若者から高齢まで、勃起力低下(中折れ)に効くおすすめの市販薬の選び方のポイントは

若者から高齢まで、勃起力低下(中折れ)に効くおすすめの市販薬の選び方のポイントは

中折れ対策アイテムといえばまず頭に浮かぶのはコンビニで売っている凄十やマカの元気などがおなじみですね。

毎回目に入ってくるので「知ってて興味はあるけど買ったことはない」という方は多いでしょうが、果たして実際どのくらいの効果があるものなのか…?

そんな中折れに有効なアイテムの効果と選び方について、今回は様々な目線からおすすめを解説していきたいと思います。

中折れのとき体内では何が起きている?

中折れのとき体内で起きていること

加齢とともに起こるイメージも強い中折れですが、そもそもなぜこの症状が起きるのかというと原因は大きく分けて以下の2つになります。

  1. 精神的な原因
    緊張や疲労、睡眠不足、慣れなどで起こる中折れで、精力・性欲より左記の原因が勝る「セックスどころではない」状態。そもそも性的興奮を感じておらず若い方に多い。
  2. 身体的な原因
    ペニス血管の動脈硬化(加齢)によって起こる中折れで、やる気満々でも血液流入がうまく行えず勃てない状態。高齢の方に多く50代で4割、60代で6割の男性が経験。

勃起は「①性的興奮を感じる→②ペニスに十分な血液流入」の2ステップによって起きる仕組みなので、どちらか片方が欠けるだけで中折れが発生してしまうんですね。

中折れvs市販精力剤、その効果とは

ところで、世間では中折れ対策といえばマカやガラナ、すっぽんといった生薬が入った凄十やマカの元気などの市販精力剤(性欲剤)がおなじみですが、これらは実際どの程度効果があるものなのでしょうか?

結論から言うと、これらはいずれも以下のような効果が証明された成分がきちんと含まれているので効果も「あり」「なし」で言うなら「あり」と言えます。

  1. 精力剤として古来から使われる成分
  2. 効果が認められた栄養成分
  3. 効果が認められた漢方薬の成分

…が、子供でも買える製品という関係上、残念ながら効果の度合いとしてはかなりマイルドと言わざるを得ません。

冷静に考えてみればわかりますが小学生でも気軽に買って飲めてしまうような商品で勃起が止まらなくなる…なんてこと少なくとも日本では絶対にありえないですよね。

一応精神的な原因による中折れの場合であればプラシボ効果も期待できますが、劇的な効果を期待するのであれば別の選択肢を検討した方が良いかもしれません。

ただし、一部強力には効く例外もある

しかし、全ての製品が効果が薄いのかと言うとそういうわけではなく一部例外的な商品もあります。

いずれもややクセのある商品ではありますが分類としては限りなく医薬品に近い存在となるので覚えておいて損はないでしょう。

薬用養命酒

養命酒のメリット・デメリット

テレビCMでもおなじみ養命酒には高麗人参など滋養強壮として効くものからや反鼻など直接的に精力に効くものまで14種類の生薬が配合されています。

中でも注目の成分はインヨウカク(淫羊藿)で、その名の通り食べたヤギがたちまち元気になるという触れ込みの成分です。

メリット

実はこのインヨウカク(淫羊藿)にはバイアグラと全く同じ作用があり、PDE-5という酵素の働きをブロックしてくれるので医学的にも中折れの改善効果が期待できます。

また、生薬の成分には水に溶けやすい性質のものと油に溶けやすい性質のものがありますが、お酒(アルコール)であればその両方を溶かすことができるため、有効成分を効率的に抽出・摂取することができます。

デメリット

ただし、養命酒と言えばやはり一番のネックとなる点はクセの強い味と匂いで平たく言ってしまうと不味いの一言。これを1日3回毎日続けていくのはなかなかの苦行と言えるでしょう。

また、アルコール度数も14度とワイン以上に高いので運動不可、運転不可、頭にも影響ありと使用シーンはどうしても限定されてきてしまいます。

海外のサプリメント

海外サプリのメリット・デメリット

また、海外のサプリメントは日本では医薬品に指定されているような成分も含まれていたりしてこちらも医学的に中折れの改善効果が期待できます。

メリット

代表的な成分は日本にも生える薬草ハマビシなどが挙げられ、体内のテストステロン分泌を促進する作用により勃起力と性欲・精力の両方に効果が期待できます。

また、人気の製品は体の大きい欧米人向けが多く国内のサプリよりも強力な効果が期待できる理由の1つです。

デメリット

副作用が少なく飲みやすいですが、海外製品となる都合上どうしても取り寄せに時間がかかってしまう場合があります。

また、養命酒ほど安くはないため人によっては少々値段が気になる方もいるかもしれませんね。

中折れを根本から改善・プロソリューションピル

プロソリューションピル(prosolution pill)

プロソリューションピルはアメリカのリーディング・エッジ・ヘルス社が製造・販売している勃起薬です。

海外では幅広く使用される有名ブランドで、アルギニンをはじめ種々の成分によりスタミナの向上、絶頂のコントロール、勃起不全や性欲改善など男性の性機能を高める効果があります。

どうせ医薬品成分を摂取するなら…

しかし、どのみち医薬品成分を摂取するなら「最初から医薬品で良いのでは」と思われる方もいるでしょう。

確かにバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬の方が効果は高く即効性にも優れるのは事実です。

副作用には注意が必要ですが、即効性があって1錠100円程度から使用できる薬も多いため30代以降の方であれば正直コスパは高いと言えるでしょう。

バイアグラ系のコスパ最強ジェネリック カマグラ

カマグラゴールド50mg/100mg(kamagra gold)

カマグラゴールドはアジャンタ・ファーマが製造・販売するバイアグラジェネリックです。

最も高い人気を誇る定番中の定番で、バイアグラのジェネリックを初めて使う方や不安感を覚える方には特におすすめの医薬品です。

レビトラ系の鉄板おすすめジェネリック バリフ

バリフ(valif) 20mg

バリフはアジャンタ・ファーマ社が製造・販売するバイアグラに次ぐ第二のED治療薬です。

先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを同じ量含むジェネリック薬で、利便性が大きく改善されています。

効果が高く1錠100円代~とコストパフォーマンスにも優れる点が大きな特徴。

今回紹介した医薬品一覧

結局、精力剤の選び方は…?

ということで、基本的に中折れ対策には疲労や動脈硬化の症状の進行度に応じて

  • 若い方:コンビニ精力剤
  • 中年の方:専用のサプリ
  • 壮年の方:専用の医薬品

がおすすめの大まかな目安になりますが、もちろん「20歳だけどバイアグラで3回戦までしたい」「50代だけどコンビニ精力剤が一番好きだし効果も感じる」など理由があればより強力な商品を使っても全く問題はありません。

高い満足度を得るためには「自分が何を一番に求めるのか」からそれに見合った精力剤を使うことが重要なので、ぜひいろいろ試して検討してみてください。

サプリから医薬品まで取り揃え

あわせて読みたい