【ルミガンのリスクは〇〇%】色素沈着、まぶたのくぼみetc…まつ毛使用時の危険性と対策

色素沈着、まぶたのくぼみetc…まつ育でルミガン使用時の副作用と対策一覧

ルミガンと言えば塗るだけで自まつ毛をマツエク級にグンと伸ばしてくれるとても便利な薬ですね。

ただ、その一方で色素沈着やまぶたのくぼみなど逆に見た目を損なう嫌な副作用があることでも知られていて、「使うのはちょっと怖いかも」と躊躇している方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回はみなさん気になっているルミガンの副作用についてどの程度起こるもので対策はあるのかを細かく解説してまいります。

実際ルミガンはどの程度危険なのか

種類は違えど効果・副作用は同じ

ルミガンと言えば副作用が何かと取り沙汰されがちなまつ毛美容液ですが、実際使用により以下のリスクがあるのは事実です。

  • 目の充血、かゆみ
  • 目の周りの色素沈着、黒ずみ
  • まぶたのくぼみ

…が、結論から言うとルミガンだけ特別ひどい副作用があるわけではなく美容皮膚科が処方してくれるグラッシュビスタも実は副作用の頻度・程度は全く同じです。

これは「伸びる・増える・太くなる」と効果のあるまつ毛美容液にはどれもキーとなるビマトプロストなどPG系の成分が含まれているものですが、この成分によって副作用もまた起きるためです。

つまり、これらの副作用は効率的にまつ育をする上では避けては通れないものでもあるわけですね。

PG系成分含有のまつ毛美容液

ルミガン / グラッシュビスタ / ケアプロスト / リバイタラッシュ / エマーキット(※) / エグータム(※) / ラッシュアディクト(※)

(※成分表にPG系成分の表記はありませんが、実際は含有されていると言われています)

副作用は防げるものなのか

しかし、どの薬を使うにしても正しく使えてさえいれば副作用リスクを限りなく抑えつつまつ育の効果だけを享受できるので、そこはご安心いただければと思います。

ということで、ここからはそれぞれの副作用の症状別の対策を解説してまいります。

まつ毛美容液の定番・ルミガン

ルミガン0.01%/0.03%3ml(lumigan)

ルミガン(lumigan)はアメリカのアラガン社が製造・販売する医薬品として効果のあるまつげ美容液です。

有効成分のビマトプロストが毛包に作用し毛の成長期を延長、まつ毛をより太く、長く、強くします。

安価なジェネリック・ケアプロスト

ケアプロスト0.03%(careprost)

ケアプロスト(careprost)はサン・ファーマ社が製造・販売するルミガンのジェネリック薬です。

ルミガンと同じ有効成分が含まれるので効果が高くてプチプラな点が大きな特徴です。

副作用その①:目のかゆみや充血

ルミガンは上まつ毛だけに塗るように使っても、どうしても目のかゆみや充血が起きることがあります。

その他にも起きがちな症状としては以下の通りで…

  • 目のゴロゴロ感
  • 痛みがある
  • まぶしく感じる
  • 涙が出る・乾燥する

発現頻度としてはどれも2%前後で確率としては非常に低いものですが、人によっては耐えられないくらいの症状が出る場合もあります。

🌈🌈@tomohyde0126
久しぶりにルミガンしたら目がかぶれてかゆいし赤いしだめだこりゃ
午後3:52 · 2021年3月28日
nonchan@nonchan0620
ルミガンつけると目が痛い。・°°・(>_<)・°°・。
午前9:23 · 2014年3月15日

