シルディナフィルパワーピル100mg(Sildenafil Power Pill) バイアグラジェネリック

sildenafil-power-pill

※パッケージリニューアルなどの理由により実際の商品とはデザインが異なる場合があります。
※商品は使用により副作用を生じることがあります。使用は自己責任となりますため、お客様ご自身にて効果・用法用量などを十分ご理解の上、輸入代行をご依頼ください。
※パッケージや説明書が付属せず簡易包装・PTPシートのみでの配送となる場合がございますが、ご了承ください。

評価
4.4
とても満足
満足
普通
やや不満
不満

新規会員割引キャンペーン

LINE割引キャンペーン

商品番号:sildenafil-power-pill
シルディナフィルパワーピル100mg(Sildenafil Power Pill) バイアグラジェネリック
シルディナフィルパワーピル100mg(Sildenafil Power Pill) 10錠
在庫あり
16%OFF ¥3,900 ¥3,280
数量10錠
シルディナフィルパワーピル100mg(Sildenafil Power Pill) 30錠
在庫あり
49%OFF ¥11,700 ¥5,980
数量30錠
シルディナフィルパワーピル100mg(Sildenafil Power Pill) 50錠
在庫あり
52%OFF ¥19,500 ¥9,280
数量50錠

同じ成分の医薬品(先発薬・ジェネリック)

シルディナフィルパワーピルの詳細

シルディナフィルパワーピルとは

医薬品名
シルディナフィルパワーピル(Sildenafil Power Pill)
メーカー
センチュリオン(Centurion Laboratories)
有効成分
シルデナフィルクエン酸塩(Sildenafil)
効果・効能
勃起不全(ED)の改善
剤形
錠剤(Tablet)
先発薬
バイアグラ(viagra)
  1. 知名度No.1のED治療薬 先発薬バイアグラはED薬の中でも知名度が最も高く、パワフルな勃起力を実現するのが特徴です。
  2. 圧倒的コストパフォーマンス 100㎎1錠185円~とバイアグラジェネリックの中でも非常にコスパが良く、割って50㎎にすれば93円~、25㎎なら46円~とさらにお得になります。
  3. 人気のセンチュリオン社製品 数多くのED治療薬を手がけるセンチュリオン社の製品のため使用実績も多く、ジェネリックは初めてという方でも安心して使用できます。

シルディナフィルパワーピルはバイアグラと同じ成分を含むED治療薬です。

服用することで性的刺激を受けた際の勃起力を強力に高め、勃起不全(ED)や中折れを改善する効果が期待できます。

射精後でも性的刺激によって再度勃起が可能な状態が続くため、何回も性行為を楽しみたいという場合にも使用することができます。

製造元のセンチュリオン・ラボラトリーズはインドのヴァドーダラーに本社を置く製薬会社です。 同社の工場はWHOの適正製造基準の認証を受ける近代的な設備を備えており、国際的な品質基準をクリアしています。センフォースシリーズなど数多くのED治療薬を手掛けており品質や安全性で評価の高い企業です。


先発薬のバイアグラは元々ファイザー社が狭心症の治療薬として開発を進めていた医薬品ですが、研究の過程でシルデナフィルによって陰茎の勃起が促進される効果が発見されED治療薬として販売されることとなりました。

勃起は性的刺激を受けた際に、脳からの命令によって放出された一酸化窒素が体内でサイクリックGMP(cGMP)を産出します。cGMPは陰茎海綿体の血管を拡張し、陰茎への血流を増加させることで勃起を起こします。

しかし、EDの場合は脳からの命令を伝える神経や血管のはたらきに支障が生じているため性行為に十分な勃起が起こりにくくなっています。

シルディナフィルパワーピルの有効成分であるシルデナフィルには、陰茎に存在するホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)のはたらきを阻害する作用があり、これによってcGMPの分解を防ぎ陰茎への血液流入を促進させます。

ただし、シルディナフィルパワーピルはあくまで性的刺激を受けた際に勃起を促進・維持するもので、薬自体に勃起を起こす効果はありません。

また、ED治療薬はHIV、B型肝炎、淋病、梅毒などの性感染症予防としての効果はありませんのでご注意ください。

効果・効能

勃起不全(ED)

シルディナフィルパワーピルの有効成分であるシルデナフィルには、勃起を妨げるホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)という酵素をブロックする作用があります。
これにより、勃起に必要な陰茎への血液流入が増加し満足な性行為に十分な勃起を促進・維持する効果が期待できます。

肺動脈性肺高血圧症(PAH)

シルディナフィルパワーピルの有効成分シルデナフィルには、肺動脈性肺高血圧症(PAH)による高血圧の治療にも効果が認められています。


勃起不全(ED)

シルデナフィルクエン酸塩による陰茎勃起の生理的機序は、性的刺激における陰茎海綿体からの一酸化窒素(NO)放出が重要な役割を果たします。このNOはグアニル酸シクラーゼを刺激して、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の濃度が上昇し、その結果平滑筋が弛緩して陰茎海綿体に血液が流入するようになります。

