ベガ(vega) 100mg

商品番号:vega

ベガ(vega)100mg

ベガ100mg(Vega) 4錠
在庫状態 : 在庫有り
¥2,980 ¥2,380
数量4錠
ベガ100mg(Vega) 20錠
在庫状態 : 在庫有り
¥14,900 ¥8,980
数量20錠

医薬品の概要

医薬品名
ベガ(vega)
メーカー
シグネチャー・ファーマシューティカルズ(Signature Pharmaceuticals)
有効成分
シルデナフィルクエン酸塩(Sildenafil)
効果・効能
勃起不全(ED)の改善
剤形
タブレット(tablet)

特徴

世界で初めて開発されたED治療薬・バイアグラのジェネリック医薬品で、グローバル企業による製造・販売で高い品質が特徴です。

効果・効能

バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルは陰茎の血管を拡張し、海綿体内部に流入する血液の量を増やして正常な勃起を促します。

副作用

主な副作用としては、紅潮、鼻詰まり、頭痛、めまい、胃のむかつき、背中の痛みなどが挙げられます。

飲み方

性行為の1時間前に水またはぬるま湯で服用してください。
当サイトでは100mgの1種類が購入可能です。初めて使用される場合はピルカッターで100mg錠を1/4に割って飲んでください。

医薬品の詳細

ベガとは

ベガは、勃起不全(ED)治療薬バイアグラのジェネリック医薬品で、インドのシグネチャー・ファーマシューティカルズ社によって製造されているものです。
ベガにはバイアグラの有効成分と同じシルデナフィルが同量含まれているため、服用によって安価で性行為に十分な勃起を維持・促進する効果を得ることができます。

シグネチャー・ファーマシューティカルズ社はインドの大手製薬会社HABファーマシューティカルズの子会社で、40年以上続く研究開発のノウハウに基づいて製造される高い品質の医薬品が特徴です。
日本ではマイナーながらも、同社の事業はカナダや中東、東・南アフリカなど国外にも拡大しており、世界中で名前が知られるグローバル企業です。

ちなみに、同社が製造するバイアグラジェネリックにはベガとベガオーラルジェリーの2種類があります。
シルデナフィルはやや苦味のある成分のため、もし半錠飲みなどでどうしても服用時の味が気になる場合にはフルーツフレーバーつきでゼリー状のベガオーラルジェリーの使用も検討してみると良いでしょう。

詳細説明

ベガは、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルクエン酸塩を含む医薬品で、主に男性の勃起不全(ED)に対して症状の改善が見込めます。

勃起不全とは、男性が性交に十分な陰茎勃起を達成・維持できない状態を指し、これは何らかの原因により陰茎への血液流入が不十分になることで起こります。
ベガは、陰茎海綿体の血管壁に存在する平滑筋を弛緩させることで、陰茎への血流を促進するため勃起不全を一時的に改善する効果があります。

勃起不全の発症は加齢と強い関連性があり、中・重度のEDは40歳から70歳になる間にリスクが数倍増加するとされ70代では実に60%の方がEDであるともされています。

陰茎への血流の低下は一般的に

  • 怪我や病気による身体的問題
  • 肥満、喫煙、飲酒などの慢性的なライフスタイルの問題
  • 不安、ストレス、うつ病などの心理的状態

などの要因が指摘されます。

ベガはいずれの原因による勃起不全でも改善の効果が見込めますが、特に心理的な要因が根本原因の場合では服用による効果を得られない場合があります。
そのようなケースでは、薬の服用と並行して心理的カウンセリングを受け問題解消を図ることも重要となります。

また、ベガは服用によってまれに視力障害、聴覚障害、4時間以上続く長時間の勃起、痛みを伴う勃起など重篤な副作用を引き起こすことがあります。
このような症状が発生する場合には、ただちに医師に相談してください。

また、この薬は梅毒、淋病、HIVなどの性感染症(STD)に対する予防・改善に効果はありません。性交の際には別途で必要に応じて安全対策を講じてください。

効果・効能

勃起不全(ED)

