長引くマイスリー依存をやめたい、離脱症状を回避しつつ断薬成功のポイントは

長引くマイスリー依存をやめたい、離脱症状を回避しつつ断薬成功のポイントは

マイスリーの依存性問題

マイスリーはデパスやハルシオンと違って非ベンゾ系に分類される薬で身体依存・精神依存がともに少ないのが特徴の便利な睡眠薬です。

…なのですが、実際SNSでの評判を見ると依存性は非ベンゾ並との意見が多く

ゆるじい@Yurujiii
非ベンゾの処方印象 マイスリー:ベンゾよりもむしろベンゾ ルネスタ:依存性ほとんど無さそうだけど効き目もイマイチ アモバン:マイスリーとルネスタの間くらい、どっちかと言うとマイスリー寄り
午前9:09 · 2020年5月26日
いしいさん@ハルしか勝たん@ishiisannospday
デパスとマイスリーは依存強すぎるな フワフワするのが気持ち良いけど、違うのに変えていかなきゃ 実際マイスリーでもサイレースでも寝れるし、私はサイレースふわふわしないから本当はサイレースのほうがいいんだろうな でもたまにはふわふわしたい
午前1:30 · 2021年4月11日
つくばの森@tsukubanomori
マイスリーの依存性は強く、マイスリーを減薬して2週間でむごい離脱症状が起こり、精神科へ入院するハメに。退院してから、当時のベンゾはすべて断薬し、リボトリールに変更。しかし、リボトリールも依存性が強く0.25mg減らしても眠れず。。。
午後8:10 · 2018年12月1日

依存に陥って困っている方も多々いらっしゃる様子。

マイスリーの依存は大きく分けて2種類あり、それぞれの代表的な症状は以下の通り

  • 身体的な依存
    頭痛、不眠の悪化、アカシジアなど
  • 精神的な依存
    飲まなきゃねれない不安感、イライラ、抑うつ症状など

となっていて、もしこれらの徴候があるようだと要注意です。

断薬は厳禁、減薬のセオリーを知ろう

マイスリーは効果が強い分、減薬や断薬も時間をかけて行う必要があります。期間は人それぞれ異なるものですが最低でも半年~1年くらいは見込んで気長に取り組んでいきましょう。

このとき特にNGなのは「症状が安定してるから」といって自己判断で勝手に減薬・断薬しようとすることでタイミングを間違えると逆に症状が悪化してしまい治療が長引くことも珍しくありません。

早くどうにかしたい焦る気持ちもわかりますが、そのタイミングについては医師と相談しながらゆっくり減薬していきましょう。

まずマイスリーは初期用量の5mgまで減量できれば、漸減法や隔日法といった方法での断薬を試みていくのがセオリーとなります。。

  • 漸減法
    薬の量を数週間おきに3/4、1/2、1/4…と少しずつ減らしていく方法
  • 隔日法
    薬の服用を毎日から1日おき、2日おき…と少しずつ空けていく方法

しかし、これはあくまで一例に過ぎないので無理やりこのスケジュールに沿って実施していく必要もありません。

上記の手法はあくまでQOLに影響を与えない範囲で焦らずゆっくり取り組むようにしましょう。

どうしても減薬できないときは

しかし、それでもどうしても眠れないという場合におすすめしたいのがサプリメントから摂取するメラトニンです。

と言っても、メラトニンについて知らない方もいるかと思いますので、簡単に薬の説明から始めてまいりましょう。

メラトニンとは人間の脳内でも分泌される神経伝達物質の一種で、人間の体に対しては入眠や睡眠リズムなど睡眠を司る作用をもたらします。

なので、これを直接的に補充してあげることで

  • なかなか眠れない、寝付きが悪い
  • 昼夜逆転など睡眠リズムの崩れ

など主に睡眠障害(入眠障害)にまつわる症状改善が期待できるものです。

効果が医学的に認められている割にはサプリメントとして分類されるほど副作用がほとんどないのが特徴で、特に軽度の睡眠障害の症状に対しては非常に有効かつ誰でも便利に扱えます。

マイスリーとの併用は可能?

そして、このメラトニンはマイスリーに限らず睡眠薬全般(ロゼレムを除く)睡眠薬との併用も全く問題ありません

これは睡眠薬全般が脳内で作用する箇所とメラトニンが脳内で作用する箇所が異なるためで…

  • 睡眠薬
    緊張やストレスなどを和らげて脳の興奮を鎮めるGABAの効果を増強
  • メラトニン
    睡眠リズムを整えて夜に眠れるようになるメラトニンの効果を増強

と、それぞれ独立した効果で睡眠へと向かって働いてくれるので減薬した分をメラトニンでカバーすることで離脱の辛さを軽減することができるんですね。

医薬品成分ではなく副作用や相互作用のリスクも非常に少ないですし、何なら医師自身も睡眠薬と併用で飲んでいたりするサプリなので安全性という面ではお墨付きと言っても過言ではないでしょう。

精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314
抗精神病薬は多少の違いはあれ作用機序はほぼ同じだから多剤併用に合理性は少ないが、睡眠薬はベンゾジアゼピンとメラトニン作動薬(そして登場予定のオレキシン拮抗薬)は全く作用機序の違うものだからそれを一括りにしなくても、と思います。
午前9:34 · 2014年10月1日
JPラーニング@MR_JPlearning
<答え合わせ>正解は…概日リズム睡眠障害🐰
概日リズム睡眠障害にみられる入眠困難には、通常の超短時間作用型睡眠薬を用いても治療困難な場合があります。このような症例には、体温リズムとの関連で薬物投与時刻を工夫する必要があり、ビタミンB12やメラトニンの併用が効果的な症例もあるよ💡
午後3:46 · 2018年10月31日

長期的に併用した場合も体内のセロトニン生成には影響なしで「副作用のリスクが上昇したり」「睡眠の効果が下がったり」といった心配もありませんので、どうぞ安心してご利用ください。

副作用のない睡眠サプリ・メラトニン

メラトニン5mg/10mg/20mg(バイタルミー)

メラトニンは、睡眠リズムの昼夜逆転やなかなか寝付けない入眠障害の改善効果があるサプリメントです。

医学的な効果が認められながらも副作用リスクが非常に少ないため、分類としてはサプリメントとなっており比較的誰でも安全に使用できる成分となっています。

最後にもう一言だけ…

マイスリーもメラトニンも不眠症の治療には欠かせない便利な薬ではありますが、人それぞれ体質により効果が異なるもので残念ながら万人に効果のあるものでもありません。

そのため、もし薬が体質に合わない場合には他の薬に切り替えたりするのがおすすめです。

個人輸入の睡眠薬は規制されつつありますが、現在でも医薬品としての睡眠薬はいくつか入手可能なので気になる方はぜひ一度検討してみては?

確かな効果のある医薬品のみ

あわせて読みたい