バルディトラ(Varditra)10mg/20mg/40mg/60mg レビトラジェネリック

varditra
varditra
varditra
varditra
varditra
varditra
varditra
varditra
varditra
varditra

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

医薬品の関する説明は製薬会社の添付文書などから抜粋しています。
評価
4.7
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:varditra
バルディトラ(Varditra)10mg/20mg/40mg/60mg レビトラジェネリック
バルディトラ(Varditra)10mg 10錠
在庫あり
21%OFF ¥3,500 ¥2,780
数量10錠
バルディトラ(Varditra)10mg 30錠
在庫あり
55%OFF ¥10,500 ¥4,680
数量30錠
バルディトラ(Varditra)20mg 10錠
在庫あり
19%OFF ¥3,700 ¥2,980
数量10錠
バルディトラ(Varditra)20mg 30錠
在庫あり
51%OFF ¥11,100 ¥5,480
数量30錠
バルディトラ(Varditra)40mg 10錠
在庫あり
18%OFF ¥4,000 ¥3,280
数量10錠
バルディトラ(Varditra)40mg 30錠
在庫あり
48%OFF ¥12,000 ¥6,280
数量30錠
バルディトラ(Varditra)60mg 10錠
在庫あり
17%OFF ¥4,200 ¥3,480
数量10錠
バルディトラ(Varditra)60mg 30錠
在庫あり
49%OFF ¥12,600 ¥6,480
数量30錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

バルディトラ(Varditra)の商品詳細

バルディトラとは

医薬品名
バルディトラ(Varditra)
メーカー
ヒーリングファーマ(Healing Pharma)
有効成分
バルデナフィル塩酸塩水和物(Vardenafil)
効果・効能
勃起不全(ED)/中折れの改善
剤形
タブレット(tablet)
先発医薬品
レビトラ(levitra)
  1. 急なチャンスにも対応 バルディトラの有効成分バルデナフィルは最短15分と即効性が高く、性行為直前の服用でもしっかり勃起力を高めてくれます。
  2. 大人気バルディトラシリーズ レビトラジェネリックの中でも人気のバルディトラシリーズで、早漏防止とED改善が同時に叶うスーパーバルディトラなども好評です。
  3. 低価格ながら高品質 国際基準であるGMP認定を受けるヒーリングファーマが製造を手掛けているため、低価格でありながら品質や安全性が高いのが特徴です。

バルディトラは先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを含有した勃起不全(ED)の治療薬です。

バルデナフィルは服用から15分ほどで効き始める即効性の高さが特徴で、性行為の直前に服用しても高い勃起力が期待できます。

また、バイアグラに比べ食事の影響を受けにくく副作用も少ないため利便性にも優れます。

製造元のヒーリングファーマ社はインドのムンバイに本拠地を置く製薬会社です。2017年創業の比較的新しい製薬会社ですが、最新設備を有し750以上の製品を手掛けるなど急成長を遂げる企業としても注目されています。 WHOのGMP(適正製造基準)をクリアしており品質や安全性には定評があります。


バルディトラの有効成分であるバルデナフィルは、男性の勃起不全(ED)治療に使用される医薬品であり、性的な刺激に反応して勃起を促進する効果が見込まれます。

通常、性的刺激を受けると脳の中枢神経が興奮し、環状グアノシン一リン酸(cGMP)が合成され男性器の海綿体における平滑筋がゆるみ陰茎への血液流入が増加することで勃起が起こります。

反対に、体には勃起を鎮める働きもありホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)という酵素がこの役割を担っています。PDE-5はcGMPを分解するため性的興奮が治まると勃起を収束させます。

バルディトラの有効成分であるバルデナフィルにはPDE-5の働きを阻害する作用があるため、勃起が促進される仕組みです。

ただし、バルディトラは服用により稀に重篤な副作用を引き起こす場合がありますので注意が必要です。

  • めまいや吐き気
  • 刺痛感
  • アレルギー反応
  • 突然の視力喪失
  • 4時間以上痛みを伴う勃起

上記の症状が現れた場合にはただちに医師の治療を受けてください。

なお、バルディトラを始めとするED治療薬は性感染症(STD)の予防・改善や効果はありません。梅毒や淋病、HIVなどは別途対策を講じるとともに定期的に検査を行うようにしましょう。

効果・効能

バルディトラの有効成分バルデナフィルは血管の筋肉を弛緩させる作用があり、陰茎への血液流入を増加させる効果があります。

勃起は性的刺激を受けた際に陰茎中で環状グアノシン一リン酸(cGMP)酵素が分泌されることにより起こりますが、勃起不全のケースでは別の酵素ホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)によりcGMPを分解されることで勃起が阻害されます。

バルデナフィルには、このPDE-5のはたらきを阻害する作用があるため、陰茎海綿体への血液流入が増加して性行為に十分な勃起が達成・維持できる仕組みです。
ただし、勃起はあくまで性的刺激を受けた際に起こるもので性的刺激がなければ勃起も起こりませんのでご注意ください。

飲み方・使い方

バルディトラは性行為の30分~1時間前に1錠をぬるま湯もしくは水で服用してください。
舌下錠のため水が無くても口の中で溶かして服用可能です。

当サイトでは10mg/20mg/40mg/60mgの4種類が購入可能ですが、初めての方はピルカッターで10mgを1/2に割って服用することをおすすめします。

15~30分ほどで効果があらわれ、その後4~8時間ほど勃起しやすい状態が続きます。

ただし、服用は1日1回までにとどめ必ず服用感覚は24時間以上あけるようにしてください。

常温での保管が可能ではありますが、なるべく湿気や熱、日光を避けてください。また、誤飲を避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