ベガは有効成分シルデナフィルにより、性的刺激に反応して陰茎の正常な勃起を引き起こす効果が期待できます。
これはシルデナフィルがホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)と呼ばれる勃起を妨げる酵素を阻害する作用があるためで、これにより海綿体への血流増加が促され十分な勃起が引き起こされる仕組みです。

肺動脈性肺高血圧症(PAH)

シルデナフィルは肺血管のPDE-5にも作用することから肺動脈性肺高血圧症(PAH)の治療にも効果が見込めます。

通常シルデナフィル20mgを4~6時間の間隔で1日に3回摂取することで肺の血流が改善し、息切れや呼吸困難が和らぎ、運動機能が向上します。

肺動脈性肺高血圧症に対しては1歳以上であれば子供・女性でもシルデナフィルによる治療を検討することができます。

効果詳細

勃起不全(ED)

陰茎勃起が起こるメカニズムには、性的刺激を受けた際に海綿体内に放出される一酸化窒素(NO)が関わっています。一酸化窒素はグアニル酸シクラーゼ(sGC)という酵素を活性化し、環状グアノシン一リン酸(cGMP)濃度を増加させる作用があります。
cGMPは陰茎海綿体の平滑筋を弛緩し陰茎への血液流入をもたらすため、勃起が起こります。

ベガに含まれるシルデナフィルクエン酸塩は、海綿体のcGMPを分解し勃起を妨げている原因酵素・ホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)を阻害する作用があるため一酸化窒素の効果が高められ成功に十分な勃起を促します。

肺肺動脈性肺高血圧症(PAH)

肺血管系の平滑筋のホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)を阻害することで環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を妨げる作用があります。PDE-5阻害によりcGMP濃度が増加するため、肺血管系の弛緩により血流が改善し、息切れや呼吸困難の改善、運動機能向上が起こります。

飲み方・使い方

性行為の30分~1時間前に服用することで、服用後4~5時間ほど陰茎の正常な勃起が維持・促進されるようになります。なお、勃起は服用により直接的に起こるものではなく性的刺激に反応して初めて起こる点にご注意ください。

ベガを服用する際には、基本的に水またはぬるま湯で飲んでください。
特にアルコールやグレープフルーツとは相互作用があり望ましくない副作用を引き起こすため、これらの成分との同時摂取を避けてください。
また、直前に食事(特に高脂肪・高カロリー食)を摂取することで薬の効果が半減・遅延するためご注意ください。

その他、勃起不全のために服用する場合1日1回以上の服用は禁止されています。あまった薬を保管する際には、高温多湿や直射日光を避けて保管してください。

副作用

ベガ(シルデナフィル)の一般的な副作用には以下の症状が挙げられます。
通常はこれらの副作用は薬効の消失とともに解消されるもので特に医師の診察は必要としません。ただし、症状の度合いが気になる場合には医師に相談することで予防または軽減できる可能性があります。

主な副作用

  • 顔の赤らみ(ほてり、赤味がかる、ピリピリする感覚)
  • 頭痛、めまい
  • 胸やけ、吐き気、胃のむかつき
  • 視覚異常(かすみ目、色覚の変化)
  • 鼻水や鼻づまりや鼻血
  • 睡眠障害(不眠症)
  • 筋肉痛、腰痛

なお、副作用は上に上げた症状以外にも起こる可能性があるためご注意ください。
また、服用後に以下の症状が起こる場合はシルデナフィルに対するアレルギー反応が疑われます。ただちに医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応

  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

また、以下の症状が現れる場合にも服用を中止し、ただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、あごや肩に広がる痛み、吐き気、発汗)
  • 視力変化や突然の視力障害
  • 勃起に痛みがある、または4時間以上続く(勃起が長引くと陰茎が損傷することがあります)
  • 耳鳴りや突発性難聴
  • 不整脈
  • 手、足首、または足の腫れ
  • 息切れ
  • 発作(けいれん)
  • 気絶しそうなふらつき

