダパリル10mg(Daparyl) 30錠
在庫あり
43%OFF ¥11,400 ¥6,480
数量30錠
ダパリル10mg(Daparyl) 50錠
在庫あり
48%OFF ¥19,000 ¥9,880
数量50錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

ダパリルの詳細

ダパリルとは

医薬品名
ダパリル(Daparyl)
メーカー
インタス(Intas Pharma)
有効成分
ダパグリフロジン(Dapagliflozin)
効果・効能
2型糖尿病の血糖コントロール改善/ダイエット(内臓脂肪の低減)/心不全
剤形
錠剤(tablet)
先発薬
フォシーガ(forxiga)
  1. 糖分を自動排出+脂肪燃焼効果 飲むだけで1日240~400kcalもの糖分を排出してくれます。それによって、糖分の代わりに内臓脂肪からエネルギーを使うようになるためダイエット効果が期待できます。
  2. むくみ改善効果も ダパリルは利尿作用にも優れています。体内の余分な水分を排出してくれるので、むくみの改善にも役立ちます。
  3. 高コスパなジェネリック薬 成分はフォシーガと同じでありながら、価格が抑えられたジェネリック薬です。

ダパリルは1型・2型糖尿病治療薬であるフォシーガのジェネリック医薬品です。

有効成分のダパグリフロジンが、腎臓の近位尿細管での糖の再吸収を抑えることで、過剰な糖分を尿に排出する働きがあります。

服用することで1日60~100g(200~400kcal)程の糖分を排出します。
この作用によって、内臓脂肪がエネルギーとして消費されやすくなるため、ダイエット効果も期待できます。

ただし、尿中の糖分が増加することで雑菌が増えやすくなり、残尿などあらペニスや膣に重篤な感染症を引き起こす恐れがあります。
排尿後は陰部の衛生管理に十分ご注意ください。

当サイトでは、ダパリル5㎎/10㎎をご用意しておりますが、始めて使用される方は5㎎から服用を始めてください。

製造元のインタス社は、インドのグジャラートに本拠地を置く製薬会社です。
アメリカやヨーロッパを始め世界各国に医薬品を販売しており、登録製品は10,000以上にのぼります。
アメリカのFDA(食品薬品局)やイギリスのMHRA(医薬品・医療製品規制庁)から承認を受ける企業なので品質はご安心ください。


ダパリルの有効成分ダパグリフロジンは、1型・2型糖尿病の方の血糖値を下げる薬です。

選択的SGLT2阻害薬とも呼ばれる比較的新しい治療薬です。
先発薬のフォシーガは、このタイプとしては世界で最初に発売された製品です(日本では2番目)。

血糖値を改善する過程でブドウ糖を体外に排出する働きがあることから、糖質制限と同等の効果が得られるとしてダイエットに用いられる場合も多くなっています。 また、利尿作用もあるため、むくみの改善による体重減少効果も期待できます。

ただし、体内の水分が失われやすくなることで、脱水症状や脱力感、めまいが起こる場合があります。
高所での作業や自動車などの運転には注意が必要です。

また、尿中の糖分増加により​ペニスや腟に重篤な感染症を引き起こすことがあります。
もし、​陰部や直腸部の灼熱感、かゆみ、臭い、分泌物、痛み、圧痛、発赤や腫れ、発熱を感じたり気分が悪くなる場合は、ただちに医師の診察を受けてください。

効果・効能

ダパリルの有効成分ダパグリフロジンには血中の過剰な糖分を体外へと排出する作用があるため、糖尿病患者の血糖値制御に役立ちます。

糖分の吸収に関わるタンパク質(SGLT2)を妨げることで1日60~100g(200~400kcal)ほどの糖分を尿から排出するとされています。インスリンとは関係なく作用するため、低血糖を起こしにくいと考えられています。

体内では糖分に代わるエネルギーとして内臓脂肪を消費するようになるため、副次的にダイエット(体重減少)にも効果が見込めます。


ダパリルの有効成分選択的SGLT2阻害薬は、選択的SGLT2阻害薬に分類されます。
SGLT2(ナトリウム・グルコース共共輸送体)は、腎尿細管に特異的に発現していて、近位尿細管でグルコースを再吸収する役割を担っています。 ダパグリフロジンは、腎におけるグルコースの再吸収を抑制し、尿中にグルコース排出を促すことで、空腹時および食後の血糖コントロールを改善する効果が期待できます。

飲み方・使い方

ダパリルは1日1回1錠を食前・食後に関わらず水かぬるま湯で服用してください。

糖尿病やダイエットでは1日5mgから始めて最大10mg、心不全の場合は1日10mgが最大用量となります。

もし、以下の症状がみられる場合は医師にご相談ください。

  • 嘔吐や下痢で気分が悪くなる
  • 食事や水分の摂取量が通常より少ない
  • 発汗が通常より多い

ダパリルは服用により糖分が排出されることから低血糖を引き起こす場合があります。

強い空腹感、めまい、易怒性、錯乱、不安、ふるえなどが見られる場合はすばやく治療するために即効性のある糖分(フルーツジュース、キャンディ、レーズン、ソーダ)などを摂取してください。
​重度の低血糖ではグルカゴン注射が必要になることもあるため、緊急時に備えて注射の使い方は周囲の人も含め周知しておくと良いでしょう。