かゆみや充血への対策

この手の副作用は目に入ることで起こりやすい症状なので、塗るときに目に入らないよう注意するだけでも発現頻度はだいぶ抑えられます。

例えば充血の起きる頻度を比べてみると以下の通りで、目に入る入らないでその差はなんと10倍以上。

使い方副作用の起こる確率
点眼して使った45.51%
まぶたに塗った3.4%

また、この副作用は特に使い始めに起こりがちな症状で使い続けるうちに体が慣れてなくなっていくものでもあります。

もし刺激感を感じるようであれば最初のうちは「生やそう」と思わず「慣らそう」というつもりで週1~2回程度の無理ないペースで使ってみるのも良いでしょう。

間を開けて使うと副作用が軽くなることもあるので、どうしてもダメでも捨てずに寝かしておいて思い出した頃に使ってみるのも有効だったりします。

副作用その②:目の周りの色素沈着

目の周りに色素沈着が生じる

これも一番有名なルミガンの副作用ですね。

程度は人それぞれで全く起こらない方もいれば皮膚に付着した部分だけ黒ずみが起きたり、少し付いただけで目の周りをぐるっと囲うように赤黒くなってしまう方もいます。

実はまれな部類の副作用なのでそこまで過度な心配は必要ありませんが、見た目に悪い副作用で話題にもされがちなので対策も知っておきましょう。

色素沈着への対策

これも基本的にはルミガンが皮膚に付着してしまうのが原因で起きるため、上手くまつ毛だけに塗るよう塗り方を変える必要があります。

もし絶対色素沈着したくないという方はまぶたにワセリンを塗ってあらかじめシーリングしておけば皮膚に垂れても撥水されるので安心です。

ちなみに体質に合わずどうしても色素沈着が起きてしまう場合でも、使うのをやめれば色味は元に戻るのでその点はご安心ください。

副作用その③:まぶたのくぼみ

先ほど説明した通り、ルミガンなどPG系の有効成分を含むまつ毛美容液はまつ毛を生やす効果の他に副作用で

  • 眼球が少し小さくなる(眼圧を下げる)
  • まぶたが萎縮する(脂肪細胞の収縮)

という症状もあるので、人によりまぶたが落ち窪んでしまうことが起こり得るんですね。

こちらも見た目に悪い副作用なので話題にされがちですが、まず発現頻度は色素沈着以上に相当まれなケースであるというのは知っておきましょう。

この副作用はルミガンを点眼して使った場合にまれに起こるもので、少なくともまぶたに塗って使う程度であれば起こる心配はほぼ0%です。

まぶたのくぼみへの対策

一応対策も説明しておきますと、この眼球とまぶたが小さくなるのは目の以下の部分に対して作用し起こるものなので

ルミガンの有効成分は眼球に対して作用

やはり目に入れないよう注意するのが一番の対策となります。

そして、この副作用も色素沈着と同じで起こってしまったとしても薬をやめれば基本的に元に戻るものなので過度な心配は不要です。

二重になれるって本当?

ちなみに、この副作用を利用して「二重になれるのでは」と期待されている方が中にはいらっしゃるようなのですが、これは本当におすすめしません。

きれいな二重になれた方が全くいないわけではありませんが、それは結果的にたまたま二重になっただけであって基本的にまぶたの落ち窪みは

まぶたの窪み(DUES)の症例

のように見た目の美しさを損なう副作用だからです。くれぐれも、二重になる目的のためだけにルミガンを点眼して使うなんてことはないように注意しましょう。

今回紹介した医薬品一覧

最後にもう一言だけ…

ルミガンなど医薬品としてのまつ毛美容液は副作用ばかりがピックアップされがちですが、実は正しく使えば見た目が悪化する副作用はほぼ抑えられるものです。

しかし、あくまでルミガンは医薬品なので効果があれば副作用もあるので、甘く見て自己流の使い方をせず正しい用法・用量で使うようにしましょう。

ルミガンに限らず美容分野の薬は効果が高いため使い方さえ間違えなければ美肌やアンチエイジングなど化粧品では得られないような強力な効果をもたらしてくれるものばかりです。

ラククルではその他にも色々と便利な薬の取り扱いがありますので、ぜひ興味がありましたらご覧ください。

美肌から抗老化まで豊富な取り揃え