アバナ・アヴァナ(avana)50mg/100mg/200mg

avana
avana
avana
avana
avana
avana
avana
avana

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.3
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

LINE割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:avana
アバナ・アヴァナ(avana)50mg/100mg/200mg
アバナ・アヴァナ50mg(avana) 4錠
在庫あり
16%OFF ¥2,670 ¥2,230
数量4錠
アバナ・アヴァナ50mg(avana) 12錠
在庫あり
44%OFF ¥8,010 ¥4,480
数量12錠
アバナ・アヴァナ(avana) 100mg 4錠
在庫あり
19%OFF ¥3,680 ¥2,980
数量4錠
アバナ・アヴァナ100mg(avana) 12錠
在庫あり
37%OFF ¥11,040 ¥6,980
数量12錠
アバナ・アヴァナ(avana) 200mg 4錠
在庫あり
14%OFF ¥4,300 ¥3,680
数量4錠
アバナ・アヴァナ200mg(avana) 12錠
在庫あり
30%OFF ¥12,900 ¥8,980
数量12錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

この薬と同じ成分の医薬品は見つかりませんでした。お手数ですが、以下のボタンより類似薬をお探しください。

アバナの詳細

アバナ(アヴァナ)とは

医薬品名
アバナ(avana)
メーカー
サンライズ・レメディーズ(Sunrise Remedies)
有効成分
アバナフィル(Avanafil)
効果・効能
勃起不全(ED)/中折れの改善
剤形
タブレット(tablet)
  1. 日本生まれの八方美人 アバナは第4世代のED治療薬で勃起力、即効性、副作用の少なさを併せ持つのが特徴。一度は試してみたい非常に使い勝手の良い便利な薬となっています。
  2. 副作用リスクが少ない 従来の薬は勃起力が高い一方で副作用リスクも高いのがデメリットでしたが、これらの薬が合わない方でもアバナなら高い効果が期待できます。
  3. 国際的な基準を満たす品質 WHOのGMP(適正製造基準)を認定を受ける同社は薬の品質も問題なし、国際基準を満たすため日本を始め先進国でも十分使用可能な高いレベルに仕上がっています。

アバナ(アヴァナ)は第4世代の勃起不全(ED)治療薬で服用により中折を改善、性行為に十分な勃起力が得られる医薬品です。

有効成分のアバナフィルは日本の田辺三菱製薬株式が開発した成分で、勃起はそのままに従来薬に比べて即効性があり、飲食の影響を受けず、副作用も少ないと利便性が大幅に改善されている点が特徴です。

加えてこちらの薬はジェネリック薬でもあるためコストパフォーマンスも高く、勃起不全(ED)治療薬で副作用が出がちな方から初めて勃起不全(ED)治療薬を使う方まで幅広い方にお使いいただけます。

製造元のサンライズ・レメディーズはインドのアフマダーバードに本拠地を置く製薬会社で、特にジェネリック医薬品の製造を得意とするメーカーです。
同社の医薬品はWHOの定める適正製造基準認定を受け、世界中で使用されるなど品質面では定評があります。


アバナ(アヴァナ)の有効成分アバナフィルはホスホジエステラーゼ5型(PDE5)阻害薬と呼ばれる種類の薬で、服用により血管壁にある筋肉を弛緩させペニスなど体の特定部位の血流を促進する作用があります。
これにより作用時間中は陰茎海綿体への血液流入も増加、ペニスが性行為に十分な勃起力が維持できるようになり勃起不全(インポテンス)の症状が改善されるものです。

ただし、この薬はあくまで性的刺激を受けた際の勃起を助けるもので直接的に勃起を引き起こすわけではありません。性的刺激を受けなければ勃起も起こらないためご注意ください。

また、この薬はグレープフルーツ製品や過度なアルコール摂取により思わぬ効果・副作用が増大されることがあります。服用時の併用もなるべく避けてください。

効果・効能

アバナ(アヴァナ)の有効成分アバナフィルには勃起を妨げる酵素のはたらきをブロックする作用があり、これにより勃起不全や中折れの症状を改善する効果が見込めます。

勃起不全(ED)治療薬としては第4世代の比較的新しい薬で、従来薬の勃起力はそのままに速効性は高く、副作用は少なく、飲食の影響も受けないと主に利便性が大幅に改善されているのが特徴です。
一言で言えば今までの薬の特徴をいいとこ取りしたようなバランスの良い薬と言えるでしょう。