​また、のどの渇きや排尿の増加など高血糖の徴候にも注意してください。

稀ではありますが、ダパリルは生命を脅かすケトアシドーシス(血液中の酸の過剰)を引き起こすおそれがあります。​血糖値と尿中ケトン体はこまめにチェックし、​血糖値が正常でも尿中にケトン体が認められた場合は医師に連絡してください。

薬は常温での保管が可能ですが、なるべく湿気や熱、日光を避けてください。
また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

ダパリルは服用すると以下の副作用が起きることがあります。
これらは一般的な副作用で治療も不要ですが、程度が気になるようでしたら医師に相談しても良いでしょう。

主な副作用
  • 性器感染症(膣ガンジダ症など)
  • 便秘
  • 口の渇き
  • 頻尿
  • 尿量増加
  • 陰部そう痒症
  • 尿路感染(膀胱炎など)

ただし、以下の症状が見られる場合はただちに医師の治療を受けてください。

ただちに治療が必要な症状
  • 排尿がほとんどない
  • ​脱水症状(めまい、脱力感、(気絶しそうな)ふらつき)
  • 腎盂腎炎(排尿時痛、頻尿、残尿感、全身倦怠感、悪心、嘔吐など)
  • 外陰部及び会陰部の壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)
  • 敗血症(悪寒、全身のふるえ、発熱、発汗など)
  • ​ケトアシドーシス(血液中の酸の過剰のこと)(悪心、嘔吐、胃痛、錯乱、異常な眠気、呼吸困難)
  • 膀胱感染症の徴候(​排尿時の痛みや灼熱感、排尿の増加、血尿、発熱、骨盤や背中の痛みなど)
  • 低血糖(冷や汗、ふるえ、動悸、眼のかすみ、生あくびなど)
緊急の治療が必要な症状
  • アレルギー反応の徴候(じんま疹、呼吸困難、顔、唇、舌、喉の腫れ)
  • 陰茎や膣の性器感染症の徴候(灼熱感、かゆみ、臭い、分泌物、痛み、圧痛、性器や直腸領域の発赤や腫れ、発熱、気分が悪い)

ダパリルの有効成分ダパグリフロジンは以下の副作用を引き起こすことがあります。
もし持続するか程度が厄介な場合は医師に相談しても良いでしょう。

あまり一般的でない副作用
  • 食欲減退
  • 多飲症
  • 下痢
  • 腹痛
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 背部痛
  • 筋痙縮
  • 発疹
  • 腎機能障害
  • 排尿困難
  • 頭痛
  • めまい
  • 振戦
  • 眼の乾燥感
  • 外部膣不快感
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 倦怠感
  • 無力症
  • 体重減少
  • 異常感
発生頻度不明の副作用
  • ヘマトクリット増加

相互作用

現在使用していたり過去に使用していた薬がある場合は、もれなく医師に伝え安全性を確認した上で薬を服用してください。

特に医師に相談する必要がある薬
  • インスリンや他の経口糖尿病薬
    インスリン製剤、スルホニルウレア剤、チアゾリジン系薬剤、ビグアナイド系薬剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、速効型インスリン分泌促進剤、DPP-4阻害剤、GLP-1受容体作動薬など
  • 利尿薬
    ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬など
  • 血糖降下作用を増強する薬剤
    β遮断薬、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤など
  • 血糖降下作用を弱める薬剤
    副腎皮質ホルモン、甲状腺ンホルモン、アドレナリン

ダパグリフロジンとの相互作用を引き起こす可能性は、その他にも処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多くの成分が挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

ダパグリフロジンにアレルギーがある場合や以下に該当する場合はフォシーガを使用しないでください。

薬が使用できないケース
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡
  • ​重症感染症
  • 手術前後
  • 重篤な外傷がある

また、以下に該当する場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 脱水を起こしやすい(血糖コントロールが極めて不良、高齢者、利尿剤併用患者など))
  • 尿路感染、性器感染症
  • 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
  • 栄養不良状態
  • 飢餓状態
  • 不規則な食事摂取
  • 食事摂取量の不足または衰弱状態
  • 激しい筋肉運動をよく行う
  • 過度のアルコール摂取
  • 腎機能障害
  • 肝機能障害

妊娠中の血糖コントロールは非常に重要であり、必要な用量は妊娠期間ごとに異なる場合があるため服用可否は必ず医師の指示に従ってください。

特に妊娠後期はダパグリフロジンを使用しないでください。また、母乳中に移行する可能性があるため出産後の授乳期間中もこの薬を使用している間は授乳しないでください。

その他にもダパグリフロジンは18歳未満の方への使用は承認されていません。

よくある質問

Q.アルコールは飲んでも良いですか?
A.少量であれば問題ありませんが、過度なアルコール摂取は血糖コントロールの悪化に繋がりますのでなるべく控えてください。
また、アルコールは水分補給にはなりませんのでご注意ください。
Q.ダイエット効果(痩身)はありますか?
A.はい。ダパリルは服用すると1日60~100g程度(200~400kcal)程度の糖分を排出します。
糖分が体外へ排出されるため、体は代わりのエネルギー源として内臓脂肪を消費するようになることによって体重減少が期待できます。
Q.メトホルミンやリベルサスと併用はできますか?
A.はい。糖尿病治療薬であるメトホルミンリベルサスと併用することでより高いダイエット効果が期待できます。 ただし、低血糖を引き起こしやすくなる可能性があるため、事前に医師へご相談の上使用してください。