勃起不全(ED)はトレーニングで改善可能、おすすめの筋トレ・運動

勃起不全(ED)はトレーニングで改善可能、おすすめの筋トレ・運動

若い頃はあんなに元気だったのに、歳を重ねるごとに少しずつやってくる勃起力の弱まり。

勃起不全は男性の大半が人生に一度は経験する身近な存在の割に、実は筋トレや運動でも改善が可能…というのはあまり知られていません。

そこで今回は「どんなトレーニングで勃起不全(ED)が改善できるのか」を詳しく解説してまいります。

そもそも勃起不全はなぜ起きるのか

加齢で勃起不全(ED)が起きる仕組み

男性の勃起力が歳を重ねるごとに弱まっていく大きな理由は、精力・性欲の衰えなどではなく単純にペニス内の血管で起こる動脈硬化が大きな要因です。

人間の血管はどうしても加齢とともに「硬くなる」「脂質が詰まる」などの動脈硬化(劣化)が起こるものですが、実はこれはペニスの血管も例外ではありません。

ペニスの血管が詰まれば当然ペニスへの血液流入も滞るようになるので、このように少しずつ勃起力が失われていく…というのが勃起不全(ED)発症の大まかな仕組みになります。

初期症状にご注意を

ちなみに、ペニスの血管は心臓や脳の血管に比べると非常に細く一番最初に詰まりやすいのが特徴のため、加齢による勃起力の衰えは動脈硬化の初期症状とも言えます。

もし「最近朝立ちしなくなった」「MAXの勃起力が弱まった」と感じるようなら要注意かもしれませんね。

筋トレ・運動で改善する勃起不全(ED)

勃起不全(ED)改善におすすめの運動

勃起不全(ED)が動脈硬化由来ということはわかりましたが、ではこれを日常生活でどう改善しけるかと言うと…有効なのはやはり運動です。

幸い男性の勃起機能はすでに肥満の解消、BMIの改善、運動不足の解消により改善することが明らかになっていて、中でも特に3~6メッツの中強度の運動が効果的とされています。

メッツとは初耳の方も多いと思いますが、要は運動強度(キツさ)の指標の一種で大まかな目安は以下のような形となります。

メッツ運動内容
3.0ウォーキング(普通速度)、ボウリング
4.0自転車に乗る、卓球
5.0ウォーキング(早足)、野球
6.0バスケット、水泳(のんびり)
7.0ジョギング、サッカー

上記のメニューは一例で、要は”これくらいの強度の運動”という認識で大丈夫です。

また、推奨の頻度・時間は「毎日30分以上が目標」とはされていますが、これは10分3セットなど小分けにしても問題ないのでライフスタイルに合わせて取り組んでみてください。

効率UPのポイントは”併用”

また、運動の種類は有酸素運動、無酸素運動、ストレッチの3種類を組み合わせて実践することで、さらに効果的に動脈硬化を改善・予防できることが明らかになっています。

メニュー選びなど面倒ではありますが、時間がない忙しい方こそぜひ取り組んでみてください。

どうしても改善が見込めない場合は

ED治療薬で勃起が改善される仕組み

しかし、どうしても改善が見込めない場合にはやはりバイアグラなどの勃起不全(ED)治療薬に頼るのが最も確実な改善方法となるでしょう。

実はこれらの薬は動脈硬化で悪化した血流を改善してくれる効果があるので、服用するだけで勃起不全(ED)が改善できる仕組みになっています。

動脈硬化そのものも改善

ちなみに、バイアグラは海外の研究では「服用により動脈硬化そのものの改善・予防効果が見込める」とも言われています。

これはシンプルに排水管を高圧洗浄するイメージと同じで血流が促進されることで動脈硬化や詰まりもわずかずつ改善されるとのこと。

動脈硬化由来の勃起不全は40~50代頃から起こり始め、将来的には大半の男性に発症するトラブルなのでQOLを高めながら改善・予防もできるのはありがたい男性も多いでしょう。

毎日飲んでも大丈夫…?

ちなみにバイアグラは仮に365日毎日飲んだとしても耐性・依存性など長期使用による体への特別な悪影響もないことがわかっています。安心して心置きなくご利用ください。

EDを改善して勃起力を高める・バイアグラ

バイアグラ(viagra) 50mg/100mg

バイアグラはアメリカのファイザー社が製造・販売している世界的に有名なED治療薬です。

有効成分シルデナフィルがペニスの血管を拡張し血流改善、10代・20代の若い頃と同じ高い勃起力を実現します。

安価な鉄板ジェネリック・バリフ

バリフ(valif) 20mg

バリフはアジャンタ・ファーマ社が製造・販売するバイアグラに次ぐ第二のED治療薬です。

先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを同じ量含むジェネリック薬で、大きく改善された利便性と高いコスパが特徴。

初めての方でも扱いやすく便利で、当サイトでは1錠100円台~にて取り扱いがございます。

最後にもう一言だけ…

残念ながら男性の加齢による勃起不全(ED)は基本的には性病と同じで放っておいて治ることがまずありません。

そのため、「恥ずかしい」「情けない」「また起こったらどうしよう」など数々の感情が渦巻く複雑な心境かとはお察ししますが、これ以上悪化する前に意を決して一歩治療に踏み出してみることも肝要かと思います。

勃起不全を激的に改善

あわせて読みたい