ペニスの勃起は性的刺激を受けた際に分泌される一酸化窒素(NO)によりグアニル酸シクラーゼが活性化、これに伴う環状グアノシン一リン酸(cGMP)濃度増加により海綿体平滑筋が弛緩し血液流入が発生する仕組みです。

アバナ(アヴァナ)の有効成分アバナフィルは海綿体の環状グアノシン一リン酸(cGMP)分解に関与するホスホジエステラーゼ5型(PDE5)酵素のはたらきを阻害する作用があるため、服用により血液流入が改善し一酸化窒素の作用を増強する効果が見込めます。

ただし、アバナフィルはあくまで海綿体に直接弛緩作用を示すわけではなく、あくまでホスホジエステラーゼ5型(PDE5)の阻害により一酸化窒素(NO)の作用を増強するものです。
したがって一酸化窒素(NO)の局所放出に必要なトリガーとなる性的刺激がなければ勃起が起こることもありません。

飲み方・使い方

アバナ(アヴァナ)は性行為の15~30分前に1錠を水またはぬるま湯で服用してください。食前・食後は不問です。
当サイトでは50mg/100mg/200mgの3種類が購入可能ですが、初めて使用される場合は50mg錠から服用してください。

服用後は30分ほどで効果が現れ始めすぐにピークを迎え、その後4~6時間ほど効果が持続します。
ただし薬の効果は体質による個人差が大きく、もし満足な効果が得られない場合でも追加の服用は控えて必ず服用間隔を24時間以上開けてください。

  • 初期用量:性行為の15~30分前に50~100mg
  • 維持用量:性行為の15~30分前に50~200mg
  • 最大用量:1日1回200mg

薬はなるべく湿気や熱、日光を避けて常温で保存してください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

アバナ(アヴァナ)は服用によって以下の副作用が起きることがあります。
これは一般的な副作用で体が薬に慣れるにつれ低減するものでもあるため特に医師の治療も不要です。

ただし、症状が持続したり程度が気になる場合は医師に相談してみても良いでしょう。

主な副作用
  • 頭痛
  • 紅潮(熱感、発赤、ピリピリする感じ)
  • 風邪のような症状(鼻水や鼻づまり、喉の痛みなど)
  • 背中の痛み

ただし、性行為中にめまいや吐き気がしたり、胸、腕、首、顎に痛みやしびれ、うずきが生じたり以下の症状が現れる場合はただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • 視力変化、突然の視力喪失
  • 耳鳴り、突然の難聴
  • 片方または両方の脚の痛み、腫れ、熱感、発赤
  • 息切れ、手足のむくみ
  • 意識がもうろうとしているような感覚
  • 陰茎勃起に痛みを伴う
  • 陰茎勃起が4時間以上続く

特にアバナの服用により視力障害やアレルギー反応が起きる場合は緊急の治療を受けてください。

主なアレルギー反応
  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

視力障害はED治療薬全般に起こり得る副作用で心臓病、糖尿病、高血圧、高コレステロール、眼の疾患、喫煙習慣、50歳以上である場合に起こりやすいことが知られています。
ただし、アバナフィルが実際に視力喪失の原因であるかどうかは明らかになっていません。


アバナ(アヴァナ)は有効成分アバナフィルの影響により以下の副作用が起きることがあります。
これは一般的な副作用で体が薬に慣れるにつれ低減するものでもあるため医師の治療も不要です。

一般的な副作用
  • 温かみを感じる
  • 発熱
  • 筋肉痛
  • 顔面、頸部、腕、胸部上部の発赤
  • 咽頭痛
  • 鼻づまりや鼻水
あまり一般的でない副作用
  • 胃もたれ
  • げっぷ
  • 体の痛み
  • 色覚の変化
  • 寒気
  • 痰がからむ咳
  • 下痢
  • 排便困難
  • 体を動かしにくい
  • 耳詰まり
  • 胸焼け
  • 消化不良
  • 関節痛
  • 食欲不振
  • 失声
  • 筋肉の痛みやこわばり
  • 目と頬骨の周りの痛みや圧痛
  • 発疹
  • 震え
  • くしゃみ
  • 発汗
  • 睡眠障害
珍しい副作用
  • 不安感
  • 鼻血
  • 骨痛
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 錯乱
  • 肌の蒼白
  • 鬱病
  • 自分や周囲の絶え間なく動く感覚
  • 飢餓感の増大
  • 皮膚のかゆみ
  • 筋肉の痛みやけいれん
  • 悪夢
  • 発作
  • 回転するような感覚
  • 震え
  • (異常な)眠気
  • 言語が不明瞭になる
  • 関節の腫れ
  • 胃部の圧痛

