ヒルドイドクリーム40g(hirudoid cream)

hirudoid-cream

商品画像は、パッケージリニューアルなどの理由によりデザインが異なる場合がありますのでご了承ください。

商品番号:hirudoid-cream

ヒルドイドクリーム40g(hirudoid-cream)

ヒルドイドクリーム40g(hirudoid-cream) 1本
在庫状態 : 売り切れ
¥2,980
Sold Out
ヒルドイドクリーム40g(hirudoid-cream) 5本 【送料無料】
在庫状態 : 売り切れ
¥11,980
Sold Out

同じ成分(ジェネリック・正規品)や関連の医薬品

医薬品の概要

医薬品名
ヒルドイドクリーム(Hirudoid Cream)
メーカー
オーリック(OLIC)
有効成分
ヘパリン類似物質(Heparinoid Preparation)
効果・効能
皮膚の血行促進/保湿剤
剤形
クリーム(cream)

特徴

ヒルドイドクリームは皮脂欠乏症などの治療に使われる医薬品ですが、保湿効果に優れることから美容皮膚科でも多く処方される薬です。
製造元の製薬会社は日本の富士製薬工業傘下としても知られるタイ最大の製薬企業で、医薬品は最高の国際品質基準に基づいて製造されています。

効果・効能

ヒルドイドクリームの有効成分ヘパリン類似物質は皮膚の保湿、血行促進、抗炎症作用に優れた効果があり皮膚疾患や美容に効果があります。

副作用

主な副作用は、皮膚刺激感、皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、紫斑などが挙げられます。

使い方

1日1回、入浴後に乾燥が気になる部分薄く塗り拡げてください。
当サイトでは40gの1種類が購入可能です。

医薬品の詳細

ヒルドイドクリームとは

ヒルドイドクリームは、有効成分ヘパリン類似物質を含む医薬品で皮膚の乾燥に対して効果があります。

日本でも皮膚疾患に対して処方される医薬品ですが、その保湿力の高さから美容皮膚科などでも美容目的で処方されることがあります。

製造元のオーリックはタイのアユタヤ県に本社を置く製薬会社で、タイ国内最大の製薬会社です。
2012年以降は日本の富士製薬工業の傘下に入っていて、医薬品はISO17025の認定を受ける最高の国際品質基準に基づいて製造されています。

効果・効能

ヒルドイドクリームの有効成分ヘパリン類似物質には皮膚の乾燥を抑える効果があり、皮膚炎症や乾燥などの症状に効果があります。

ヘパリン類似物質は角質に直接水分を供給して保湿するモイスチャライザータイプの有効成分で、尿素よりも高い保湿作用が大きな特徴です。

その他にも血行促進作用や抗炎症作用もあり肌荒れに対して素早く効果を発揮します。

継続的な使用で角層の水分保持機能が改善され肌のバリア機能正常化が期待できます。

飲み方・使い方

1日1回、入浴後に気になる部分に薄く塗り拡げてください。

入浴後の保湿リミットは10分以内とされていますが、なるべく5分以内に塗布してください。

効果は~1ヶ月以内に起こりますが、もし~3ヶ月間使用しても効果が見られない場合は医師に相談し別の治療を検討してください。

薬は常温の保管が可能で、なるべく湿気や熱、日光を避けて保存してください。

また、目などの粘膜には使用しないよう注意し、付着した場合は水ですすいでください。

誤飲などを避けるため子供やペットがいる場合には保管場所に細心の注意を払ってください。

副作用

ヒルドイドクリームの有効成分ヘパリン類似物質は副作用はそれほど深刻ではない場合が多く、まったくない場合もあります。

ただし、以下の副作用が起こる場合はただちに医師の治療を受けてください。

治療が必要な症状

  • 皮膚刺激感
  • 皮膚炎、そう痒、発赤、発疹、潮紅など
  • 紫斑

相互作用

ヒルドイドクリームとの相互作用は特に指摘されていません。

ただし、その可能性は処方薬や市販薬からビタミン、ハーブに至るまで数多く挙げられるためご注意ください。

禁忌

僅少な出血が重大なリスクになる方や出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の疾病がある場合はこの薬を使用しないでください。

また、胎児・乳児への影響も不明のため妊娠中・出産後の女性も同様に医師に相談してください。

よくある質問

Q.使用できる年齢制限はありますか?
A.いいえ、ありません。ただし、妊娠中・授乳中の女性は念のため使用を避けてください。
Q.長期的に使っても問題ありませんか?
A.はい、長期使用による問題点は確認されていません。