副作用詳細

ベガの有効成分シルデナフィルクエン酸塩は、勃起不全の改善効果以外に副作用として望ましくない症状を引き起こす場合があります。現れる副作用の程度や数は人によって異なりますが、通常は薬の効果が落ち着くにつれ回復するもので特段に医師の診察などを必要としません。

ただし、以下に挙げる症状によっては医師の診察が必要になる場合があります。

一般的な副作用

  • 顔面、頸部、腕、胸部上部の熱感および発赤
  • くしゃみ
  • 鼻づまりの症状

まれに起こる副作用

  • 射精障害
  • 腹痛
  • 視界異常
  • 胸焼け、胃酸過多
  • 背部痛
  • げっぷ
  • 鼻血
  • 体の痛み
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチク感
  • 色覚の変化
  • 視力変化
  • 目の充血
  • 下痢
  • 夜間の視力障害
  • 動きにくくなる
  • 嚥下困難
  • かすみ目
  • ドライマウス
  • 喉の乾燥や痛み
  • 過度の筋緊張
  • 眼痛
  • 顔面腫脹
  • 動悸
  • 不快感または病気の一般的な感覚
  • 声の枯れ
  • 日光に対する眼の感受性の増大
  • 消化不良
  • 関節痛
  • 力が入らない、脱力感
  • 食欲不振
  • 筋肉痛
  • 筋けいれん
  • 筋硬直
  • 筋肉の緊張
  • 頸部痛
  • 喉の痛みや灼熱感
  • 鼻水
  • くらくら感
  • 震え
  • 眠気
  • のどの痛み
  • 口唇、舌、または口腔内のただれ、潰瘍、または白い斑点
  • 胃の不快感、不快感、または痛み
  • 関節の腫れ
  • 頸部リンパ腺の圧痛と腫脹
  • 胃部の圧痛
  • 睡眠障害
  • 声の変化
  • 涙目

以下はシルデナフィルクエン酸塩によりまれに起こる副作用ですが、どの症状があらわれた場合でも、ただちに医師に相談してください。

あまり一般的でない副作用

  • 膀胱痛
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチクする感覚
  • 濁った尿や血尿
  • 目まい
  • 頻尿
  • 消化不良
  • 排尿痛
  • 極度な胃の不調
  • 胃部の圧痛

まれに起こる副作用

  • 視力異常
  • 激しい不安感
  • 酩酊に似た行動変化
  • 眼出血
  • 極度のかすみ目
  • 骨痛
  • 乳房肥大
  • 胸痛
  • 悪寒
  • 冷や汗
  • 激しい目まい
  • 痙攣(発作)
  • 皮膚蒼白
  • 難聴
  • 尿の量または排尿の頻度の減少
  • 視力低下
  • 集中できなくなる
  • 特に横になっていたり座っている姿勢から突然起きるときに起こる目まい、ふらつき
  • 物が二重に見える(複視)
  • 眠気
  • ドライアイ
  • ドライマウス
  • 皮膚の乾燥、発赤、鱗屑、剥離
  • 過度の空腹
  • 眼痛
  • 失神
  • 激しい動悸
  • 目の中の違和感
  • 激しい発熱や悪寒
  • 激しい頭痛
  • 瞳孔の大きさの増大
  • 発汗増加
  • 喉の渇きの増大
  • 腰やわき腹の痛み
  • 片頭痛
  • 激しい吐き気
  • 悪夢
  • 手のしびれ
  • 痛みや腫れを伴う関節
  • 痛みを伴う長時間の陰茎勃起
  • 眼の充血、灼熱感、腫れ
  • 目の充血、かゆみ、涙目
  • 不眠症
  • 通常とは違った色合いで物が見える
  • 光の感受性に対して敏感になる
  • 震え
  • 腫脹を伴う皮膚病変
  • 発疹、じんましん、かゆみ
  • 皮膚潰瘍
  • ろれつが回らない
  • のどの痛み
  • 突然の脱力
  • 顔面、手、足、下肢の腫脹
  • 呼吸困難
  • 筋肉のけいれん
  • 皮膚が焼けるような、または刺すような異常な感覚
  • 異常な疲労や脱力
  • 視力変化
  • 一時的な視力障害