バルディトラの有効成分バルデナフィルは以下の一時的な副作用を引き起こすことがあります。

これらの副作用は何度か服用することにより体が慣れ低減されていきますが、もし症状の程度が気になる場合には医師にご相談ください。

主な副作用

  • ほてり
  • 鼻づまりや副鼻腔の痛み
  • 頭痛、めまい
  • 心悸亢進
  • 消化不良み
  • 嘔気
  • 鼻づまりの症状

これらの副作用は何度か服用することにより体が慣れ低減されていきますが、もし症状の程度が気になる場合には医師に相談し予防・改善についてのアドバイスを受けると良いでしょう。

ただし、服用後に以下の副作用が現れる場合はただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、あごや肩に広がる痛み、吐き気、発汗)
  • 視力変化や突然の視力障害
  • 勃起に痛みがある、または4時間以上続く(勃起が長引くと陰茎が損傷することがあります)
  • 耳鳴りや突発性難聴
  • 不整脈
  • 手、足首、または足の腫れ
  • 息切れ
  • 気絶しそうなふらつき
  • 発作(けいれん)

また、以下の症状はバルデナフィルのアレルギー反応の兆候です。これらが現れる場合も同様にバルデナフィルにただちに使用を中止し医師の治療を受けてください。

主なアレルギー反応

  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

バルデナフィル塩酸塩水和物は服用によりいくつかの副作用が発生する可能性があります。通常は効果とともに副作用が薄れていくため医師の診察を必要としません。
ただし、次の副作用のいずれかが続くか、厄介な場合には医師に相談してください。

あまり一般的ではない副作用

  • 頻脈
  • 高血圧
  • 不眠症
  • 異常感覚
  • 傾眠
  • 眩暈
  • 感覚鈍麻
  • γ-GTP上昇
  • 副鼻腔うっ血
  • 呼吸困難
  • 鼻出血
  • 背部痛
  • 筋肉痛
  • 腹痛
  • 下痢
  • 口内乾燥
  • 下痢
  • 胃炎
  • 嘔吐
  • 胃食道逆流
  • 視覚異常
  • 結膜炎
  • 霧視
  • 羞明
  • 彩視症
  • 眼痛
  • 耳鳴
  • 流涙
  • CK上昇
  • 灼熱感
  • 無力症
  • 胸痛
  • 異常感
  • 勃起増強(勃起時疼痛等)

バルデナフィルの服用中に次の副作用のいずれかが発生した場合は、すぐに医師の治療を受けてください。

まれに起こる副作用

  • 失神
  • 低血圧
  • 顔面浮腫
  • 心筋虚血
  • 心筋梗塞
  • 不安
  • 緊張亢進
  • 一過性全健忘
  • 関節痛
  • 頸部痛
  • 嚥下障害
  • 食道炎
  • インフルエンザ症候群
  • 射精障害
  • アナフィラキシー反応
  • 持続勃起

発生率は不明

  • 起立性低血圧
  • 狭心症
  • 緑内障

相互作用

以下いずれかの医薬品を服用している場合はバルディトラを服用しないでください。

使用できない薬剤

  • 胸痛や心臓病に硝酸薬を使用している場合
    ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、一硝酸イソソルビド、硝酸アミルなど

また、以下に該当する医薬品は事前に医師の確認が必要です。

医師に確認が必要な薬

  • 抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシン)
  • 抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾール)
  • 高血圧や前立腺障害の治療薬(アルフゾシン、ドキサゾシン、プラゾシン、シロドシン、テラゾシン、タムスロシン)
  • 不整脈の治療薬(アミオダロン、ドロネダロン、プロカインアミド、キニジン、ソタロール)
  • HIV/AIDS治療薬(アタザナビル、インジナビル、リトナビル、サキナビルなど)

その他にも、バルデナフィルに影響を及ぼす成分は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多く挙げられます。
これらの相互作用はあくまで代表的なもののみで全てについて列挙しているわけではないためご注意ください。

禁忌

バルディトラの有効成分バルデナフィルに対してアレルギーがある場合やリオシグアト(アデムパス)など肺動脈性肺高血圧症(PAH)の治療薬を服用している場合はゼビトラを使用しないでください。

その他にも、過去に以下の疾病を患った経験がある場合は服用前に必ず医師に相談し安全性を確認してから服用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状

  • 心臓病、不整脈
  • 心臓発作、脳卒中、うっ血性心不全
  • QT延長症候群(あなたや家族の中で)
  • 高血圧や低血圧
  • 発作
  • 肝疾患、腎疾患(または透析を受けている場合)
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 血友病などの出血性疾患
  • 胃潰瘍
  • 聴覚または視覚の問題、視力障害
  • 網膜色素変性症(目の遺伝性疾患)
  • 陰茎の物理的変形(ペイロニー病など)
  • その他、健康上の理由で性交をするべきではないと言われた場合

また、バルデナフィルは女性用の医薬品ではありません。妊娠中または授乳中の女性における影響も不明であるため使用しないでください。

18歳未満の男性も同様に使用しないでください。

よくある質問

Q.食事の影響を受けにくいんですか?
A.はい。ただし、700kcalを超える脂肪分の多い食事の後に服用した場合は効果を感じにくくなる恐れがありますのでご注意ください。
Q.錠剤は割って服用できますか?
A.はい。その際はピルカッターの使用がおすすめです。
Q.女性も使えますか?
A.バルデナフィルはあくまで男性用になりますので、女性の方は女性用の製品をご検討ください。