シルデナフィルクエン酸塩は、海綿体に存在するcGMP分解酵素であるホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)を阻害することで、一酸化窒素の作用を増幅します。性的刺激を受けると一酸化窒素が局所的に放出され、シルデナフィルクエン酸塩によるPDE-5の阻害によって、海綿体のcGMP濃度が上昇します。これにより、平滑筋が弛緩し、海綿体に血液が流入する仕組みが働きます。

肺動脈性肺高血圧症(PAH)

シルディナフィルには強力な肺血管拡張作用があることから肺動脈性肺高血圧症(PAH)に対して血圧を下げる薬として用いられています。
血管平滑筋をゆるめ血管拡張をもたらすcGMPを分解してしまうホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)を阻害することでcGMPを増やして肺動脈を広げる作用があります。

飲み方・使い方

シルディナフィルパワーピルは、性行為の30分~1時間前に1錠を服用してください。

当サイトでは100mgの1種類のみが購入可能ですが、初めての方はピルカッターで1/4に割って服用してください。

服用から1時間ほどで効果のピークを迎え4~5時間ほど持続しますが、直前に高脂肪食・高カロリー食を摂取すると効果が1時間ほど遅れることがあります。

また、薬を飲むだけで勃起するわけではなく性的刺激に反応して勃起するものなのでご注意ください。

十分な効果が得られかった場合でも、1日1回以上の服用は避け服用間隔は必ず24時間以上開けてください。

薬を保管する際には、湿気や高温を避けて室温で保管してください。

副作用

シルディナフィルパワーピルは一般的に以下の副作用が起こる場合があります。通常は医師の診察も必要としませんが、程度が気になるようであれば医療機関を受診してください。

主な副作用
  • 顔の赤らみ(ほてり、赤味がかる、ピリピリする感覚)
  • 頭痛、めまい
  • 胸やけ、吐き気、胃のむかつき
  • 視覚異常(かすみ目、色覚の変化)
  • 鼻水や鼻づまりや鼻血
  • 睡眠障害(不眠症)
  • 筋肉痛、腰痛

ただし、以下の症状がある場合はシルデナフィルの服用を中止し緊急の治療を受けてください。

治療が必要な症状
  • 心臓発作の症状(胸痛や圧迫感、あごや肩に広がる痛み、吐き気、発汗)
  • 視力変化や突然の視力障害
  • 勃起に痛みがある、または4時間以上続く(勃起が長引くと陰茎が損傷することがあります)
  • 耳鳴りや突発性難聴
  • 不整脈
  • 手、足首、または足の腫れ
  • 息切れ
  • 発作(けいれん)
  • 気絶しそうなふらつき

また、シルデナフィルに対するアレルギー反応の徴候がみられる場合も救急処置を受けてください。

主なアレルギー反応
  • じんま疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、のどの腫れ

また、シルデナフィルは服用により目の視神経への血流を減少させ、突然の視力低下を引き起こす可能性があります。

これは、心臓病、糖尿病、高血圧、高脂血症、特定の目の疾患、喫煙、50歳以上といった要素を抱えているとまれに起こるものですが、この薬が視力喪失の実際の原因であるかどうかは明らかではありません。


有効成分のシルデナフィルクエン酸塩によって、いくつかの副作用が発生することがあります。
以下に挙げる副作用は体が薬に順応するものでもあり通常は医師の診察を必要としません。

ただし、副作用が継続するか程度が重い場合は医師に相談してもよいでしょう。

一般的な副作用
  • 顔面、頸部、腕、胸部上部の熱感および発赤
  • くしゃみ
  • 鼻づまりの症状
まれに起こる副作用
  • 射精障害
  • 腹痛
  • 視界異常
  • 胸焼け、胃酸過多
  • 背部痛
  • げっぷ
  • 鼻血
  • 体の痛み
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチク感
  • 色覚の変化
  • 視力変化
  • 目の充血
  • 下痢
  • 夜間の視力障害
  • 動きにくくなる
  • 嚥下困難
  • かすみ目
  • ドライマウス
  • 喉の乾燥や痛み
  • 過度の筋緊張
  • 眼痛
  • 顔面腫脹
  • 動悸
  • 不快感または病気の一般的な感覚
  • 声の枯れ
  • 日光に対する眼の感受性の増大
  • 消化不良
  • 関節痛
  • 力が入らない、脱力感
  • 食欲不振
  • 筋肉痛
  • 筋けいれん
  • 筋硬直
  • 筋肉の緊張
  • 頸部痛
  • 喉の痛みや灼熱感
  • 鼻水
  • くらくら感
  • 震え
  • 眠気
  • のどの痛み
  • 口唇、舌、または口腔内のただれ、潰瘍、または白い斑点
  • 胃の不快感、不快感、または痛み
  • 関節の腫れ
  • 頸部リンパ腺の圧痛と腫脹
  • 胃部の圧痛
  • 睡眠障害
  • 声の変化
  • 涙目