発生率は不明

  • 難聴

相互作用

バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)、アバナフィル(ステンドラ)など類似の勃起不全(ED)治療薬とシルデナフィル(ベガ)を併用しないでください。

また、ベガはアルコールやグレープフルーツ製品との併用で副作用を引き起こすリスクが増大します。

さらに、特に以下の薬を使用している場合については医師に相談してください。

医師に相談する必要がある薬

  • 高血圧または前立腺障害の治療薬
  • 抗真菌薬(ケトコナゾールまたはイトラコナゾール)
  • HIV/エイズの治療薬(リトナビルなど)

その他にも処方薬や市販薬、ビタミン剤、ハーブなどシルデナフィルとの相互作用を引き起こす成分は数多く挙げられます。上に挙げる成分は代表的なもので相互作用を引き起こすすべての成分について列挙しているわけではないのでご注意ください。

禁忌

シルデナフィルにアレルギーがある場合はベガを使用しないでください。また、リオシグアト(アデムパス)など、肺動脈性肺高血圧症の治療薬を服用している場合も同様です。

また、胸痛や心臓病などで硝酸剤(ニトログリセリン、二硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなど)を使用している場合も、ベガを服用しないでください。併用により、急激で深刻な血液低下を引き起こす可能性があります。

また、過去に以下の疾患を患ったことがある場合は必ず医師に相談し安全性を確認した上で服用を検討してください。

以下の既往歴がある場合

  • 心臓の問題(胸痛、不整脈、心臓発作)
  • 高血圧または低血圧
  • 血液循環の問題(血行障害)
  • 網膜色素変性症(目の遺伝性疾患)
  • 片目または両目の失明
  • 出血の問題
  • 胃潰瘍
  • 肺静脈閉塞症(PVOD)
  • 肝臓または腎臓病
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 陰茎の物理的変形(ペイロニー病など)
  • その他、健康上の理由で性交をするべきではないと言われた場合

シルデナフィルは、服用によりまれに目の視神経への血流を減少させ突然の視力低下を引き起こすことがあります。
これは少数の人に起こるものですが、そのほとんどが心臓病、糖尿病、高血圧、高脂血症、以前から眼に問題を抱えている、喫煙者、50歳以上)といった条件を満たしていると起こりやすいことが判明しています。
しかし、この薬が実際に視力障害の原因であるかどうかは明らかにはなっていません。

また、妊娠あるいは妊娠予定のある女性は基本的に服用するべきではありません。もし、肺動脈性肺高血圧症などにより女性が服用を検討する場合は必ず医師に相談してください。

また、シルデナフィルの母乳中への移行や授乳中の乳児への影響はいずれも不明のため、授乳中の場合も必ず服用前に医師に相談してください。

また、18歳未満の方は男性であっても医師の相談なしに薬を服用しないでください。

よくある質問

Q.ベガは低価格なジェネリック薬ですが、本当に有効成分は含まれている本物ですか?
A.はい、バイアグラと同様にシルデナフィルが100mg含まれており同じ効果が期待できます。製造元のシグネチャー・ファーマシューティカルズは世界的大手製薬会社のため薬が偽物であるということもありません。
Q.シルデナフィルの含有量が100mgは多すぎる気がするのですが、分けて使うことはできますか?
A.はい、市販のピルカッターで錠剤を割り半錠飲みすることでシルデナフィル50mg相当の効果を得ることができます。半錠飲みの際にシルデナフィル特有の苦味が気になる場合には、ベガオーラルゼリーなどのゼリー状ED治療薬の使用を検討してください。