【二重は嘘】ケアプロストとケアプロストプラスの効果・副作用の違い

【二重は嘘】ケアプロストとケアプロストプラスの効果・副作用の違い

日本ではまつ育に効果のあるまつ毛美容液と言えばルミガンと次いでケアプロストが定番ですね。

しかし、最近ケアプロストの最新版としてケアプロストプラスなる薬も登場しているようですね。

ケアプロストとケアプロストプラスは一体何がどう違うのか…?今回はそれぞれの薬の特徴や使い分けについて解説してまいります。

ケアプロストとプラスは何が違う?

ケアプロストは古くから知られる緑内障の治療薬・ルミガンのジェネリック薬で、副次的にまつ毛を発毛する作用も持つ唯一の医薬品成分です。

まつ育界隈ではルミガンもケアプロストも超がつくほど有名な薬なのでみなさん名前くらいは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

コスパ最強ジェネリック・ケアプロスト

ケアプロスト0.03%(careprost)

ケアプロストはサン・ファーマ社が製造・販売するルミガンのジェネリック薬です。

ルミガンと同じ有効成分ビマトプロストが含まれるので効果が高くてプチプラな点が大きな特徴です。

しかし、最近はチモロールマレイン酸塩なる成分が配合されたケアプロストの新バージョン・ケアプロストプラスなるまつ毛美容液も登場しているようです。

こちらの商品はどのような効果があるのでしょうか…?

まつ毛美容液としての効果は変わらない

結論から言ってしまうと、実はケアプロストもケアプロストプラスもまつ育の観点からの効果は全く変わりません

というのも、プラスで新たに追加されているチモロールマレイン酸塩は緑内障の治療効果をより高めるための成分であって発毛効果に関わる成分ではないんですね。

では、実際まつ毛の発毛に関わる有効成分ビマトプロストの含有量はどの程度違うかと言うと…

商品名有効成分量
ケアプロスト0.03%
ケアプロストプラス0.03%

となり全く一緒です。なので、まつ毛を伸ばす効果に実は差は一切ないんです。

ケアプロストプラスとケアプロストの使い分け

ということで、ケアプロストプラスの方が一見すると上位互換にあたる薬にも見えますが、実は基本的にプラスは使う意味がありません

なぜなら、まつ育に関係ない余計な医薬品成分が追加されている分、むしろプラスの方が副作用リスクが高いため。

「この薬はまつ毛が生えるし性病も治ります。ただし副作用は2倍です!」と言われても1ミリも嬉しくないのと全く一緒ですね。

ルミガンとケアプロストの使い分けは

ちなみに、ルミガンとケアプロストは有効成分的に効果もリスクも全く同じなのでどちらをご利用いただいても構いません。

人それぞれの体質により「ルミガンの方が効く」「ケアプロストが一番」など個人差があるので自分の体に合った方を使うのが基本です。

Rayly@m10r31y
前にケアプロスト使ってた時は色素沈着少し気になってたんだけどモデラッシュは平気だから私にはこっちの方が合ってるのかも!
午前1:19 · 2020年10月14日
ななみん イラスト×アニメ@nanaminlabo
(ルミガンに比べて)
ジェネリックのケアプロストはどうですか?
そちらは色素沈着しないっていう方もいますよー!
午後8:16 · 2020年6月8日

まつ毛美容液の定番・ルミガン

ルミガン0.01%/0.03%3ml(lumigan)

ルミガン(lumigan)はアメリカのアラガン社が製造・販売する医薬品として効果のあるまつげ美容液です。

有効成分のビマトプロストが毛包に作用し毛の成長期を延長、まつ毛をより太く、長く、強くします。

「二重になる」の嘘にご注意

ちなみに、ケアプロストプラスは二重になれるとの噂も流れているようですが、これは完全なガセで危険な副作用なので注意が必要です。

これは副作用によって起こるまぶたの落ち窪みのことを二重と都合良く解釈しているだけで基本的には老人のようにまぶたが落ち窪む

まぶたの窪み(DUES)の症例

見た目の美しさを損なうような副作用でキレイな二重が形成されるなんてことはまずあり得ません。

くれぐれも、二重になる目的のためだけにケアプロストやケアプロストプラスを点眼して使うなんてことはないように注意しましょう。

正しい使い方をしないと一転、恐ろしい薬に

そもそも、ケアプロストもケアプロストプラスも使い方を間違えたら目元が殴られたように変色したり毛がまぶたから生えたりするので細心の注意が必要な薬です。

ただし、使い方を知っていればまつげを伸ばす効果だけを得て副作用リスクを回避・軽減できるものなので正しい使い方をしっかり知っておくことが何よりも重要です。

絶対に守るべき基本は

  • 絶対に上まつ毛の根本以外に塗らない
  • 絶対に塗るときは道具を使うこと
  • 絶対に慣らし期間を設けること

などがありますが、その他にも細かいポイントはたくさんあるのでぜひ以下のページで正しく効率的にまつ毛を生やす使い方を知っておいていただければと思います。

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

まとめるとケアプロストとケアプロストプラスどちらもまつ毛を生やす効果は全く一緒ですがプラスの方が副作用リスクが高いため基本的に使用する意味はありません。

ただし、ケアプロスト、ルミガン、グラッシュビスタは効果もリスクも同程度なので自分の体質に合った薬を使い分けるといったことも可能となります。

そして、これらの薬は扱いを知っていればマツエクいらずの強力な効果を発揮しますが知らないと副作用に悩まされる少し使い方の難しい薬です。

今回はこの3つだけでも覚えて帰っていただければと思います。

美容外科御用達の美白・保湿・抗老化薬

あわせて読みたい