ただし、服用中に次の副作用のいずれかが発生した場合はすぐに医師の治療を受けてください。

あまり一般的でない副作用
  • 膀胱痛
  • 胸や胃の焼けるような感じ
  • 灼熱感、かゆみ、しびれ、チクチクする感覚
  • 濁った尿や血尿
  • 目まい
  • 頻尿
  • 消化不良
  • 排尿痛
  • 極度な胃の不調
  • 胃部の圧痛
まれに起こる副作用
  • 視力異常
  • 激しい不安感
  • 酩酊に似た行動変化
  • 眼出血
  • 極度のかすみ目
  • 骨痛
  • 乳房肥大
  • 胸痛
  • 悪寒
  • 冷や汗
  • 激しい目まい
  • 痙攣(発作)
  • 皮膚蒼白
  • 難聴
  • 尿の量または排尿の頻度の減少
  • 視力低下
  • 集中できなくなる
  • 特に横になっていたり座っている姿勢から突然起きるときに起こる目まい、ふらつき
  • 物が二重に見える(複視)
  • 眠気
  • ドライアイ
  • ドライマウス
  • 皮膚の乾燥、発赤、鱗屑、剥離
  • 過度の空腹
  • 眼痛
  • 失神
  • 激しい動悸
  • 目の中の違和感
  • 激しい発熱や悪寒
  • 激しい頭痛
  • 瞳孔の大きさの増大
  • 発汗増加
  • 喉の渇きの増大
  • 腰やわき腹の痛み
  • 片頭痛
  • 激しい吐き気
  • 悪夢
  • 手のしびれ
  • 痛みや腫れを伴う関節
  • 痛みを伴う長時間の陰茎勃起
  • 眼の充血、灼熱感、腫れ
  • 目の充血、かゆみ、涙目
  • 不眠症
  • 通常とは違った色合いで物が見える
  • 光の感受性に対して敏感になる
  • 震え
  • 腫脹を伴う皮膚病変
  • 発疹、じんましん、かゆみ
  • 皮膚潰瘍
  • ろれつが回らない
  • のどの痛み
  • 突然の脱力
  • 顔面、手、足、下肢の腫脹
  • 呼吸困難
  • 筋肉のけいれん
  • 皮膚が焼けるような、または刺すような異常な感覚
  • 異常な疲労や脱力
  • 視力変化
  • 一時的な視力障害
発生率は不明
  • 難聴

相互作用

シルデナフィルはアルコールやグレープフルーツ製品と摂取すると望ましくない副作用を引き起こすため、併用を避けてください。

また、アバナフィル(ステンドラ)、タダラフィル(シアリス)、バルデナフィル(レビトラ)など類似の薬と一緒にシルデナフィル(シルディナフィルパワーピル)を服用しないでください。
リオシグアト(アデムパス)などの肺動脈性肺高血圧症を治療するために他の薬を服用している場合も同様です。

その他にも、胸の痛みや心臓の問題で硝酸剤も使用している場合にシルディナフィルパワーピルを使用すると血圧が突然深刻に低下する可能性があります。
硝酸剤にはニトログリセリン、二硝酸イソソルビド、および一硝酸イソソルビドが対象となるほか、亜硝酸アミルなども含まれます。該当する場合は服用はしないでください。

特に以下の薬を服用している場合は事前に医師に相談してください。

医師に確認が必要な薬
  • 高血圧または前立腺障害の治療薬
  • 抗真菌薬(ケトコナゾールまたはイトラコナゾール)
  • HIV/エイズの治療薬(リトナビルなど)

相互作用は処方薬や市販薬、ビタミン、ハーブ製品など他の成分により引き起こされることもあります。
すべての薬物相互作用がここにリストアップされているわけではないためご注意ください。

禁忌・注意点

シルディナフィルパワーピルに含まれる成分に対しアレルギーがあるまたは女性の方は使用できません。

以下に該当する場合は医師に安全性を確認の上使用してください。

医師に確認が必要な既往歴・症状
  • 心臓の問題(胸痛、不整脈、心臓発作)
  • 高血圧または低血圧
  • 血液循環の問題(血行障害)
  • 網膜色素変性症(目の遺伝性疾患)
  • 片目または両目の失明
  • 出血の問題
  • 胃潰瘍
  • 肺静脈閉塞症(PVOD)
  • 肝臓または腎臓病
  • 鎌状赤血球症、多発性骨髄腫、白血病などの血球障害
  • 陰茎の物理的変形(ペイロニー病など)
  • その他、健康上の理由で性交をするべきではないと言われた場合

特に肺動脈性肺高血圧症の場合は相談なしにシルデナフィルの服用を開始したり中止したりしないでください。

また、18歳未満の人も医師の相談なしに薬を服用しないでください。

よくある質問

Q.依存の心配はありませんか?
A.バイアグラ(シルデナフィル)は長期間継続的に服用しても依存性はなく安全性も問題ないとされています。
Q.服用するとずっと勃起しっぱなしになるんですか?
A.いいえ。勃起状態が持続するのではなく、性的刺激を受けた際に勃起しやすい状態が続くものです。
Q.EDじゃなくても服用していいですか?
A.はい。EDではない方が服用しても勃起力を強化する効果が期待できます。