ただし、服用中に次の症状が発生する場合は薬の使用を中止しただちに医師の治療を受けてください。

あまり一般的でない副作用
  • かすみ目
  • 目まい
  • 頭痛
  • 神経質になる
  • 耳鳴り
  • 心拍の変化
珍しい副作用
  • 腕、背中、顎の痛み
  • 膀胱痛
  • 顔、腕、手、下肢、足の膨張・腫脹
  • 血性尿、混濁尿
  • 胸の痛みや不快感
  • 胸部の圧迫感や重苦しい感じ
  • 呼吸困難、努力性呼吸
  • 排尿困難、排尿時灼熱感、排尿痛
  • 脈拍の変化(速く、不規則に、激しくなる)
  • 頻尿
  • 勃起しすぎる
  • 腰やわき腹の痛み
  • 悪心嘔吐
  • 鼠径部や生殖器の痛み
  • 腕や脚の痛み、発赤、腫れ
  • 急激な体重増加
  • 肋骨のすぐ下の鋭い背部痛
  • 発汗
  • 胸部圧迫感
  • 手や足のチクチク感
  • 異常な疲労や衰弱
  • 異常な体重増減

相互作用

アバナ(アヴァナ)はグレープフルーツ製品や以下の薬との併用により重篤な副作用を引き起こす恐れがあります。薬の併用はしないでください。

併用できない薬
  • 肺動脈性肺高血圧症治療薬(アデムパス、リオシグアトなど)
  • 硝酸薬(ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、アミル硝酸塩、亜硝酸塩など)
  • 類似の作用をもつ薬(シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルなど)

また、以下の薬を使用している場合は医師に相談し安全性を確認した上で薬を服用してください。

医師に確認が必要な薬
  • 抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシン、テリスロマイシンなど)
  • 抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾールなど)
  • 高血圧や前立腺疾患の治療薬(アルフゾシン、ドキサゾシン、プラゾシン、シロドシン、テラゾシン、タムスロシンなど)
  • C型肝炎治療薬(ボセプレビル、テラプレビルなど)
  • HIV/AIDS治療薬(アタザナビル、インジナビル、リトナビル、サキナビルなど)

その他にもアバナフィルとの相互作用は処方薬や市販薬、ビタミン、ハーブ製品など多くの成分との間で引き起こされる可能性があります。
これらはあくまで代表的なもので、その全てがここにリストアップされているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

有効成分のアバナフィルにアレルギーがある場合、女性・子供は薬を服用しないでください。

また、以下の病気にかかっている・かかっていた場合は医師に相談し安全性を確認した上でアバナ(アヴァナ)を服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 心不全
  • 狭心症(胸痛)
  • 不整脈(心調律障害)
  • 心臓発作、脳卒中
  • 心臓手術
  • 高血圧、低血圧
  • 色素性網膜炎(遺伝性の眼疾患)
  • 聴覚や視覚の疾病、視力障害
  • 出血の疾病
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 胃潰瘍
  • 肝疾患、腎疾患(または透析を受けている)
  • 持続勃起症(痛みを伴う勃起、4時間以上続く勃起)
  • 陰茎の物理的変形(ペイロニー病など)
  • 健康上の理由から性交すべきではないと言われた場合

よくある質問

Q.服用や性行為の前後に食事をしても大丈夫ですか?
A.はい、大丈夫です。アバナ(アヴァナ)は食事の影響を受けず副作用も穏やかな点が大きな特徴です。
Q.アルコール(お酒)の影響はありますか?
A.いいえ、ただし過度な飲酒は控えてください(特に3種類以上のお酒を飲むことはやめてください)。